ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

タグ:樹々の表情 ( 293 ) タグの人気記事

 令和2年度改正税法が国会で成立しました。
 順当に、4月1日に施行されることになります。

 が。
 
 世の中の目は、Covid19対策のための緊急経済対策に向いています。
 どうなるでしょうね。

 ☆  ☆  ☆

 夜、赤坂の食品卸店舗のハナマサさんに寄りましたら、
 なんと、入口から列がはみ出ています。

 列は、店舗奥までずっと続いて、
 ぐるりと入口レジまで取り囲んで続きます。
令和2年度税制改正法が成立、そして食料品買い貯め_d0054704_20470545.jpg




















 精肉や加工肉など肉棚、パン棚、お米棚、全部カラ!です。
 地下階の魚売り場に多少残っていたのでその日の分を仕入れました。
 
 赤坂に越してきて10年以上、
 この店でこんな情景を目にしたのは初めてでしたので
 ビックリしました。

 と、地下の階段下で、
 カップヌードルの箱を何箱も運び出しているサラリーマンさんたちがいます。
 その真剣な表情を見て、またビックリ。

 赤坂も溜池のこのあたりは、住民より企業さんが多いので、

 もしやロックダウン(都市封鎖・外出禁止)になったら、

 テレワークとも言っておられず、
 会社に籠城するしかない人達が、
 会社用に買い込んでいるかの様子です。

 ウチなどは、普段から保存食頼りのために(^^;ゞ
 それなりに備蓄があるので、
 今更慌てて買い込むこともないと思っていたのですが、

 食料品の買い貯めには、限度がありますから、
 本当にロックダウンになった時のことを考えねばなりませんね。

 ☆  ☆  ☆

 というより、安部さんも小池さんも、
 ズルズル延ばさず、
 早急にロックダウンの判断をすべきでは、と思うのですが、
 どうなのでしょうね。











 
 

by expresstax | 2020-03-27 23:13 | 税制改正

 4月以後の講演について、
 主催者様から続々と連絡が入ってきます。

 一部の講演は、ビデオ収録に切り替えることになりました。

 また、司会進行を担当する税務研究会さんの税理士懇話会は、
 とりあえず6月まで中止。

 税研さんの講演では、国税庁OBの先生たちから、
 ご聴講者様や司会者が、質疑応答のディスカッションを通じて、
 法律の背景や、実務の工夫や知恵など、
 テキストに書かれていない「ここだけの話」を聞き出すライブ感が「売リ」ですので、
 ビデオ収録、というわけにはいかないのです。

 というわけで、Covid19の影響は、ジワジワと進行します。

 ☆  ☆  ☆

 先日のこと、友人と新宿三丁目でご飯をした後、
 新宿御苑に回りました。

 まだソメイヨシノは5分咲き、
 枝垂れ桜は、まだ芽の状態でしたが、
 それでも美しい桜を見ることができました。

 満開になる頃に、ここに来れるといいね。
 
セミナーはビデオで。そして新宿御苑_d0054704_20213676.jpg


























 

 

by expresstax | 2020-03-24 23:08 | パブリッシング

 原油問題からスタートした株価下落がコロナ問題で
 日経平均で1万7千円割れを迎えるそうです。

 お客様から、どこまで待ちますかね、とメールを頂きました。
 手ぐすねひいて待ってらっしゃるご様子です。

 ☆  ☆  ☆ 
 
 弊社では昨年から、不動産も株も、高値で手を出さずに、
 キャッシュポジションを取っておいて下さい、と
 お願いしていました。

 キャッシュポジションとは、ズバリ、
 手元に現金を確保しておくことをいいます。

 資産のポートフォリオで、
 投資資金に割り振った中でも、
 軸足をキャッシュにおいて
 いつでも投資資産を買いに入れるように、です。

 もちろん実需であれば、高値での買いも仕方ありませんが、
 そうでない限り、この1~2年は、ちょっと我慢しましょう、と
 お伝えしてきました。

 どんなにいいものが買いやすい価格になっても、
 手元がない限り、身動きがとれません。
 手元があれば、余裕で判断して先手をとっていけます。

 ちょっとこの期間を見守ってみましょう。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの公開空地のプロムナードの
 白もくれんが見事に開きました。
 ハンカチ花と呼ばれるように、
 別れの多い3月のこの季節に咲く花です。
株価の下落とキャッシュポジション、そして白もくれん_d0054704_13510217.jpg


























 


 

by expresstax | 2020-03-13 23:53 | 資産運用

 このところ、お客様のお引っ越しが続いています。

 先日のお客様とはまた、別なお客様がお引っ越しなさったとのことで、
 ご新居に伺いました。
 お引っ越し、おめでとうございます。

 再開発地域、周辺はタワーマンションストリートになって、
 各々1階は、さまざまな商業施設になって、
 とても暮らしやすそうです。

 ご新居は、タワーマンションの最上階。
 天井高が高く、とても余裕のある作りでいらっしゃいます。
 確定申告のお打合せの後、
 見渡す限りの景色も拝見することができました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルお隣の豊川稲荷の緋寒桜が、開花を始めました。
 2分咲きといったところでしょうか。
 春が始まります。
お客様のお引っ越し・2、そして豊川稲荷の緋寒桜_d0054704_14292652.jpg



  

 

by expresstax | 2020-02-19 23:17 | お客様

 税理士会麻布支部開催の「確定申告がんばろう会」に出席しました。
 乃木神社隣接の乃木会館です。

 麻布税務署の指定官職、つまり幹部の方々と、税理士会支部の交流会です。

 令和2年開始相続から所得税の準確定申告も電子申告できるようになったこと、
 でも、委任状は書面で提出が必要なこと、
 など、いろんなご説明をいただきました。

 後半の懇親会で、統括官さんにご挨拶した際に、
 譲渡の交換特例のことをご質問させていただきましたところ。

 えっ。
 ほんとですか!?の
 聞いてビックリ、どっひゃーっの事実を伺いまして。

 申告方針が、どーんでーん返し~となりました。(+_+)/

 統括官さん、ありがとうございました。m(_ _)m

 ☆  ☆  ☆

 まだまだ寒い日が続きます。
 事務所エントランスアプローチのお庭のクリスマスローズです。
 毎年、がんばるね。(^^)
確定申告がんばろう会、そしてクリスマスローズ_d0054704_16231254.jpg




















by expresstax | 2020-02-10 23:18 | 税理士

 最近、マンションを取得なさるお客様が増えています。

 高値で推移しているマンション相場が、
 来年、令和2年のオリンピック・パラリンピック後は、
 当然に下落することが予想されているので、
 税理士としては、データを取得したうえで、
 慎重な決断をお願いしています。

 それでも、ご自身のお住まいにするなど、
 実需であれば、これはやむを得ません。

 そこで、マンションを購入する場合の、
 税理士的視点からのちょっとしたコツを、
 思いつくままに書いてみたいと思います。

 自分自身も、個人的にこれまでいくつかの不動産取得をし、
 たぶん、一般の方よりは、多く売買を体験していると思うからです。

 ☆  ☆  ☆

 まず、ほんとうに欲しい物件かどうかを見極めることです。
 その1です。
 ほんとうに、自分が不動産を欲しいのか、も含めて考えて下さい。

 不動産業者が勧めるから、
 顧問コンサルタントが勧めるから、
 親戚が勧めるから、
 という理由で買うことは、絶対アウトです。

 いわば広い意味での「縁故」売買です。
 「縁故」で、コトをを決断して、良いことは、この世に一つもありません。

 本当にその通りか、
 他と比較してどうか、
 イメージだけでなく、係数で試算したか、
 これを、実際の「事実」で確認します。
 資料化して、
 税理士にも確認してもらいましょう。

 先行きがアヤシい物件ほど、
 業者は、イメージ売りをします。
 自信があれば、データ化するからです。

 イメージばかりを強調して、
 数値で示さない業者の言葉は、
 それだけで怪しいかどうかの目安になります。

 お客様を褒め称えることばかりして、
 物件の将来数値を示さない業者の売り方は、
 詐欺商法と変わらないのです。

 今の日本は、不動産市況は多少良くても、
 買うのはカンタン、売るのは大変です。

 ☆  ☆  ☆

不動産の売買・1 イメージ売り、そして勝海舟の大イチョウ_d0054704_22013047.jpg


















 自宅マンション前の勝海舟が植えたという大イチョウです。
 もうだいぶ散ってしまいました。
 敷地内の勝海舟と坂本竜馬の銅像も見えています。

 大イチョウの真ん中あたり、葉がついていない部分は、
 実は、先日の台風19号で、
 手前の大きな枝がバッサリ折れて、
 それが、銅像を囲んでいた柵の上に落ち、柵をへし曲げてしまったのです。
 折れた枝の部分が、ぽっかり空いてしまったわけです。
 へしゃげた柵と銅像は、位置を変えて、
 銅像の前は柵のない状態になりました。

 数百年の大イチョウの枝が折れるほどの台風だったのか、
 台風で折れるほど、大イチョウが老化してきたのか。
 歴史が壊れるのは、あっという間なのだなあ、と
 見上げています。
 

 
 
 

by expresstax | 2019-12-08 18:08 | 不動産

 お客様からSOSのご質問がきました。
 本業のコアビジネスの他に、不動産賃貸もなさっている顧問先様です。

 顧問先様は、テナントさんに、
 10月分の事務所家賃について事前に10%となることを告知し、
 その請求をなさっていました。

 ところが、テナントさんから入金されてきたのは、8%。
 テナントさんの見解としては、9月中の入金なので8%でよいはず、
 税理士にも確認したというのです。

 ☆  ☆  ☆

 弊社では、前回の消費税引き上げ時もやったように、
 今回も、8月7日付でお客様に、告知文雛形とともに、
 「消費税率改正に伴う賃貸料の請求額変更告知について」という
 「お客様ご連絡表」をお送りしていました。

 顧問先様は、それをご利用なさってテナントさんに告知していたのです。
 
 ☆  ☆  ☆

 この前受賃料を巡る消費税率の取扱については、
 前回も、ずいぶん混乱があり、このブログにも書きましたが
 
 国税庁さんから、
 平成26年1月に「消費税率引上げに伴う資産の譲渡等の適用税率に関するQ&A」が、
 平成30年10月に「平成31 年(2019 年)10 月1日以後に行われる資産の譲渡等に適用される消費税率等に関する経過措置の取扱いQ&A」が、公表されています。

 上記の問4にズバリ書かれているように、
 9月に受ける10月分賃料の消費税は10%なのです。

 国税庁さんも、
 前回、平成26年4月の引き上げについて、1月にQAを出す、という
 ちょっと遅い対応だったためか、
 今回は、令和元年10月の引き上げについて、平成30年10月にQAを
 早々と出しました。

 それなのに、いまだに間違った指導をする税務専門家がいるとは。
 唖然とします。

 ☆  ☆  ☆

 顧問先様には、国税庁さんのQAのプリントをお渡しし、
 テナントさんに正しい制度を理解してもらうことにしました。
 が。
 どうなるでしょうか。。。。(-_-)
 
 ☆  ☆  ☆

 まだ9月というのに、赤坂見附交差点の冬桜が満開です。
9月支払の10月分賃料の消費税率まだ混乱、そしてもう冬桜_d0054704_19444264.jpg






























by expresstax | 2019-09-30 23:53 | 消費税

 夏の暑いさかり、
 ご相続の現地調査、役所調査が続きます。

 熱暑の中、濃密な湿度と雨と、強烈な圧力の日射と。
 でも、このタイムスケジュールで進めないことには、
 ご相続のお仕事は進みません。

 お客様達に同道していただき、
 現地調査の行動隊長メンバーと、
 ガシガシと、進めます。

 場所によって、
 各種メジャーや音波計測器、騒音計等々を駆使します。
 
 一部、音波計測器で図ったところ、
 既測量図と異なるデータが出ました。
 温度により、空気の密度が変わるから、
 熱暑の場合は、調整が必要ということも発見しました。
 やってみなければわからないものです。

 役所調査の結果と合わせて、
 さらに深度ある財産評価を進めていきます。

 がんばりましょう!

  ☆  ☆  ☆

 お客様のビルの中庭にそびえる山法師(ヤマボウシ)の樹です。
 葉が丸いので、最初、桂の樹かと思いましたが、ミズキの樹種なのだそうです。
 ミズキの花のように、
 白い花弁が、坊主頭のような中央の花穂をくるむ頭巾に似ているとのことで、
 この名がついたそうです。
 砂糖漬けされた実が、和食についてきたのを食したことがありますが、
 この樹だったのですね。

 山生の珍しい樹種をあえて植生させた中庭は、
 良い日蔭を作る素敵なスペースになっており、
 お客様の建築の工夫が偲ばれます。
 ありがとうございました。
現調、現調、現調・・・、そしてペットロス_d0054704_15452330.jpg

 























  ☆  ☆  ☆

 月半ばに、ペットが亡くなり、お星様になって、
 虹の橋のたもとで待っている弟分のところに行ってしまいました。
 まだまだ涙が止まりません。

 ずっと、腫瘍のための抗生剤を処方されていたのですが、
 とても元気だったのです。

 でもあるとき急に体温が下がって、
 慌てて動物病院で、点滴をしていただきました。

 その後、何とか体温は回復したのですが、
 食事をとれなくなって、シリンジ(注射器)での投与に変え、
 毎日、朝と夕に、動物病院に通って点滴を続けました。
 が、5日目に、最期を迎えてしまいました。

 人間年齢100歳を越えて、
 腫瘍ができてからでも4か月頑張ってくれました。
 人間でいえば、10年間闘病したことになります。

 腫瘍を抱えながら、よく食べ、飲み、遊び、寝て、
 最期の3日前までお散歩をおねだりしたりしていました。

 ほんとうに、がんばったね。
 ウチの子になってくれて、とっても嬉しかったよ。
 ありがとうね。

 ☆  ☆  ☆

 動物病院の先生が、かわいいお花のアレンジメントを
 贈って下さいました。
 ありがとうございました。
 ご恩は一生忘れません。

 左が低いステージに乗ったのが弟分、
 右のちょっと高いステージのが兄貴分です。
 一緒に並んだところに、お医者様からのお花を飾りました。

 大好きだよ。
 いつまでも、いつまでも、大好きだよ。

 一緒に仲良く、
 虹の橋のたもとの花々が咲き乱れる緑の野原で、
 もう痛みがなくなって、美しかった毛が戻って、
 美味しいものをいっぱい食べて、
 美味しいお水をいっぱい飲んで、
 たくさんいろいろ遊んで、走って、ころがって、
 ぐっすりよく眠って、
 私達が行くまで、待っていてね。
 きっとね。
 お願いね。
現調、現調、現調・・・、そしてペットロス_d0054704_16052364.jpg


 















 











 

 
 

by expresstax | 2019-08-30 23:30 | 相続・贈与

 夏の高校野球が始まって、今日で2日目。
 出身母校が、今年も出場しましたが、
 またもや、初戦敗退でした。
 地元ではトップでも、全国では、蹴散らされてしまう。
 うーん、いかにお山の大将か、です。(>_<);;

 負けるな、後輩。
 試合で負けても、負けることに負けない自分を、今、育てているのだから。

 ☆  ☆  ☆

 税理士の国家資格試験である税理士試験も、今日がスタート。
 事務所メンバーが挑みます。

 参加することに意義がある、なんて悠長なものではありません。
 人生を掛けた死力戦です。
 勝てば一つ進ム、負けたら無失点ではなく、後退です。

 ガンバレ!!

 ☆  ☆  ☆

 酷暑ともいえる暑い夏の、濃密な空気の中で、
 咲き誇る事務所ビルの藪蘭(ヤブラン)の花です。
 野草のパワーに、見習いたいものです。
甲子園と税理士試験、そして藪蘭_d0054704_21525865.jpg




















 
by expresstax | 2019-08-06 23:51 | 事務所

 お客様の貸付物件のことで、事務所で話題がでました。
 その際に、以前に内覧させていただいた物件の話が引き合いに上りました。

 ずいぶん以前のことですので、
 もう時効かなと思い。

 ☆  ☆  ☆

 ご相談者様の貸家物件がなかなか埋まらず、
 内覧には来るんだけど、契約に至らない、とのお話しになったことがありました。

 一度、拝見できますか?
 とお願いしました。
 このときのご依頼の税務のお仕事の範疇ではなかったのですが。

 どうぞ、どうぞ、と案内されて、拝見したところ。
 貸家の玄関前に立った瞬間から、
 イヤーな予感がしました。

 まず、玄関横の灯りのガラスが汚れて曇っています。
 玄関を開けると、かび臭い匂い。
 長期間空室だったためのものでしょう。

 見上げると、玄関の天井灯のガラスの隅にひび割れ。
 これも煤(すす)けています。

 玄関を上がり、廊下、居室、リビングダイニングルーム、洗面所、風呂・トイレと
 一巡して拝見しました。 

 十分に広々とした2階建ての立派な戸建てですが、
 これは。。。。

 特に洗面所・風呂・トイレは、
 どうみても清掃の後がなく、
 鏡はウロコ汚れ、タイルは目地汚れに欠損、バスタブは茶ばんでいます。
 キッチンも同様です。

 とてもじゃないですが、
 自分自身が、この風呂に入ったり、トイレを使ったり、
 料理をする気になれません。
 正直、建物に触れるにもためらってしまいます。

 我々は、無言で貸家を後にすることになりました。

 お客様のご自宅に戻って、
 管理業者さんの清掃は終わってるんですよね、とお尋ねすると、
 はい、と見せてもらった清掃の領収書では、
 決して安くない価格の清掃料金が支払われていました。

 清掃業者さんは、管理業者さんが手配しているのでしょうが、
 名の知れた大手の管理業者さんです。
 しかし、このていたらく。

 税金のお話しは済んでいましたので、
 管理業者さんの変更を提案して、我々は、ご自宅を後にしました。

 ☆  ☆  ☆

 お客様の貸家は、ズバリ、「当て馬物件」になっているのです。

 不動産仲介業者や管理業者が、借主を物件案内する場合に、
 最初によろしくない物件を見せて、
 これはひどい、こんなひどい物件もあるのだ、と、第一印象を作り、
 次に、借りさせたい本命物件に案内する方法を採る場合があります。

 よろしくない物件を見た後、普通の物件を見れば、
 どんなものでも、よく見えてしまうのは必然、そこで契約、となります。

 この、「最初に見せるひどい物件=他の物件を引き立たせるための物件」を
 「当て馬物件」といいます。

 通常なら、こんな役目の物件にされるのは願い下げですが、
 問題意識のない、文句の少ない大家さんの物件が、
 当て馬物件として放置されてきてしまったのでしょう。

 実に「性悪(しょうわる)=悪質」な管理業者ですが、

 長年、特に不動産賃貸をそもそもの本業としていない大家さんや、
 相続で親の賃貸物件を引き継いでしまって
 賃貸について経験の浅い大家さん、
 親の代でローンが終わって、
 ローンの重さを感じていない大家さんが、
 こんな憂き目にあってしまいます。

 こうなったら、未来永劫、借り主など現れません。
 賃貸経営など、破綻まっしぐらです。

 性悪な管理業者さんをすげ替えて、
 本当に大家さんのために清掃業者を選び、
 場合によってはリフォームし、
 経営を立て直してくれる管理業者さんに登場してもらうしかありません。

 そんな大家さんをときどき拝見して、
 はがゆい思いをしている税理士もいることを、
 ちょっと書いてみたくなりました。(^^;ゞ
 すみません。

 ☆  ☆  ☆

 雨が続いたと思ったら、
 暑い日が再来しそうです。

 事務所ビルアプローチ部分の擬宝珠(ギボシ)です。
 舌のようにメシベを出して、夏を教えてくれます。
当て馬物件、そして擬宝珠_d0054704_16504854.jpg

 





















 
 

 
 

 
 
 

by expresstax | 2019-07-25 23:37 | 不動産