資産税の税理士ノート


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

タグ:税理士 ( 200 ) タグの人気記事

国税ってば、繰戻還付が遅いってさ。

 代表がプンプン怒っています。

 会社様の繰戻還付請求をした。
 予定納税はすぐ還付されたけど、
 繰戻分が、3か月過ぎても、まだ。
 所轄税務署に連絡をとってみると、
 手続は済んでいるんですが、との返事をもらったのは、昨年末。
 ほとんど蕎麦屋の出前だぁ、と。(`ヘ´) #

 ☆  ☆  ☆

 繰戻還付(くりもどしかんぷ)とは、
 青色申告の中小企業に欠損金が生じて、
 「欠損金の繰戻し還付請求」を行うと、
 今期の欠損金と前期の利益を通算相殺して、
 前期に支払った法人税等や今期に支払った予定納税を
 還付を請求できる制度です(法人税法80条)。

 資本金1億円超などの大法人は、この制度は停止されてますが、
 資本金1億円以下の中小企業ならOKです。
 
 ☆  ☆  ☆
 
 一般的に知られてるのは、
 今期欠損がでて、翌期以降に繰越して控除する、
 青色欠損金の繰越控除の特例です(法人税法57条)。

 が、これからは景気が悪いからあまり利益が出そうもない、
 前期大黒字→今期は欠損→来期もあまり期待できない、
 という場合は、繰戻がおトクですよね。

 ただし、前年所得までとなってるので、
 もし今期欠損が5千万円、
 前期が4千万円利益、ということだと、
 4千万円は前期へ繰戻還付、1千万円は翌期繰越、という計算になります。

 したがって、中小企業が欠損金を出した場合、
 前期1年分繰戻還付+当期+翌期以降10年間の繰越控除
  =12年分の所得を通算して法人税負担となるわけです。

 昔は、繰越控除は5年でしたから、それに比べると
 それなりに長い期間で、法人税負担を見ることになります。

 といっても、法人はゴーイング・コンサーン
 (=Going Concern=法人というのは永久に続くもんだ)ですから、
 外国では法人税計算で、欠損金は原則、無期限通算されています。
 厳しかった米国だって、トランプさんの2017年以後
 それまでの20年繰越から無期限繰越です。

 日本が追いつくのはまだまだですね。
 ましてや、大法人は、ですね。(-_-)

 ☆  ☆  ☆

 この繰戻還付の制度は、
 個人の所得税でも同じです(所得税法140条「純損失の繰戻しによる還付の請求」)。

 ただし、個人の場合は、
 前年分所得への繰戻+当年分の損益通算+翌年以後3年間の繰越控除
 ですから、合計5年間の通算です。

 ☆  ☆  ☆

 繰戻還付のメリットは、前後期、通算できることだけではありません。

 繰越控除は、翌期の申告の税負担を軽減するだけですが、
 繰戻還付は、即刻、前期の税金がキャッシュで戻ってきます。
 欠損期に、このキャッシュ・インは、会社様にとって、
 何よりなのです。

 ☆  ☆  ☆

 ところが、この有利な繰戻還付を受けない税理士さんが多いという話を聞きました。
 なぜ?と思ったら、
 次の規定が問題なんだそうです。
===================
法人税法80条7項(所得税法142条2項も同じ)
 税務署長は、前項の還付請求書の提出があつた場合には、その請求の基礎となつた欠損金額その他必要な事項について調査し、その調査したところにより、その請求をした内国法人に対し、その請求に係る金額を限度として法人税を還付し、又は請求の理由がない旨を書面により通知する。
=================== 

 この「調査し」にビビっちゃうんだそうです。(-_-)

 しかし、弊社では、お客様有利な場合、
 所得税でも法人税でも、過去かなりの繰戻還付を受けていますが、
 これまで一度も税務調査があったことはありません。

 そりゃ、国税さんだって、還付請求が提出されたときに、
 そうかいそうかい、と言いなりに
 ホイホイ還付するわけにはいかないでしょうから、
 こうした法律構成にするんでしょう。

 が。
 それとも、その顧問先様が、よほど後ろめたいことやってるのか。

 もし、翌期以後への繰越控除で済ませちゃうとしたら。
 欠損期、会社様資金は、ますます手元不如意になります。

 今回の還付遅れは、おかしな都市伝説とは無関係です。
 繰戻還付、ガンガンやって大丈夫ですよ。(^_ー)v

 
 
 

 

 



 
 


by expresstax | 2020-01-20 23:29 | 法人税

相続税の電子申告、そして新年会とローズガーデン

 令和元年10月から
 相続税の電子申告が始まりました。 

 対象は平成31年1月1日以後開始相続から。
 その申告期限が10か月後の11月1日なので、
 10月1日から受付、ということなのでしょう。

 これまで他の税目は全て電子申告できましたが、
 相続税申告が最後の砦だったんですね。
 これで、全税目、電子申告できることになります。

 ☆  ☆  ☆

 弊社でも、電子申告をご希望のお客様の相続税申告を電子で行います。
 初めてのケースになるので、いろいろ調べつつ、です。

 電子で送信するのは、
 申告書部分と、33条の2書面等。

 33条の2書面も電子で一緒に送信ということなので、
 これも、これまでは独自にPDF作成してきましたが、
 申告ソフトで作成せねばなりません。

 その他の書類は、PDF送信、
 あるいは、紙書類で別送となります。

 なんたって、代表が、情報システム委員長で鳴らした豪傑なので、
 気合いが入ります。(((((((::^^);;

 ☆  ☆  ☆

 事務所新年会は、ホテルニューオータニの、
 The Sky という元回っていたビュッフェ式のレストランです。(>_<)

 以前は回転していたようなのですが、
 今は、回転せず、定位置。

 席は、赤坂御用地側だったので、
 何だかいつも見慣れた同じ景色でした。。。
 事務所ビルが正面に見えて、良かったですが。(^^ゞ

 ビュッフェといっても、
 そこは天下のニューオータニ。
 
 ステーキのレアはダメ、
 お寿司のホッキ貝や海老は、すべて茹で上げ、という、
 衛生管理バリバリで、
 レア好きの自分には、ちょっとナンでしたが、
 
 でも、お腹がパンパンになるまで、
 おいしく楽しく頂きました。
 ごちそうさま、そして今年もがんばろーぜ!

 ☆  ☆  ☆

 たらふく戴いたあとは、2階の屋上庭園、ローズガーデンへ。
 いつも事務所セミナー会場のウェイティングロビーで、上から見下ろしていたんです。
 
 一般公開されてないんですが、
 代表がニューオータニクラブの会員なので、
 いつでも見学や会員専用ラウンジでのドリンク休憩ができます。
相続税の電子申告、そして新年会とローズガーデン_d0054704_17185199.jpg





















 こんな寒い時期なのに、
 真っ赤なバラが絢爛と咲いていました。
 この日も寒い中、バラ園のアーチ仕立てを、庭師さんが手入れしていました。
 手塩にかけてる、ということですね。
相続税の電子申告、そして新年会とローズガーデン_d0054704_17193884.jpg






















 毎年5月頃には、3万輪のバラが咲いて、
 イベントがあるそうですから、
 また来ようね。

 




 
 

by expresstax | 2020-01-14 23:56 | 相続・贈与

ぼちぼちスマート入力

 事務所みなさんが、パソコンの前でワイワイやっていました。
 
 ワラワラやっていた税務のご質問への回答が終わって、
 私も、なになに?と仲間に入れてもらうと、

 おぉ、レシートのスキャンからの帳簿のパソコン入力のレクチャーです。
 
 会計事務所の中では、もうとっくに導入している事務所も多いのでしょうが、
 記帳をあまりお受けしていない弊社では、
 取り組んでなかったんですね。

 弊社の場合は、スキャンスナップホームというソフトで、
 スキャンしたレシートを読み込んで、
 会計ソフトに取り込むと、仕訳されるんですね。
 例えば、ファミリーマートで購入された紅茶が、会議費に、といった具合です。
 
 レシートの記載から、
 店名や日にちや合計額をちゃんとピックアップして読み込むのって、
 すごいよね、とみんなで感心しました。

 マニュアルをメンバーさんが作ってくれましたので、
 こんどの確定申告のときにでも、私も使ってみましょかね。(^^;;ゞ



 
 
 
 

by expresstax | 2020-01-10 23:36 | 事務所

「所得税確定申告の手引」をご恵贈いただきました。

 尊敬する鬼塚太美先生が、
 令和2年3月申告用「所得税確定申告の手引」をご恵贈下さいました。
 
 改正著しい中、毎年、ほんとうにありがとうございます。
 来年の確定申告では、活用させて戴きます。
 ありがとうございました。
「所得税確定申告の手引」をご恵贈いただきました。_d0054704_17411581.jpg































by expresstax | 2019-12-27 23:39 | いただき物

税理士試験合格発表、おめでとう!そしてクリスマスツリー

 税理士の国家試験である税理士試験の合格発表があり、 
 挑戦していた事務所メンバーが、合格を知らせてくれました。
 やったね、おめでとうっっっ! \(^o^)/

 仕事と通学と受験と、ダブルヘッダー、トリプルヘッダーをこなしながら、
 がんばった甲斐があったね!

 試験も、仕事も、結果を出してこそナンボ。
 結果の出せない税理士にならないように、
 試験でも、がっつり早期に結果を出そう。
 
 完全合格まで、気を抜かず、頑張っていこうぜ!

 ☆  ☆  ☆

 毎年のこの時期のクリスマスシーズンは、
 クルシミマス、なのか、
 クビガシマリマス、なのか、
 大変ですが、
 
 今年は、楽しくジングルベルだね。

 事務所のクリスマスツリーも、点灯しました。
 今年はトナカイのお飾り付きです。(^_^)
税理士試験合格発表、おめでとう!そしてクリスマスツリー_d0054704_19455940.jpg

























 

by expresstax | 2019-12-13 23:25 | 事務所

税務研究会税理士懇話会名古屋会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会、

 税務研究会税理士懇話会名古屋会場の資産税事例検討会に伺いました。
 講師は鈴木正孝先生、会場は名古屋税理士会の税理士会館です。

 さすが名古屋の先生方です。
 ご質問が、ポンポン飛び出します。 
 とても熱心な検討会になりました。 

 鈴木正孝先生、横浜の先生方、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 名古屋出張の際の、名古屋駅です。

 構内のクリスマスツリーです。
 周囲がメリーゴーラウンドのように音楽と一緒に回っています。
 「東京駅より立派じゃない?」なんて
 税研担当者様といいながら観覧しました。
マンションを買うときは業者の売り方を知ってから、そして名古屋駅_d0054704_14504474.jpg


 

















 タワーズゲートのレストラン街のサンタさんです。
 このサンタさん、なんと背中にツリーとトナカイ(馬)さんを背負っています。
 お疲れ様です。(^_^)
マンションを買うときは業者の売り方を知ってから、そして名古屋駅_d0054704_14535980.jpg
























 これもタワーズゲートのクリスマスツリーで、
 回ってはいませんが、メリーゴーラウンドに囲まれています。
マンションを買うときは業者の売り方を知ってから、そして名古屋駅_d0054704_14553698.jpg























 名古屋駅は、
 名古屋JRゲートタワーホテル(ホテル)、
 JRタカシマヤゲートタワーモール(ショッピング)、
 JRセントラルビルゲートタワーズ(オフィス)、と
 「ゲート」だらけ。

 新高輪駅も、「高輪ゲートウェイ」となることを考えると、
 今のJRさんのネーミングブームは「ゲート」なんですね。(^_^)






by expresstax | 2019-11-29 23:07 | パブリッシング

初めての意見聴取は臨場調査移行せず、そして幕張クリスマスツリー

 弊社が書面添付して提出した相続税申告について、
 所轄署から意見聴取の連絡がありました。
 弊社では初めてでしたので、少し詳しく書きましょう。
 
 ☆  ☆  ☆

 弊社は、相続税申告に際して、
 相続税申告書に33条の2の書面を添付しています。

 これはいわゆる「書面添付」と呼ばれ、
 税理士や税理士法人が、計算し、整理し、又は相談に応じた事項を記載して
 税理士の署名捺印のもと申告書に添付して提出するものです(税理士法33条の2)。

 この書面を添付した場合は、
 国税は、
 その申告について税務調査しようとするときは、
 納税者に税務調査の日時場所をあらかじめ通知する前に、
 税務代理を行う税理士又は税理士法人に対して、
 添付された書面の記載事項について、税理士が意見を述べる機会を与えなければならない、
 とされているものです(税理士法第35条第1項)。

 そして、国税は、この書面添付を
 申告審理や調査の要否等の判断において、積極的に活用すること、
 さらに、
 税理士等への意見聴取の段階で疑義が解消し、
 結果として調査の必要性がないと認められた場合には、
 臨場調査に至らないとしています。

 もちろん、
 税理士が、
 意見聴取時に、納税者に預金確認して、これだけだと納税者が言っていた、などと述べて、
 後日の調査で、無申告の預金が出てきて、それを納税者が知っていた、という場合は、
 納税者の隠蔽行為を証明してしまう結果になるので、
 税理士が事前聴取に応じたばかりに、重加算税対象とされる、という事態を招来する可能性もあります。

 これを、国税では、
 「当該書面に記載された事項は、税務の専門家である税理士からの申告書に関する情報であることから、申告審理や調査の要否等の判断において、積極的に活用される」
 としており、
 書面添付が、ヤブヘビになる場合が、ないわけではありません。(-_-)

 税理士は、添付書面を、慎重が上にも、慎重に作成しなければなりません。

 ☆  ☆  ☆
 
 今回、意見聴取は、弊社に調査官さんに来所してもらいました。
 実は、書面添付するようになって、早や何年も経ちますが、
 書面添付による意見聴取は、弊社では初めてのケースです。

 上に書いたように、税務署さんは、書面添付のあった申告には、
 すぐに臨場調査することができず、
 必ず税理士に面談のうえ、意見聴取しなければならないからです。

 弊社では、何を聞いてくるんだろうねぇ、なんて言いながら、
 当時の論点を確認して、申告の復習だけはしていました。
 土地の評価や所有資産を始め、論点がいくつもあった申告でしたから、
 意見聴取や臨場調査があっても不思議はない事案でした。

 意見聴取には、本来なら臨場調査に来臨する担当調査官が2名で来所。
 いつもお客様と面談する接客室で行いました。

 添付書面の順番にしたがって、
 通例の税務調査での確認事項をひとつひとつ丁寧に確認が進められました。
 論点となるところについては、弊社にて説明しましたが、
 予想された論点が焦点で、その具体的確認だったと思われました。

 ☆  ☆  ☆

 意見聴取後10日ほどして、
 担当調査官さんから、電話があり、
 これで意見聴取を終了し、調査への移行はおこないません、
 本日、「意見聴取の結果についてのお知らせ」を送ります、とのこと。

 これで臨場調査なし、になりましたので、 
 さっそくお客様にご報告、他のご兄弟にはお客様からご連絡いただくことになりました。

 その後、書面「意見聴取の結果についてのお知らせ」が郵便で弊社に到着。
 宛名は税理士法人の担当税理士宛です。

 書式については知っていましたが
 なんたって、初めての意見聴取、初めての意見聴取是認通知です。
 みんなで覗き込んで、わいわい評定します。

 某税理士団体さんでは、この通知書を賞状額に入れて、納税者様のところに飾って頂くとか。
 弊社では、そのようなことはしません。(^^)

 冒頭に「税務行政につきましては、日頃からご協力いただきありがとうございます。」とか、
 「当該納税者に係る申告について、特に問題とすべき事項は認められず、
 現在までのところ調査は行わないこととしましたので、お知らせします。」とか、
 分かりやすい言葉で書かれています。
 
 実調の税務調査後の納税者宛の是認通知が、
「更正決定等をすべきと認められない旨の通知書」というタイトルで、わかりにくい愛想のない文書(-_-)#なのに、です。

 税理士に対する文書は法律用語で分かりにくくてもいいけど、
 納税者への文書には優しく書くべきだよねぇ、と
 みんなでブチブチ言っちゃいました。

 ただ、文書の末尾には、しっかりと
「なお、後日、申告内容について新たな疑問等が生じた場合には、調査を行うこともありますので、その際には改めてご協力をお願いいたします。」
 とありました。

 臨場調査ではないので、
 もし非違が分かったら、再度の調査はありえるよ、と
 クギを刺してます。(^^)
 が、特段何もなければ、これで終了との理解です。

 文書は、もちろん税理士宛ですから、税理士が保管しますが、
 弊社では、到着した文書の写しをさっそくお客様にお送りしました。
 
 これで、相続人様もご安心なさって、
 かつ、臨場調査による税理士立会報酬という
 余計なご費用負担をおかけせずにすみます。

 よかったですね!(^_^)v

 ☆  ☆  ☆

 よかったよかった、ということで、
 またも、幕張ライブに参戦しました。
 イベントホール前広場は、クリスマスツリーが飾られていました。
初めての意見聴取は臨場調査移行せず、そして幕張クリスマスツリー_d0054704_20193055.jpg

 
























 えきまえのツリーです。
初めての意見聴取は臨場調査移行せず、そして幕張クリスマスツリー_d0054704_20200048.jpg
































 

 
 

 



by expresstax | 2019-11-15 23:22 | 税務調査

平川先生お別れ会

 税理士の平川忠雄先生が、今年5月にご逝去になり、
 そのお別れの会が開催されました。

 平川忠雄先生には、
 毎年日本法令様から出版している「税制改正と実務の徹底対策」の監修をお願いしており、
 先生のご逝去後、お悔やみにお伺いし、
 書籍監修者の今後の方針について打合せさせて戴いたりしていましたが、
 今回はお別れの会にお招きいただき、執筆陣として出席させていただきました。
平川先生お別れ会_d0054704_21542919.jpg

 














 お別れの会は帝国ホテルのバンケットで、
 後継者であるご子息の平川茂先生とパートナーの方と、
 会場入口でご挨拶させていただきました。

 書籍を一緒に執筆させていただいている中島孝一先生や西野道之助先生とも
 ご挨拶できました。

 ありがとうございました。

 お別れの会は大変多くの出席者。
 税理士先生がご出席なさっているのかと思ったら、
 同じテーブルでお話ししたおじいちゃまは、
 平川会計様の顧問先様でした。

 平川先生とは50年来のおつきあいとのことで、
 思い出話を伺うことができました。

 平川先生が、小さな事務所の時代から
 こうした顧問先様と大切に手を取り合って
 共に成長なさってきた道程を垣間見ることができたようで、
 とても感激しました。
  
 これからは、茂先生が、
 事務所をさらに立派に発展させていって下さる様子を感じることができました。

 ありがとうございました。



 




by expresstax | 2019-09-04 23:31 | 税理士

税理士は専門家紹介業、そして燃える東京

 このブログで、以前にもお客様への専門家のご紹介のことを書いたことがありますが。

 先日のこと、
 家屋の固定資産税評価額の審査請求をして棄却の決定を受け、
 訴訟に申し立てるということでお客様がご相談にいらっしゃいました。

 弊社は、土地評価に関しては、これまでも市町村と何度も折衝して
 審査請求に至るまでもなく、評価額の更正をしてもらってきましたが、
 家屋評価で代理人を立てた経験がありません。

 税理士は訴訟で代理人に立つことはできず、
 もう訴訟段階である以上、
 弁護士先生に訴訟代理人をお願いするしかありません。
 お客様のご依頼も、弁護士先生を紹介して下さい、という趣旨でした。
  
 でも、家屋評価に強い弁護士先生というのは、これまで知見がありません。
 そこで、代理人になっていただけそうな弁護士先生を探そうということになりました。

 いくつかの心当たりの法律事務所や弁護士先生をあたりましたが、
 家屋評価の訴訟は難しいとのことで。

 それに、
 固定資産税の訴訟自体が、訴額の点で、
 弁護士事務所のビジネスのテーブルに載せること自体が難しい様子でした。

 と、たまたま、いつも税務情報を回して下さる方からの情報で、
 東京都内のある家屋評価を巡っての今年の東京地裁の取消訴訟で、
 納税者勝訴となった判決があったことが分かりました。
 
 すわ!と、その裁判の弁護人先生のお名前をお尋ねしましたが、
 情報公開請求では開示されなかったそうなのです。

 そこで、弊社メンバーさんが、東京地裁、そして高裁に飛んで、
 判決文の閲覧請求をして、
 その弁護士先生のお名前を調べてきてくれました。(アリガトウ!)
 それがK先生です。

 K先生のご連絡先を調べ、ぶっつけ突撃連絡(^^;;ゞをすると、
 お会いいただけるとのことで、依頼者様と一緒に事務所をお伺いしました。

 そして、これまでの経緯をお話したところ、
 めでたく、お受けいただけることになったのです。

 K先生は、
 率直で、謙虚で、お人柄もとても素晴らしい先生です。

 お話しを伺って、
 K先生が、固定資産税の家屋評価訴訟をほぼ専門で、
 とても数多くご担当になってきたことが分かり、ビックリしました。

 こうしたことは、実積での口コミでしか伝わらないのだとは思うのですが、
 「自称」の「専門家」が多いこのネット時代です。
 もっともっと世にでていただきたい先生です。

 お話しの中で、K先生が、
 このブログをご覧下さっていたこともわかり(>_<);;、恐縮しました。

 こうしてとにかく、
 依頼者様を素晴らしい弁護士先生にお繋ぎすることができ
 ほっとしました。

 また固定資産税関連の問題が生じたときは、
 ぜひお力をお貸し下さい。

 よろしくお願いします。そしてありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 目を見張る夕焼けでした。
 カメラが残念ですが、
 燃えるようです。
税理士は専門家紹介業、そして燃える東京_d0054704_22172467.jpg























 

 
 


 

by expresstax | 2019-07-18 23:24 | プロフェッショナル

税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目、そしてひっぱりだこ

 税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目です。
 資産税の事例検討会の出席者が毎回大変多く、
 このところ、2回に分けて開催されます。

 事例の中で、急斜面にある地積規模の大きな宅地の評価の問題がありました。
 この急傾斜地の評価について、宅地転用が見込めない土地について、
 平成30年から、さりげなく、改正が入っていることについて、
 正孝先生が指摘がありました。
 するっと入っている、とても大きな改正で、
 注意しないとコワい話です。

 今回も大変多くの先生方がご出席くださいました。
 また、ご質問も多く、活発な検討会になりました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事例検討会の会場である鉃鋼ビルの控え室に使ったラウンジです。
 ビルのオフィスワーカー用でしょうか、
 ラウンジの奥には、バーカウンタやトレーニングジム・シャワールーム
 個別デスクコーナーやトイレ、など、充実しています。
 さすがですね。
税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目、そしてひっぱりだこ_d0054704_16401365.jpg






















 ☆  ☆  ☆

 東京駅経由で事務所に戻る途中、
 全国の駅弁を売っている駅弁屋さんで、
 明石のひっぱりだこ飯を買いました。
 兵庫県に行った折に、みんなで病みつきになった
 日本一おいしい駅弁(弊社評)です。

 左が通常版、右が、ゴジラ版です。
 通常版は煮たこですが、ゴジラ対ひっぱりだこの方は、
 焼きたこが入ってました。
 たこや穴子や、美味しいものが沢山載って、
 お酒にもいい最高の駅弁です。
 食した後の蛸壺は、ウチのペットのおもちゃになっています。
税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目、そしてひっぱりだこ_d0054704_16424005.jpg



 
































by expresstax | 2019-07-16 23:19 | パブリッシング
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧