資産税の税理士ノート


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

タグ:パブリッシング ( 414 ) タグの人気記事

「不動産と相続」令和元年度版、そしてロブスターをありがとうございます。

 公財)不動産流通推進センター様の
 相続研修テキスト、
 「不動産と相続」=法律と税の知識=令和元年度版が届きました。
 私は第2編税制編の監修を担当しています。

 改正夥しい税制の改訂はもちろんですが、相続法の改訂もあり、
 冊子作りは大変ですね。

 公財)不動産流通推進センター様は、
 宅建(宅地建物取引士)試験の登録等の法定研修や、
 不動産コンサルティング技能士試験などを担当なさっています。
 ちなみに、宅建の試験の担当は、一財)不動産適正取引推進機構さんが担当しています。

 ご担当のF様、ありがとうございました。
「不動産と相続」令和元年度版、そしてロブスターをありがとうございます。_d0054704_17223090.jpg



















 尊敬するF様が、今年もロブスターをお贈り下さいました。
 とても大きくて生きが良く、
 パスタ鍋で茹で上げて、ハサミをモいだ後の写真です。
 おいしくいただきました。
 ありがとうございました。
「不動産と相続」令和元年度版、そしてロブスターをありがとうございます。_d0054704_17343844.jpg





by expresstax | 2019-12-28 23:09 | パブリッシング

新版「小規模宅地特例」書籍を出版しました。

 新版「小規模宅地特例 実務で迷いがちな複雑難・解事例の適用判断」を
 清文社様より出版しました。

 平成26年3月、翌年の相続税大改正前夜に改正後を含めて出版したのが初版です。
 その後、平成30年度・令和元年度の
 特定居住用宅地等、貸付事業用宅地等、特定事業用宅地等の各規制があり、
 配偶者居住権創設や、遺言制度の改正、新事業承継税制などの
 相続を巡るインフラも変わり、
 それらを反映した今回の改訂版です。  
 事例も一部入替えました。

 改訂はしがきに書いたように、
「こんなの、ちっとも難解じゃないよ」といわれそうですが、
 ご笑読下さい。
 
 顧問先様・関与先様には、贈呈申し上げました。
 お受け取りいただければ幸いです。

 編集者のM様、お世話になり、ありがとうございました。
新版「小規模宅地特例」書籍を出版しました。_d0054704_17225279.jpg














 


by expresstax | 2019-12-09 23:19 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会名古屋会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会、

 税務研究会税理士懇話会名古屋会場の資産税事例検討会に伺いました。
 講師は鈴木正孝先生、会場は名古屋税理士会の税理士会館です。

 さすが名古屋の先生方です。
 ご質問が、ポンポン飛び出します。 
 とても熱心な検討会になりました。 

 鈴木正孝先生、横浜の先生方、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 名古屋出張の際の、名古屋駅です。

 構内のクリスマスツリーです。
 周囲がメリーゴーラウンドのように音楽と一緒に回っています。
 「東京駅より立派じゃない?」なんて
 税研担当者様といいながら観覧しました。
マンションを買うときは業者の売り方を知ってから、そして名古屋駅_d0054704_14504474.jpg


 

















 タワーズゲートのレストラン街のサンタさんです。
 このサンタさん、なんと背中にツリーとトナカイ(馬)さんを背負っています。
 お疲れ様です。(^_^)
マンションを買うときは業者の売り方を知ってから、そして名古屋駅_d0054704_14535980.jpg
























 これもタワーズゲートのクリスマスツリーで、
 回ってはいませんが、メリーゴーラウンドに囲まれています。
マンションを買うときは業者の売り方を知ってから、そして名古屋駅_d0054704_14553698.jpg























 名古屋駅は、
 名古屋JRゲートタワーホテル(ホテル)、
 JRタカシマヤゲートタワーモール(ショッピング)、
 JRセントラルビルゲートタワーズ(オフィス)、と
 「ゲート」だらけ。

 新高輪駅も、「高輪ゲートウェイ」となることを考えると、
 今のJRさんのネーミングブームは「ゲート」なんですね。(^_^)






by expresstax | 2019-11-29 23:07 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会横浜会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会、そしてフクザイ様セミナー

 税務研究会税理士懇話会横浜会場の資産税事例検討会に伺いました。
 講師は鈴木正孝先生です。

 改正相続法についてご解説下さった中で、
 遺留分侵害額請求を現物で行うケースのお話しが出ました。

 以前は、「遺留分侵害請求」に対し、現物での減殺と返還が可能でしたので、
 返還が行われても、それは相続税の枠内で算定されました。

 ところが、改正相続法では、
 「遺留分権利者及びその承継人は、受遺者又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる。
 」(民法1046条 遺留分侵害額の請求)として、 
 金銭によってのみ遺留分侵害額の負担をすることになりました。

 したがって、遺留分侵害額請求に対して、現物不動産などで返還する場合は、
 相続税の計算の中では、あくまで金銭による返還とし、
 返還する不動産は、遺留分義務者の譲渡という扱いになります。

 さらにいえば、相続税の範疇では、返還されるのは金銭であり、不動産ではありませんから、
 遺留分権利者が、侵害額請求で不動産を得たとしても、それは相続財産ではないため、
 小規模宅地特例が適用できなくなります。

 この点が、旧相続法の扱いと大きく異なることになるんですね。

 鈴木正孝先生、横浜の先生方、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事例検討会を横浜で終えて、
 その足で、銀座の福田財産コンサル様のセミナーへ飛んでいきました。
税務研究会税理士懇話会横浜会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会、そしてフクザイ様セミナー_d0054704_21445544.jpg




















 ご招待をいただいていたので、
 「オリンピック後の金融・不動産市場を占う」をテーマに
 各種解析と予測についての講演を拝聴しました。
 ありがとうございます。

 このテーマは、弊社お客様セミナーでも取り上げますから、
 とても参考になりました。

 ありがとうございました。



 

 

by expresstax | 2019-11-21 23:37 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会福岡会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会、そして高天原

 翌日は、鈴木正孝先生の資産税事例検討会です。

 鈴木先生とは、広島会場以外をずっとご一緒しています。
 毎回、冒頭に今年から施行されている民法相続法のご解説を下さいます。

 7月1日から施行開始の特別寄与分のお話しの中で、
 相続開始を知った日から6月以内が特別寄与分の申立期限とのことで、
 相続権はないが、寄与者の権利として主張するなら、
 期限は大事ですね。
 6か月なんて、アッという間ですから、気づきをいただきました。
 
 福岡会場の先生方、鈴木先生、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 機上から、
 ずっと靄がかかった空でした。
 靄の向こうの富士山です。
 雲と山並が、高天原のようです。(^_^)v
税務研究会税理士懇話会福岡会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会、そして高天原_d0054704_19370848.jpg



























by expresstax | 2019-11-08 23:44 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会福岡会場の石黒邦夫先生の法人税事例検討会、そして機材変更

 税務研究会税理士懇話会福岡会場の
 石黒邦夫先生の法人税事例検討会の司会進行で福岡に伺いました。

 石黒先生は、法人税や地方税・消費税・所得税のクロスオーバーする分野の事例を
 丁寧に解きほぐし、ご解説下さいます。

 今回は、土砂災害が予測される分譲残りの造成地の処理についての照会事例があり、
 面白いと思いました。
 あちこちにありそうなお話しです。

 石黒先生、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆
 
 今回は、行きも帰りもすっ飛んで、
 トンボ帰りです。
 金曜日までの講演ですので、
 時間に余裕があれば、もう1泊して、と
 したいところですが、残念です。

 羽田-福岡空港便は、機材変更があったとのことでした。
 窓のスクリーンが、従来型はブラインドを上から下へと手動で下ろしていたのを、
 窓下のボタンを押すことで、窓ガラスが調光になってスモークを掛けられるんですね。
 窓際大好き、景色大好き人間ですから、
 わぁい、と写真を撮りましたら、もうずいぶん前から導入されてたそうで。(^^;ゞ
 向こうの窓は調光なし、手前窓は調光済です。
税務研究会税理士懇話会福岡会場の石黒邦夫先生の法人税事例検討会、そして機材変更_d0054704_19304812.jpg















































 

 

by expresstax | 2019-11-07 23:47 | パブリッシング

東京税理士協同組合様の組合員等研修会、そしてコウペンちゃん

 東京税理士協同組合様の組合員等研修会に講演に伺いました。
 「第10弾」と銘打って、今回で10年目です。
 ありがとうございます。

 今回は、どうしようかとも考えていたのですが、
 この間、小規模宅地の特例の法改正のプロセスや内容について、
 種々、思うところがあり、
 でも、あまり議論されずに通過してしまっているようですので、
 一度整理しつつ、報告しようと思い立ち、
 「小規模宅地特例を巡って」と副題を付けて、特集にしました。

 ただ、欲張りすぎて、事例をたくさん盛り込んでしまい、
 かなりスピード違反の説明になってしまい、申し訳ありませんでした。
 講師の言いたいことをバシバシ言わせて戴きましたが、
 頷きながら聞いて下さった受講者の先生方、
 本当にありがとうございました。

 また、休憩中や講義終了後にご質問をたくさんいただきました。
 宿題にさせていただいた項目もあります。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆
 
 現地調査で、西武新宿線。 
 車両や駅にコウペンちゃんがいました。
東京税理士協同組合様の組合員等研修会、そしてコウペンちゃん_d0054704_14343845.jpg





















 コウペンちゃんは、
「あなたのすべてを肯定してくれるコウテイペンギンの赤ちゃん、コウペンちゃん。」と
 紹介されています。
 
 コウペンちゃんは、
 寝て起きたの、すごーい、とか
 出勤して、えらーい、とか、
 何でも褒めてくれて、

 特に打首獄門同好会の歌とコラボした、
 「夏のうた」とか、
 「布団の中から出たくない」が、
 弊社で大ヒットし、

 流れで、打首獄門の
 「ニクタベイコウ!」とか、
 「フローネル」とかを弊社で流行らせた
 インフルエンサー(影響元)でもあります。(^_^)b

 と、今日もコウペンちゃんに癒やされて、
 お仕事にいそしむ我が事務所でした。(^^ゞ














by expresstax | 2019-09-27 23:15 | パブリッシング

税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目、そしてひっぱりだこ

 税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目です。
 資産税の事例検討会の出席者が毎回大変多く、
 このところ、2回に分けて開催されます。

 事例の中で、急斜面にある地積規模の大きな宅地の評価の問題がありました。
 この急傾斜地の評価について、宅地転用が見込めない土地について、
 平成30年から、さりげなく、改正が入っていることについて、
 正孝先生が指摘がありました。
 するっと入っている、とても大きな改正で、
 注意しないとコワい話です。

 今回も大変多くの先生方がご出席くださいました。
 また、ご質問も多く、活発な検討会になりました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事例検討会の会場である鉃鋼ビルの控え室に使ったラウンジです。
 ビルのオフィスワーカー用でしょうか、
 ラウンジの奥には、バーカウンタやトレーニングジム・シャワールーム
 個別デスクコーナーやトイレ、など、充実しています。
 さすがですね。
税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目、そしてひっぱりだこ_d0054704_16401365.jpg






















 ☆  ☆  ☆

 東京駅経由で事務所に戻る途中、
 全国の駅弁を売っている駅弁屋さんで、
 明石のひっぱりだこ飯を買いました。
 兵庫県に行った折に、みんなで病みつきになった
 日本一おいしい駅弁(弊社評)です。

 左が通常版、右が、ゴジラ版です。
 通常版は煮たこですが、ゴジラ対ひっぱりだこの方は、
 焼きたこが入ってました。
 たこや穴子や、美味しいものが沢山載って、
 お酒にもいい最高の駅弁です。
 食した後の蛸壺は、ウチのペットのおもちゃになっています。
税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目、そしてひっぱりだこ_d0054704_16424005.jpg



 
































by expresstax | 2019-07-16 23:19 | パブリッシング

毎日新聞令和元年7月12日朝刊に掲載されました。

 毎日新聞令和元年7月12日朝刊の13面「くらしナビライフスタイル」面
 「住み続けるための相続」に取材記事が掲載されました。
 (ネットでは有料記事になっているようです。)

 この7月1日から相続法の一部施行により
 配偶者への自宅の生前贈与が、
 遺留分侵害とならないとする制度がスタートし、
 税制の2千万円の配偶者控除制度(おしどり贈与制度)と
 足並みを揃えたことの取材です。

 来年(令和2年)4月1日スタートの配偶者居住権について
 子なし夫婦で遺言書がない場合に、
 夫の兄弟に自宅所有権、妻に配偶者居住権とし、
 少しでも配偶者が現金を相続できるようにするパターンなど、
 とてもよくまとめていただいています。

 弊社では従来から、
 土地は、場合によっては子供や他の親族が相続するとしても、
 自宅建物は奥様に相続していただくことで、
 奥様が誰に遠慮もなく終生暮らして戴けるようにご推奨してきました。
 
 でも、相続前に生前贈与により奥様名義になっていれば、なお確実です。

 2千万円というのは相続税評価額で計算するので、
 実際の流通価格よりだいぶ有利です。
 ときには、
 マンションを2,110万円まで贈与したいと言われ、計算したら、
 土地建物のほとんどが奥様に渡ることになってしまい、
 贈与者であるご主人の分があまり残らないじゃないか、と
 ご主人がおヘソを曲げてしまって、調整させていただいたこともありました。
 そんなことも記者様とお話ししました。

 また、贈与式のことも取り上げて戴きました。
 贈与式を挙げたお客様をご紹介下さい、と言われましたが、
 それは守秘義務があるので、ごめんなさい、させていただきました。

 ご担当記者のN様、とてもよくまとめていただき、
 ありがとうございました。
毎日新聞令和元年7月12日朝刊に掲載されました。_d0054704_17251700.jpg























  ☆  ☆  ☆

 夜8時頃になると、
 ドッドーーーン!
 お仕事の手が止まって、ドキッッ。

 始まりました。
 神宮球場の花火です。
毎日新聞令和元年7月12日朝刊に掲載されました。_d0054704_17494337.jpg

 

















 相変わらずアイフォンカメラではこれが限度です。
 左の明るいのは球場のナイターの照明です。
 打ち上げ場所は、当然、球場の真上じゃなくて、
 室内練習場の芝生あたりのようです。

 今年の神宮花火大会は、8月10日(土)19:30だそうで。
 涼しい事務所で花火見物、今年もやりますか?(^o^)









by expresstax | 2019-07-13 23:17 | パブリッシング

税経通信令和元年8月号に論稿が掲載されました。そして合同誕生会2

 税務専門誌「税経通信」令和元年8月号に論稿が掲載されました。

 特集Ⅰの "不動産オーナーの建物を法人移転する判断基準”の中の
 「小規模宅地特例の検討」です。
 ちょうど、相続税の小規模宅地特例について、
 平成31年度改正までをまとめていたタイミングで執筆させていただきました。

 財務省の税制改正の解説や改正通達発遣前に書きましたが、
 良い意味でも悪い意味でも、影響はありませんでした。。。

 個人所有地に建物建築する場合、
 税務では法人税・所得住民税・相続税・消費税・不動産取得税等流通税の税務と、
 借地権の課税や民事が複雑にからみます。
 これらでの留意点のうち相続税の小規模宅地関連のものを挙げました。

 ご担当のN様、ありがとうございました。
税経通信令和元年8月号に論稿が掲載されました。そして合同誕生会2_d0054704_16273068.jpg




















 ☆  ☆  ☆

 事務所の合同誕生会のパート2です。(^^;ゞ
 
 溜池山王駅近く、ぢつは自宅のご町内に昔からありながら、
 自宅そばではほとんど外食しないので、なかなか機会がなく、
 ずっと行ってみたいと思っていたフレンチのレストラン「かえりやま」さんです。

 お店の移転後、外見からはちょっと軽い感じに変わってしまって、
 どうなのかな、と思いつつ押しかけました。

 まずは2皿のアミューズの出たところで、乾杯!しました。

 他のお料理も、お魚もお肉も、とてもおいしくて、お値段もリーズナブルなのに、
 なぜ今まで来なかったんだろ、と、
 みんなで感激しながらいただきました。
 ごちそうさまでした!
税経通信令和元年8月号に論稿が掲載されました。そして合同誕生会2_d0054704_16275107.jpg
























































 








by expresstax | 2019-07-11 23:23 | パブリッシング
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧