ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

タグ:樹々の表情 ( 272 ) タグの人気記事

 スタジオ収録に伺いました。
 日本賃貸住宅管理協会さんの「不動産賃貸経営管理士」研修の税金部分の、
 「賃貸不動産経営と税金」を担当します。

 去年も収録したのですが、
 平成28年度税制改正について、簡単な正誤表じゃまずい、とのことで、再収録です。(>_<)
 改正が関わる度に、収録し直すのは、主宰者様にとって大変なご負担と思いますが、
 これは、税制を扱う宿命のようなものですね。。。。

 例の如く、グリーンバックのクロマキーで収録します。
 これなら、野原の真ん中でしゃべったり、
 海の底でしゃべるなんてことも、映像でできちゃいます。(^^ゞ

 写真は、講師席から、カメラ方向を映したものです。
 講師の前のカメラがこちらを映していて、
 講師は、いくつものディスプレイを確認しながら、
 ランプ点灯のあるカメラに向かってお話しします。
 床から講師後ろの壁まで全部グリーンです。
 左向こうに、ガラス貼りの制作室があって、
 そこから音声でキューやテイクの指示が飛びます。

 今回も例の如く、自分のヘタッピーなお話しで、カミカミの部分もありながら
 心優しい制作者様のご配慮で、どんどんテイクが進みます。スミマセン。m(_ _)m
 受講なさる受講者様たちには、もっとスミマセン。m(_ _)m
d0054704_1820433.jpg





















 講義の途中で、教材の平成28年度税制改正関連の訂正漏れが発覚。
 お話ししながら、あぅぅ。。。
 急遽、講義のパワーポイントを訂正していただき、
 教材執筆の先生にも、ご確認いただくことになりました。ヒヤヒヤ(^^;;ゞ

 ご担当者のO様、K様たち制作会社様、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 春を迎えた紀ノ國坂は野草が、のびのびと春を謳歌中。

 アザミの花を見たのは、何年ぶりでしょう。
d0054704_1903480.jpg


























 カラスノエンドウも、可愛く合唱中(^^)です。
d0054704_1914391.jpg



















 山ツツジが、もう咲いていました。
d0054704_1924544.jpg





















 
by expresstax | 2016-04-08 23:04 | パブリッシング

 お産で大事をとっていただいていた事務所メンバーKさんが復帰、
 3月までと応援にきてくれていたMさんが、これからも継続してくれることになりました。

 ありがとうございます~~!! \(^^)/
 無理をしないで、がんばっていこうね~。(^^)

 というわけで、復帰祝と継続祝を兼ねて、お食事会兼お花見会に行きました。
 お食事会は、ホテルニューオータニの中国料理の大観苑さん、
 弊社のいつものお客様セミナー会場と同じフロアです。
d0054704_1638372.jpg






















 窓からは、弊社ビル、そして弊社執務室が見えます。
 手を振ったら見えそうです。(^^ゞ
d0054704_18392837.jpg















 お腹がいっぱいになってから、上智大から紀尾井坂へと桜見物に繰り出しました。
 桜もこれがピークだよね、といいながら、
 暖かな春の空気と陽射しの中でのお散歩です。
d0054704_189587.jpg

















 桜の写真撮影に余念がありません。
d0054704_18113894.jpg
by expresstax | 2016-04-06 23:25 | 事務所

 先週の土曜日、ご近所であるサントリーホールのオープンハウスがありました。
 1日、開放して、ミニコンサートやミニ音楽体験ができちゃいます。
 アークヒルズは、桜祭りなので、屋内での音楽、桜坂巡りでの桜見物と、一粒で二度美味しいのです。
 今年は、いつもの悪友の呼びかけで、出身事務所の大先輩もご一緒いただきました。

 ☆  ☆  ☆

 今年の圧巻は、「第九を歌おう!きいてみよう!」という企画でした。
 当日申込した参加希望者さんたちがベートーベン交響曲第9番第4楽章をノーカット演奏、合唱します。

 ステージはオーケストラだけなので、
 あれ、合唱者は?と見ると、ステージ後ろの2階席にぐるりと、
 左がソプラノ、中央左がテノール、中央右がバス、右がアルトと(第九並びですね。(^^))、
 総勢410人の参加者が威風堂々、居並んでいました。壮観です。

 そしてオーケストラとプロのソリスト4人の後ろで、始まった合唱は、見事なものでした。
 自身もフルート奏者の悪友に言わせると、サントリーホールで歌えるんだよ、とのこと。
 胸も張ろうというものでしょう。
 本当に、歓喜の歌を高らかに歌い上げます。
 もちろん、全部、ドイツ語です。
 何らの打合せもリハーサルもなしに当日募集で合唱できる人たちが、こんなにいることにびっくりしました。

 終わって、ホール前で、いつものバッハさんと、記念写真を撮りました。
 毎年、三楽聖=バッハ、ヘンデル、ベートーベンの扮装のホール職員さんが、
 楽しく案内してくれるのです。

 バッハさんの指導によれば、
 写真を撮るときは、チーズ!でもなく、ワイキキ~、でもなく、
 「一、二、サントリー!」です。
d0054704_2193462.jpg
 
























 バッハさんに、第九の参加者さんのことを話しましたら、
 「日本だからです!」と即答が返ってきました。
 第九を即座に歌える層が分厚く存在している、音楽リテラシーの高さは、
 日本ならではなのだとのことで、嬉しくなってしまいました。

 ☆  ☆  ☆

 帰りは桜見物です。
 アークヒルズのカラヤン広場を出て、スペイン坂を上り、泉ガーデンをぐるり、
 スペイン大使館前から霊南坂を回り、桜坂へと下ります。
 ずっと、桜、桜、桜のアーチが続きます。
d0054704_21251942.jpg

























 ☆  ☆  ☆

 打ち合わせたわけでもないのに、全員が、プレゼント持参でした。
 私もお菓子やごまふりかけをいただきました。
 ありがとうございました。
 来年も、また、行こうね!
d0054704_2127745.jpg


















 
by expresstax | 2016-04-04 23:52 | 折りにふれて

 新年度、といっても、課題がたくさん残って、年度末感満載ですが。(>_<);;

 ☆  ☆  ☆

 英語教材に、スティーブ・ジョブス氏のスピーチが入っています。
 ファナティックな開発者でありながら、
 理論的で、情熱的で、説得力をもつ、というスピーチやプレゼンの最も重要なセンスを
 ジョブス氏は備えていたと評価されていたことは、
 以前ここでも触れた伝説のスタンフォード大学の卒業式スピーチなどで、つとに有名です。

 そのジョブス氏のあるプレゼンのスピーチの最初の一言に、今日はとても心惹かれました。
 勝手に意訳もつけます。

 “Thank you for coming.
 We’re going to make some history together today.
 So ,welcome to Macworld."

 「お越しいただき、ありがとう。
 今日は、一緒に、歴史を作りましょう。
 さあ、ようこそ、マックワールドへ!」

 そう、歴史を作るんですよね。

 課題満載、上等!と、
 胸を張って、攻めていくことにします。(^^ゞ

  ☆  ☆  ☆

 赤坂サカスの桜です。
 桜並木は、まだ五分咲きくらいですが、
 日当たりの良い場所は、満開になっています。
 平成20年(2008年)3月にオープンした頃は、まだとても細い樹ばかりでした。
 そしてその秋にリーマンショックを迎えながら、街はしっかり活性化して、
 最近は、成長した桜の樹と一緒に、赤坂の賑わいの中心になっています。
d0054704_0311040.jpg
 



















 赤坂サカスのサカス並木に、なんとサクランボが生っていました。
 早咲きの桜だったのでしょうか。
 こんな早い時期のサクランボは、初めて見ました。すごいね、君たち。
d0054704_0332399.jpg
by expresstax | 2016-04-01 23:58 | プロフェッショナル

 年度末ですね。
 積み残しをてんこ盛り抱えて、終わります。
 だいぶ、マキを入れねばなりません。

 ☆  ☆  ☆

 マイナンバー制度が1月1日にスタートして、
 最初の年度末です。

 証券会社等から、個人マイナンバーの提供依頼書が届いています。
 個人マイナンバーを記載し、本人確認書類を送付するように、というこの依頼書。
 どうしたものか、とのご相談が続きます。

 まだ様子見、お試し感のあったマイナンバー制度が本格化していくなかで、
 まずは、よく理解し、どう対応するか、方向が必要です。

 弊社事務所ニュースでは、その1としてマイナンバー制度の概要と取扱について、
 建前論だけではない部分について、ご報告しました。

 追って、その2をご報告します。

 ☆  ☆  ☆

 今年は、赤坂御用地の桜が、早く、かつ見事です。
 周囲より温度が低いため、例年は、周辺が散る頃咲き始めるのに、
 どうしたことでしょう。
 手前の秋篠宮邸の桜まですばらしく咲きましたね。
d0054704_019290.jpg

 


























 
by expresstax | 2016-03-31 23:04 | 資産運用

 朝刊を見たら、29日の予算案成立のあと、税制改正法案も、成立していたんですね。(^^)
 官報では、当然、まだ出ていないようですので、
 発行を待つことになります。

 安部さんが、5月のサミット頃までに、消費税の方向を出すと、
 これも新聞報道されています。
 様子見になるのでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 青山通りの横断歩道脇です。
 自転車用横断ゾーンが、消されています。
 最近、見かけます。

 これは、自転車ゾーンを、別に設定するためなのか、
 あるいは、歩行者の通行するところと区分して、
 車道走行に誘導するためなのか、

 横断歩道の自転車ゾーンは、
 実際は、歩行者さんがわちゃわちゃ歩くので、自転車走行には、要注意でした。

 最近は、自転車ゾーンを独立して設置する区域をよく見かけますから、
 自転車に対する風向きが気になります。
d0054704_1035890.jpg

























 今の日本の道路環境では、自転車は、
 この路傍のタンポポが敷石の隙間で咲いているように、
 道路の隙間を、ひっそりと遠慮しながら走行するしかないのです。(T_T);;
d0054704_10422993.jpg
by expresstax | 2016-03-30 23:53 | 税制改正

 平成28年度予算案が国会成立しました。
 苦労、何嫌がるか、という過去最大規模とかの、刻苦奮闘予算です。
 この後、平成28年度税制改正案(「所得税法等の一部を改正する法律案(閣法第一六号)」の参議院審議に入ります。

 法人税引き下げや消費税増税先送りの議論から、 
 先週来、情報筋さんと、消費税が先送りされるなら、と想定問答していましたが、

 予算が成立した以上、税制改正は、日切れにしない限り、
 このまま突き進んで、31日までには成立、という予定調和になるのでしょう。

 いつか、ここでも書いた、
 お金の使い道を先に決めて、収入の道を後で決めるという、
 破綻家計の典型のような仕組みです。

 でも、消費税増税先送りについては、
 5月のサミット、8月の参院選を射程においての判断、

 そしてもし増税先送りになるなら、
 関連税制も、ずりずりーーっと、引きずられたり停止されたり、になるのでしょうか。
 
 見守りましょう。
 
 ☆  ☆  ☆
 
 事務所ビルエントランス脇のシャクナゲ(石楠花)が、
 鮮やかに咲いています。
d0054704_2171915.jpg

























 ちょうど、お昼休みからの帰り、
 午後のご相談でご来所くださったお客様とばったり会いましたので、
 ご一緒に、中庭のお散歩をしていただき、事務所に戻りました。
 ありがとうございました。
 中庭もシャクナゲが点在しています。
d0054704_2194091.jpg


























 
 

 シャクナゲは、初夏のイメージがあり、
 まだ早いのに、と調べたら、
 そもそもシャクナゲは、3~4月頃の花なのだそうです。

 なぜ?と事務所メンバーと話していて、
 そうか、「夏の思い出」だ、と気付きました。

 「夏がくれば 思い出す 」という歌詞で、思い出しているのは、
 「はるかな尾瀬 遠い空」であり、
 ここでは、シャクナゲは登場せず、
 「はるかな尾瀬と遠い空」が、「シャクナゲ色にたそがれ」ているだけなのですね。
 
 とんでもない思い違いだったんですね。(^^;ゞハズカシイ

(注) 「夏の思い出」は、 昭和24年、江間章子作詞、中田喜直作曲の楽曲で、
   引用した歌詞は、その著作権の対象です。
by expresstax | 2016-03-29 23:38 | 税制改正

 お客様のお取引先さんが、間違った支払調書を送ってきました。
 お客様の主宰法人に対して発行すべきところを、お客様個人宛に発行してきたのです。
 当然、今年1月末までには、国税さんにも法定調書として、同様に提出したはずです。

 お取引先さんには、直ちに支払調書について、訂正の手続をとってもらわねばなりません。お取引先さんには、調書の発行に当たって契約内容や支払口座の確認を慎重に行っていただく必要があります。

 支払調書の訂正のためには、既に1月に提出済の法定調書の合計表について、
 いったん、調書の提出区分4無効として申告、そして3訂正として再申告します。

 法人に対して、支払調書の提出は必要ありませんから、
 支払金額が減少し、支払調書が1部だけ少なくなった状態への訂正になります。

 これをやっていただかないと、
 国税さんからは、お客様が既に申告なさった収入と別に収入があったかのように見られ、
 お客様が収入を除外した脱税申告をしたと見られかねません。

 お取引先さんの経理財務担当者さんに、よく理解していただいて、
 適切に進めて頂きましょう。

 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 Kタワーの緋寒桜が満開です。
d0054704_223544.jpg


























 その横に、白いコブシも満開です。
 Kタワーの白によく似合います。
d0054704_223639100.jpg



























 

by expresstax | 2016-03-28 23:37 | 税務手続き

 ご相続のお客様が、お役所から証明書を受け取られました。
 被相続人様の保険料の過誤納還付通知書です。

 介護保険料や後期高齢者医療保険料など、
 未経過分の払い過ぎ保険料は、亡くなられた日をもって、精算されます。
 
 金額的には大きくなかったとしても、
 法律的には、被相続人様の遺産として扱われ、
 その還付受給権は、遺産分割対象です。
 相続税では、未収金=相続税課税対象財産として扱われます。


 ところが、お客様、受け取った通知書をめくってみると、
 下に、違う人の過誤納還付通知書が貼り付いていたそうです。

 どうしましょう。。。
 ということで、弊社にお持ち下さったのですが、
 あら、まあ。

 発行した自治体に然るべく教えてあげるのが筋ですが、
 発覚した自治体、エライことになるでしょう。(合掌)

 ☆  ☆  ☆

 でも、こんなことって、よくあることなのでしょうか。

 以前、ご相続のお客様のところに、国税さんから書類が誤送されてきたことがありました。

 それも、中身は、金融機関さんへの照会文書です。
 照会対象は、お客様の口座やご親族の口座内容に関するモロモロ。
 ほー、預金照会って、こんな風にやるのね、と我々も感心して拝見しましたが、
 問題は、その先です。

 このお客様は、きっぱり、「無視します、教えてなんかやるもんですか」、と。
 放置なさいました。

 つまり、国税さんサイドでは、金融機関に送ったはずの文書が、
 どこかで迷子になった結果になったはずです。(合掌)
 
 で、その顛末は?
 いえ、ここでは書けませんので、あしからず。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 一日、一日、春めいてきました。
 お役所さんも、春だからか、木の芽時、なのか、
 気を付けて下さいね。
 
 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの周りの春が、芽吹き、花開いてきました。

 ピンクの満天星(ドウダンツツジ)です。
d0054704_0111840.jpg


































 白の沈丁花が、とても良い香りです。
d0054704_012933.jpg






























 赤坂豊川稲荷の緋寒桜は、満開、雨で一部散り始めています。
 そろそろソメイヨシノにバトンタッチですね。
d0054704_010169.jpg

































 



 
by expresstax | 2016-03-18 23:46 | 相続・贈与

 東日本大震災の5周年。
 まだまだ解決にはほど遠く、
 日本って、こんなリスクカントリーだったんだ、とか、
 進んでいたつもりの技術って、こんなだったんだ、とか、
 気付かせてくれたのも、5年前のあの日でした。
 
 まだまだ大変な状況でいらっしゃる方々も多く、
 少しでも、前進していけるように、お祈りします。

 ☆  ☆  ☆

 我々の確定申告業務も、追い込みです。
 
 わらわらやっている中で、いろんなことが飛び出してきます。
 
 かなりの額の上場株式譲渡益や、配当所得をお受けになってらっしゃるのが、
 今回申告の特徴なので、申告不要制度を選択なさっているケースが多いと思いますが、
 
 一方で、総合課税の税率ベースが20%に行かないよ、という方は、
 上場株式の配当所得の総合課税か申告不要制度かは、有利不利計算をして選択、
 それに合わせて、健康保険料などの有利不利も合わせて試算しなくちゃいけないよね、とか、

 平成26年4月以後のゴルフ会員権の譲渡損失は、損益通算できなくなってるのに、
 申告ソフトでは、対応されてないんだぁぁ、とか、

 まあ、そこまでは、通常業務の範囲なのでしょうが、

 10㎡以上の田や畑の地積は、小数点以下表示されずに整数になってるんだけど(登記規則だそうです。)、
 農転(農地転用)して宅地登記になると、忽然と、小数点以下が登場してくるのは、
 家屋調査士さんが、農業委員会かどっかで調べてくるんかいね~?とか。 

 東京(やその他多くの都市)の場合は、建物新築すると、4ヶ月くらいで新築調査に来て、
 その調査での評点ベースで新築時評価額が決定されて、不動産取得税が課税されて、
 翌年1月1日基準日で、新築時評価額に経年減価が入って、固定資産税評価額が付けられて、
 という流れなんだけど、

 某県某市では、不動産取得税は、翌年3月の固定資産税評価額閲覧縦覧開始してから、
 県税さんが市税からデータを取得して、初めて不動産取得税を課税してくる、
 つまり、翌年4月以後にならないと、新築時評価額は分からないのぉぉ?とか。

 びっくりぽんのトレビアが、次々に出てきます。
 はい、勉強にはなりますが。。。(^^;ゞ

 ☆  ☆  ☆

 「びっくりぽん」と書いたのは、
 ちょうど今日のNHKの朝ドラ「あさが来た」で、
 主人公のあさが、女子大学(実際は日本女子大学)の用地に、
 実家の今井家(実際は三井家)から贈与を受けた、という場面での「地所譲渡証」が、びつくりぽんや!だったからです。
 天下の三井家の、とても深イイ話ですのにね。

 ☆  ☆  ☆

 冬が戻って寒い日が続きます。
 せっかく一番乗りで開いた公開空地の庭園のシャガの花が、震えているようです。
 がんばれ~!
d0054704_0395356.jpg 

by expresstax | 2016-03-11 23:29 | 確定申告