タグ:街 ( 548 ) タグの人気記事

甲子園と税理士試験、そして藪蘭

 夏の高校野球が始まって、今日で2日目。
 出身母校が、今年も出場しましたが、
 またもや、初戦敗退でした。
 地元ではトップでも、全国では、蹴散らされてしまう。
 うーん、いかにお山の大将か、です。(>_<);;

 負けるな、後輩。
 試合で負けても、負けることに負けない自分を、今、育てているのだから。

 ☆  ☆  ☆

 税理士の国家資格試験である税理士試験も、今日がスタート。
 事務所メンバーが挑みます。

 参加することに意義がある、なんて悠長なものではありません。
 人生を掛けた死力戦です。
 勝てば一つ進ム、負けたら無失点ではなく、後退です。

 ガンバレ!!

 ☆  ☆  ☆

 酷暑ともいえる暑い夏の、濃密な空気の中で、
 咲き誇る事務所ビルの藪蘭(ヤブラン)の花です。
 野草のパワーに、見習いたいものです。
d0054704_21525865.jpg




















 
by expresstax | 2019-08-06 23:51 | 事務所

筋肉頭の宅配業者、そしてSHAKE SHACK

 今年前半戦を終わって、
 訪問した街々へふるさと納税の申込をしました。

 続々と返礼品が送られてきて、
 冷凍品・冷蔵品で、自宅受取しなければならないのが多いです。

 今、家への配達は、
 S急便さんか、Y運輸さんのがほとんど、
 たまにヨドバシ便のような直送便も受け取ります。

 で、ヨドバシ便や特定の通販の場合は、
 申込段階で、届先や日時指定ができますから、
 平日なら昼間に職場へ、
 土日なら午前中に自宅へと指定します。

 また、最近か、Y運輸さんは、
 どこからの配送品であれ、ネット登録で
 受取曜日と時間帯を指定しておくことができるようになりました。

 そしてS急便さんが、ネット登録できるとのメッセージがあったので、
 一生懸命個人情報を入力、登録しました。

 が、受取指定ができません。

 送られてきた品物がどこにあるかの検索ができ、
 いつ不在配達されたか、を見て、
 再配達指定をネットでできるようにはなりましたが、

 自分の都合を予め登録して、不在配達という「無駄足」をなくす、
 というY運輸さんのようなことが、できません。

 特に、ウチの場合は、ミネラルウォーターをお取り寄せで毎月頼んでおり、
 それがまた、S急便さんなので、
 30kg弱の重い荷物を、数回も不在配達で持ってこさせて、
 都度、こちらから配達日指定して、初めて受取、という事態になります。

 今回のふるさと納税の冷凍品等も同じ憂き目に遭います。

 あまりに心苦しいので、配達員さんに、
 事前に都合を登録しておくことはできないのか、聞いてみたところ、
 我が配達員さんは、申し訳なさそうに、
 できない、自分の担当の品物の場合は、これからは指定日に届けるようにする、
 というアナログなお返事。
 唖然、としました。

 女性の就業率が約7割という時代に、
 平日昼間に受け取れる家庭が少なくなっているはずなのに、
 運送費や人件費を無駄をさせて、

 このネット時代に、個人情報だけ収集して、(-_-)#
 肝心の配達員さんの負担を軽減しようとせず、
 配達員さんの筋肉で解決させようとするなんて、
 何と、脳みそまで筋肉しかない会社だろう、と思ったのですが、

 まあ、そのうちに対応もするさ、と
 待ちましょうかね。。。

 ☆  ☆  ☆

 ペットの癌発病から3か月。
 頑張って生きてくれています。

 動物病院は、たまたま六本木に専門病院があり、
 ワンメーターでタクシー通院ができるのは、ラッキーでした。
 神様に感謝しながら通っています。

 キャリーケースでのペット君との動物病院からの帰り道、
 タクシーを拾うまでの途中、六本木通り沿いに
 アメリカのハンバーガー屋さんのSHAKE SHACKがあります。

 これまで入ったことはなかったのですが、
 前日、事務所メンバーがハンバーガーを食べたいと言っていたのを思いだして、
 立ち寄ってハンバーガーを買いました。
 ホルモンフリーのアンガスビーフ100%の2枚パテの分厚いハンバーガーです。

 袋に入ったボリュームたっぷりのバーガーには、
 何の覆いもされていなかったことに後で気付いて、
 あー、アメリカンだねー、と。(^▽^)

 空いていたのに、持ち帰るときには、後ろに長蛇の列ができていました。
d0054704_16095185.jpg































by expresstax | 2019-08-02 23:18 | プロフェッショナル

令和元年改正通達はサイト未反映かつPDF保護措置(T_T);;、そしてマサラ茶

 今月頭に令和元年度の相続税と租税特別措置法相続税関連の改正通達が発遣され、
 関係の原稿書きを進めているのですが、

 困っているのは、改正を反映させた完成版通達集がないことです。
 
 法律・政令が反映されたのは、つい先日、
 通達に関してはまだまだです。

 法令のeGOVには掲載されませんし、
 国税庁のサイトには、まだ反映されず、平成30年改正までです。

 それでも、改正通達の新旧対照表をベースに、
 自力更生で、なんとか復元しようとしたら、
 
 な、なんと、新旧対照表のPDFに保護がかけられ、
 テキストコピーできないようになっているんですっ。 #(`д´)P

 保護してコピーさせないなら、
 もっと早く国税庁サイトに反映させろよ~!
 と、暴れたい気持になるのは、私だけでしょうか!! (怒)

 あ、私だけ。。。?
 失礼しましたっっ。((((((((((T_T);;

 ☆  ☆  ☆

 と、煮え立ったところで気分を変えて、
 
 先日、残業食で行ったプルデンシャルタワーのアジアンレストラン「SAPANA」さんです。
 夜は初めて行きました。

 おいしいインドカレーやタイカレーとチーズナン、
 アルコールをグッと我慢して、おいしいおいしいと夢中で食べて、
 さあ、帰ろうか、というときに、
 オリジナルマサラ茶が出ました。

 お砂糖を入れてスプーンで混ぜようとすると、
 店員さんが、ちょっと待って、と、
 お砂糖を溶かすための見事なパフォーマンス! おーー!

 ちょっと漢方の香りのマサラ茶は、おいしく
 元気が沸いてきますね。
 ごちそうさまでした。 
d0054704_16431028.jpg






















 



by expresstax | 2019-07-22 23:03 | 税制改正

税理士は専門家紹介業、そして燃える東京

 このブログで、以前にもお客様への専門家のご紹介のことを書いたことがありますが。

 先日のこと、
 家屋の固定資産税評価額の審査請求をして棄却の決定を受け、
 訴訟に申し立てるということでお客様がご相談にいらっしゃいました。

 弊社は、土地評価に関しては、これまでも市町村と何度も折衝して
 審査請求に至るまでもなく、評価額の更正をしてもらってきましたが、
 家屋評価で代理人を立てた経験がありません。

 税理士は訴訟で代理人に立つことはできず、
 もう訴訟段階である以上、
 弁護士先生に訴訟代理人をお願いするしかありません。
 お客様のご依頼も、弁護士先生を紹介して下さい、という趣旨でした。
  
 でも、家屋評価に強い弁護士先生というのは、これまで知見がありません。
 そこで、代理人になっていただけそうな弁護士先生を探そうということになりました。

 いくつかの心当たりの法律事務所や弁護士先生をあたりましたが、
 家屋評価の訴訟は難しいとのことで。

 それに、
 固定資産税の訴訟自体が、訴額の点で、
 弁護士事務所のビジネスのテーブルに載せること自体が難しい様子でした。

 と、たまたま、いつも税務情報を回して下さる方からの情報で、
 東京都内のある家屋評価を巡っての今年の東京地裁の取消訴訟で、
 納税者勝訴となった判決があったことが分かりました。
 
 すわ!と、その裁判の弁護人先生のお名前をお尋ねしましたが、
 情報公開請求では開示されなかったそうなのです。

 そこで、弊社メンバーさんが、東京地裁、そして高裁に飛んで、
 判決文の閲覧請求をして、
 その弁護士先生のお名前を調べてきてくれました。(アリガトウ!)
 それがK先生です。

 K先生のご連絡先を調べ、ぶっつけ突撃連絡(^^;;ゞをすると、
 お会いいただけるとのことで、依頼者様と一緒に事務所をお伺いしました。

 そして、これまでの経緯をお話したところ、
 めでたく、お受けいただけることになったのです。

 K先生は、
 率直で、謙虚で、お人柄もとても素晴らしい先生です。

 お話しを伺って、
 K先生が、固定資産税の家屋評価訴訟をほぼ専門で、
 とても数多くご担当になってきたことが分かり、ビックリしました。

 こうしたことは、実積での口コミでしか伝わらないのだとは思うのですが、
 「自称」の「専門家」が多いこのネット時代です。
 もっともっと世にでていただきたい先生です。

 お話しの中で、K先生が、
 このブログをご覧下さっていたこともわかり(>_<);;、恐縮しました。

 こうしてとにかく、
 依頼者様を素晴らしい弁護士先生にお繋ぎすることができ
 ほっとしました。

 また固定資産税関連の問題が生じたときは、
 ぜひお力をお貸し下さい。

 よろしくお願いします。そしてありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 目を見張る夕焼けでした。
 カメラが残念ですが、
 燃えるようです。
d0054704_22172467.jpg























 

 
 


 

by expresstax | 2019-07-18 23:24 | プロフェッショナル

税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目、そしてひっぱりだこ

 税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目です。
 資産税の事例検討会の出席者が毎回大変多く、
 このところ、2回に分けて開催されます。

 事例の中で、急斜面にある地積規模の大きな宅地の評価の問題がありました。
 この急傾斜地の評価について、宅地転用が見込めない土地について、
 平成30年から、さりげなく、改正が入っていることについて、
 正孝先生が指摘がありました。
 するっと入っている、とても大きな改正で、
 注意しないとコワい話です。

 今回も大変多くの先生方がご出席くださいました。
 また、ご質問も多く、活発な検討会になりました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事例検討会の会場である鉃鋼ビルの控え室に使ったラウンジです。
 ビルのオフィスワーカー用でしょうか、
 ラウンジの奥には、バーカウンタやトレーニングジム・シャワールーム
 個別デスクコーナーやトイレ、など、充実しています。
 さすがですね。
d0054704_16401365.jpg






















 ☆  ☆  ☆

 東京駅経由で事務所に戻る途中、
 全国の駅弁を売っている駅弁屋さんで、
 明石のひっぱりだこ飯を買いました。
 兵庫県に行った折に、みんなで病みつきになった
 日本一おいしい駅弁(弊社評)です。

 左が通常版、右が、ゴジラ版です。
 通常版は煮たこですが、ゴジラ対ひっぱりだこの方は、
 焼きたこが入ってました。
 たこや穴子や、美味しいものが沢山載って、
 お酒にもいい最高の駅弁です。
 食した後の蛸壺は、ウチのペットのおもちゃになっています。
d0054704_16424005.jpg



 
































by expresstax | 2019-07-16 23:19 | パブリッシング

税経通信令和元年8月号に論稿が掲載されました。そして合同誕生会2

 税務専門誌「税経通信」令和元年8月号に論稿が掲載されました。

 特集Ⅰの "不動産オーナーの建物を法人移転する判断基準”の中の
 「小規模宅地特例の検討」です。
 ちょうど、相続税の小規模宅地特例について、
 平成31年度改正までをまとめていたタイミングで執筆させていただきました。

 財務省の税制改正の解説や改正通達発遣前に書きましたが、
 良い意味でも悪い意味でも、影響はありませんでした。。。

 個人所有地に建物建築する場合、
 税務では法人税・所得住民税・相続税・消費税・不動産取得税等流通税の税務と、
 借地権の課税や民事が複雑にからみます。
 これらでの留意点のうち相続税の小規模宅地関連のものを挙げました。

 ご担当のN様、ありがとうございました。
d0054704_16273068.jpg




















 ☆  ☆  ☆

 事務所の合同誕生会のパート2です。(^^;ゞ
 
 溜池山王駅近く、ぢつは自宅のご町内に昔からありながら、
 自宅そばではほとんど外食しないので、なかなか機会がなく、
 ずっと行ってみたいと思っていたフレンチのレストラン「かえりやま」さんです。

 お店の移転後、外見からはちょっと軽い感じに変わってしまって、
 どうなのかな、と思いつつ押しかけました。

 まずは2皿のアミューズの出たところで、乾杯!しました。

 他のお料理も、お魚もお肉も、とてもおいしくて、お値段もリーズナブルなのに、
 なぜ今まで来なかったんだろ、と、
 みんなで感激しながらいただきました。
 ごちそうさまでした!
d0054704_16275107.jpg
























































 








by expresstax | 2019-07-11 23:23 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会、そしてTDL

 7月に入りました。 
 もう今年も半年経過、あと半年もある、とは到底思えず。(>_<);;

 税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会は、
 税務研究会様の東京駅北口のて鉃鋼ビル内会議室で、初めての開催だそうです。
 
 鉃鋼ビルの「てつ」は、「鉄」ではなく「鉃」なんですね。
 金を失うのは、確かに験(ゲン)が悪い、で、金が矢のように飛んでくる、
 というノリということです。

 ☆  ☆  ☆

 札幌からもう2回目、
 160名の受講者様からどんなご質問が飛び出すか、ワクワクでした。

 正孝先生が、事例に合わせて、
 この7月1日から施行された相続法改正関連のご解説を下さいました。

 ご質問で、ご自身の事例を出される先生もいらっしゃいましたが、
 正孝先生が、事例照会に出してね、とご案内なさいました。

 テキストの事例を深める形で質疑ができれば
 他の先生とも問題の所在を共有化でき、
 面白くなりますよね。

 ☆  ☆  ☆

 先月の末に、東京ディズニーランドに行ってきました。
 失効しそうな株主優待券の消化試合です。(^^;;ゞ

 雨が降っていたので、
 これなら空いてるかもという目論見は、
 雨があがって大ハズレ。
 雨でも何でも、激混みなんですね、ここは。(-_-)

 リニューアルしたと聞いて行った「イッツ・ア・スモール・ワールド」は、
 スポンサーが日通さんになっていて、
 以前にはなかった気がする(?)ディズニーキャラクターが登場していました。
 お人形さんたちも、昔のちょっとバタ臭い感じから、
 すっきりと今風の顔つきに変わったように思えました。

 思えば、子供時代にテレビで
 ロスのディズニーランドのスモールワールドの映像を見て、
 なんて素敵な世界があるんだろう、と感動したものです。

 ディズニー映画も、
 様々な人種・様々な文化・様々な年代・様々な生物へのリスペクトに溢れています。
  
 写真は、日本の情景の部分です。
d0054704_20231023.jpg






















 アトラクションを巡って歩きに歩き、
 今回は、初めてオムニバスに乗りました。
 まだまだ未踏破です。(^^ゞ

 七夕間近ということで、
 ワールドバザールに七夕飾りがありました。
 下の黄色いのはカードに書かれた願い事。

 ウチもぶら下げてきました。
 え、願い事は何かって? 事務所の悲願です。(>_<);;;
d0054704_14243703.jpg



























 


 

by expresstax | 2019-07-04 23:03 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会札幌会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会、そして合同誕生会

 税務研究会税理士懇話会様の札幌会場講演2日目は、
 鈴木正孝先生による資産税事例解説です。
 
 新たに全国の先生から寄せられた事例照会への回答・解説、
 この札幌会場が封切りです。

 特に、最近、相続法関連の事例のご照会が増えており、
 税理士先生方が、単に税務だけでなく、
 相続人様の複雑化する状況の中で、
 深く民事家事問題のご相談まで
 お客様から頼られていらっしゃる様子が伝わってきます。

 ☆  ☆  ☆

 離婚の財産分与の事例で、
 夫から妻にマンションの財産分与を受けるが、
 マンションに15年のローンが残っているため、
 ローン完済後に所有権を移転する、
 妻は仮登記も行っていない、というものがありました。

 ご照会は、この場合の贈与税課税の問題で、
 税務はそれはそれで、なのですが。

 はて?と考えて、
 ちょっと余計なツッコミを入れさせていただきましたが、

 こんな頭の体操をするのも事例検討の楽しさだろうと思います。

 正孝先生、受講の先生方、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所メンバーは、誕生日が近接していて、
 合同誕生会とすることになりました。

 まず第1回目は(ぉぃ)、メンバーのリクエストで、
 銀座のかに道楽さんに繰り出しました。

 欠員中なのに去年から今年の
 繁忙期を乗り切り、連続大規模相続を乗り切り、
 大成長を遂げたメンバーです。
 おめでとう!

 この世界は、
 方向さえ間違わなければ、
 頑張れば頑張っただけの結果が、必ず得られる素晴らしい世界です。
 一緒に未来に進んでいきましょう!

 ☆  ☆  ☆

 後ろに銀座の柳が揺れる席で、
 タラバガニのコースを満喫しました。
 うーーん、美味しいですぅ。(^_^)v
 d0054704_19030549.jpg


















 予約のときに誕生日のことを伝えていましたら、
 なんと、全員にカニ煎餅のセットの袋をお土産に持たせてくれました。
 嬉しいですね。ありがとう>かに道楽さん
d0054704_17524972.jpg





















 


by expresstax | 2019-06-19 23:36 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会札幌会場の鈴木修先生法人税事例検討会、そして札幌

 税務研究会税理士懇話会様の札幌会場は、鈴木修先生による法人税事例解説です。
 
 鈴木修先生のご講義は、
 なんたって一見、31事例、その各事例がさらに3~6事例入っていますから、
 とんでもない分量のご講演になります。

 でもそこは、財務省主税局ご出身、
 現在も高崎商科大学の特任教授でらっしゃる鈴木先生、
 法律根拠明解に、膨大な資料テキストをテキパキご解説下さいます。
 ありがとうございました。

 過去の貸倒を損失計上せずに、
 利益の上がった事業年度に計上するとの事例がありました。

 もちろんこれはNGなのですが、
 弊社で自社株評価のご依頼を頂いた際に、
 過去の貸倒とおぼしき未収金が計上されているのを拝見する機会が多く、
 つまりは架空債権ですから、
 残念に思っていましたので、
 そんな場合の処理についても、議論をさせていただきました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 税理士会支部総会等、お忙しい時期に、ご受講の先生方、
 また鈴木先生、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 新千歳空港への着陸間近の写真です。
 川の流れと人の道の流れ、
 どこまでも広く広い森と、耕作地。
 電車を降りると札幌駅はゲキ寒。
 ダウンで歩いている人もいて、
 夏服の自分は震え上がってしまいました。
d0054704_20340386.jpg





























 
by expresstax | 2019-06-17 23:09 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会横浜会場の武藤健造先生資産税事例検討会、そして横浜は青空

 税務研究会税理士懇話会様の横浜会場講演は、
 武藤健造先生先生による法人税事例解説です。
 司会進行役を務めます。
 
 とにかくページ数も論点もてんこ盛りの武藤先生。
 時間競争で、申し訳ありませんでした。

 特に相続法の問題、借地権の問題など、
 そもそも論からご解説いただき、明確になったと思います。
 武藤先生、受講の先生方、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 関内の講演会場からの横浜の街並みです。
d0054704_16080160.jpg


 
 















 会場内の蛍光灯のシーリングランプの映り込みがありますが、
 横浜のとても気持ちいい青空。
 左にランドマークが見えます。













by expresstax | 2019-06-13 23:00 | パブリッシング

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax
プロフィールを見る
画像一覧