ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

タグ:樹々の表情 ( 272 ) タグの人気記事

 確定申告真っ最中です。

 弊社では、事務所では、担当者が作成した申告書案を、
 ダブルチェックで回します。

 各自が、自分のお仕事をしていながら、
 自分のチェック箱に、溜まってきたり、
 担当者さんから、「あの~、まだでしょうか。お客様にご報告したいんですが。。。」と言われて
 慌ててチェック、次のチェック者に回して、お仕事に戻り、気がつくと、またチェック箱に溜まってる。。。

 これって、昔、テレビで見た底抜け脱線ゲームの風船割ゲームみたいだね、と大笑い。

 ☆  ☆  ☆

 底抜け脱線ゲームって、見ていた子供の頃は、名前の認識がなかったのですが、

 先頭に針がついたオモチャの機関車が、プラレールの線路を回ります。
 機関車が、線路上に置かれた風船にぶつかったら、風船は破裂します。

 予め、何かを作ったり、組み立てたりの課題を与えられたゲーム者は、
 機関車が走っている間、離れた場所で課題に取り組んで、
 機関車が風船に近づいたら、戻って風船を持ち上げて機関車を通過させて、
 機関車がもう一周して風船に近づくまで、また持ち場で課題に取り組むんだけど。。。というゲームです。

 てんやわんやのゲームです。

 ☆  ☆  ☆

 チェックの視点には、

 数字の突き合わせのようなシステム化したチェックと、
 実務の流れと数字の整合性を見抜いて、論点を透視するチェックと、

 2つの視点が必要です。

 先のチェックには、なまじ慣れたベテランより、
 きちきちと、予断や偏見なく数字をジャッジする分野外の人の方がいい場合もあります。
 だから新人さんでも、チェック者になれるのです。

 後のチェックは、実務に習熟とまででなくても、
 一定程度、実務脳を持ってる必要があります。

 多くの場合、
 チェックの専担者を置くか、
 マネージャー(管理者やチーム長)がチェック者になるか、になりがちですが、
 上の2つの視点のバランスが大事です。
 
 ダブルチェック、トリプルチェックは、これをカバーするための仕組みです。

 そして、チェックの専担者を置かず、全員でチェックしあうのは、
 メンバーがやったお仕事をチェックする中で、
 自分が担当していない、携わっていない案件を追体験して、 
 自分ひとりの24時間365日では経験しえない、
 2倍も3倍もの知識と経験を、吸収できるからです。
 次に自分が新しい事案に当たったときの予習になるからです。

 全員がチェックできる力をつけるのは、事務所としての底力になります。

 ☆  ☆  ☆

 過去に、チェックをお願いしたときに、
 個人事務所でやってこられた先生は、非常にムラのあるチェックをなさいました。
 大きな事務所でやってこられた先生は、
 チェックをしたらチェックマークしてチェック痕を残すことさえご存じありませんでした。
 監査法人系の事務所を経験した人が見たら驚愕するような状況でした。

 これでは、事務所のチカラになりません。

 ☆  ☆  ☆

  
 議論の論点についてのチェックは、
 その時点と状況によるところが大きく、
 お客様のご判断を仰ぐという局面もあるでしょうが、

 一番、避けねばならないのは、基本事項や数字や文字のケアミスです。
 チェック者にチェックされて見つけてもらったら、もう、感謝感激、万々歳です。

 まずいのは、
 国税さんにチェックされて、連絡を受けたり、
 もっとまずいのは、「これ、違いますよ。。。」とお客様から指摘されてしまったり、となると、
 目も当てられません。
 
 そんなつらい状況にならないためにも、
 大いに底抜け脱線ゲーム、がんばって、チェック、チェックでやり抜きましょう。(^^)/

 ☆  ☆  ☆
 
 今日は雨でしたが、昨日は晴れた青空の下、
 事務所ビル公開空地の庭園に、白もくれんが開いていました。
d0054704_23583020.jpg 







































 
by expresstax | 2016-03-09 23:29 | 確定申告

 今年の確定申告は、いつにも増してワラワラです。
 お客様の資料は、例年より早く戴けて、
 事務所の体制もバッチリ、
 満を持して迎え撃っていたはずだったのですが。。。

 資料を拝見して発覚した、対応して有利申告しておいた方が良い事案、
 お客様が、諦めていらした損失を、将来に活かす事案、
 いただいた資料が、ちょっと不備で、再度ご準備頂いた方がいい事案、
 昨年来、ご相談のお客様からの緊急のご依頼、
 そうしたことが、ぞろぞろと現れてきたからです。

 もっとも、これらも、慌てて取り組んでいたら、
 見逃していたか、時間切れで諦めざるを得ないかもしれないことばかり。

 むしろ、お客様から早期に資料をいただけたために、
 気づき、深耕し、さらなる有利な税務へと、ご提案をすることができてきたからといえます。

 またそれは、メンバー全員が、申告書作成やチェックの過程で、
 ひとつひとつの事案に、
 もっと有利にできないか、もっと将来に活かせないか、
 考えながら取り組んできて、
 
 事務所のチームワークと、アイディアの出し合いと教え合いが形になってきている成果ともいえます。
 悲鳴をあげながらも、本当は、素晴らしいことなんです。

 すごいぜ!みんな!
 
 とはいえ、当初予定より、業務課題が、かなり膨らんでしまいました。
 
 ここは一番、がんばって、あと1週間。
 やりきりましょう!

 ☆  ☆  ☆

 今日は一日、雨。

 事務所執務室の窓から見る赤坂御用地の向こうの新宿は消滅。
 そして、迎賓館と赤坂御用地全面に、霧が立ちこめています。
 暑い夏の夕立の時期には、よく見る現象でしたが、
 まるで山間部の山裾のような霧と靄は、
 心まで静めてくれます。
d0054704_109261.jpg






















 

 

 

 
by expresstax | 2016-03-07 23:04 | 確定申告

 確定申告業務たけなわです。

 恒例、慰労の勝ち鰻に今年も繰り出しました。
 それまで、繁忙期ということで、出前で頼んでいたのですが、
 やっぱ、お店で食べる方が美味しいよね、と去年はお店に行ったものの、
 お願いした特上は、仕込み時間がたっぷりかかり、お店で長時間待たされるという大失敗をしました。
 それもこれも、予約不可のお店だからです。
 
 今年は、その雪辱戦で、予約可のお店に変更、
 時間に合わせて仕込んで頂いて、
 待たずに、出していただけるように、時間の打合せをして行きました。
 赤坂宮川本店さんです。
d0054704_90403.jpg





























 事務所メンバーがこのブログに登場するのが、何か食べてるとこばっかりだね、
 という話題になりました。
 確かに、ご家族がごらんになったら、そう見えちゃいますよね。す、すみません。

 さあ、もうひとがんばり、がんばりましょうか。
 
 ☆  ☆  ☆

 豊川稲荷にちょっと足を伸ばしました。
d0054704_8573522.jpg

























 緋寒桜は五分咲き。
d0054704_8591299.jpg





























 まだまだつぼみが多いですが、日当たりの良い枝は、丸々と開いています。
d0054704_8595731.jpg
 
by expresstax | 2016-03-04 23:47 | 事務所

 リクルートさんの「都心に住む」2016年2月26号に監修記事が掲載されました。
 今回のテーマは、「いま、都心で選ぶなら? マンションか、一戸建てか」。
 マンションと戸建てについての税務の部分の共通点や差違点について担当し、コメントを付しました。

 超都心になってしまうと、都市計画上もはや戸建てでは建築許可が下りない地域もあり、選択肢がない場合もあるのですが、
 時々は更地分譲も見かけ、「やっぱり戸建て」、というニーズもあるのでしょう。
d0054704_1181195.jpg
















 「都心に住む」はリクルートさんのSUUMOの東京都心のみを扱った住宅情報誌です。
 販売広告誌ではありながら、 
 その不動産や金融の情報データベースや最新の建築の解説や住宅デザイン、
 住宅設備システムやインテリア、ライフスタイルの紹介記事は、
 我々のお仕事をする上でとても参考になっています。

 編集をご担当くださった大森広司様、リクルート社のご担当者様、
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 豊川稲荷の緋寒桜が2分咲きくらいでしょうか。
 春ですね。
d0054704_11261768.jpg
by expresstax | 2016-02-26 23:56 | パブリッシング

 確定申告が始まり、業務をガンガン進めています。
 
 何より、今年驚いたのは、1月末までで、お客様から8割方、ご資料をお預かりできてきたことです。

 年々、確定申告については、事前にご案内申し上げてきて、
 また、今回は、昨年までの財産債務明細書に代わり、財産債務調書がスタートし、
 譲渡や贈与が大変増えていますので、
 早めに告知させていただいてきました。

 これらはみんな、事務所メンバーのご案内の工夫の賜(たまもの)でもあります。
 ありがとうございます。

 今回、これまで以上に、お客様達が一斉にご協力下さり、
 医療費控除資料も、これまで以上に自主計算方式を励行して下さり、
 平成29年以降のOTC制度導入の前トレーニングにもなろうものです。

 素晴らしいです! ほんとうに、ありがとうございます。

 事務所一同で、一斉に進めて、
 有利な税務の検討や選択についても、逐次、重ねてお打合せ、ご報告申し上げていきます。

 いよいよ山場です。

 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 先日麻布支部のウォーキングで行ったときの増上寺の鐘楼の白梅です。
 今はもっと開いていますよね。

 今年は暖冬とのことで、水戸や越生の梅林も相当開花しているとのことです。
 庭園巡りでよく行く浜離宮にも大きな梅園がありましたが、
 あそこも咲いているのでしょうか。
 でも、この時期に梅園巡りは、この仕事をしている限り、
 夢のまた夢なのでしょうか。。。。。
d0054704_2304851.jpg 
































































 
by expresstax | 2016-02-19 23:34 | 確定申告

 先日、財産ドック様のセミナーの最後の質疑応答でお受けしたご質問がありました。
 その場で、簡単にお答えしたのですが、
 でも、ちょっと食い足りないなあ、という気がして、
 頭の中で、ぐるぐると考えていました。

 と、そうだ!とあるアイディアを思いつきました。

 主催者様に、ご質問者様のご連絡先を伺い、
 すぐに電話でご連絡をとらせていただきました。

 弊社でも、似た事例はやっていますが、
 ご質問のケースではまだ応用したことはありませんし、
 おそらく他にも事例はないのではないかと思いますが、
 これは理論上も実務上も、可能と思います。

 チャレンジしてみていただけますでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 実務家の方々とのセミナーを担当させていただく、
 これが、醍醐味です。

 実務家の方々から上がってくるご質問は、
 まさに、いまそこにある課題です。
 そして、これからも続々と起きてくる課題です。

 実務家の方々と、共に考え、悩み、新たな解決法を編み出していく、
 そして成功して、お客様にお喜びいただく、
 その解決こそが、実務の要求なのです。
 
 空理空論のお勉強を、何百万時間やっていただいても意味はなく、
 既に知っている知識を、講師が知った顔で、ただお伝えするだけでは、
 価値を生みません。

 価値を生み出す、価値あるブレインストーミングの機会をまたいただきました。
 ありがとうございました。

 がんばりましょう!

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの庭園にクリスマスローズがどんどん開花していますが、
 18階の空中庭園のあちこちにも、赤や白のクリスマスローズが開いていました。
 どんどん温かくなりますね。
d0054704_23204475.jpg






































 
by expresstax | 2016-02-18 23:05 | 法人税

 財産ドック様のセミナー講演に伺いました。
 東京駅前の会場、テーマは、「資産対策としての法人化」です。
 
 財産ドック様は、不動産業者様の勉強会。
 この超繁忙期に、多数ご出席いただき、3人席でびっしり。
 素晴らしい熱意です。ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 本屋さんで売られている法人化の書籍は、
 起業=アーリービジネスステージとしての法人化がほとんどです。

 資産対策の必要な資産家様は、日本ではマイナリティですから、
 書籍で書かれた法人化をやると、8割がた、間違った法人化をしてしまうようです。

 そんなことから、商号(会社名)の付け方、登記目的、資本設定、
 機関設計等々、お話しをさせていただくと、
 あちこちから、えーーーっ、ざわざわ、えーーーっ、ざわざわ、と反応が返ってきます。

 既に法人化して数十年たっても、その実が上がっていない法人様が、とても多いので、
 今回は、ご聴講戴いているのが、プロ中のプロさんですから、
 バシバシとお話しさせていただきました。(スミマセン)

 また、実が上がらない原因のひとつには、
 法人化や税務を、数字でシミュレート(試算)しないことにあります。

 今回は、エクセル表を持ち込んで、その説明もさせていただきました。

 これだけ、税制改正で税率や控除率が、年々変わり、
 また数年先の税率や控除率が、税制改正で先行法制化されていく時代には、
 既存のソフトでは、とても将来シミュレートにキャッチアップできません。

 関数を使えば、エクセルなどでも随意にシミュレーションはできるのですから、
 試算やプランニング、実行後の予実管理を徹底していただくためにも、
 ぜひ、お客様のために工夫して差し上げて下さい。

 係数で考える脳とクセを作ることが、資産経営の条件なのです。

 時間延長してのお話しにもかかわらず、さらに質問をたくさんいただき、
 また講演時間後のご相談のアポイントもいただき、 
 ありがとうございました。

 たいへんな時期をがんばっていらっしゃるプロの皆様の姿を拝見すると、
 こちらも励まされます。
 お客様たちのために、がんばりましょう!

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所エントランスに、クリスマスローズがたくさん花開き始めました。
 右に赤く、左に白く咲いた花がみえます。
d0054704_13363588.jpg

























 赤い花をアップで撮りました。みんな酷寒のこの時期に、耐えるように下を向いて咲くんですよね。
d0054704_13391077.jpg
 































 
by expresstax | 2016-02-16 23:03 | パブリッシング

 お客様がアパートを新築、それも、この赤坂です。

 土地の取得の契約の段階からアテンドさせていただいて、
 とうとう完成したのです。
 みんなでわいわい、お散歩がてら、見学に行きました。

 場所は、赤坂でも一等地。
 隣地や付近には、三井さんや三菱さん、森トラさんの最高ラインマンションが建ち並びます。

 実は、お寺やお墓がたくさんある地域です。
 そんなところに、高級マンションが?ですって?
 ちっ、ちっ、ちっ。(^_^)b それでは都心のシロートさんです。

 都心の一等地の、一番地盤のいい、一番格式ある場所は、
 昔は寺社仏閣、そして大名屋敷が構えられました。
 大名屋敷の近くには、大名を守るお寺さんや神社さんがデデーンと構え
 寺社は戸籍を掌握するだけでなく、大名の趣味や政治の場として活用された茶道は、
 お寺さんの茶室で形成されていきましたから、
 寺町が権勢をふるいました。
 その寺社や大名屋敷や近隣が、古い高級住宅地として形成されます。
 
 逆に、お寺さんがそばにない高級住宅地、例えば田園調布などは、
 大正期に都市開発の発想から新しく開発された後発の住宅地です。

 ☆  ☆  ☆
 
 赤坂の語源は茜坂。昔は江戸湾が一望、日の出が拝めたそうです。
 洪積層を地盤とするこの地域は、おそらく昔は、海への突端だったのでしょう。
 虎ノ門や日比谷から東は、海だったそうで、
 江戸城は、侵略されにくい内灘の海っぺりに建てたそうですから、
 それを取り囲んだ青山・赤坂の坂は、海へと続く坂道です。

 周囲には、こんな崖がごろごろあります。
 向こうに見えているのが、三井不動産さんの43階建てのパークコート赤坂ザタワーです。
 あちらにはまた、薬研坂という、雪が降ると交通ストップになるすさまじい坂道があります。 
d0054704_15192695.jpg

















 ☆  ☆  ☆

 すごい崖の連続にびっくりしながら、
 空き地に迷い込みました。
 もちろんどなたかの所有地なのでしょうが、ほとんど放置されています。
 ふと足下を見ると、あら、ふきのとう。
 ご近所の皆様の楽しみになっているのかもしれませんね。
 しかし、このふきのとうのために、所有者さんは、どれだけ固定資産税を払っていることでしょう。。。
d0054704_19344274.jpg








































 
by expresstax | 2016-02-04 23:51 | お客様

 顧問先様の親御様が、亡くなられました。
 お通夜ご葬儀に、担当メンバーと一緒に駆けつけました。
 お客様をご紹介くださった弁護士先生もご出席くださっていました。 

 長い介護を成し遂げられた後継者様達のお悲しみと涙のご挨拶は、
 胸を締め付けました。 

 子供の頃、怪我をして帰っても、これだけで済んでよかったね、と、
 いつも、よかったね、よかったね、と言われて育った、 
 これからは、神様のお手伝いをして過ごしてくれるだろう、
 涙ながらにご報告下さいました。

 祭壇のお写真は、光があたり、お元気なときの、にこやかで晴れやかな表情で、
 とてもお美しく、優しい親御様そのままでした。

 どうか、安らかに、
 そして、お言葉通り、神様のおそばで、お幸せにお過ごしいただけますように、
 お祈りしました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの空中庭園の緑も、紅葉しています。
 吹き抜けの光があたって、まさに天空のようです。
d0054704_103926.jpg
by expresstax | 2015-12-03 23:54 | 相続・贈与

 ご相続の遺産分割協議と相続税の申告書のご捺印が終わりました。

 10月までの相続税申告は、平成26年開始相続で、旧相続税制で申告していましたが、
 11月以後は、平成27年1月相続税増税後の新税制での申告です。

 相続税の非課税枠(基礎控除)が下がり、
 最高税率が引き上がりました。
 
 最高税率でなくても、
 非課税枠が少なくなったことで、適用限界税率が、上がっています。
 まさに増税です。

 ☆  ☆  ☆

 それを前提に、協議や税務のご検討を進めていただいてきました。

 いろいろお大変だったと思います。
 でも、これで、一区切り。
 次の、展開に、がんばっていきましょう。

 ☆  ☆  ☆
 
 接客室を出るところで、
 クリスマスツリーの恒例、「福サンタ」を、お一人お一人に、取って頂きました。
 相続人様たちのお顔が、ふわっとほころびました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの入口には、山野の木々や草花が植栽されています。

 七実の木に、たくさんの実がなりました。
d0054704_1872628.jpg 






























 こちらは、ソヨゴの真っ赤な実です。
 秋も、最後ですね。
d0054704_1883212.jpg
by expresstax | 2015-12-02 23:55 | 相続・贈与