ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

タグ:法人税 ( 122 ) タグの人気記事

 代表がプンプン怒っています。

 会社様の繰戻還付請求をした。
 予定納税はすぐ還付されたけど、
 繰戻分が、3か月過ぎても、まだ。
 所轄税務署に連絡をとってみると、
 手続は済んでいるんですが、との返事をもらったのは、昨年末。
 ほとんど蕎麦屋の出前だぁ、と。(`ヘ´) #

 ☆  ☆  ☆

 繰戻還付(くりもどしかんぷ)とは、
 青色申告の中小企業に欠損金が生じて、
 「欠損金の繰戻し還付請求」を行うと、
 今期の欠損金と前期の利益を通算相殺して、
 前期に支払った法人税等や今期に支払った予定納税を
 還付を請求できる制度です(法人税法80条)。

 資本金1億円超などの大法人は、この制度は停止されてますが、
 資本金1億円以下の中小企業ならOKです。
 
 ☆  ☆  ☆
 
 一般的に知られてるのは、
 今期欠損がでて、翌期以降に繰越して控除する、
 青色欠損金の繰越控除の特例です(法人税法57条)。

 が、これからは景気が悪いからあまり利益が出そうもない、
 前期大黒字→今期は欠損→来期もあまり期待できない、
 という場合は、繰戻がおトクですよね。

 ただし、前年所得までとなってるので、
 もし今期欠損が5千万円、
 前期が4千万円利益、ということだと、
 4千万円は前期へ繰戻還付、1千万円は翌期繰越、という計算になります。

 したがって、中小企業が欠損金を出した場合、
 前期1年分繰戻還付+当期+翌期以降10年間の繰越控除
  =12年分の所得を通算して法人税負担となるわけです。

 昔は、繰越控除は5年でしたから、それに比べると
 それなりに長い期間で、法人税負担を見ることになります。

 といっても、法人はゴーイング・コンサーン
 (=Going Concern=法人というのは永久に続くもんだ)ですから、
 外国では法人税計算で、欠損金は原則、無期限通算されています。
 厳しかった米国だって、トランプさんの2017年以後
 それまでの20年繰越から無期限繰越です。

 日本が追いつくのはまだまだですね。
 ましてや、大法人は、ですね。(-_-)

 ☆  ☆  ☆

 この繰戻還付の制度は、
 個人の所得税でも同じです(所得税法140条「純損失の繰戻しによる還付の請求」)。

 ただし、個人の場合は、
 前年分所得への繰戻+当年分の損益通算+翌年以後3年間の繰越控除
 ですから、合計5年間の通算です。

 ☆  ☆  ☆

 繰戻還付のメリットは、前後期、通算できることだけではありません。

 繰越控除は、翌期の申告の税負担を軽減するだけですが、
 繰戻還付は、即刻、前期の税金がキャッシュで戻ってきます。
 欠損期に、このキャッシュ・インは、会社様にとって、
 何よりなのです。

 ☆  ☆  ☆

 ところが、この有利な繰戻還付を受けない税理士さんが多いという話を聞きました。
 なぜ?と思ったら、
 次の規定が問題なんだそうです。
===================
法人税法80条7項(所得税法142条2項も同じ)
 税務署長は、前項の還付請求書の提出があつた場合には、その請求の基礎となつた欠損金額その他必要な事項について調査し、その調査したところにより、その請求をした内国法人に対し、その請求に係る金額を限度として法人税を還付し、又は請求の理由がない旨を書面により通知する。
=================== 

 この「調査し」にビビっちゃうんだそうです。(-_-)

 しかし、弊社では、お客様有利な場合、
 所得税でも法人税でも、過去かなりの繰戻還付を受けていますが、
 これまで一度も税務調査があったことはありません。

 そりゃ、国税さんだって、還付請求が提出されたときに、
 そうかいそうかい、と言いなりに
 ホイホイ還付するわけにはいかないでしょうから、
 こうした法律構成にするんでしょう。

 が。
 それとも、その顧問先様が、よほど後ろめたいことやってるのか。

 もし、翌期以後への繰越控除で済ませちゃうとしたら。
 欠損期、会社様資金は、ますます手元不如意になります。

 今回の還付遅れは、おかしな都市伝説とは無関係です。
 繰戻還付、ガンガンやって大丈夫ですよ。(^_ー)v

 
 
 

 

 



 
 


by expresstax | 2020-01-20 23:29 | 法人税

 税務研究会税理士懇話会福岡会場の
 石黒邦夫先生の法人税事例検討会の司会進行で福岡に伺いました。

 石黒先生は、法人税や地方税・消費税・所得税のクロスオーバーする分野の事例を
 丁寧に解きほぐし、ご解説下さいます。

 今回は、土砂災害が予測される分譲残りの造成地の処理についての照会事例があり、
 面白いと思いました。
 あちこちにありそうなお話しです。

 石黒先生、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆
 
 今回は、行きも帰りもすっ飛んで、
 トンボ帰りです。
 金曜日までの講演ですので、
 時間に余裕があれば、もう1泊して、と
 したいところですが、残念です。

 羽田-福岡空港便は、機材変更があったとのことでした。
 窓のスクリーンが、従来型はブラインドを上から下へと手動で下ろしていたのを、
 窓下のボタンを押すことで、窓ガラスが調光になってスモークを掛けられるんですね。
 窓際大好き、景色大好き人間ですから、
 わぁい、と写真を撮りましたら、もうずいぶん前から導入されてたそうで。(^^;ゞ
 向こうの窓は調光なし、手前窓は調光済です。
税務研究会税理士懇話会福岡会場の石黒邦夫先生の法人税事例検討会、そして機材変更_d0054704_19304812.jpg















































 

 

by expresstax | 2019-11-07 23:47 | パブリッシング

 4月の法人税の税務調査の結果通知の連絡がありました。
 調査実施日から約3週間経っています。
 結果は、是認です。
 論点がなかったわけではないですが、終了とのこと。

 月末あたりに調査終了通知が送られるとのことで、
 社長様に早速ご報告しました。
 これで2回連続是認。
 よかったですね。(^_^)v

 ☆  ☆  ☆

 昨年、事務所セミナーで改正相続法についてご講演いただいた
 弁護士岩田修一先生から、
 「ケースでわかる改正相続法」をご恵贈頂きました。
 ありがとうございました。
税務調査の終了通知、そして改正相続法書籍をありがとうございました。_d0054704_20394282.jpg


 
















 東京弁護士会法制委員会の相続法部会の先生方がご解説下さって
 弘文堂さんから出版されました。

 岩田先生は、配偶者の短期居住権についてご執筆なさっています。
 ありがとうございました。








 


 

by expresstax | 2019-05-17 23:13 | 税務調査

 先日のこと、顧問先様の法人税調査に立ち会いました。

 前回調査が是認(問題なし)で終えてから、約3年ぶり、
 定期的な調査です、との若い調査官さんの説明でした。

 法人税・相続税・所得税通じて、
 自分はと~っても久しぶりの調査立会で(^^;;ゞ
 何だかちょっと不慣れな感じが、いやはや。(^^;;ゞ

 今回は、代表と事務所メンバーさん、私と、
 ゾロッと並んで立会ました。

 そもそも弊社は税務調査自体がなかなかないので、
 事務所メンバーさんには、貴重な経験のチャンス、と
 アテンドしてもらいました。
 
 真面目な調査官さんが、淡々と調査を進めて、 
 予定通りの時間スケジュールで進みました。

 さて、どうなるでしょね。

 お客様も、調査官さんも、事務所の皆様も、お疲れ様でしたっ。(^^)

 ☆  ☆  ☆

 応援しているアーティストのアルバム発売宣伝に、
 新宿のユニカビジョンで、
 20分以上にわたってミュージックビデオを流すという
 もう、交差点ジャックです。

 ユニカビジョンは、新宿駅東口ヤマダ電機ビル壁面に
 大画面3面の大ビジョン。
 通行人も東京最大規模です。 

 マイナーな日々を重ねて、
 こんな日が来るとは。。。
 仕事帰りに、うるうるで見てきました。(T_T);;
 税務調査立会、そしてユニカビジョンジャック_d0054704_14310797.jpg


 






by expresstax | 2019-04-26 14:18 | 税務調査

税務研究会税理士懇話会様の広島会場講演、講師は田中豊先生です。

 平成30年法人税改正となった収益計上基準、収益認識会計基準の判定、
 自然発生借地権の値上がり益の帰属の判定、
 合同会社の利益の不均等分配、
 役員退職金と役員報酬、
 税務調査対応、
 いずれも聞き逃せないテーマを、田中先生は、論旨明快に解説して下さいました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 今回は、広島2泊-名古屋1泊と転戦、
 その第1日目です。
 宿泊先のホテルでの大きなクリスマスツリーです。
税理士懇話会様広島会場田中豊先生法人税講演_d0054704_14201477.jpg

























by expresstax | 2018-12-02 23:54 | パブリッシング

 税務研究会税理士懇話会様福岡会場の講演第1日目は諸星健司先生です。
 10月31日に福岡入りして、ホテルで合流、打合せ場所に向かいました。

 打合せ場所は福岡のど真ん中、博多の街は、ハロウィンで一色。
 ハロウィン仮装した人達が、行き交います。
 東京渋谷も毎年すごいですが、博多もさすがでした。

 ☆  ☆  ☆

 諸星先生には、エクスプレス・タックスを主宰していたころ、
 自社の法人税申告の顧問をお願いしていました。

 ある雑誌の座談会でご一緒させていただいた諸星先生の明解なお話しに感激して、
 法人税の顧問をお願いするならこの先生しかいない!と 不躾にもお願いにあがったら、
 我々のような零細微粒子企業を快くお受けくださって、
 退職するまでずっとお世話になっていました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事例検討会の中で、

 会社の支出のうち、不透明な資金流出について、
 使途秘匿金か、
 役員賞与か、
 役員貸付金か、
 交際費か、
 といった処理の判断基準、処理の有利不利、主張する側の問題意識など、
 諸星先生流の仕分けが、切り口鮮やか、でした。

 ただ、諸星先生の切り口が鮮やかすぎて、問題の解決が簡明に進み、
 時間が余り気味に。
 余り早く終わってしまうと、木戸銭返せ!と言われかねないので、
 各問ごとに質問をさせていただき、
 何とか、延ばし延ばししながらも、早期終了。
 
 それでも、受講者様は、皆様ご満足な様子でしたので、
 ほっとしました。(^^;;ゞ

 ☆  ☆  ☆
 
 福岡行きの飛行機から見える雲海の隙間から、
 白い雪化粧をまとった富士山が見えました。
 
 写真の記録では、山梨県の笛吹市上空からのようでした。 
 富士山は、自分が静岡出身だからでしょうか、
 いつも不思議な感慨があります。
税理士懇話会様福岡会場諸星先生講演、そして雲海下の富士山_d0054704_21283704.jpg






















 写真ではわかりにくいのですが、雲が何層にも重なっているのですね。
 感動してしまいました。
税理士懇話会様福岡会場諸星先生講演、そして雲海下の富士山_d0054704_21531371.jpg





















by expresstax | 2018-11-01 23:20 | パブリッシング

 過去申告を拝見していて、むむむむ。(-_-)#

 中古で取得して稼働中の中古資産への資本的支出の耐用年数が、
 法定耐用年数とされています。

 これは、ちがいます。
 うーん、過大申告してきちゃってますね、これまで。
 もったいなーーい!です。
 
 ☆  ☆  ☆

 中古資産の耐用年数は、見積か、簡便法計算で決定されます。
 
 その資本的支出が、本体資産の取得価額の50%以下であれば、

 簡便法での計算は、
 ①法定耐用年数全部経過 法定耐用年数×20% 
   築30年の木造住宅であれば、法定20年のところ、4年です。
   米国の海外住宅投資が「節税商品」になってる、なんてのは、これが根拠です。
 
 ②法定耐用年数の一部経過
   法定耐用年数-経過年数+経過年数×20% (1年未満端数切捨)
   築10年のマンションであれば、法定47年のところ、39年です。

 じゃ、稼働中の中古資産に、築15年の段階で資本的支出をした、としたら、
 その資本的支出の部分の償却の耐用年数はどうするか、といえば、

 「本体の現に適用している耐用年数」、つまり、上の例でいえば、39年なんです。
 本体の法定耐用年数じゃ、ないんです(法人税法施行令第55条 資本的支出の取得価額の特例、法人税法基本通達1-1-2)。

 もちろん、新築で取得して、その後資本的支出をした場合は、
 資本的支出の部分も、新築の本体に適用される法定耐用年数で償却するんですが。

 資本的支出は、独自の資産ではなく、本体に付着するので、
 本体の耐用年数が、その資産の寿命、と考えるんですね。
 この発想が欲しいところです。

  ☆  ☆  ☆

 申告書をよ~く見ると、税理士法人さんが一度交代していて、
 過去の税理士法人さんも、その後の税理士法人さんも、
 同じに、稼働中の中古資産の資本的支出について、
 法定耐用年数でやっちゃってる、ということは、
 こうした方法が蔓延してるってことなのでしょか。

 むむむ、です。
 気を付けて欲しいですね。

 ☆  ☆  ☆
 
 あ、償却不足が生じた場合、解決されるのか、については、

 法人の場合は、償却不足額が生じても、翌期の損金にはできず、
 耐用年数経過後に、ようやく損金経理で経費化されます。

 あるいは、償却超過額があれば、
 その不足額分を償却超過額を認容することで損金化ができます、
 が、そんなことは、フツウ、あまりないですよね。

 個人の場合は、強制消却ですから、
 不足があっても、過去に償却したものとして、未償却残高を減少させるのが原則です。

 償却不足って、つまり救済されない、踏んだり蹴ったりになりますから、
 生じさせない!ことです。

 ☆  ☆  ☆

 所用で松戸に伺いました。

 先週、松戸支部様の講演でも伺いましたが、
 こちらは新松戸の方です。

 さくら通りです。
 ずっと、2キロ以上の桜並木です。春は素晴らしいでしょうね。
 日本の道100選に指定されているそうです。
中古資産への資本的支出の耐用年数、そして松戸の空_d0054704_23112837.jpg





















 夕暮れの空がとても幻想的でした。
中古資産への資本的支出の耐用年数、そして松戸の空_d0054704_23143970.jpg

























by expresstax | 2018-09-28 23:55 | 法人税

 税務研究会税理士懇話会の事例検討会、広島会場に伺いました。
 講師は、諸星健司先生。
 以前設立し、社長を務めていた頃のエクスプレス・タックスで、
 法人税申告の顧問をお願いしていた先生です。

 ご無沙汰致しておりました。 

 諸星先生は、現役時代に組織再編等、法人税法の大きな改変をご担当下さった先生です。
 その明解で分かりやすいご指導は、顧問をして頂いたときも、
 とても助かりました。

 
 最近の傾向か、役員給与関連・租特関連の事例が多く、
 なかなか、これらをカバーしていくのは難しいと感じていましたが、
 丁寧にご解説下さいました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆


 広島空港に少し早めに着いて、ホテルで荷物を置いてから、
 ホテルのすぐ近くにある平和記念資料館に向かいました。
 
 以前から、関心がありながら、
 原爆ドームの参観のときは、資料館まで回れなかったからです。
 でも、本館は改築中、この東館だけがオープンになっています。
税理士懇話会法人税事例検討会広島会場諸星健司先生講演、そして平和記念資料館_d0054704_20081701.jpg


 


















 資料館内の見学者は、ほとんどが欧米の観光客。
 ひとりひとりがじっと説明を読み、
 黙々と展示品に見入っている様子が印象的でした。
 本国では、原爆について我々と異なる教育を受けてきたでしょうに。

 日本人と思われるのは、数人だけ、
 それも、甲高い声でおちゃらけていたのと対照的でした。
税理士懇話会法人税事例検討会広島会場諸星健司先生講演、そして平和記念資料館_d0054704_19423452.jpg

 


 
 
 
















 展示の入口で、原爆投下前の緑濃い夏の整然とした美しい田畑や街並み、原爆投下、街の壊滅までの上空からの様子を、
 CGの動画でリアルに映像化していました。
 展示室の中は、フラッシュ使用しない限り、撮影可となっています。

 赤で囲ったのがエノラゲイから落とされ広島市街に落下する爆弾です。
 CGなので、携帯電話の動画で撮りました。 
税理士懇話会法人税事例検討会広島会場諸星健司先生講演、そして平和記念資料館_d0054704_19561484.jpg




















 連合軍は、
 原爆投下予定の広島・長崎は、
 実験的見地から都市空襲を禁じたのだとか。

 原爆のみの実験効果を計測するためだったそうで、
 これを被災者は、他の都市は空襲を受けているのに、
 なぜ広島には空襲がないのだろうといぶかっていたそうです。

 原爆投下後、東京帝国大学等の医師達により調査と称して被爆者に種々の実験を行い、レポートが米国へ渡されていたというNHKの報道もありました。

 慄然とします。

 ☆  ☆  ☆

 一般市民を都市ごと無差別壊滅した空襲や原爆について、
 ノー・モア!はもちろんなのですが、

 米国が原爆投下の正当性を主張する根拠として、
 日本が行っていた重慶爆撃が持ち出されるそうです。

 都市無差別空爆の先例は、ドイツ(ゲルニカ爆撃)や日本(重慶爆撃)だったじゃないか、と。

 切ない歴史に目を背けたくなりながら、見つめて行かざるをえません。















by expresstax | 2018-07-04 19:57 | パブリッシング

 税務研究会税理士懇話会の事例検討会、札幌会場に来ました。
 講師は、田中豊先生。初めてお手伝いします。
 
 借地権課税は本来は法人税の規定であり、
 自然発生借地権の考え方も、法人税が基礎です。

 田中先生は、その考え方を丁寧にご説明下さりながら、
 一方、無償返還届出書の「遅滞な」い提出については、
 明言を避けていらしたのが、印象的でした。

 受講者の先生方からも積極的なご質問をたくさんいただき、とても嬉しかったです。
 田中先生、受講の先生方、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 ホテルの窓からの赤れんがの北海道庁旧本庁舎です。
 右が、再開発でできた日本郵便さんと三井不動産さんの赤れんがテラスです。
税理士懇話会事例検討会札幌会場田中豊先生講演、そして北海道庁赤煉瓦_d0054704_20460322.jpg





























by expresstax | 2018-06-25 23:58 | パブリッシング

 税務研究会税理士懇話会の仙台会場での石黒邦夫先生の法人税事例検討会でした。
 広島、札幌、東京、と続いて、仙台会場での司会進行を担当しました。

 石黒先生は、事例に対する回答だけでなく、関連事項についても詳細に説明をなさり、
 また法人税だけでなく、地方税や所得税関連の事例にも対応下さっています。

 所得拡大促進税制等について、当初申告要件となっており、
 かつ、当初申告で計上した控除限度額が限度となり、
 後日、更正等で法人税が増加しても、税額控除額は当初申告限度ということで、
 厳しいですね~、とお話ししていました。

 平成29年度税制改正で、限度額も連動することとなるようですから、
 よかったですね!

 ☆  ☆  ☆
 
 会場からも積極的にご質問をいただき、
 活発な事例検討会になりました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 仙台へは東北新幹線はやぶさで向かいました。
 E5系ときわグリーン色、ロングノーズのスマートな車体です。
 向き合ってE6系スーパーこまちが連結されています。
 盛岡で分かれてはやぶさは新青森まで、こまちは秋田へ向かうそうです。
 向こうはE2系っぽく、3車そろい踏みです。(^^ゞ
税務研究会様仙台石黒邦夫先生法人税事例検討会、そしてこまちとはやぶさ_d0054704_1419185.jpg





















 
 
by expresstax | 2016-12-14 23:19 | パブリッシング