台風の15号、19号、21号と、大規模な災害となりました。 
 被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。

 お客様からご心配いただきましたが、
 弊社は、特に影響なく、無事に経過しました。

 あわてて区から配布されたハザードマップを確認しました。
 事務所も自宅も、一応、浸水可能性ゼロの標高でした。

 マンションの場合は、電気設備や自家発電装置などのインフラは、
 地下に設置されます。

 武蔵小杉のマンションで、被害が出たところは、
 電気設備設計に不足があったようです。
 不備ではなく、不足というところなのでしょうか。
 これからも注意が必要です。

 ☆  ☆  ☆

 弊社ではさっそく寄附金をお送りしました。
 被災地の皆様の生活復旧がご無事に進まれますように、
 お祈り致します。




 

by expresstax | 2019-10-25 23:57 | 折りにふれて

 平成30年7月豪雨被災地支援のための義援金を送金しました。
 
 今は、ふるさと納税のサイトを使って、寄附が可能です。
 もちろん返礼品制度はありません。
 全額が指定した被災地自治体に行きます。

 ふるさと納税のサイトを使えば、
 寄附申し出て、申込書を送ってもらい、
 郵便局や銀行の窓口に赴いて振込をし、
 被災地から受領書を送付してもらう、
 という多大な手間を省略して、

 ネットでカード決済し、
 受領書を送ってもらうだけ、とすることができます。

 さらに、今回は、代理寄附という制度を使いました。
 岡山県・広島県への寄附ですが、茨城県境町へ代理寄附しました。

 つまり、被災地支援に手を挙げた被災地でない自治体が、
 寄附金を代理受領し、
 全額を被災地に送金し、
 受領書の発行等の手続を、被災地に代わって行ってくれる、という制度です。
 手続の手数料も、代理自治体負担。
 代理自治体の完全なボランティアです。

 以前被災し、市役所等も流され、大変な思いをした自治体が
 手を挙げて頑張ってくれているそうで、
 素晴らしいことです。
 
 本当は、現地に行って復興支援等のお手伝い等のボランティアも必要なのだと思いますが、
 自分にできることを可能な限りやっていこうと思います。


 
 
 
 
 

by expresstax | 2018-07-17 13:32 | 提言

 平成30年7月豪雨災害の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 ☆  ☆  ☆

 7月5日夕方に、広島の講演会場から広島空港へ、そして羽田へと戻ってきました。
 心配されていた台風7号でも、飛行機は影響なく、無事に戻れたとほっとしたのです。

 ところが、のほほんと帰京した後、広島・岡山等で、大変な豪雨が始まっていたのですね。

 倉敷や広島の様子を拝見して、とんでもない状況に、驚きました。
 特に、広島は平成24年にも大変な土砂災害に遭っています。
 被災者の皆様にお悔やみと、お見舞いを申し上げます。

 また、義援の態勢ができたら、すぐにも、支援を申し上げたいと思います。



by expresstax | 2018-07-09 23:17 | 提言

 確定申告まっさかりです。(^^;ゞ
 
 今年の自分の担当は、かなり早めに進めています。
 問題は、この後のチェックの山ですが。。。(>_<);;

 お客様たちが、軒並み、寄附をバンバンなさっています。
 もちろんそのトップはふるさと納税。
 返礼品を選びながら、楽しく寄附なさっていたご様子が分かります。

 その中で、
 とても多額のふるさと納税を、地元自治体に寄附なさっていたお客様がいらっしゃいました。
 その自治体では、返礼品制度はありません。

 地元を愛し、誇りにしてのふるさと納税でしょう。
 素晴らしいです。

 こんなお客様の人生の表情を拝見する瞬間です。
 頭の下がる思いで、確定申告書を作成させて戴いています。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂見附駅から青山通りへの交差点の角で、
 1輪だけ、真っ赤な花を開いたツツジを発見しました。
 あれぇ、間違っちゃったかな、とでも言いそうな顔をしています。
 
 やぁ、こんにちは。
 お仲間は、まだ開いてないけど、
 一番乗りは、気持ちいいでしょ?
d0054704_21220526.jpg


























  
 

 

 

by expresstax | 2018-03-09 23:09 | 確定申告

 先日のこと、ご相続のお客様から寄附のお話しが起こりました。
 
 被相続人様が関わっておられた公益法人様への寄附を、
 今から遺産分割に盛り込みたいと。
 素晴らしいお話しです。

 申告期限は迫っていますが、
 ご趣旨はなにより。
 ご相続人様たちのご意向はぜひとも活かしていただきたいところです。

 寄附を受ける公益法人さんは、相続税の非課税規定該当ですから、
 期限までに、ご寄付の実施と証明書の取得をしていただくようお願いし、
 遺産分割協議書の改訂を行って頂き、
 申告書に盛り込む準備をしました。第14表です。

 と、公益法人さんから送っていただいた受領証は、
 所得税法78条2項3号の、つまり寄附金控除の証明をする受領証です。

 あらあら、コレジャナイ、ので、
 相続税の非課税、
 つまり租税特別措置法70条1項の証明書となる受領証に、
 再発行していただけるように相続人様に連絡しました。

 相続人様、びっくりして、直接公益法人さんの本部まで赴いて下さったそうで、
 再発行していただくことになりました。

 ただ、これまでその公益法人さんが受けてきた寄附は所得税の寄附がほとんどで、
 相続税非課税寄附については前例がなく、
 公益法人さんの顧問の先生が、「たぶんこれでいいはず」という証明書に
 急遽作成してくださったそうです。

 できれば、租税特別措置法70条と、ダイレクトに記載していただければ、
 モアベターだったのですが、
 でも、この受領証で添付書類とすることにしました。

 こうして無事、相続税申告に間に合わせることができました。
 ありがとうございました。

☆  ☆  ☆

 さいたまスーパーアリーナ前の公園は、
 けやきのイルミネーションが、冷たい空気の中に美しく映えていました。
 心は、アツアツです。
d0054704_23563042.jpg
































 

by expresstax | 2017-10-25 23:01 | 相続・贈与

 おやつのイチゴ用に練乳ミルクを買いに行くと、
 なんと、「被災地工場は休止」で、在庫限りで提供休止、とありました。

 ネットで調べたら、森永乳業のグループ会社の熊本乳業さんが、
 被災地で、被害はないものの、工場の操業停止とありました。
 大変です。がんばってほしいものです。 
d0054704_19423796.jpg


























 ☆  ☆  ☆

 被災地といえば、
 以前、ふるさと納税がスタートした平成20年頃から、すぐにふるさと納税を始めました。
 南三陸町さんにも、ふるさと納税して、
 生牡蠣2キロやゲンコツほどのホタテ貝がたっくさん、トロ箱一杯送られてきて、
 びっくり仰天、とても消化しきれず、ご近所に配ったりしていたことがありました。
 その頃の返礼品の写真です。当時のガラケーで撮っています。
d0054704_204126.jpg






















 
 ところが、東日本大震災が起き、南三陸町は被災して壊滅状態になり、
 あの、牡蠣やホタテを送ってくれた業者さんはどうなったかと調べたら、 
 ホームページも、震災前のまま長い間停止されていて、
 とてもショックを受けました。

 それからは、とてもつらくて、ふるさと納税はストップ。
 南三陸町を始め、自治体さんに直接寄附を送金するようにしていました。

 一昨年頃から、またふるさと納税を再開しましたが、
 被災地支援って、どうするのがベストなのか、
 いつも考えています。

 ☆  ☆  ☆

 新茶の季節になって、お客様が送って下さいました。
 ありがとうございます。

 4月に、公認会計士の先生が送って下さいました。
 八十八夜前の走り新茶です。
 柔らかな芽は、手摘みしか摘めません。
 とても貴重なものを、いつも、本当にありがとうございます。
d0054704_2019166.jpg






























 お客様が、新茶を、お手紙を添えて送って下さいました。
 新茶は、本当に生きる力をいただく気がします。
 こちらこそ、お心遣いをありがとうございます。
d0054704_20211321.jpg
by expresstax | 2016-05-09 23:30 | 経営