ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

タグ:パブリッシング ( 356 ) タグの人気記事

 「平成30年度よくわかる税制改正と実務の徹底対策」が出版されました。
 16日に取次店から出て、19日に発売、20日頃、全国で発売となるそうです。
 アマゾンは19日です。

 平川忠雄先生の監修のもと、中島孝一先生・市川康明先生と、平川会計パートナーズ税理士法人、おおたか税理士法人、松木飯塚税理士法人が、総力を挙げて書いています。
 ご笑読を。
 d0054704_18183582.jpg











































 
 

by expresstax | 2018-02-20 23:13 | パブリッシング

 税制改正の原稿を出版社さんに送って、
 その校正も締切が過ぎた時点で、
 改正法案が届きました。おぉ。

 あわてて一部だけ読み込むと、
 おお、特定一般社団法人への相続税規制の部分は、
 税制改正大綱で役員となっていたところが、理事となっていたり、
 特定一般社団法人に課税される相続税課税対象財産は、
 大綱では純資産額÷同族理事数、とあったところを、
 法案では、純資産額÷(同族理事数+1)となっていたり、
 それなりに変わっています。

 出版社さんに急遽連絡して、この部分だけは、
 補正してもらうようにしました。

 小規模宅地の特例の貸家等居住親族(いわゆる「家なき子」)や、
 貸付事業用に関する改正は、
 施行令が出ないとなんとも言えません。

 とにもかくにも、
 改正本出版には、ドタバタしてしまいました。

 ☆  ☆  ☆

 西新宿の60階建マンションからの夕暮れの富士山です。
 (撮影場所は60階ではありません。)
 シルエットの富士山はで、さえぎる物がなく、とても鮮やかです。
d0054704_18123137.jpg
























 
by expresstax | 2018-01-25 23:45 | 税制改正

 税務研究会様資産税事例検討会、糸山先生の事例検討会は、
 東京会場第2回目です。

 年も明け、源泉や法定調書関連の事務に、各事務所様は突入していますが、
 多くの先生にお集まりいただきました。

 ご質問のやりとりの中で、不動産譲渡の際の司法書士報酬の話が出ました。
 
 基本的に、登記関連費用は、売主にはかからず、登記権利者の買主負担です。
 したがって、売主の住所変更等の司法書士報酬や登録免許税は、原則として譲渡費用となりません。

 ところが、昨今、不動産売買登記の際に、司法書士が売主の本人確認及び意思確認をすることが義務づけられ、時には司法書士が売主宅まで訪問する交通費が請求されていることがあります。

 これは、平成20年3月1日の「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の施行に伴い、第4条により、不動産の売買については、本人確認及びその記録が義務づけられて
いることが根拠です。税理士にも譲渡所得税申告受任には、同様の義務があり
ます。

 また司法書士会には、以前から依頼者等の本人確認等に関する規程があったそうで、司法書士が登記受任する場合に、義務づけられているそうです。

 これについて、果たして譲渡費用となるか、というご質問です。

 マネーロンダリング(資金洗浄)防止等、昨今の資産を巡る環境が変わっていきますから、こうした取引にも、税理士は的確に判断していかねばなりません。

 ご質問の先生、糸山先生、ありがとうございました。

☆  ☆  ☆

 夜の渋谷の歩行者天国です。
 渋谷は、とても懐かしいのですが、あまりに変わってしまったので、
 赤坂に戻ってくると、ホッとしてしまうほどです。

 この歩行者天国のことを、
 以前、地方お客様が、「騎馬戦だ」とおっしゃっていました。
 対岸とこちらで人が山のように睨み合っていて、
 信号が変わると、一斉に中央を目指して進撃してくる。
 自分はつい、立ちすくんでしまう、と。
 同じに地方出身者の私も、大きく頷いたものでした。
d0054704_17380986.jpg

































by expresstax | 2018-01-11 23:19 | パブリッシング

 税務研究会様資産税事例検討会、糸山先生の事例検討会は、
 東京会場です。

 大阪、東京は、ご質問が多く、とても活発な事例検討が行われます。
 大阪・東京が先行し、さまざまなご質問に対応してからですと、
 別な地域での講演でも、それらを踏まえた解説ができますので、
 とても良い流れです。

 ご質問のやりとりの中で、区分所有建物の特例不適用の特例について、

 小規模宅地の特例の特定居住用宅地では、
 被相続人と取得親族が建物の別な部分に居住していても特例適用は可能であるため、
 例えば区分登記の建物を、区分登記でない一体登記に変更すれば、
 特例適用可能性が出てくる、のですが、

 居住用財産の譲渡特例では、区分登記に変更したとしても、
 あくまで被相続人の居住用部分のみが特例適用対象となるという議論は、
 とても面白かったと思います。

 こうした議論が出るのが、事例検討会の醍醐味です。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの1階ロビーのクリスマスツリーです。
 とても大きいです。
d0054704_20400238.jpg


















 こちらは事務所のツリー。
 暗くすると、イルミネーションの動きが可愛いです。
 お客様へのサンタさんも、もちろん勢揃いしています。
d0054704_20392773.jpg


















 これはとある西新宿のビルのクリスマスツリー。
 ビルはちょっとクラシックですが、綺麗です。
d0054704_20423704.jpg





























by expresstax | 2017-12-19 23:56 | パブリッシング

 税務研究会資産税事例検討会の大阪会場に伺いました。
 講師は糸山徹先生、今回の資産税事例検討会では初めてご同道します。

 糸山先生は、国税庁資産税課長や税務大学校教授、東京国税局資料調査課長等を歴任され、税務調査の現場にも、詳しくていらっしゃいます。
 前日の打合せの際には、和光の税務大学校時代のプールのお話しやリョーチョー(資料調査課)時代のお話しを楽しく伺いました。

 ご説明は譲渡と相続について、特に、平成28年4月以後制度化されながら、これから事案が出てくると思われる空き家譲渡特例など、とても詳しくご説明下さいました。
 
 聴講の先生方は、これから確定申告で関わることが多いと思われ、
 身を乗り出して聞いて下さいました。
 
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 会場のOMMビルは、大川沿いにあります。
 会場から、水の都大阪と造幣局側の景色が美しく広がり、
 いつも見とれています。
 造幣局の桜が素晴らしいそうですが、
 桜の時期の事例検討会がないのが残念です。(>_<);;
d0054704_17585189.jpg

































 
 

 

by expresstax | 2017-12-13 23:32 | パブリッシング

 先日のお客様セミナーでのアンケート結果を、メンバーがまとめてくれました。
 ありがとうございます。

M・G様
不動産市場の動向につき、大変興味深く拝聴しました。
テレビや新聞等で色々なアナリストの話を聞きますが、
このようなデータを基に分かりやすく説明を聞き
今後の仕事、又個人資産の運用に活かしたいと感じました。

H・M様
将来的な見地がわかりやすく良かったです。毎年貴重な場を
楽しみにしております。寸劇良かった!

H・Y様
寸劇協力できずすみません。とても良かったです。
外貨預金は有効ですか?

T・M様
今回の不動産市場の動向のお話では、実際郊外に
実家(畑付き)身近に感じ考えさせられました。
相続についての話題を具体的に伺いたいと思いました。

T・Z様
初めての参加でしたが興味深く聴講しました。
不動産市場のテーマは漠然とした内容になりがちで
東京といった特殊性に(地域etc)に絞ると良いと思いました。

I・T様
不動産市場について詳しいお話がきけて良かったです。
相続について改正点はわかりました。
寸劇ににより大切な部分がわかりました。
ありがとうございました。

O・H様
第一部については幅広く情報が得られ(不動産市場だけで
ないので)興味深く拝聴しました。
第二部はもう少し時間があればと思いました。興味の
ある内容でした。次回お願いします。まだ確定されていないので
微妙な状態ということでしょうか?
最後の寸劇はビジュアルでインパクトありました。
明解でした。

I・Y様
・事前アンケートはせめてレジュメを見てから書きたい。
・第一部 言葉が難しい。
・漢字を減らして1項目2行ぐらいで説明してほしい。
・法律の文言は参考程度にあればいいと思う。
・寸劇は面白い。分かりやすい。こわいくらいリアル。
 座ると見えない。

S・K様
巷間で声高に言われているオリンピック後の日本経済や不動産市場の
急激な冷え込みを様々な角度から分析されたデータに基づき鮮やかに
否定され、感心しつつ安堵しました。とても楽しく勉強になりましたのは
不動産の証券化という考え方です。初めて聞きました。初耳といえば
適温相場というキーワードもそうです。初耳ながらなるほどなと
実感がありました。
不動産オーナーのお客様が多いからでしょうか。テーマも興味深かった
です。他のお客様からの質問も身近に感じられ先生のお答えもわかり
やすかったです。

A・C様
不動産関連の動向や民法改正の認識などいつも大変勉強になるセミナーです。
準備等大変だと思いますが今後も受講させていただきたいと思います。
ありがとうございました。寸劇わかりやすかったです。

M・Y様
2020年後のオフィス賃料と空室について心配しておりました。
予測情報を聞くことができたので勉強になりました。
今回の貴重なセミナーをありがとうございました。
いつもわかりやすい寸劇をありがとうございます。

S・M様
税務調査を今までより楽な気持ちで受けられるように
なりそうです。

H・H様
不動産及び相続については興味がありました。
役立てていきたいと思う。

M・H様
第一部から三部まで多彩盛りだくさんで大変興味深く面白く
勉強になりました。色々ヒントになることがありました。
質疑もよかったです。スタッフの皆様お疲れ様でした。

I・F様
大変参考になりました。オリンピックまで不動産価格が
安定的に推移するときき安心しました。

I・M様
1部の吉野先生の日本の不動産はバブル的でないという話を聴いて安心しました。
また率直な意見を聞けて大変参考になりました。
2部の民法の改正試案についいてですが、民法は家族という概念より
各個人を保護するという制度改正になるということがわかりました。
家族単位から個人単位への変更と言えそうです。
3部の税務調査は通帳の保管場所まで確認するとは驚きました。
事前の対策が出来ているか不安になりました。

M・N様
小さいながら不動産を持っておりまして、この先の不動産の見通しが少し理解できました。
税務署からの来訪がある場合には会う前に税理士先生に連絡することが大事であると、
皆様の演劇で相続税についての理解が出来ました。

A・K様、A・Y様
限られた時間内で、難しい内容のお話をわかりやすく説明いただきありがとうございました。
先生方の名演技に感動しました。最高でした。

S・T様
不動産市場の動向、普段見聞きしているものと異なる見方を聞かせていただき参考になりました。
小生も2018年は潮目、投資不動産の売りどきかということを他で多く聞いていましたので。
遺留分制度の見直し、遺留分とても感心ありますのでありがとうございました。
贈与について、奥さんへの生活費、子供へのお金の使い方のアドバイス。


O・T様
一部の不動産市場の動向は、第一線のホットな情報を頂きとても参考になりました。
ありがとうございました。

K・M様
「2018年不動産情報」「相続関連情報」いつの時代でも上記テーマは重要ですね!
寸劇「税務調査」!かなり現実味をもって見ました。
緊張感をもって見ました!ありがとうございます。

K・S様
誠に参考になりました。(有意義でした)

A・N様
不動産市場動向はたいへん興味のあるテーマで、
データ豊富な解説が、説得力がありました。
若い方のご意見は参考になりますね(ハート)
寸劇、すごかったです~こんなに楽しくてユニークなセミナーは初めてです。
ありがとうございました。

Y・K様
1.不動産市場動向は、豊富なデータと説得力ある分析で、有益でした。
2.相続法改正試案は初めて聞く内容であり、参考になりました。
3.税務調査寸劇は具体的で分かり易く、真剣に対応しなければいけない事がよく理解できた。

K・T様
(第一部)不動産市場のこれまでの動き、見通しを解り易く解説して頂き、有難うございました。
地価下落地域の例として取り上げられた三浦半島で不動産投資を行っていますが、
極端な二極化を実感しています。具体的な地価下落の特徴を挙げて頂き、
今後投資してはいけない、もしくは持っていてはいけない不動産を選定する基準が持てました。
(第二部)時間が圧倒的に不足していましたが、とてもゆっくりお話し頂き、
とても解り易かったセミナーでした。
(第三部)寸劇は期待通りとても面白く、勉強になりました。特に相続税調査が良かったです。
「王道」を大事にします。私は立ってみていたので良く見えましたが、最後列の方は良く見えない様子でした。
寸劇の出演者は立った状態で首からもしくは大きな名札(税理士など)を付けて頂けたら
もっと見易かったと思います。

A・H様
不動産市場について安心しました。寸劇、面白い内容で楽しませていただきました。
先日、飯塚先生のご著書で「生前贈与のポイント」を拝読し、大変参考になりました。
祖母の相続の際は大変お世話になりました。
この度父親の資産を同族法人へ移転したいと考えているところで、
私が考えている方法について進めて良いものか?ご相談をさせていただければ有難いです。
宜敷くお願い申し上げます。

 ☆  ☆  ☆

 多くのご意見をありがとうございました。

 寸劇については、立ち位置など、反省しました。
 今後また寸劇をやる機会があるかどうかはわかりませんが、
 留意します。

 ご参加下さったお客様、そして事務所メンバーのみなさん、
 ありがとうございました。

 最後の松木代表の挨拶です。
 私は、寸劇の時のグレースーツのままです。
d0054704_18391738.jpg



















 ☆  ☆  ☆


 セミナー前に写した清水谷公園は、紅葉も最後です。
 大久保利通さんの哀悼の石碑前では、水道局の工事をやってます。
 手前は、会場ホテルニューオータニの屋上庭園です。

d0054704_18472111.jpg























































by expresstax | 2017-12-12 23:16 | パブリッシング

 第4回弊社主催の「お客様セミナー」を開催しました。

 例年より遅いのですが、この日程なら、税制改正大綱が前の週までには決定されるだろう、という見込みのもと、会場押さえをしていたのです。
 が、大綱決定が昨年より1週遅くなり、慌ててテーマ変更をしたという
 とんでもセミナーになりました。

 今回第1部は、一般財団法人日本不動産研究所(略称:不動研)の不動産エコノミスト吉野薫先生から2018年の不動産市場の動向について、分かりやすくかみくだいてお話しをいただきました。

 吉野薫先生は、ご専門は都市経済学、経済政策、不動研きってのエコノミストです。
 不動研は、市街地価格指数や建築費指数等、政府への不動産調査諮問機関として知られていますが、国税庁の相続税・贈与税の財産評価基本通達も、従来よりこの不動研のデータベースや諮問に基づき作成されています。

 吉野先生は、弊社お客様からの事前質問を、レジュメの中に盛り込んで、ご回答くださいました。
 ありがとうございました。
 
 第2部では、今年8月に追加試案、平成30年初に要綱案へと進み、遺言や配偶者相続の大きな改正が見込まれる民法相続法改正中間試案について弊社松木税理士からご報告しました。

 第3部では、テーマ変更による苦し紛れ、ご要望の多い税務調査について、松木飯塚税理士法人メンバーオールスターキャストによる寸劇をお送りしました。
 相続税・法人税・所得税調査の完勝のコツを、解説付きでトクとご覧戴きました。お見苦しい点が多々ありましたが、そこは笑いでご容赦いただき、図々しく演じさせていただきました。

 今回も、お客様全員のご出席のもと、ホテル自慢のお茶とケーキを召し上がって頂きつつ、ご質問を活発にいただきつつ、楽しく、ご参加いただくことができました。
 ありがとうございました。

 吉野先生のご講演です。
 ありがとうございました。
d0054704_17264722.jpg























 



 

by expresstax | 2017-12-11 23:03 | パブリッシング

 10月に発刊した新日本法規出版様の「目的別生前贈与のポイントと活用事例」が増刷されました。
 平成29年11月20日付で、二刷8,200部とのことです。
 ありがとうございます。
d0054704_17014255.jpg


















 こうした専門家向けの専門書で、まして分厚くて高額になった書籍でしたから、
 数千部も売れれば良い方、というお話しを聞いていますから、
 増刷ということで、びっくりしています。

 ありがとうございます。


 
by expresstax | 2017-11-27 23:57 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会の横浜会場の資産税事例検討会に伺いました。
 講師は与良秀雄先生、私は司会進行役です。
 会場は、桜木町の東京地方税理士会の税理士会館です。

 与良先生と、前回も話に出た一般社団法人についての相続税の取扱の改正について、仮に規制するなら、どういった法理で規制するのか、話題にしたのですが、
 これまでの税法の理屈では、難しいのではないか、という議論になりました。

 また、講演の中で、地積規模の大きな宅地についてのレクチャーもお願いしました。
 国税さんが広大地評価をバッサリ廃止して、通達を完全改正し、
 例えば、「地積規模の大きな宅地」について、「新広大地」と呼ぶことさえ、
 禁じているというお話しです。
 これまでの広大地評価を巡って、
 国税さんがいかにトラウマになっているかの現れのようです。

 ところが、
 この税理士会館には書籍売店も併設されていて、
 入っていく途中の書棚に、さっそく
 「新広大地~~」というタイトルの新刊書を目にして、
 ズっこけてしまいました。(^^;;
 いやはや、難しいものですね。

 ☆  ☆  ☆

 数年ぶりに、自宅のストレチアの花が咲きました。
 極楽鳥花とも呼ばれます。
d0054704_04240356.jpg





























by expresstax | 2017-11-24 23:03 | パブリッシング

 税務研究会税理士懇話会の広島会場の資産税事例検討会に伺いました。
 講師は与良秀雄先生、私は司会進行役です。

 与良先生が、
 この11月1日に日本税理士会連合会会長が、政府税制調査会の場で、提議された
 小規模宅地の特例や一般社団法人を使った節税策についての意見について、
 説明をしてくださいました。

 事例検討を進めながらも、
 次なる改正で取扱が変わってしまうかも知れないことを想定して
 事案に対応をしていかねばならないのですから、
 税理士稼業はタイヘンです。

 ☆  ☆  ☆

 広島には、いつも前日の夕方に現地入りするのですが、
 この日は、朝の飛行機で向かい、
 午後は宮島に渡り、観光とシャレました。

 実は、昨年広島講演の後で、宮島の紅葉を見に行く予定で、
 帰りの飛行機を翌日にして、延泊したのに、
 風邪気味になって、急遽、飛行機を早めて帰京してしまったので、
 今回は、リベンジなのです。

 ホテルで早めのチェックインをしてくれたので、荷物を置いて、
 広電という軌道電車で宮島駅まで行き、フェリーで宮島上陸しました。
 広電は、2両編成。都電に比べ、進化した車両です。

 夕暮れの大鳥居が、海面に映えて幻想的でさえありました。
d0054704_00431598.jpg









 





  宮島から厳島神社を参拝。
 海の回廊は、美しく巡っています。
 大変なメンテナンスでしょうね。
d0054704_00455234.jpg

















 その足で、紅葉谷公園へ向かいました。
 見事な紅葉が続きます。
d0054704_00500027.jpg
















 ロープウェイに乗りたかったのですが、ふと、聞きますと、
 上で待ち時間が1時間と、帰りは夜7時くらいになるとのこと。
 それでは無理!とロープウェイを断念。
 またふもとにもどりました。

 神社の参道まで出て、調べておいた日帰り湯の温泉旅館さんに到着。
 待ち時間に焼きガキや牡蠣料理でワインを少々。
 帰りのフェリーの時間まで、温泉にとっぷりと浸かりました。
 こうした海近くの温泉は、塩泉であることが多いのですが、
 おどろいたことに、塩辛さのない、柔らかなお湯です。(^_^)v
 
 湯上がり良い気分で、また広電のチンチン電車で広島市内のホテルに戻ったのでした。(^^)

 

 

 
 


by expresstax | 2017-11-13 23:24 | パブリッシング