ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

タグ:税制改正 ( 224 ) タグの人気記事

 令和2年度改正税法が国会で成立しました。
 順当に、4月1日に施行されることになります。

 が。
 
 世の中の目は、Covid19対策のための緊急経済対策に向いています。
 どうなるでしょうね。

 ☆  ☆  ☆

 夜、赤坂の食品卸店舗のハナマサさんに寄りましたら、
 なんと、入口から列がはみ出ています。

 列は、店舗奥までずっと続いて、
 ぐるりと入口レジまで取り囲んで続きます。
令和2年度税制改正法が成立、そして食料品買い貯め_d0054704_20470545.jpg




















 精肉や加工肉など肉棚、パン棚、お米棚、全部カラ!です。
 地下階の魚売り場に多少残っていたのでその日の分を仕入れました。
 
 赤坂に越してきて10年以上、
 この店でこんな情景を目にしたのは初めてでしたので
 ビックリしました。

 と、地下の階段下で、
 カップヌードルの箱を何箱も運び出しているサラリーマンさんたちがいます。
 その真剣な表情を見て、またビックリ。

 赤坂も溜池のこのあたりは、住民より企業さんが多いので、

 もしやロックダウン(都市封鎖・外出禁止)になったら、

 テレワークとも言っておられず、
 会社に籠城するしかない人達が、
 会社用に買い込んでいるかの様子です。

 ウチなどは、普段から保存食頼りのために(^^;ゞ
 それなりに備蓄があるので、
 今更慌てて買い込むこともないと思っていたのですが、

 食料品の買い貯めには、限度がありますから、
 本当にロックダウンになった時のことを考えねばなりませんね。

 ☆  ☆  ☆

 というより、安部さんも小池さんも、
 ズルズル延ばさず、
 早急にロックダウンの判断をすべきでは、と思うのですが、
 どうなのでしょうね。











 
 

by expresstax | 2020-03-27 23:13 | 税制改正

 今年も「よくわかる令和2年度税制改正と実務の徹底対策」を
 日本法令社より発刊致しました。

 創刊22年、今年も日本最速です。

「よくわかる令和2年度税制改正と実務の徹底対策」を発刊しました。そして確定申告キックオフ!_d0054704_19320733.jpg





























 昨年5月に逝去された故平川忠雄先生に代わり、
 創刊時からご執筆の成田一正先生に編著をお願いしました。


 令和2年度税制改正は、昨年の消費税率引上げ直後だから増税しないとか、
 財務省さんは、いやゼロサム(プラスマイナスゼロ)だ、とか言っていたようですが、
 特に資産所有者を直撃する規制策満載となりました。


 また、民法相続法の施行に合わせた配偶者居住権の税務の改正についても詳解しました。


 本書は令和元年12月20日閣議決定の財務省版「税制改正の大綱」をベースに
 各省庁資料を満載し、対応実務をQ&Aで徹底解説しました。

 既に令和2年1月31日に改正法案は国会上程、
 3月末までに国会で成立する見込です。


 今後の変動事項については、
 弊社「松木飯塚税務情報」や「お客様ご連絡表」、
 このブログに掲載して参ります。
 

 ご意見、ご批判をお願い申し上げます。

 ☆  ☆  ☆

 いよいよ確定申告期間に突入しました。
 
 ということで、確定申告キックオフ。
 当然、(打首風に)ニクタベイコウ!というわけで、
 赤坂の木曽路さんのしゃぶしゃぶ祭りに繰り出しました。

 軍資金は、木曽路さんの株主優待と、
 先日金券ショップで換金したANAの株主優待券です。(^^;ゞ

 霜降りしゃぶしゃぶをお腹いっぱいいただいて、
 がんばろーーーぉ。 (^^) 


by expresstax | 2020-02-17 23:28 | パブリッシング

 令和2年度改正法案が国会上程されたそうですが、
 まだ財務省ページでは公表されません。
 確認したいところがあるのですが、
 困りました。。。

 ☆  ☆  ☆ 

 タクトコンサルティング様のセミナーに出席しました。
 いつもの砂防会館の会場です。
 たくさんの受講者さんが詰めかけています。
タクトセミナー、そしてコロナウィルスとマスク_d0054704_16263039.jpg



















 テーマは「令和2年度税制改正とこれからの相続対策のポイント」です。
 
 令和2年度の資産税改正のポイントで、
 低未利用地譲渡の特別控除などが、割愛されていて、
 さすが、タクトさんは、500万円以下の譲渡なんか
 洟もひっかけないんだろうな、と納得しました。

 配偶者居住権の譲渡にかかる取得費算定で、
 与党「税制改正大綱」の文言が間違っていて、
 財務省の「税制改正の大綱」でさりげなく訂正されていた部分には、
 きちんと対応なさっていました。
 これも、さすがです。

 山田先生のお話はとても聞きやすく、良かったです。
 話すなと言われたけど、とお話しになったことも、
 とても面白かったです。

 OG (^^;ゞ でありながら、
 お忙しいところをお邪魔かなと、あまりご挨拶できませんでしたが、
 申し訳ありません。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 昔は、タクトセミナーといえば、
 銀行や不動産のプロの方が圧倒的受講者だったように思いますが、
 今は、税理士事務所さんの受講が多いそうです。
 でも、いつの時代も、プロ(パイプ)と一緒に進む方針は不変ですね。

 あ、ウチは、エンドのお客様だけとベッタリです。(^^;ゞ

 ☆  ☆  ☆
 
 コロナウィルスが蔓延して、
 パンデミック(爆発的感染)じゃなくてインフォデミック(爆発的情報感染)だ、
 なんてWHOは言うけど、
 情報が適時適正でなければ、信じることができません。

 自己防衛するしかないよね、と
 事務所用マスクをメンバーが確保してくれました。

 弊社は、私が、以前から365日、外出時は必ずマスクしていたことと、
 基本、接客業ですので、
 以前から事務所にマスクを常備してくれていたのですが、

 今回は、マスクのストック分まで、
 メンバーがお休みの日に、犠牲的に購入してきてくれたそうです。

 ありがとう!









 

by expresstax | 2020-01-31 23:22 | 税理士

 お客様からSOSのご質問がきました。
 本業のコアビジネスの他に、不動産賃貸もなさっている顧問先様です。

 顧問先様は、テナントさんに、
 10月分の事務所家賃について事前に10%となることを告知し、
 その請求をなさっていました。

 ところが、テナントさんから入金されてきたのは、8%。
 テナントさんの見解としては、9月中の入金なので8%でよいはず、
 税理士にも確認したというのです。

 ☆  ☆  ☆

 弊社では、前回の消費税引き上げ時もやったように、
 今回も、8月7日付でお客様に、告知文雛形とともに、
 「消費税率改正に伴う賃貸料の請求額変更告知について」という
 「お客様ご連絡表」をお送りしていました。

 顧問先様は、それをご利用なさってテナントさんに告知していたのです。
 
 ☆  ☆  ☆

 この前受賃料を巡る消費税率の取扱については、
 前回も、ずいぶん混乱があり、このブログにも書きましたが
 
 国税庁さんから、
 平成26年1月に「消費税率引上げに伴う資産の譲渡等の適用税率に関するQ&A」が、
 平成30年10月に「平成31 年(2019 年)10 月1日以後に行われる資産の譲渡等に適用される消費税率等に関する経過措置の取扱いQ&A」が、公表されています。

 上記の問4にズバリ書かれているように、
 9月に受ける10月分賃料の消費税は10%なのです。

 国税庁さんも、
 前回、平成26年4月の引き上げについて、1月にQAを出す、という
 ちょっと遅い対応だったためか、
 今回は、令和元年10月の引き上げについて、平成30年10月にQAを
 早々と出しました。

 それなのに、いまだに間違った指導をする税務専門家がいるとは。
 唖然とします。

 ☆  ☆  ☆

 顧問先様には、国税庁さんのQAのプリントをお渡しし、
 テナントさんに正しい制度を理解してもらうことにしました。
 が。
 どうなるでしょうか。。。。(-_-)
 
 ☆  ☆  ☆

 まだ9月というのに、赤坂見附交差点の冬桜が満開です。
9月支払の10月分賃料の消費税率まだ混乱、そしてもう冬桜_d0054704_19444264.jpg






























by expresstax | 2019-09-30 23:53 | 消費税

 今月頭に令和元年度の相続税と租税特別措置法相続税関連の改正通達が発遣され、
 関係の原稿書きを進めているのですが、

 困っているのは、改正を反映させた完成版通達集がないことです。
 
 法律・政令が反映されたのは、つい先日、
 通達に関してはまだまだです。

 法令のeGOVには掲載されませんし、
 国税庁のサイトには、まだ反映されず、平成30年改正までです。

 それでも、改正通達の新旧対照表をベースに、
 自力更生で、なんとか復元しようとしたら、
 
 な、なんと、新旧対照表のPDFに保護がかけられ、
 テキストコピーできないようになっているんですっ。 #(`д´)P

 保護してコピーさせないなら、
 もっと早く国税庁サイトに反映させろよ~!
 と、暴れたい気持になるのは、私だけでしょうか!! (怒)

 あ、私だけ。。。?
 失礼しましたっっ。((((((((((T_T);;

 ☆  ☆  ☆

 と、煮え立ったところで気分を変えて、
 
 先日、残業食で行ったプルデンシャルタワーのアジアンレストラン「SAPANA」さんです。
 夜は初めて行きました。

 おいしいインドカレーやタイカレーとチーズナン、
 アルコールをグッと我慢して、おいしいおいしいと夢中で食べて、
 さあ、帰ろうか、というときに、
 オリジナルマサラ茶が出ました。

 お砂糖を入れてスプーンで混ぜようとすると、
 店員さんが、ちょっと待って、と、
 お砂糖を溶かすための見事なパフォーマンス! おーー!

 ちょっと漢方の香りのマサラ茶は、おいしく
 元気が沸いてきますね。
 ごちそうさまでした。 
令和元年改正通達はサイト未反映かつPDF保護措置(T_T);;、そしてマサラ茶_d0054704_16431028.jpg






















 



by expresstax | 2019-07-22 23:03 | 税制改正

 今年も「よくわかる平成31年度税制改正と実務の徹底対策」を、日本法令社より発刊致しました。
 
「平成31年度 よくわかる 税制改正と実務の徹底対策」発刊!_d0054704_20133097.jpg































 2月25日全国書店で、
 アマゾンや大手書店では2月22日から発売します。
 今年も日本最速です。

 平成31年度税制改正は、
 10月の消費税率の引き上げによる景気への悪影響の軽減に
 法人税・所得税・資産税の改正措置に総力を挙げることを眼目としています。

 また、民法相続法の改正に伴う税制措置も本年度改正に盛り込まれたため、
 改正相続法のポイント解説と一緒に本書に盛り込みました。

 本書は平成30年12月21日閣議決定の税制改正の大綱をベースに
 各省庁資料を満載し、対応実務をQ&Aで徹底解説しました。

 既に平成31年2月5日に改正法案は国会上程、
 3月末までに成立する見込です。

 今後の変動事項については、弊社「松木飯塚税務情報」や
 「お客様ご連絡表」、ブログ「資産税の税理士ノート」に掲載して参ります。

 なお、弊社顧問先様には後日ご贈呈申し上げます。お待ち下さい。
 ご高覧いただければ幸いです。
 



by expresstax | 2019-02-21 23:08 | パブリッシング

 今年も顧問先企業様研修に伺いました。
 昨年新築成った新本社での研修です。
 お骨折りの甲斐あって、素晴らしいビルです。
企業様研修、そして平成31年度税制改正法案国会上程_d0054704_15510533.jpg


















 今年は、ご担当者様たちに弊社セミナーにもご出席いただいたところ、
 セミナーの内容を盛り込んで、とのご指示でしたので、
 たっぷり資料付きでご報告しました。

 新しいご担当者様たちと、従来からのご担当者様たち。
 全く新しい分野を切り開いて頂く、大変な責務を負っていらっしゃいます。

 ご質問もいただき、ありがとうございました。
 新年度、ぜひ頑張って下さい。

 ☆  ☆  ☆

 平成31年度税制改正の法案が国会上程されました。

 実は、10日ほど前に法案は入手していましたので、
 新制度についての条文を確認しながら執筆を進めたりしていました。

 いよいよです。















by expresstax | 2019-02-06 23:13 | パブリッシング

 先日、1月29日の日本税務会計学会六部門合同研修会での
 主税局さんの講演で聞き逃せなかったポイントがありました。

 平成31年度税制改正はすべて、消費税増税の完遂のための対応策に過ぎず、 
 次の3つの柱が次年度以降の課題だ、ということです。
1.所得税制
2.小規模宅地特例を含め、相続・贈与税制のあり方、
3.法人税連結納税制度

 今年度は、いわば、税制改正としては踊り場に過ぎず、
 今後、本格的な改正をしていく、ということですね。

 ☆  ☆  ☆

 別な日ですが、久しぶりの幕張です。
 昔、お仕事で訪問していたときは、未来都市のように見えていたのですが、
 今は、東京が追い越しちゃいましたね。

 夜のイベントホールからの帰りです。
 イルミネーションが街全体を美しく飾っています。
日本税務会計学会六部門合同研修会・2、そして幕張メッセ_d0054704_20502551.jpg




























 

by expresstax | 2019-02-01 23:07 | 税制改正

日本税務会計学会六部門合同研修会に出席しました。

例年、この六部門合同には、主税局長さんが税制改正解説をしますが、
今年は、局長の星野次彦氏に代わって、
主税局総務課長小野平八郎氏による平成31年度税制改正についての講演でした。

びっしりの会場で、後部席には机がない中で多くの先生方が
参加していました。

小野課長は、毎年、とてもコンパクトに分かりやすくまとめられたレジュメを元に
解説してくれました。
ありがとうございました。

今年は、もう法案が非公式には出ているので、
確認を含めた聴講です。

今年の改正は、
10月の消費税増税に全力を向けて、
その調整のための改正だ、との趣旨のお話しでした。

特に目玉がなく、
あまり実効性のなさそうな新制度の個人事業の納税猶予制度も
中小企業庁への配慮で制定、
調整項目ばかりの今年の改正となったのは、
弊社の税務情報で書いた通りで、
やはり、そういうことだったのね、と納得の説明でした。

最後に質疑応答があり、
相続法関連について質問をしたかったのですが、
他の先生方のご質問が続き、時間切れ。
質問の機会を逃しました。
チキンな自分です。とほほ。(>_<);;

 ☆  ☆  ☆

チャリで東京税理士会館からの帰りに通った建築途上の新国立競技場です。

撮った場所が近すぎたようです。(^^ゞ
これじゃ、よくわかりませんね。
大成建設さんが担当してるんですね。
日本税務会計学会六部門合同研修会・1、そして新国立競技場_d0054704_20144627.jpg



























by expresstax | 2019-01-29 23:06 | 税制改正

 松木飯塚税務情報NO.55「相続法改正」を弊社ホームページに掲載しました。
 「相続法改正は、今月~平成32年年7月まで順次施行

 民法相続編の改正項目を、施行日順にご報告しています。

 よろしくお願いします。
 

by expresstax | 2019-01-11 23:27 | パブリッシング