タグ:頂き物 ( 229 ) タグの人気記事

 税理士の武藤健造先生が令和元年版の「相続税重要計算ハンドブック」をご恵贈下さいました。ありがとうございます。
 中央経済社さんの発行で、日税連さんの推薦があります。

 計算ハンドブックの名のとおり、
 相続税の中でも、特に計算に係る部分について、
 明細な計算プロセスを明らかにしていただいていますので、
 とても参考になります。
 各項目の計算例は、そのままとても良いワークドリルです。

 いつも、税研懇話会の事例検討会でご指導をいただきながら、
 ご配慮をいただいて、感謝に堪えません。
 事務所全員で、利用させていただきます。
 ありがとうございました。
d0054704_15253983.jpg

 


 

by expresstax | 2019-07-15 23:32 | 税理士

 4月の法人税の税務調査の結果通知の連絡がありました。
 調査実施日から約3週間経っています。
 結果は、是認です。
 論点がなかったわけではないですが、終了とのこと。

 月末あたりに調査終了通知が送られるとのことで、
 社長様に早速ご報告しました。
 これで2回連続是認。
 よかったですね。(^_^)v

 ☆  ☆  ☆

 昨年、事務所セミナーで改正相続法についてご講演いただいた
 弁護士岩田修一先生から、
 「ケースでわかる改正相続法」をご恵贈頂きました。
 ありがとうございました。
d0054704_20394282.jpg


 
















 東京弁護士会法制委員会の相続法部会の先生方がご解説下さって
 弘文堂さんから出版されました。

 岩田先生は、配偶者の短期居住権についてご執筆なさっています。
 ありがとうございました。








 


 

by expresstax | 2019-05-17 23:13 | 税務調査

平成最後の日は戒厳令


 平成最後の日になりました。

 新しい令和の年号が、
 明治のM・大正のT・昭和のSのいずれとも違うRが頭文字、
 自動配列で、S31の後にR1が、ちゃんと並ぶようになっていて、
 令和X年は、レイワ=018を足すと、西暦換算できて、など、
 よく考えたねぇ、なんて感心して。

 税法は、相変わらず年号表示なので、
 うへぇぇ、とうんざりしていたのですが、
 とにもかくにも、変わってしまいます。

 ☆  ☆  ☆

 そんな今日の事務所ビル前は、警察車両が青山通り沿いにずらっと並び、
 戒厳令状態。
d0054704_20424135.jpg

 

















 やれやれと、事務所から眺めていたら、
 眼下のビル屋上に、5人の私服さんたち。
 紀ノ國坂は、関係車両の列。
 
 当分、こんな状態が続くんでしょうね。(-_-)
d0054704_20504295.jpg






























by expresstax | 2019-04-30 23:53 | 折りにふれて

 恩師本郷尚先生が書籍「笑う税金」を発刊され、お贈り下さいました。
 ありがとうございます。
d0054704_21274606.jpg



















 軽妙な、面白税金ジョーク集です。
 
 ダジャレや、ジョーク、面白いネタを思いつくと、もう我慢できずに、
 「よぉ、よぉ。」と言ってニヤニヤと、誰彼かまわず捕まえて、
 得意満面に披露なさるそのお顔が
 今でも目に浮かびます。
 
 きっとそんなお顔で、周りの者を笑わせながら、
 今回のご本の原稿も進められたんだと思います。

 早速開いて、笑い転げてあっという間に読み終わりました。
 本屋さんでぜひ、お手にとって見て下さい。

 ありがとうございました。


 

by expresstax | 2019-03-25 23:20 | 税理士

 3月に入って、確定申告業務に大車輪です。

 今年の確定申告は、とにかく、譲渡、譲渡、譲渡、交換、譲渡、収用、譲渡・・・、と
 譲渡全開です。

 贈与については、もう2月1日の受付開始から、
 一気に完成してしまいました。

 譲渡については、税額が大きくなるため、
 いずれも、昨年のうちから見込税額を計算し、
 納税相当額を、プールしていただいていますが、
 それでも、他の申告に先行させて進めます。

 税額の大きな大型譲渡や、
 持分割合や取得原因や取得価額が交錯する複雑な譲渡、
 権利調整の交換や、
 借地底地の交換、
 マイホームの譲渡や共同売却、
 ご親族間での、収益の移転の譲渡や、
 果たして買い手がいるんだろうか、と心配していた郊外地の譲渡も複数。。。
 
 外部譲渡は、いずれもかなりの利益を生み出しているのが、
 さすがの平成30年です。
 お客様の昨年の奮闘ぶりが覗える素晴らしい譲渡の申告を、
 丹念に切り分けながら進めます。

 状況の複雑なものは説明書をつけて、
 計算プロセスが譲渡の明細書だけでは把握しにくいものは
 計算表を作成していきます。

 ☆  ☆  ☆

 恩師本郷尚先生から、書籍「改訂新版:女の相続」をご恵贈いただきました。
 ありがとうございます。

 理屈で税は語れても、
 ドラマで語れる税理士は本郷尚先生くらいのものでしょう。

 ありがとうございます。
 大切に拝読させていただきます。
d0054704_23244826.jpg




























 

by expresstax | 2019-03-01 23:07 | 確定申告

 先日ここで書いた3億円のマグロの平均課税

 いっぺんに超過累進税率で、ドカっと課税を受けるのではなく、
 ならした税率が適用できるよ、というヒットすれば税金が軽くなる制度です。
 
 実は、不動産オーナーさんなどが権利金を多額に受けた場合にも、
 適用可能性があります。
 この平均課税の対象となる所得を臨時所得といいます。

1.まずは、臨時所得に該当するかどうか、です。

 臨時所得とは、「土地や家屋などの不動産を、
 3年以上の期間他人に使用させることにより、一時に受ける権利金や頭金などで、
 その金額がその契約による使用料の2年分以上であるものの所得」をいいます。

 プロ野球選手などが契約金を受けた場合も同様です(^^)が、
 専属契約期間3年以上が必要です。(^^)
 
 つまり、契約期間≧3年                 要件1
     権利金等≧賃料・年俸の2年分  です。     要件2

 ただし、不動産の場合は、
 権利金等>資産額×1/2 の権利金等は、譲渡所得課税となります。
 (法人なら、同時に簿価損金算入をします。)

 んで、権利金等は、2年分以上だけど、時価の半分には満たなかった。
 そして、その金額は、その年の総所得の2割以上になった。 要件3

 この3つの要件を満たした場合には、
 臨時所得該当!として五分五乗方式の平均課税の計算をします。

 平均課税は、事前の手続などなく、臨時の所得があって、
 上の3要件にヒットすれば、確定申告に盛り込んで適用を受けられます。
 
 臨時の所得があったときに、ちょっとチェックしてみて下さい。(^_-)☆

 ☆  ☆  ☆

 お客様から、毎年恒例のチューリップを戴きました。
 ありがとうございます。
d0054704_17520646.jpg


 
 













 


 品種名は書かれていなかったのですが、
 これまでにも戴いていたアンジェリケとイエローフライトでしょうか。
 色とともにさわやかな香りで、接客室が一杯になりました。

 少し散り始めてからは、
 水を張ったお皿に、浮かべました。
 淡い色が美しいです。
d0054704_20244654.jpg

 
















 さらに、花びらを、
 手引本(分厚いB5版の書籍)のページに挟んで、
 押し花制作中です。(^^)b
 
 ありがとうございました。






by expresstax | 2019-02-25 23:44 | 所得税

 確定申告の受付がスタートしました。
 
 贈与税申告は2月1日から、所得税の還付申告は1月4日から、
 既に始まっていますが、
 所得税の申告は、今日からです。

 お客様の資料をてんこもりお預かりして、
 弊社も、満を持して絶賛頑張り中です。

 ☆  ☆  ☆

 確定申告のお打合せのご来所のお土産に、
 お客様が、茅乃屋だしをたっくさんお持ち下さいました。
d0054704_21371243.jpg




















 昆布や焼きあごまで入ったおいしいおだしです。
 以前、通販で買って病みつきになり、
 その後赤坂9丁目の東京ミッドタウンに直営店ができてからは、
 いそいそと自転車で買いに通っていました。

 ありがとうございます。
 これで元気を付けて、お仕事をがんばります。


 

by expresstax | 2019-02-18 23:29 | 確定申告

 お正月に、新豊洲市場の初競りで、大間のマグロが「すしざんまい」により、
 3億3,360万円で競り落とされたというニュースで
 事務所でわちゃわちゃ言ってたときの話です。

 この3億のマグロを釣り上げた漁師さんの、
 マグロの漁獲日は1月4日の午前4時とか。

 ほー、平成31年の所得税が大変なことになるんだね、
 というところですが、
 
 ちょっと待て。
 こういう漁師さんって、毎年、そこそこは漁獲があるんだろうけど、
 これって変動所得だよね、と話が発展。

 変動所得とは、
 「漁獲から生ずる所得、著作権の使用料に係る所得その他の所得で年々の変動の著しいもののうち政令で定めるものをいう」(所得税法2条1項二三号)ことになってて、

 「政令で定めるもの」とは、
 「漁獲若しくはのりの採取から生ずる所得、はまち、まだい、ひらめ、かき、うなぎ、ほたて貝若しくは真珠(真珠貝を含む。)の養殖から生ずる所得、原稿若しくは作曲の報酬に係る所得又は著作権の使用料に係る所得とする」とされています。

 つまり、
1.漁獲から生ずる所得、
2.のりの採取から生ずる所得
3.はまち、まだい、ひらめ、かき、うなぎ、ほたて貝若しくは真珠(真珠貝を含む。)の養殖から生ずる所得
4.原稿若しくは作曲の報酬に係る所得
5.著作権の使用料に係る所得
 です。

 ただし、通達で、
「漁獲とは、水産動物を捕獲」をいい、
 捕獲・採取・養殖した水産動物やのりの加工販売は対象内、
「こんぶ、わかめ、てんぐさ等の水産植物の採取」は対象外、
「こい等の水産動物の養殖は対象外」
 なんてこともいってます。

 やっこしいですね~。(^^)

 でも、大間のマグロは、ズバリ、本法の1行目。
 マグロの漁獲として変動所得となって、
 所得税の計算では、平均課税の適用を受けることができるかも。

 権利金収入みたいな臨時所得がない場合、
 今年の変動所得が、変動所得以外の総所得金額の20%以上なら、
 大間の漁師さんについては、給与とかの総所得金額が15億以上でないかぎり、
 平均課税でオッケー、となります。

 で、平均課税とは、ざっくり言えば、
 いわゆる五分五乗方式で、
 その年のダントツの稼ぎを5年間で稼いだとみて計算してくれる方法ですから、
 超過累進税率をならして有利に税額計算してくれる効果があります。

 ☆  ☆  ☆

 そういえば、
 税理士試験の受験勉強の暗記で、
「はまち、まだい、ひらめ・・・」と書いて、
 そのうち「うに、いくら・・」とやらかすので、
 所得税法の先生に、
「寿司屋じゃないんだから、自分の好きなものを挙げないで下さい!」と叱られ、
 大笑いをしたものでした。
 懐かしい思い出です。

 うん、うにだって、いくらだって、漁獲収入なので、
 対象ですよね。(^o^)
 
 ☆  ☆  ☆

 そうそう、この平均課税。

 不動産賃貸などで、3年以上契約の権利金収入や償却収入で、
 年額の倍以上もらえる場合にも、臨時所得として適用できますから、
 不動産オーナーさんも、要注目です。

 確定申告も近いので、またいつか書きましょうかね。
 
 ☆  ☆  ☆

 尊敬する鬼塚太美先生から、
 平成30年分所得税確定申告の手引をご恵贈頂きました。
 毎年、ありがとうございます。
 確定申告のときの、頼もしい参考書です。
 ありがとうございました。
d0054704_12323100.jpg


























by expresstax | 2019-01-22 23:11 | 所得税

 年が明けて、
 ぼちぼちと、お客様が確定申告の資料をお持ち下さっています。

 目についたのは、ふるさと納税証明書が、どなた様もてんこ盛り。
 大人気ですね。

 去年後半に入って、お客様から、自分はいくらまで寄附できるか、
 というご質問が相次いでいました。

 ふるさと納税がフィーバーしすぎというので、
 平成31年度税制改正でも、
 過度な返礼品送付について厳格対応すべく定めていますが。

 そこで、ご質問です。 

 ふるさと納税の返礼品に、税金はかかるんですか?

 答えは、イエス、です。
 地方自治体という法人から受ける経済的利益として、
 時価に対して一時所得として所得税・復興特別所得税がかかります。

 国税庁の「ふるさと納税を支出した者が地方公共団体から謝礼を受けた場合の課税関係」という質疑応答にも掲載されています。

 そして、一時所得は、「収入金額-必要経費=利益」から50万円を差し引いた額の半分について、他の所得と合算して総合課税されます。

 ここで、収入金額は、返礼品の時価ですから、
 返礼品の時価っていくら?といえば、
 平成31年度税制改正でも、返礼品は寄付額の3割以下、とされてるので、
 平成30年分の寄附も、一応3割とみるとします。

 すると、50万円÷3割=166.6万円
 つまり、167万円の寄附をすると、50万円の非課税を突破して、
 一時所得として課税を受ける、ということになります。

 んで、167万円の寄附で、
 国税地方税が最も有効に減税される収入ラインといえば、
 一番単純なパターンで、給与収入4,258.1万円以上の人。
 上場会社の役員さんレベルですね。 

 ☆  ☆  ☆
 
 でも、ちょっと待って。
 さっきの国税庁のホームページには、こんなことが書いてあります。
======================
 寄附者が特産品を受けた場合の経済的利益は、一時所得に該当します。なお、その年中に他に一時所得に該当するものがないときには、課税関係は生じません。
======================

 え?
 問題は赤字の部分です。
 他に一時所得がない人が、
 どんなに返礼品をもらっても、課税されない、と読めます。
 
 そんなことあり?と疑問を感じた弊社メンバーさんが、
 国税局の相談室で電話で聞いたら、
 そこの部分は、50万円越えたら課税になるという意味である、との回答だったそうで。はら。
 メンバーさんは、意味不明!と、激オコです。(`Д´)#

 うんうん、
 確かに、国税庁の説明の赤文字部分は、オカシイので、
 該当は少数者だろうとしても、
 ちゃんと訂正してほしいものですね。(^_-)☆

 あ、
 送られてくるのは小売価格じゃなくて、
 自治体地元の業者さんからの直送なんだから、
 まあ、所得税の通達を横睨みして、減価の7掛けだとみると、
 50万円÷3割÷7割=238万円。
 それを寄付額に換算すると。。。
 給与収入は5,500万円くらいにまでなります。

 まあ、なかなか、ここまでの人は少ないでしょうから、
 あまり問題にはならないのでしょうが。
 
 ☆  ☆  ☆

 というわけで、弊社のふるさと納税問題は、
 へ~んな質疑応答でワイガヤしましたが、

 かくいう自分も、昨年はふるさと納税、がんばりました。
 
 もちろん、岡山・広島・北海道の義援金はバッチリ。

 例のように、自分が訪問してお世話になった自治体に、
 送金させてもらい、それぞれ返礼品をいただきました。
 北海道、新潟、長野、群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、広島、福岡、鹿児島 です。
 複数の自治体もあります。

 1年間でかなり訪問したものですが、
 考えたら、東京にふるさと納税してませんね。(^^;ゞゴメンナサイ
 
 

by expresstax | 2019-01-15 23:48 | 確定申告

 新年、明けましておめでおうございます。

 12月31日にNHKの紅白歌合戦が終わり、
 TBSのカウントダウンTVの予約録画をして、
 自宅徒歩3分の赤坂氷川神社へダッシュ!

 防寒万全、と着ぶくれてちょっと遅く出たら、
 もう、氷川神社では、境内の外まで列がはみ出しています。
 粛々と並んで、0時の新年に、なんとかお詣りを間に合わせることができました。
d0054704_19130674.jpg


















 宮神輿が展示されています。他に、神武天皇山車も。
 氷川神社巴会の会員さん達が、お世話をしてくれています。
 ウチが氷川山車保存会だとお伝えしたら、とても喜んでくれました。

 お詣り後には、これも巴会会員さんのおふるまいの甘酒を
 ふーふーしながらいただきました。
d0054704_19143379.jpg





















 
 今年の大晦日は、毎年のいただきものの大きなロブスターと鴨南蛮そば、
 いただきもののモエエのロゼで年越しでした。(^^ゞ
 自前は鴨南蛮だけで、いただきものばかりです。
 ごちそうさまでした。とってもおいしかったです。

 おせちは、通販のお取り寄せです。
 欲張って大きいのを頼んだら、
 並べただけでお腹いっぱいです。
 既に手が着いた状態です。
d0054704_23162666.jpg

 






















 新年は、これも恒例、徒歩10分の乃木神社で初詣。
 昨年は、お客様と遭遇したので、
 今年もかな?とキョロキョロしちゃいました。
d0054704_20481507.jpg

 
 
 
 
 















 

 乃木神社の中の回廊です。
 左側に、水琴窟が見えています。
 ここの水琴窟は、ししおどしから流れて貯まった水を
 ひしゃくで流すと、小石敷から流れ落ちた音が、
 下の空洞に反響する仕組みのようです。
d0054704_20500350.jpg


















 ロビーではいつものように、
 おまんじゅうとお茶のおふるまいを受けました。

 今年も、元気にお客様へのお役立ちができますように、
 しっかりお祈りしました。

 どうぞよろしくお願いします。











 

by expresstax | 2019-01-01 23:57 | 折りにふれて