資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

タグ:街 ( 481 ) タグの人気記事

初詣

 初詣の明治神宮です。
 例年、これくらいの時期に行きます。

 成人式とぶつかり、人が多いですね。
 でも、振り袖姿がほとんどありません。不景気だからでしょうか。
d0054704_22105168.jpg












 本殿前です。
d0054704_2222761.jpg














 神楽殿前で、神主さんの集団が、お祓いを受けていました。
 今年は、明治神宮90年祭だからでしょうか。
 珍しい光景ですね。
d0054704_22232331.jpg















 去年の御札やお守り、今年の松飾りなどを抱えて持っていって、お炊きあげしていただきます。

 そして、ご祈願。
 お客様と事務所の仲間が、元気に、健やかに、一年をがんばれるように、ご祈願しました。

 御札と一緒に、御神酒や杯、お米、羊羹などの直来(なおらい=神様のお下がり)をいただきます。
 社員のみなさんのお守りもいただきました。
d0054704_22122069.jpg














d0054704_22151952.jpg


 おみくじを初めて買いました。
 明治神宮では、おみくじは、吉凶みくじではありません。
 明治天皇のお歌が、おみくじです。

 「天」のお歌です。
 澄み渡る大空の広さを、今年の銘としましょう。
by expresstax | 2010-01-11 23:10 | 折りにふれて

プレ仕事始め

 朝の赤坂日枝神社前です。
 神社から降りてくるのは、サラリーマンさんばかりです。
d0054704_23351815.jpg












 弊社は、明日5日から仕事初めですが、
 世の中は、今日からの会社が多いんですね。

 税務署さんも、4日始まりですから、
 不測に備えて、とりあえず、事務所に出ました、ら。

 事務所への電話が、ひっきりなしです。
 お客様から、お取引様から、さっそくのご連絡、ありがとうございます。

 懸案を抱えたご担当者様は、すぐに、事務所に飛んできてくれました。
 ありがとうございます。善処します。

 そして、このお正月にご不幸があったお客様からのご連絡。
 緊急連絡先をお伝えしてありましたが、ご配慮いただいて、今日、連絡をいただきました。
 たいへんでした。どうか、お気落としのないように。
 すぐ対応させていただくことになりました。

 さて、成すべきことを、成し、
 進むべき道に、進みます。
 
 スタンバイして、発進します。
by expresstax | 2010-01-04 23:33 | 折りにふれて

あなたがいるから

 2009年が終わります。

 今年は、お仕事でも、個人でも、とても大きなできごとがいっぱいありました。

 お仕事でいえば、お客様が、とても発展し、素晴らしい実績をたくさん作っていただけました。
 また、税理士法人参画は、弊社最大のトピックでした。
 事務所メンバーが、とても成長してくれました。
 ほんとうに、ひとりひとり、素晴らしいお客様と事務所メンバーです。
 ありがとうございます。
 心から、感謝してもしきれません。

 個人的には、自宅の引越や健康管理、いろんなことがありました。
 でも、これまでの人生で、かつてないくらい、がんばりました。
 それも、支えてくれた事務所メンバー、友人、先輩たちのお陰です。
 ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございます。

 そんななかで、今年、一番好きだった曲。
 「あなたがいるから」(”You were there ”) です。

 上の曲名をクリックすると、ユーチューブで聴けます。(音が出ます。)
 「Libera」(リベラ)という少年合唱団のバージョンです。

 「僕がどこに行っても、あなたはいてくれる。」

 今年も、向こう見ずな自分の支えに、お客様や仲間が、いつもいつも、そばにいてくれました。
 たったひとりのようでも、いつも、ひとりではないんだと、心を強くして生きていけます。
 
 歌詞です。=======================
You were there in everything I knew
From the moment I began.
Always there in every way I go.

Saved me falling, held my hand.

You are shelter from the storm.
The shadows fade away, all cares pass away.

(HOSANNA), day by day;
Your love lightens up the sky

As it shines across the night.
Ave, regina caelorum decora
Virgo gloriosa, ave!

And when the end of day is come,
Stay with me through the dark and bring me home.

You are there whichever way I go.
Keep me safely night and day.
Always there, whenever I'm alone,

Hear me calling, show the way.

You are shelter from the storm,
The shadows fade away, all cares pass away.

(HOSANNA), day by day;
Your love lightens up the sky

As it shines across the night.
Ave, regina caelorum decora
Virgo gloriosa, ave!

And when the end of day is come,
Stay with me through the dark and bring me home.

Stay with me through the dark and bring me home
==========================

 それでは、どちらさまも、良いお年を。
 来年もよろしくお願いします。
by expresstax | 2009-12-31 23:38 | 折りにふれて

鳩山首相の偽装政治資金事件は贈与税申告で決着、そして門松

 鳩山首相が、石橋家出身の母上から、政治資金として贈与を受けながら、
 贈与税申告をしていなかった事件。

 結局、贈与税を5.75億円納付することで決着をみたようです。
===============================
 贈与税納付額は5億7500万円 鳩山事務所が発表
    2009.12.28 15:24 共同配信

インド・ムンバイで、州知事主催の夕食会会場に向かう鳩山首相と幸夫人=27日夜(共同) 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、鳩山事務所は28日、鳩山氏の実母(87)からの多額の提供資金について、贈与税約5億7500万円を納付したと発表した。

 鳩山事務所によると、鳩山氏は平成20年までの7年間に実母から受け取った11億7千万円について贈与財産として申告。贈与税約5億7500万円を振り込みで納付したという。

 申告時期を迎えていない21年分の贈与9千万円については後日、申告、納付を行うという。

 鳩山事務所は「資金提供を受けていた事実を承知しておらず、申告していなかったので、贈与を受けたとされる全期間、全額について申告した」としている。
 鳩山氏は27日、インド訪問の出発前に記者団に対し、贈与税を納付したことを明らかにしていた。

================================

 贈与でない、母上から借りていたのだ、という説明は、早々に、事実と違う判断がでていました。

 贈与でも借入でもない、と言ってしまえば、母上が資金提供者の名を偽って規制額以上の額を政治資金提供したと、偽装資金となり、これは、犯罪。

 贈与だと言ってしまえば、鳩山首相が、自己の資金を自己の政治団体と政治活動に使ったことになるけれど、1国の政治家として、贈与税を無申告だったことの問題となる。
 まして、母上の相続税対策であった、ということまで報道されてしまっては。

 右に左に、お話は動いたようですが、最終的には、個人で責任を取るという決着のようです。

 5億7500万円は、もちろん鳩山首相が、自分の資金から払うんでしょうね、というツッコミは、
 国税さんが、きちんとチェックすることを期待して、です。

 ☆  ☆  ☆

 この事件が、首相に対して、あまり厳しい論調にならなかったのは、
 他のあまたの政治家の事件が、公費を、私(わたくし)するのが多いのに対し、
 鳩山首相は、私的資金を、政治活動に注入するうえでの事件。

 日本人の情感的モラルでしょうか。
 確かに、悪いことだけど、でも、たいへんだったんだよね、という。

 このあたりは、税務判断のうえでの分かりやすい事例ですので、
 どこかで、まとめてみましょうね。

 ☆  ☆  ☆

 大きな門松です。
 クリスマスツリーが片づくと同時に、飾られました。
 気持ちが引き締まります。
 いよいよ、年末です。
d0054704_1422530.jpg
by expresstax | 2009-12-30 23:44 | 相続・贈与

忘年会、そして合格おめでとう!

 事務所の忘年会です。

 場所は、銀座の刺身しゃぶしゃぶを食べさせてくれるというお店「Shin」さんです。
 ちょっとお上品なお店でした。(後のお腹は、みんな大丈夫だったかな?)

 例年より、ちょっと早い忘年会ですが、
 今年は、タクトさんのメンバーHさん、Tさんも参加。
 ちょっとした交流会になりました。

 そして、今年の税理士試験で官報合格になった弊社のKさんのお祝いも兼ねています。

 タクトのHさんと合格したKさんです。

 おめでとう!
 これからだね!もっともっと前に進もうね!
 Kさんには、花束贈呈と、ケーキの独り占め権がついてきました。(笑)
d0054704_148503.jpg


















 d0054704_147841.jpg
















d0054704_148344.jpg













 タクトのTさんです。
 リラックスできましたか?
d0054704_151497.jpg














 帰りの銀座のクリスマスツリーの前で。本物のモミの木です。
 グリコポーズの楽しい仲間です。
d0054704_150514.jpg
by expresstax | 2009-12-16 23:40 | 事務所

税理士法人始動

 この10月から、税理士法人タクトコンサルティングさんに参画し、
 税理士法人としての活動が始まっています。

 今日も、本郷先生たちとの打合せ。

 税理士事務所の法人化として、
 今までと変わりませんよ、とお客様にお伝えしていたのですが、
 思った以上に、速いテンポで進みそうです。

 人的交流、業務のシェア、セミナー、出版、いろいろな可能性が、どんどん広がります。
 私も微力なりに、貢献できそうです。

 考えて、決定して、先へ歩を進める、
 ひとりで、単体での、進み方と、スピードと加速度が違います。

 動くというのは、こういうことだなあ、とワクワクします。

 お客様にも、きっと楽しい報告ができるだろうと思います。

 もう、11月も終盤。
 加速します。

 帰り際の、クリスマス・イルミネーションです。
 テレビドラマの撮影もしていましたので、それを避けての画像です。
d0054704_0475096.jpg
by expresstax | 2009-11-25 23:38 | 事務所

平成22年1月からの損害保険料値上げ

 お客様の四半期報告に伺いました。

 担当のWさんは、適宜に適切に、報告書をまとめてくれていました。

 お客様は、都心ど真ん中に自社ビルをお持ちです。

 今日は、お客様のビルの屋上に案内してくださいました。
d0054704_23412037.jpg












 デザイナー学院のコクーンビル、損保ジャパンビル、三井ビル、センタービルなど、
 居並ぶ高層ビル群のど真ん中です。

 お打ち合わせの中で、損害保険料の話題になりました。

 お客様は、当然に、自社ビルに、多額の損害保険をかけてらっしゃいます。

 平成22年1月1日以降、保険対象の階層見直しが導入されるのに伴って、
 この保険料の見直しが行われ、
 ほぼ6割の契約について、保険料が値上がりになるという情報が
 弊社に入っていました。

 その場合、年内にある「手当」をすれば、この値上がりを先延ばしできる方策があるのです。

 そこで、保険証券を確認して、プロの方に見て頂こうということになりました。

 急遽、保険証書の整理、整理です。
 
 でも、こうして整理すれば、仮に、来年値上がりの対処が不要だった場合でも、
 保険を整理すること自体に意味がありますよね、とお話ししながらです。

 懸案になっていたテナントさんとのトラブルも、
 弊社の顧問の弁護士先生にお尋ねいただくことになりました。

 お伺いして、よかった、と思います。
 経営改善、どんどん、進めていきましょう。

 帰りは、一緒に、お食事もご馳走になってしまいました。
 とてもおいしかったです。
 ありがとうございました。 
by expresstax | 2009-11-16 23:38 | お客様

お茶会、そして千代田区議会

 今日は、いよいよ、お茶会。
 本郷尚先生をお迎えして、ご講演いただきました。
 ありがとうございました。
 写真がまだですので、内容は、後日、書きましょう。

 ☆  ☆  ☆

 夕方は、千代田区議会の審査会でした。

 お茶会の後時間なので、欠席とご連絡をしていたのですが、
 間に合いそうなので、急遽、出席に変更してもらいました。

 今年の3月で、5人の諮問委員が再任されたため、また3年の任期が再スタートしました。
 どうぞよろしくお願いします。

 山田副議長・小林議運委員長先生のご出席のもと、審査会です。
d0054704_0402868.jpg












 前回、議員さんたちが、各団体の集会出席する際の出席費がバカにならず、
 議員さん達の経済的負担になっていることを、議論していましたが、
 そのお話から始まりました。

 本来、区民が議員さんたちの政治活動を支えるべきなのに、
 反対に、議員さんたちが出席集会の参加費で苦労なさっているのです。
 これは、いつか区民代表と話し合いの機会を持ちたいね、と話しました。
 自分たち審査会のような第三者機関だからこそ、言えることがあるはずだからです。

 全国町村議会議長会事務局議事調査部部長の岡本先生、弁護士の清水先生、区民代表の宇田さん、
 そして私の4人で、この間の、政務調査費の報告書の審査です。
 d0054704_0484831.jpg













 ☆   ☆   ☆

 最後に、ふるさと納税のことを聞きました。
 千代田区のホームページに、ふるさと納税の受け入れ欄が見あたらなかったからです。

 区議会事務局の説明によれば、
 千代田区の法人住民税+固定資産税は、23区全体の18.7%に上っています。
 が、千代田区に配分される税金は、その3%にしかすぎません。
 つまり、稼ぎのいい千代田区は、ほとんどを都に吸い上げられ、
 他区に配分されてしまっているのです。

 そのため、千代田区は、「『ふるさと納税』制度導入等に関する意見書」を公表して、「東京の税財源を不合理に奪う」ものとして反対しています。

 でも、地方の自治体のページに逐次報告されるふるさと納税の実績報告によれば、ふるさと納税の寄付者は、ほとんどが、同自治体内の住民からのものです。

 大阪の橋下知事のもとに、1億円のふるさと納税をした大阪の80代のお婆ちゃまの話しが報道されたように、
 ふるさと納税は、住民こそが先頭に立っているのです。

 だから千代田区も、いたずらに税金が逃亡すると危惧するのではなく、
 むしろ、ふるさと千代田区を愛する千代田区民自身が、千代田区に寄付できるようにすべきだとお話ししました。

 ふるさと納税の良さは、目的を特定できることです。
 上納金として吸収されてしまう千代田区の税金を、むしろ、確保することが可能になるのではないでしょうか。

 目的を、現在運動している「皇居景観の維持」などと設定すれば、確保どころか、
 他県から、千代田区への寄付も誘導できるのではないかと思います。

 税の利用目的を、納税者自身が特定できる、これが本当の住民自治であり、コントロールです。

 事務局を通じて、こうした議論が区長さんに上がればいいなと思います。
by expresstax | 2009-11-12 23:19 | 提言

社員旅行は沖縄

 今年の社員旅行、沖縄に行ってきました。

 東京は急に寒くなって、みんな厚手ジャケット。
 でも、現地は28度とのことで、調整が必要です。

 ピカチューの全日空機です。
 飛行機デビューのKさんが、離陸・着陸時、かなり弾けていましたが、だいじょぶかな?
 d0054704_22174596.jpg













 空港からレンタカーセンターへ移動後、レンタカーに分乗。
 運転手さん、よろしくお願いします。
d0054704_22184117.jpg













 象さんの鼻のような奇岩の万座毛です。
d0054704_22195644.jpg













 宿泊先のザ・ブセナテラスというホテルです。
 後ろのポールは、各国の国旗掲揚用。
 そう、この敷地内の万国津梁館で2,000年に沖縄サミット開催。
 弊社の社員旅行で、サミット開催ホテルへの宿泊は、洞爺湖のウィンザーホテルに次いで、2つ目めです。
d0054704_22224320.jpg













 ゴージャスなロビーラウンジから、中庭とビーチをバックに集合です。
 このロビーの作りは、やはり社員旅行で行ったオーストラリアのサンクチュアリコープと激似です。
 d0054704_2223950.jpg













 夜は、テラスレストランで、バイキング。暗くて見えませんね。
 こっくりとしたマンゴジュースに人気集中しました。
 お腹いっぱいで動けなくなるまで食べましたよ。
d0054704_2225176.jpg











 ここは、ランチに行った中華の琉華菜苑ですが、
d0054704_2231997.jpg 











 あれ? 席から東側の海が見えます。
 正面玄関は、西側の海に面していたのに???
d0054704_223393.jpg













 部瀬名岬全体を再開発したリゾートホテルであるブセナテラスは、
 ホテルゲートから北全部がブセナケープ(ブセナ岬)。
 ブセナホテルは、ブセナの岬全体をプライベート岬としているんですね。 

 この中華レストランのあるバニアンビレッジは、
 岬の一番狭い、くびれの部分だったんですね。

 なるほど、それでサミット開催だったのか!と膝を打ちました。

 洞爺湖のウィンザーホテルも、山の頂上の草原の中で
 周囲から隔絶されて、軍艦のように屹立したホテルでした。

 この万国津梁館とブセナテラスも、ゲート以北は、
 海からでないかぎり、他からの侵入は難しいでしょう。

 いずれも、他の地域から隔離された、
 セキュリティ的には、日本でも希有の立地なのでしょう。

 ただホテルとして優秀なだけ、では、
 サミット開催ホテルには選ばれないのね、と、勉強になりました。

 1日目の夕食以降は、社員のみなさんで、例のように二次会。
 翌日も、元気に美ら海水族館へと出かけていきました。

 お天気も、ずっと快晴でよかったね。

 楽しんでくれたかな?
by expresstax | 2009-11-09 22:15 | 事務所

ふるさと納税やってますか?

 平成20年から始まっているふるさと納税制度。

 今年は、残り2か月。
 ちょっと急ごう、と始めました。

 ネットで、自治体をひいて、
 各自治体のふるさと寄付制度をチェック、チェック、チェック。

 まず、優先してチョイスしているのが、自分にご縁の町。
 次に、環境保護に頑張っている町。
 そして、これが楽しいのですが、寄付のお礼として、農産品や特産品を送ってくれる町。

 緑化や環境保護など、使途が特定できるのも、この寄付のいいところです。

 選んで選んで、十数市町村になりました。

 お礼の特産品にひかれて、選んだ町もあります。(^^ゞ

 それでも、まだまだ、枠があります。

 枠というのは、国税の場合、所得の4割が対象上限ですので、
 それ以上寄付しても、切り捨てになってしまうのです。
 切り捨ては、最低足切りの5千円も切り捨てです。

 具体的には、次の計算をします。

 寄付金控除=寄付金合計額
          所得の4割   どちらか低い方 - 5千円

 これに、住民税の控除もあるので、ほぼ全額に近く、
 税額控除が受けられることになります。


 このサイトに行けば、税額計算もできます。
 「ふるさと納税」を知ろう!
 
 いったん、選んだ自治体に送金して寄付しますが、
 結果的に、所得税や住民税の軽減になるので、
 いわば、国税や地方税の一種の前払です。

 これに、お礼の特産品などが、あれば、
 前払税金に配当がつくようなものですね。
 投資効果さえ生まれそうです。

 もちろん、余れば、差額の住民税は、結果的に自分の居住する自治体に入ることになり、
 それはそれで、よろしいのですが、
 この際だからと、頑張る市町村を応援しようというわけです。

 と、ここまで書いてきて、
 そうか、自分の区にふるさと納税する、って方法もあったか、と気づいて、
 区のホームページを見てみましたが、

 ふるさと納税については、木で鼻をくくったような説明と、
 申込書のダウンロード案内だけ。
 全く、けんもほろろ、ぜ~んぜん、熱心じゃありません。

 むむ。
 黙ってたって、ざくざく住民税が入ってくる
 いかにも東京です。

 東京の住民税が地方に奪われる、
 受益者負担の原則が崩れる、として、
 この制度に反対した石原都知事と同じに、
 我が区は、ふるさと納税には、極めて、消極的です。

 むしろ、趣旨から考えれば、区の住民から、区へのふるさと納税が獲得できる、
 というのが、本当じゃないかしらん、

 そんなんじゃ、他の熱心な市町村に、「逃税」しちゃうぞぉ!
 と、脅しておきましょう。
by expresstax | 2009-11-05 23:42 | 提言



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism