タグ:街 ( 513 ) タグの人気記事

平成最後の秋の園遊会はスクリーン

 今回の秋の園遊会は平成最後だそうです。

 先月から始まっていた園遊会のテント作りを、
 上からワイワイ眺めていて、
 おや、駐車場部分にプレハブが。(謎)
d0054704_15350837.jpg























 そして、窓スクリーンについての通知文が配布されてきました。
 この数年、通知がなかったのですが、
 今年は来ましたね。
d0054704_15444004.jpg




















 そして当日。
 降りしきる雨の中を園遊会は決行。
 元赤坂周辺は警察警備の厳戒態勢になり、
 近隣ビルの屋上では、制服警官がポツリポツリと警戒しています。
 弊社も、御用地側スクリーンを全部下ろして協力しました。(^^ゞ

 園遊会出席の皇族も来賓も、ご高齢の方が多そうですので、
 雨の中を正装で、何時間も立ちっぱなし、というのは、つらいだろうねぇ、
 と心配をしておりました。






















by expresstax | 2018-11-09 23:28 | 事務所

鹿児島は小原まつりと西郷どん参り

 福岡のお仕事を終えて、鹿児島に向かいました。
 
 以前から、ご主人のお仕事の都合で、鹿児島に赴任していた友人から、
 おいで~、おいで~、と言われていたからです。
 ちょうど、テレビの「西郷どん」もいよいよ大詰め。
 それに、時折しもちょうどこの日まで、鹿児島では最大の「おはら祭り」とのことで、
 お言葉に甘えてお伺いしました。

 友人は久しぶりの再会に、鹿児島中央駅まで迎えにきてくれていました。
 ありがとうね~。

 ☆  ☆  ☆

 おはら祭りは、
 「♪花は霧島 煙草は国分 燃えて上がるは オハラハー 桜島♪♪」という
 あの「おはら節」の踊りを
 天文館通り1.5kmにわたって繰り広げる「総踊り」のパレードが見事でした。

 NHKの「西郷どん」の隆盛役の鈴木亮平さんや大久保利通役瑛太さんも
 パレードに出ていたとか。
 照國表参道の商店街で、焼酎屋さんやおまんじゅう屋さんを覗いていた我々は、
 あいにく見逃してしまいました。(^^ゞ
d0054704_20541102.jpg





















 照國通りの焼酎ストリートでは、ワンコイン(500円)焼酎5杯の催しで、
 みんな座り込んで意気軒昂。
 いや、えらい賑わいです。
 森伊蔵などは、瞬速でなくなったみたいです。
d0054704_13442477.jpg



















 

 
 西郷どんがウナギをとっていた甲突川。
 西郷どんと糸さんがすれ違っていたりした二つ家の橋の上から、
 向こうに見えているのが噴煙を上げている桜島です。
 川沿いに旗がならんでいるのは、維新ふるさと館です。
 明治維新150年ということで、明治維新にまつわるイベントが開催されています。
d0054704_14020646.jpg


























 下は、西南戦争で私学生ら薩摩軍300人とともに西郷どんが立てこもった城山の洞窟跡です。
 西南戦争は1877年の明治10年2月からここ城山で果てる9月まで、
 7ヶ月間も闘っていたのですね。

 自分は3月の熊本の田原坂が最後なのかと勘違いしていましたが、
 薩摩軍はその後、4月から9月まで敗走していたことを、初めて知りました。
d0054704_14055931.jpg
























 洞窟から300mのところで、
 自分が創設した政府軍(陸軍)の銃弾を受けて、
「晋どん、もうここらでよか」と、西郷が自刃した場所に建つ
 「南州翁終焉之地」の慰霊碑です。

 伝え聞いた勝海舟が詠んだという歌が、胸を突きます。
 「ぬれぎぬを干そうともせず子供らが
   なすがままに果てし君かな」
         
d0054704_15011236.jpg


























 南州神社と南州公園にある南州墓地、西南戦争の2023名の戦死者の墓地です。
 南州神社の壁には、西南の役遺族会制作という薩軍戦死者6765名の名前を刻した銅板が掲げられていました。
 内戦の痛ましい記録です。
d0054704_15125048.jpg

























 友人のご主人様の車で
 西郷どん巡りと鹿児島旨い物巡りを案内していただきながらの
 市中引き回しの刑は、
 とても楽しく美味しく堪能しました。
 
 ありがとうございました!










 


by expresstax | 2018-11-03 23:49 | 折りにふれて

税理士懇話会様福岡会場2日目鬼塚先生講演、そして九州新幹線

 税務研究会税理士懇話会様福岡会場の講演第2日目は鬼塚太美先生です。
 
 鬼塚先生のご講演は、事例が多く、根拠条文がっちり、判決裁決引用多数、で
 今度は、時間が足りなさすぎです。

 そこで、照会文は簡略化してご報告しながら、
 解説を進めて頂きました。

 特に鬼塚先生が強調していらしたのが、
 相続税の小規模宅地特例が平成26年以降、老人ホーム入居について緩和したトバッチリで、
 所得税の譲渡特例での特別養護老人ホーム入所まで厳しく扱われるようになってしまった混乱があることです。

 このあたりは、平成31年度税制改正要望で、国土交通省から提出されていることですが、
 整理されるといいなあと感じました。

 がんばって時間短縮を試みた結果、
 なんとか、時間いっぱいで完了となり、
 ほっとしました。

 ご質問の先生方、鬼塚先生、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 講演が終わり、福岡を後にしました。
 今回は、ちょっと足を伸ばします。

 博多駅での電車待ちの間に、
 九州新幹線みずほがいました。700系ですね。
 ノーズが長くてカッコいいです。
d0054704_22293969.jpg






















 反対側に、なんと500系が来ました。
 流線形の尖ったノーズが、めちゃスタイリッシュです。
d0054704_22314415.jpg

 





















by expresstax | 2018-11-02 23:54 | パブリッシング

税理士懇話会様福岡会場諸星先生講演、そして雲海下の富士山

 税務研究会税理士懇話会様福岡会場の講演第1日目は諸星健司先生です。
 10月31日に福岡入りして、ホテルで合流、打合せ場所に向かいました。

 打合せ場所は福岡のど真ん中、博多の街は、ハロウィンで一色。
 ハロウィン仮装した人達が、行き交います。
 東京渋谷も毎年すごいですが、博多もさすがでした。

 ☆  ☆  ☆

 諸星先生には、エクスプレス・タックスを主宰していたころ、
 自社の法人税申告の顧問をお願いしていました。

 ある雑誌の座談会でご一緒させていただいた諸星先生の明解なお話しに感激して、
 法人税の顧問をお願いするならこの先生しかいない!と 不躾にもお願いにあがったら、
 我々のような零細微粒子企業を快くお受けくださって、
 退職するまでずっとお世話になっていました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事例検討会の中で、

 会社の支出のうち、不透明な資金流出について、
 使途秘匿金か、
 役員賞与か、
 役員貸付金か、
 交際費か、
 といった処理の判断基準、処理の有利不利、主張する側の問題意識など、
 諸星先生流の仕分けが、切り口鮮やか、でした。

 ただ、諸星先生の切り口が鮮やかすぎて、問題の解決が簡明に進み、
 時間が余り気味に。
 余り早く終わってしまうと、木戸銭返せ!と言われかねないので、
 各問ごとに質問をさせていただき、
 何とか、延ばし延ばししながらも、早期終了。
 
 それでも、受講者様は、皆様ご満足な様子でしたので、
 ほっとしました。(^^;;ゞ

 ☆  ☆  ☆
 
 福岡行きの飛行機から見える雲海の隙間から、
 白い雪化粧をまとった富士山が見えました。
 
 写真の記録では、山梨県の笛吹市上空からのようでした。 
 富士山は、自分が静岡出身だからでしょうか、
 いつも不思議な感慨があります。
d0054704_21283704.jpg






















 写真ではわかりにくいのですが、雲が何層にも重なっているのですね。
 感動してしまいました。
d0054704_21531371.jpg





















by expresstax | 2018-11-01 23:20 | パブリッシング

お疲れさま会はしゃぶしゃぶ、そしてパンダライブ

 事務所で、お疲れ様会を開催。 
 このところ、大きな案件がずっとずっと続いて、
 かつ、ご相続等の試算業務が、これも連続してて、
 かなりヘロヘロモードなので、まあ、栄養付けようや、ということです。

 以前は、受注の際にキックオフ食事会をやっていましたが、
 最近はその時間が取れません。ナサケナイ。。。

 赤坂の、みんな大好き木曽路さんです(弊社比)。
 株主優待も軍資金の一部にして、
 刺しの入った和牛を、舌鼓を打って、おかわり、おかわり。 
 こちらのゴマダレは絶品です。
d0054704_19355849.jpg

















 おいしいお肉を、ごちそーさま!でした!

 ☆  ☆  ☆

 上野動物園のパンダのシャンシャンが成長して、
 とてもやんちゃな映像がライブ配信されています。
http://www.ueno-panda-live.jp/ondemand.html

 9:30~12:30はライブ配信、
 それ以降は、録画ビデオ配信、ということで、
 午前中は、リーリー(お父さん)、シンシン(お母さん)、シャンシャン(長女)の
 まったりのんびりのパンダライフを同時進行で楽しめます。
 まるで、自宅でパンダを飼ってる感覚になります。

 特に可愛いのは、夕方、飼育員の齋藤さんたちに、飼育舎に戻されるときの様子。
 「シャンシャン回収」と名付けられてインスタに掲載されたりしてます。

 でも、シャンシャンをこうして見ることができるのも、あと8か月?
 シャンシャンは、中国から年1億円でレンタル中のリーリー・シンシンの子なので、
 生後24か月で返還しなければならないそうなのです。
 そう思うと、ライブ映像が、貴重な気がして、つい見入ってしまいます。

 ☆  ☆  ☆

 笹食べて、寝て、ちょっとウロついて、
 また笹食べて、寝て、というのは、
 ウチのペットさんたちと、同じですね。(^_^)

 ウチのペットさんたちにも遠隔映像セットしようかと、
 ちょっと考えたりもしています。(^^ゞ















by expresstax | 2018-10-25 23:33 | 事務所

名古屋税理士会昭和支部様講演、そして浜名湖

 名古屋税理士会の昭和支部様の講演に伺いました。
 テーマは「贈与」。
 拙書「平成30年度税制改正対応版目的別生前贈与のポイントと活用事例」をテキストとしてお話しさせていただきました。

 出版元の新日本法規出版の担当者様もアテンドしてくれました。
 新日本法規出版様は、名古屋がお膝元なんですね。
 ありがとうございました。

 会場は、天白文化小劇場というほんとうに劇場でした。
 支部の行事と合わせての研修会です。
 
 待ち時間に、楽屋から支部行事をチラ見させてもらいました。スミマセン。
d0054704_19044860.jpg



















 支部の先生方には、とてもお心遣い頂きました。
 ご質問もいただき、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 名古屋駅前のビルの林立も目覚ましいものがありますね。
 写真の左が建て替えられた大名古屋ビルヂング(ディではなく、ヂ)、
 右の高いのがミッドランドスクエア(正式名称「豊田・毎日ビルディング」)、低いのが名古屋ビルデイング(デもイも大文字)です。

 歴史あるビルが建て替えられ、名前がそのまま承継されているのは東京も同じです。
 ちなみに弊社事務所ビルも、建替前の3棟時代の「赤坂センタービル」の名称を
 そのまま承継しています。
d0054704_19024222.jpg






















 ☆  ☆  ☆

 帰りに、浜松で途中下車しました。
 浜松駅では、「やらまいかミュージックフェスティバル」とのことで、
 バンド演奏が賑やか。

 路上ライブの聴衆が常時200人を超えると、
 プロのスカウトが見に来るんだとか。
 もちろん、こうしたイベントは対象外です。
d0054704_19184579.jpg























 JR構内にはリニア新幹線の告知が掲示されていました。
d0054704_19272564.jpg


















 東京-新大阪がリニアで山梨・長野経由で最速67分となれば、
 浜松は静岡は、完全スルーになってしまうので、
 反対なのかなあと思っていたら、

 むしろ、現在のように「のぞみ」にスルーされずに、
 「ひかり」や「こだま」を増発できるから、
 街の発展に繋がるとの説明でした。
 そうなのでしょうか。

 いずれにせよ、東京から考えると、
 新大阪67分というのは、すごい時代が来るものです。
 
 ネットがいくら早くても、
 最終決定は人間の呼吸ですから、
 フェイス to フェイスの障害は少ないほど、
 ビジネスはスピード化されるでしょう。

 浜名湖です。
 ウナギもしっかり食べてきました。
 高くなっていますね。(^^;ゞ
d0054704_19301006.jpg





























 
 

 

by expresstax | 2018-10-13 23:39 | パブリッシング

中古資産への資本的支出の耐用年数、そして松戸の空

 過去申告を拝見していて、むむむむ。(-_-)#

 中古で取得して稼働中の中古資産への資本的支出の耐用年数が、
 法定耐用年数とされています。

 これは、ちがいます。
 うーん、過大申告してきちゃってますね、これまで。
 もったいなーーい!です。
 
 ☆  ☆  ☆

 中古資産の耐用年数は、見積か、簡便法計算で決定されます。
 
 その資本的支出が、本体資産の取得価額の50%以下であれば、

 簡便法での計算は、
 ①法定耐用年数全部経過 法定耐用年数×20% 
   築30年の木造住宅であれば、法定20年のところ、4年です。
   米国の海外住宅投資が「節税商品」になってる、なんてのは、これが根拠です。
 
 ②法定耐用年数の一部経過
   法定耐用年数-経過年数+経過年数×20% (1年未満端数切捨)
   築10年のマンションであれば、法定47年のところ、39年です。

 じゃ、稼働中の中古資産に、築15年の段階で資本的支出をした、としたら、
 その資本的支出の部分の償却の耐用年数はどうするか、といえば、

 「本体の現に適用している耐用年数」、つまり、上の例でいえば、39年なんです。
 本体の法定耐用年数じゃ、ないんです(法人税法施行令第55条 資本的支出の取得価額の特例、法人税法基本通達1-1-2)。

 もちろん、新築で取得して、その後資本的支出をした場合は、
 資本的支出の部分も、新築の本体に適用される法定耐用年数で償却するんですが。

 資本的支出は、独自の資産ではなく、本体に付着するので、
 本体の耐用年数が、その資産の寿命、と考えるんですね。
 この発想が欲しいところです。

  ☆  ☆  ☆

 申告書をよ~く見ると、税理士法人さんが一度交代していて、
 過去の税理士法人さんも、その後の税理士法人さんも、
 同じに、稼働中の中古資産の資本的支出について、
 法定耐用年数でやっちゃってる、ということは、
 こうした方法が蔓延してるってことなのでしょか。

 むむむ、です。
 気を付けて欲しいですね。

 ☆  ☆  ☆
 
 あ、償却不足が生じた場合、解決されるのか、については、

 法人の場合は、償却不足額が生じても、翌期の損金にはできず、
 耐用年数経過後に、ようやく損金経理で経費化されます。

 あるいは、償却超過額があれば、
 その不足額分を償却超過額を認容することで損金化ができます、
 が、そんなことは、フツウ、あまりないですよね。

 個人の場合は、強制消却ですから、
 不足があっても、過去に償却したものとして、未償却残高を減少させるのが原則です。

 償却不足って、つまり救済されない、踏んだり蹴ったりになりますから、
 生じさせない!ことです。

 ☆  ☆  ☆

 所用で松戸に伺いました。

 先週、松戸支部様の講演でも伺いましたが、
 こちらは新松戸の方です。

 さくら通りです。
 ずっと、2キロ以上の桜並木です。春は素晴らしいでしょうね。
 日本の道100選に指定されているそうです。
d0054704_23112837.jpg





















 夕暮れの空がとても幻想的でした。
d0054704_23143970.jpg

























by expresstax | 2018-09-28 23:55 | 法人税

固定資産税の小規模非住宅地減免特例は相続されない、そして赤坂祭り

 東京都23区に限ってですが、
 固定資産税の小規模非住宅地の減免制度があります。

 「小規模非住宅用地に対する固定資産税・都市計画税の減免(23区内)」といい、
 一画地400㎡以下で、個人や大法人以外の非住宅地について、
 200㎡までの部分を2割減額する制度です。
 判定は、その年1月1日現在の状況で行います。

 ちょうど400㎡あれば、税額の10%が減免されることになり、
 平成14年から施行され、
 
 ただ、この制度は「減免」制度なので、
 対象非住宅地を持っていても、自動的には適用されず、
 都税事務所に「減免申請書」を提出することが必要です。
 
 制度ができて、速攻、弊社のお客様たちも、
 「それっ!」と申請していただきました。

 1度減免申請すれば、その後は、継続してくれるんですが、
 おっとどっこい、
 所有者に相続があった場合には、減免適用もそこでストップ。

 取得相続人が、新たに減免申請しなければならないのですね。(@_@)
 まあ、この制度についていえば、単に土地の適格性だけでなく、
 所有者の適格性審査があるからなんですが。

 お客様が相続なさって、遺産取得が決まって
 固定資産税通知を受けると、あら、減免されてない!

 そのままにしていると、都税事務所から減免申請の勧奨の通知書が来ます。
 さすがっ>特別区。

 あわてて減免申請をしていただきました。
 この減免申請が当年12月末までにされれば、
 遡及して減免価額に正したり、
 税額還付してくれます。

 相続後の減免再申請の手続、忘れないようにしましょう。

 ☆  ☆  ☆
 
 今年も赤坂祭り。
 宵山の山車が通ります。
d0054704_13425216.jpg

















 一ツ木通りには、屋台がいっぱいでています。
d0054704_13454494.jpg
























 ベトナム料理のアオザイさん、ニュージーランド赤坂さんなどなど、国際色豊かな赤坂のレストランが出店しています。

 チキンに味噌レバカツ、ミンチパイ、シューマイ、生春巻などや麦酒などしこたま買い込んだのですが、
 屋台のお店の席はどこもいっぱいだったので、

 久しぶりに、自宅マンションのスカイラウンジに、
 ピクニックバスケットに自宅の手持ちのワインやお皿・グラスを持ち込んで、
 夜景を見ながら、
 食べ、吞み、食べ、吞み。
 お祭り便乗の飲み会になりました。

 あ、写真は、さんざん食べ終わってバスケットに片付けた後です。(^^ゞ
d0054704_13530447.jpg



















 テラスに出て夜景を撮りました。
 この写真に写っているだけでも、
 ここに越してきてから10年間に建ったビルやマンションが、
 6棟もあります。 
 ホテルオークラとか、まだ、建築中のものもあります。
d0054704_22554448.jpg


 

 


by expresstax | 2018-09-14 23:56 | 固定資産税

東税協様相続税講演、そして国立競技場の建築進行中

 今年も、「東京税理士協同組合 組合員等研修会」に伺いました。
 日税ビジネスサービス様の運営です。

 今年は、第9弾です。
 ありがとうございます。

 以前ちょっとここでも書いた、路線価についての問題点を取り上げさせて頂きましたところ、
 日税連の先生から、会としても申し入れている点なのだと、お話しをいただきました。

 やはり、少しでも改善していくように、 声を挙げていかねばならないのだと思いました。
 そうでなくては、国税さんも、税務行政についての国民の信頼を得られないことになります。

 ご聴講の先生がた、日税の担当者様、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所から見た国立競技場です。
d0054704_22141968.jpg





















 ずっとクレーンが立っていたのですが、
 このところ、クレーンが消えて、
 周囲の囲いがはずされ、
 全貌が見えてきました。

 まだまだ建築中と思うのですが、
 落雷が多いためなのか、
 どうなのでしょうね。













 
  
by expresstax | 2018-08-30 23:24 | パブリッシング

お盆と雷とWakiya臥龍居さん

お盆に入っていますが、弊社は盆と正月が一緒に、みたいなてんやわんやです。

なんて言ってるうちに、
にわかに一天かき曇り、
凄まじいイナビカリと雷の轟音。

弊社執務室はビルの角部屋に当たり、
赤坂御用地方面、ニューオータニ方面、皇居議事堂方面が270度見渡せますから、
稲光も、雷も、ほとんどパノラマ状態で一望、
そのぶん、音も光も、大迫力でした。

でも、写真では、撮れてませんね~。トホホ。
d0054704_22141968.jpg



















 ☆  ☆  ☆

 お盆休みもカンヅメでがんばっていたのですが、
 この日だけは、悪友とご飯に繰り出しました。
 忙しいだろうと、赤坂まで来てくれました。

 赤坂6丁目のWakiyaさんの、トゥーランドット臥龍居さんで、中華料理です。

 工芸茶をいただきながら、とってもゆっくりまったり、 
 久々のほっこりした時間を過ごしました。
 楽しかったです。
 ありがとう!!
d0054704_22593659.jpg




















 バルコニにいた豚ちゃんの彫刻です。
d0054704_22562300.jpg


























by expresstax | 2018-08-13 23:05 | 折りにふれて