TKC様の生涯学習研修で長野に講演に伺いました。
 会場は、メルパルク長野。
 元長野郵便貯金会館と呼ばれていた大きなメルパルクです。

 前日、新潟の講演を終えて、
 乗り換え時間の長い高崎経由で新幹線で長野に着いたのは、
 夜9時前。施設内レストランは締まってしまい、
 繁華街の方に繰り出しました。
 ハシゴで講演会場を回ると、こういうこともあるのですね。
 夜は、メルパルクの展望大浴場でまったりさせてもらいました。

 翌日の講演も、新潟と同じ、贈与テーマです。
 研修部長様から、全部網羅しなくていいので、
 話したいことを話して下さい、と言って頂いていたので、
 相続・贈与関連のお話しを、さまざまにさせていただきました。

 ご出席の先生方がとても熱心にお聞き下さるので、
 つい、のめり込んで話してしまいます。

 ありがとうございました。
 
 ☆  ☆  ☆

 新幹線で、東京へ、赤坂へ、と戻ると、
 長岡や長野の夜の静けさと比べて、
 こちらは不夜城。

 なぜか、とてもホッとしちゃった自分って、
 何なんでしょうね。














 

by expresstax | 2018-06-05 23:40 | パブリッシング
 TKC様の生涯学習研修で、新潟は長岡での講演に伺いました。
 TKC加入の税理士先生や事務所職員様たちが多数ご出席下さいました。
 会場は、ホテルニューオータニ長岡です。

 テーマは、新日本法規出版様から出した「目的別生前贈与のポイントと活用事例」。
 5月25日に平成30年度税制改正対応版を改訂版として出版したばかりで、
 それをテキストに、お話しを進めました。

 が、つい余計なお話しをしてしまい、
 かなり、時間をオーバーしてしまいました。
 
 にもかかわらず、お聞き下さった新潟の先生達の暖かなご対応に、
 身が縮む思いでした。
 また研修部長様たち初め、役員の先生方の、
 さまざまご配慮下さるお優しさにも、感激しました。
 ありがとうございました。

 ご質問もいただき、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 新幹線を待ちながら、
 車名や出発時刻は表示されてるのに、
 出発する様子がないヘンな車両がホームに停車していました。
d0054704_21363360.jpg





















 出発時刻が同じなので、うっかりその前で待っていたら、
 自分の乗るべきは、そのお向かいの車両だったんです。
 出発時間になって、慌てて飛び乗りました。

 待ちながら何気に写真を撮ってたので、
 乗ってから、あれは何だったんだろう、と調べたら、
 ”East-i”(イースト-アイ) という、JR東日本の電気・軌道総合試験車(検測車)とありました。

 新幹線に、ドクターイエロー(新幹線電気軌道総合試験車)があることは聞いていましたが、
 どうも、”East-i” はJR東日本、ドクターイエローJR東海・西日本のもの、
 ということで、機能や役割は、同じようです。(@_@)

 ということは、
 ドクターイエローは、見ると幸せになれるそうですが、
 ”East-i” を、じろじろ、ガン見してた自分も、
 超ハッピーになれちゃうのでしょうか、ね。(^^ゞ






by expresstax | 2018-06-04 23:01 | パブリッシング
 弊社は赤坂氷川山車保存会に加盟しています。
 その総会に出席しました。

 過去10年の間に、とうとう全ての保存山車と、本神輿まで復元を成し遂げた保存会素晴らしい業績は、赤坂の誇りです。

 昨年までは三菱地所さんの赤坂パークビルの会議室を使わせて頂いていましたが、
 今年からは、新設された国際医療福祉大学の赤坂キャンパスさんの会議室とレストラン会場での総会になりました。赤坂キャンパスは、弊社事務所ビルの青山通りを隔ててちょうどお向かいです。
 
 1階に赤坂氷川山車の常設展示場を開設
 氷川山車保存に一役買ってくれています。
 1階の講堂の緞帳も、絢爛豪華な往時の赤坂氷川本祭りの光景を描いてくれています。
d0054704_02061232.jpg


















 先日説明を受けた赤坂ツインタワー建替でも、
 新ビルの低層に、氷川山車の常設展示場と公演会場が設置されると聞きました。

 こうして企業さんの新しい建築の中に、赤坂の文化の保存に協力する機運が高まっていくのは、
 地元民としては(^^;;ゞ、とっても嬉しいです。

 懇親会です。
d0054704_02120134.jpg




 














 帰りには、学生さんたちの学食も覗いてきました。
 ランチが580円、ラーメンが480円。
 我々の頃は学食は世間相場の1/4位の値段でしたが、
 医療系だからでしょうか、
 最近の学生さんはリッチですね。。。(^^)
d0054704_02285531.jpg









































by expresstax | 2018-05-25 23:56 | ボランティア
 NHKの大河ドラマ「西郷どん」が、
 奄美大島編に入りました。
 今回は、奄美の言葉に、字幕がついています。

 アンゴ(現地妻)予定が正妻になる「とぅま」(愛加那)さんが、手にハジチ(針突)をしています。
 タトゥーです。
 西郷どんは、当初、刺青を入れた女など、とはねつけますが、
 島の風習で、未婚女性が少女の頃から入れ始め、
 本土(=征服者としての薩摩藩)に連れ去られないための魔除けだったそうです。
 奄美にこのような風習があったことを初めて知りました。

 先日観た映画の「モアナと伝説の海」で、サモアのマウイの全身のタトゥーが印象的でした。
 タトゥーが人格を持って動いたり、というのも、伝説に根ざしていたそうで。

 身近では、ヤ〇〇屋さん以外は、ミュージシャンたちくらいしか、タトゥーはお目にかかれません。
 
 熱帯地域で、裸身が正装という文化の中での装飾だ、
 と言ってしまえば身もフタもないですが、
 オーストラリアのアポリジニの装身など、
 興味深いです。

 ちなみに、昔、都はるみさんの伊豆大島を舞台にした「あんこ椿は恋の花」という歌があって、
 「あんこ」とは、「姉こ」=島の未婚女性と聞いていました。

 でも、今回の奄美大島の言葉「あんご」で「あんこ椿」を解釈すると、
 歌詞が思い切りハマって、
 これも、感慨深いです。

















 

 
 

by expresstax | 2018-05-14 23:47 | 譲渡
 税務経理協会様の税務月刊誌「税経通信」に論稿が掲載されました。
 「『「空き家特例』の実務プロセスからみる迷いやすいケースの判断」です。

 平成28年4月1日以降の譲渡について、適格な相続空き家を譲渡した場合に、
 3千万円まで非課税になる特例について、実務ポイントを書かせていただきました。

 編集のN様、大変お世話になりました。
 ありがとうございました。
d0054704_14015651.png


















 ☆  ☆  ☆

 先日、日本・中国・韓国の首脳会談が赤坂迎賓館で開催され、
 その前後数日間、赤坂-溜池-麻布近辺は、厳戒態勢になりました。
 弊社ビルの面している青山通りはもちろん装甲車がビッシリでしたが。

 スーパーマーケットの出入口になっているこんな細い路地まで、
 バリケードと制服警官が塞いでいるのでビックリしました。
d0054704_14012929.jpg

























by expresstax | 2018-05-10 23:37 | パブリッシング
 TOKIOの山口メンバーの問題が取りざたされ、
 マスメディアやネットは一色になっているようです。

 そのためか、どうか、
 安倍総理夫人の森友問題関与や、
 それをかき消すかのように佐川宣寿元国税庁長官の文書改ざん問題、
 そしてそれをかき消すかのように福田淳一元財務次官問題、
 さらにそれをかき消すかのように、山口メンバー問題、が登場して、
 先行の問題の議論が、マスメディアから、すっかり姿を消してしまいました。

 山口メンバーの問題があったにせよ、
 既に示談まで済んでいた事件を、
 なぜ「今」、取り上げ書類送検する必要があったのか。

 国民のマインドコントロールのお上手な方々の存在に、
 疑念を抱いてしまいます。
 
 ☆  ☆  ☆

 『ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ Wag the Dog』というアメリカ映画(1997年)があります。

 現職大統領のスキャンダルから国民の目をそらすため、
 揉み消し屋のロバート・デ・ニーロとダスティン・ホフマンが架空の戦争をでっち上げるコメディです。

 尻尾(Tailテイル)が、犬の本体(Dogドッグ)を振り回す(wagワグ)ように、
 国民(本体)が尻尾(政府とその手先の揉み消し屋)に振り回されているうちに、
 あげく尻尾が、本当の事態を作り上げてしまう、というストーリーです。(ネタバレ、すみません。)

 そんな映画を思い出しながら、
 なんだかなあ、と見ています。

 ☆  ☆  ☆

 富士山のふもとの芝桜祭りは、5分咲きでした。
 富士山がくっきり!です。
d0054704_16104189.jpg


 
























 ぐりんぱのチューリップ畑は満開。
 高地の雲が、富士山を覆っています。
d0054704_16134308.jpg





















高地のためか、桜もたくさん咲いていました。
今年最後のお花見でした。(^^ゞ
d0054704_16152918.jpg

































by expresstax | 2018-04-27 23:37 | 提言
  税理士会麻布支部主催の横浜工場見学クルーズに参加しました。

 支部所属の先生方が、ファミリーやご友人同士で参加されます。
 弊社も、いそいそと、連れだって出かけました。

 現地集合後、横浜中華街まで散歩、
 中華街のお店で、中華食べ放題でお腹を満タンにして、
 クルーズ船に乗り込みました。

 クルーズ船の屋上デッキでの集合写真です。
 後ろの工場の夜景が見事でした。

 船内ではくじ引きやカラオケ大会で大盛り上がり。
 楽しい時間をありがとうございました。
d0054704_19053799.jpg






























by expresstax | 2018-04-02 23:54 | 折りにふれて
 短い2月がもう終わり。
 慌ただしいままで、確定申告業務がピークを迎えます。

 ☆  ☆  ☆

 先日ここに書いた「地積規模の大きな宅地」評価の続きです。
 去年、お客様とお話ししていて、ここに書きそびれていたんですが。

 東京23区内、500㎡以上で、土地の入口が容積率300%、奥が200%の宅地の場合、
 地積規模の大きな宅地の減額はOK、というところまで書きました。

 では、その宅地が容積率が2以上にまたがる場合、
 以前から「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価」(財産評価基本通達20-6)があります。
 容積率が高い地域と低い地域にまたがる宅地については、その面積に応じ、
 加重平均の方法で容積率の格差に基づく減額率を算定し、地域での影響度を乗じて調整します。

 「地積規模の大きな宅地減額」と、この「容積率の格差に基づく減額率」は、
 もちろん併用OKです。

 通達では、「容積率の格差に基づく減額率」は、「奥行補正(通達15)から前項(通達20-5崖地減額)までの定めにより評価した価額から、容積率の格差減額を控除して評価する」とされているからです。

 これは明解ですね。

 また、地積規模の大きな宅地についての「あらまし」にも、
 累乗適用することが明記されています。(あらましP.8(3)ホ)

 ☆  ☆  ☆

 でも、ちょっと待てよ。
 通達を読んでいて、この累乗適用について、???となりました。

 うーん、また長くなるので、これについては、また後日とします。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 ランチに出ると、
 事務所ビルの青山通り沿いの1軒お隣、鹿島建設本社さんの前で、
 報道陣が「出待ち」をしていました。
 なんだろね、とニュースを見ると、引き続きリニア談合の問題のようです。
 御用地関連といい、青山通り沿いは、報道陣の出没が激しいです。(>_<)
d0054704_16063385.jpg




























 

by expresstax | 2018-02-28 23:40 | 財産評価
 確定申告まっさかりです。

 病院にかかって、医療費支出と、高額医療の補填金を受けたお客様の確定申告。

 医療費控除の明細書が作成されていますが、
 医療費の合計額から補填金の合計額が差し引かれて医療費控除の計算がされています。
 その結果の差引は、9万円。
 つまり、医療費控除の、そのお客様の足切り額=200万円×5%=10万円以下になり、
 医療費控除、ゼロとされています。

 気になって、医療費の明細をじろじろ拝見すると、
 補填を受けた治療の支払額10万円に対し、補填金15万円。
 補填金の方がオーバー支給なのですね。
 これを「他の医療費と合わせた合計-補填金合計」としているために、
 補填金のオーバー分が、他の医療費から差し引かれる結果となっています。

 でも、
 医療費控除で、「支払った医療費を超える補填金」については、
 医療費補填金との差引計算は、補填の対象とされる医療費ごとに行い、
 支払った医療費の金額を上回る部分の補填の金額は、他の医療費の金額からは差し引きません。

 この部分は、次の所得税法73条の法文から読み取るんですね。
==========================
・・・その年中に支払つた当該医療費の金額(保険金、損害賠償金その他これらに類するものにより補てんされる部分の金額を除く。)の合計額が・・・
==========================
 ここでもし、除くべき補填金の括弧書きが「合計額」の後にあったら、
 「医療費総計-補填金」となるでしょうが、
 括弧書きが、「当該医療費の金額」にかかってるために、各医療費ごとに見る、と読むんです。

 これを「医療費控除の明細書」書式では、
 「(4)支払った医療費の額」の右側の「(5) (4)のうち生命保険や社会保険などで補填される金額」の欄に、
 「(4)のうち」とすることで、支払った医療費の額を限度に、補填金額を記載するようになっています。
 でも、分かりにくいですよね。
 勢いで、補填金額全額を書いちゃいそうです。

 ☆  ☆  ☆

 確かに分かりにくいですが、でもこれによって、
 医療費を負担した人に対する救済になってるんです。

 したがって、確定申告のお客様の計算も、
 補填金のオーバー分は、チャラになりますから、
 結果的に、医療費総額は10万円を超え、
 医療費控除ができることになります。

 医療費控除制度は、医療費負担で困ってる人への救済制度です。
 所得税法のほんのちょっとの暖かさのニュアンスが感じられる気がします。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルエントランス脇の植え込みに、
 毎年、どこからか飛んできたのか、蕗が生えています。
 てことは、早ければ蕗のとうが見つかるはず、と、
 時々、チェックしていたのですが、
 今日見ると、既に伸びて蕗の花になっていました。
 うーん、口惜しい、です。(^^;ゞ
 来年こそ。。。(>_<)
d0054704_22192090.jpg





























by expresstax | 2018-02-26 23:09 | 確定申告
 2月に入って、ようやくいつもの明治神宮の初詣(^^ゞとご祈願に行きました。
 
 明治神宮は、2020年に鎮座100年を迎えるそうで、
 その記念事業で社殿の銅板屋根吹替えの工事中。
 その葺替え用の新しい銅板に名前や祈願を書いて奉納する行事があります。
 弊社も、社運隆昌の祈願で、銅板奉納させていただきました。 
  記念に奉賛の章というお札をいただきました。
d0054704_18372886.jpg

 















 
 ちょうど今日が紀元祭とかで、御神輿や山車がたくさん出ていました。
 寒いなかで、汗が飛び散ります。
d0054704_18364865.jpg


















 今年も、元気に発展していけますように、
 ご祈願して、お札とメンバーみんなのお守りをいただいてきました。

 ☆  ☆  ☆

 帰りは渋谷経由。
 途中の渋谷公会堂の建替工事の様子です。
 昔のシブコーの名残は、時計塔だけですね。
d0054704_19213892.jpg

 
































by expresstax | 2018-02-11 23:29 | 事務所

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax