資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

タグ:折にふれて ( 5 ) タグの人気記事

初詣

 新年の初詣は、 
 紅白歌合戦で、「ボクは嫌だ!」と叫んだあと、
 いつもの自宅そばの赤坂氷川神社に向かいました。
 寒さの中で、いつもの甘酒の暖かさが身に沁みます。
d0054704_15481530.jpg

 
 氷川神社のお詣りの後、
 例のごとく、神社のハシゴです。

 これもご近所の乃木神社へ。
 松木代表は、酒樽の山の前でご満悦です。
d0054704_15535305.jpg



















 乃木神社でも、おまんじゅうとお茶のおふるまいをいただいていると、
 お客様からお声をかけていただき、ビックリでした。
 こんなこともあるのですね。
 ありがとうございました。
d0054704_15563534.jpg

































 
 
 
 
 

 

by expresstax | 2018-01-01 23:44 | 折りにふれて

今年もありがとうございました。

 平成29年、2017年が終わります。
 去年も同じようなことを書いていたような気がしますが、
 相変わらず、あっという間の一年でした。
 この経過スピードは何とかならないかと思いますが、
 トシなので、仕方ないのでしょうか。。。

 ほんとうに、お客様とお仕事に恵まれ、
 次々にいただくお仕事のご依頼とご紹介に、
 息つく暇もなく走り続けています。
 
 転んで膝を痛めたり、
 出張中にエスカレータ事故にあったり、
 インフルエンザに罹ったり、
 怪我と病気にも、1年間、悩まされました。

 おととし、バタバタで年末に予防接種に行けずにいたら、
 年の初め、確定申告の入口で、
 あろうことか生まれて初めてA型インフルエンザに罹患。
 事務所に大迷惑をかけてしまいました。
 
 インフルエンザの病院の治療は初回の1回で済んでしまったのですが、
 何せ、他のメンバーに伝染(うつ)す訳にはいきません。
 「1週間の隔離」を言い渡されて、 
 メンバーさんが自宅まで持ってきてくれた資料で、
 自宅からのPCのリモート操作で対処したりしました。
 ほんとうにごめんなさい。そしてありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 夏からは、前年に引き続き、税務研究会税理士懇話会様の事例検討会と、
 吉本覚先生の資産税特別事例検討会の司会進行を仰せつかり、
 全国を周りました。

 先生方は、国税庁審理室、局の資産税課長、資料調査課長や訟務官室の訟務官、税務大学校教授を経てこられた方ばかりです。
 折につけ、そうした時代のさまざまなエピソードを伺い、
 特に訴訟関連のことなどは、
 びっくりしたり、感激したり、
 もちろんここには書くことはできませんが、
 とても勉強になりました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 10月には、拙書「目的別生前贈与のポイントと活用事例」を新日本法規様から出版することができました。お蔭様で増刷になっているとのことで、恐縮しています。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 また、先日ここにも書いたように、
 4年ぶりの税務調査は、2か月かけて終了。
 是認通知を出してもらい、お客様に安心していただきました。

 開業当初から実践してきた法律に基づいた書面による正攻法での調査対応が、
 結果を出したと自負しています。

事務所セミナーは今年は12月開催。
不動研の吉野先生が講演をご快諾下さって、
普段は鑑定士の先生方や金融のプロをお相手にお話なさっているところを、
弊社特別に、どてもわかりやすく、お話しくださいました。
改正民法はもう国会上程され、早い法制化になりそうです。
弊社メンバー全員での税務調査の寸劇は、やんやの喝采を頂き、ありがとうございました。
お見苦しい劇で恐縮でしたが、参考になったと行って頂き、何よりでした。

 ☆  ☆  ☆

 個人的には、
 2月・9月・10月と、好きなアーティストのライブに参戦。
 ペンライトを思う存分振り回してきました。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 今年は、今の自宅でのペット元年。
 3月の確定申告開けと11月に、それぞれ1匹ずつ「お迎え」し、
 「傾国の美女」とからかわれるほど溺愛することになりました。(^^ゞ
 好きなアーティストの名前をモジって命名しています。

※傾国の美女=李延年の「一顧傾人城再顧傾人國(一顧すれば人の城を傾け再顧すれば人の国を傾く)」が語源。国王が美女に入れあげて国政をおろそかにして国を傾けること。ペットに入れあげて、事務所を傾けるかも、ともいいます。

 自宅がマンションであることや、出張があることなど、制約はありますが、
 短く儚い命だからこそ、愛しさもひとしおで、2匹は、我が家のファーストシートを占めています。(^^ゞ
 今や自分にとって、オキシトシンとセロトニンの最大の供給源です。(T_T)♡
 
☆  ☆  ☆

 と、ドタバタと過ぎた1年でした。

 今年、ある機会で出会った曲、「Isle of Innisfree」(イニスフリーの島)です。
 ケルティックウーマンがハープで謳っています。

 アイルランドの詩人William Butler Yeatsウィリアム・B・イェイツの詩「The Lake Isle of Innisfree」(湖の小島イニスフリー)をベースに、ジョン・ウェインの映画「静かなる男」の主題歌にしたものだそうで、曲はカントリー調です。
https://youtu.be/lh_aO4lT7IU (音が出ます。)

 が、ここでは、イェイツの原詩を挙げます。
==================
The Lake Isle Of Innisfree

  I WILL arise and go now, and go to Innisfree,
  And a small cabin build there, of clay and wattles made:
  Nine bean-rows will I have there, a hive for the honey-bee,
  And live alone in the bee-loud glade.

  And I shall have some peace there, for peace comes dropping slow,
  Dropping from the veils of the mourning to where the cricket sings;
  There midnight's all a glimmer, and noon a purple glow,
  And evening full of the linnet's wings.

  I will arise and go now, for always night and day
  I hear lake water lapping with low sounds by the shore;
  While I stand on the roadway, or on the pavements grey,
  I hear it in the deep heart's core.
===================
 下手ですが、訳詞です。
===================
湖の小島イニスフリー

 今こそ立ち上がって、イニスフリーへ行こう
 土と網枝で作った小さな小屋をそこに建てて、
 そこには、豆の畦を9列とミツバチの巣箱、
 蜂で賑やかな森の緑地に一人で暮らすんだ

 そしてそこでは、ゆっくりと訪れる幸せが満ちるだろう
 闇のベールが落ちれば、そこにはコオロギの歌が始まり
 深夜には星の瞬きが、昼には紫の輝きが、
 そして夕暮れには、ヒワ鳥の群れでいっぱいになる

 今こそ、立ち上がって行こう
 夜も昼も、いつも、湖のさざ波が押し寄せ潮騒が、
 道にたたずんでいても、街の灰色の歩道にいても、
 心に深く聞こえてくるから。
==================

 赤坂のコンクリートジャングルで、
 理想郷イニスフリーの湖の光溢れるさざ波の光景を目に浮かべながら、
 小さな仔たちと、うっとりと聴いています。

















by expresstax | 2017-12-31 16:23 | 折りにふれて

明けましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 ホームページのトップも更新してもらいました。
 写真は、事務所執務室からの富士山です。
 とても晴れた日、丹沢の山々の向こうに、美しく雪をまとった姿を見せてくれました。

 下の写真は、事務所ドアのしめ飾りです。
 お客様が創ってお送り下さったものです。
 真ん中に、白いニワトリさんが、ちょこんと載っています。
 ありがとうございます。
d0054704_2047375.jpg

















 ☆  ☆  ☆

 例年のように、2年参りに行きました。
 赤坂氷川神社です。
 2年参りは、12月31日24時と1月1日零時にお詣りすることで、
 2年お詣りしちゃったぜ、としちゃうものです。
 お詣りして、甘酒のおふるまいをいただいてきました。
 寒いっっっ、です。
d0054704_20483314.jpg 

















 昨年の赤坂氷川祭りでお目見えした猿山車も展示されていました。
 d0054704_20495073.jpg
by expresstax | 2017-01-01 23:37 | 折りにふれて

今年もありがとうございました。

 大晦日。
 原稿書きと年賀状作成で忙殺されている大晦日です。

 ☆  ☆  ☆

 今年は、お仕事が増加の一途で、
 年始から今日まで、ほとんど息つく時間もなく、過ぎてしまい、
 旅行や遊びやプライベートな活動はほとんどできずじまいでした。

 昨年も、相続税増税が始まってからは、事案が増えていたのですが、
 今年はその比ではなく、
 ご新規のご契約が連続し、ご紹介が続き、従来のお客様の改善案件が続き、
 ほんとうにありがたく、光栄な一年でした。
 
 その分、事務所ニュースが不定期発行となってしまい
 本当に申し訳なかったのですが、
 税制改正本は、前年に続き事務所で取り組むことができ、 
 事務所セミナーは、大変素晴らしい講師の先生をお招きでき、
 今後の方向について、大きなご示唆をいただきました。
 お客様たちもこぞってご出席くださいました。
 ありがとうございました。

 我々がバタバタしていたときに、
 事務所のバックボーンである確定申告や年末調整、決算・申告や、お客様への告知を、
 滞りなく進めていただけたこと、 
 温めてきたお客様への「想い出しノート」作成が進み、
 事務所のホームページがスタートできたのは、
 いずれも強力なメンバーの頑張りのお蔭です。
 心から感謝します。

 ☆  ☆  ☆

 税務研究会税理士懇話会様のご依頼をいただき、
 6月・7月に、相続税の小規模宅地特例についての鬼塚太美先生の全国講演にご同道できたこと、
 11月・12月に事例検討会で、広島・札幌・東京・仙台・福岡と、各OB先生方にご同道できたことは、
 とても良い経験になりました。
 税務研究会のご担当者様や各地の支局長様たちのご配慮で、
 とても楽しく有意義に過ごすことができました。

 特に、資産税だけでなく、法人税や消費税の事例検討会では、それぞれの極めてコアな事例について、
 準備段階で深耕し、議論を深めることができました。
 今後、弊社のお客様業務の中で、多角的に、より高度に事案に対応していく力をいただいたと思います。

 国税審理や法律通達起案に携わった先生方と、近しくお話しし、お食事を伴にし、共に旅をさせていただいて、その都度、ただ税理士をしているだけでは伺い得ない様々なご経験やお考え、ご見解、お気持ちとご示唆を頂くことができました。
 先生方のお優しいお人柄と磨き抜かれたプロとしての姿勢、現在の日本の最高レベルの税務理論に接することで、深い感動をいただきました。
 ほんとうにありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 税務調査は、今年も1件もなく、資産税関連の税務調査はゼロ歴4年を更新しました。
 税務特例100%是認、重課事案ゼロ歴は、もう22年になります。
 今後も税務理論と実務を積み上げ、磨き上げ、より高度な力をもって、
 お客様のお役立ちに力を尽くして参ります。

 ☆  ☆  ☆

 個人的には、遊びも旅行も映画もどこにも行けず、
 唯一の想い出は、2月に好きなアーティストのコンサートにムリクリ行ったくらいです。 
 ボランティア活動は、欠席も数回(スミマセン)、3年通ったスポーツジム通いも12月には月数回に転落、
 去年始めた英会話やハングルの勉強は、録画がハードディスクに累積しています。
 
 ☆  ☆  ☆

 ただ、今年の4月から始めた朝のラジオ体操は、
 寝不足でも、出張でも、何故か不思議に続いています。

 以前にも、近所の赤坂氷川神社の境内で行われている
 地域のみなさんのラジオ体操に参加していたことがあるのですが、
 天候が悪いとお休み、のような状況で、続かなかったのです。

 部屋の中でラジカセをかけての体操ですから、障害要素は何もなく、
 やるも止めるも、自分の意思だけです。

 出張の時は、最初はホテルにラジオがないと諦めていたのですが、
 インターネットラジオ(NHKは「らじるらじる」)があることを発見してからはそれもクリアできました。
 
 ラジオ体操自体は、第1も第2も、ストレッチ程度で、あまり運動といえるものではありません。
 でも、朝6時30分の定時に、日の出やお天気が日々変わっていく様子と、
 自分の体調に、10分間だけ向き合うことができ、
 またその後の番組「社会の見方・私の視点」の、
 経済評論家さんたち専門家の肉声インタビューは勉強になり、
 自分にとってのペースメーカーになりました。

 ☆  ☆  ☆

 振り返ると、お仕事はパンパンに充実しながら、
 ちょっと情けない1年にはなりましたが、
 なんとか反省のもとに、来年こそは、より充実していきたいと思っています。(^^);;/ 

 ☆  ☆  ☆

 今年、口ずさんでいた曲、”You Raise Me Up (ユー・レイズ・ミー・アップ)”
 「あなたが私を高めてくれる」です。ユーチューブで貼り付けます。(音が出ます。)

 アイルランドのシークレット・ガーデンというデュオの曲とのことですが、下のケルティック・ウーマンのカバーが有名です。この動画は京都東福寺での収録のようです。
 
 

 個人的には、”MrMoonligtt”さんという方がアップしている
 こちらのMARTIN HURKENS(マーティン・ハーケンス)さんの歌が好きです。
 ”MrMoonligtt”さんの訳詞も、とても素晴らしいです。
 場所は、オランダの街角とのことです。



 歌詞です。

When I am down and, oh my soul, so weary;
When troubles come and my heart burdened be;
Then, I am still and wait here in the silence,
Until you come and sit awhile with me.

※You raise me up, so I can stand on mountains;
You raise me up, to walk on stormy seas;
I am strong, when I am on your shoulders;
You raise me up... To more than I can be.※

There is no life, no life without its hunger;
Each restless heart beats so imperfectly;
But then you come, and I am filled with wonder;
Sometimes I think, I glimpse eternity.

You raise me up, so I can stand on mountains;
You raise me up, to walk on stormy seas;
And I am strong, when I am on your shoulders;
You raise me up... To more than I can be.
※~※ 繰り返し×2

 下手なりに、訳してみます。
==================
 落ち込んで、心が弱ったとき、
 トラブルが起き、重圧が生じたとき、
 そんなとき、私はじっと、ここで静かに待つ
 あなたが来て、私の側に座ってくれるまで

 あなたは私を高めてくれる、
 だから私は山の上に立てる
 あなたは私を高めてくれる、
 だから嵐の海も渡っていける
 私は強くなれる、あなたの肩に支えられていれば
 あなたは私を高めてくれる。。。私を私の力以上に

 飢えない人生などなくて、
 落ち着かない胸の鼓動は不規則で、
 でも、あなたが来てくれて、私は感動で満たされる
 時々思う、私は永遠を垣間見たと

 あなたは私を高めてくれる、
 だから私は山の上に立てる
 あなたは私を高めてくれる、
 だから嵐の海も渡っていける
 私は強くなれる、あなたの肩に支えられていれば
 あなたは私を高めてくれる。。。私を私の力以上に

 繰り返し
==================

 今年も終わります。
 拙いブログが、今年は、更新が度々中断し、まとめアップばかりになったにも関わらず、
 たくさんの方々にお読みいただき、ありがとうございました。

 一緒に未来を作り上げていけることを信じながら、
 来年の、皆様のお幸せをお祈りします。 









 
 
by expresstax | 2016-12-31 23:00 | 折りにふれて

融通金の返済、そして、「ても友」

 先週のこと、お隣の豊川稲荷にお参りに行きました。
d0054704_0334371.jpg















 
 事務所を移転して1年、
 1年前の今頃、豊川稲荷にご挨拶に行って、融通稲荷の融通金をいただいてきていました。
 融通金は、黄色い袋に10円玉。
 この「ご縁」を1年融通していただいて、1年後にお返しするのがならわしです。
 お返しして、また新しい「ご縁」をいただいてきました。
d0054704_0354425.jpg

















 ☆  ☆  ☆

 友人と話していて、「ても友」の話を思い出しました。
 
 「ても友」とは、
 何があっても、
 どんな状況になっても、友だちだよ、という、
 命に代えても、
 一生支え合い繋がりあう友だちです。

 男でも女でも、
 仕事が忙しくなったり、結婚したり、子どもが出来たり、離れたりすると、
 なかなか、友情は難しくなったりもするのでしょうが、
 それでも、強い絆でを持ち続ける「友」です。

 こんなことを言い合える「友」がいるのは、
 そのこと自体が、なんて幸せなことだろうと思います。
 
 ありがとう!!!!!
by expresstax | 2014-04-22 23:52 | 事務所



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism