相続税の取り戻し

 今日のご相談です。 
 
 税金は、5年までしか遡って取り戻せないと、お近くのFPの方から聞いたそうです。
 そもそも1年しか遡れないと思いこんでいたが、今年、過去の相続税申告のその5年が到来してしまう、だから、見直しをしてほしい、というご依頼です。

 評価明細書にある土地評価は、単価ベースで評価を入れ直すと、数千万円の評価が高いままでした。
 特に、広大地がおありですから、これも入れると、その差額は相当のものになります。
 
 よく見ると、広大地部分に小規模宅地の課税価格の減額特例を適用なさってますから、広大地評価を入れ、評価を引き下げると、小規模減額効果も低減してしまいますが、それでも、敷地が大きいため、吸収しそうです。

 担当税理士の岩澤さんと、どの程度の還付になるのか、とっさに電卓を叩きました。
 
 ☆  ☆  ☆
 
 もちろん、減額更正には、税務上の期限があります。
 
 誤った申告をした場合は、原則としては、法定申告期限から1年以内に更正の請求をおこなって、正しい額に訂正して、税額を引き下げる処分を要求する権利があります。( 国通23 )
 この期限を越えた場合、納税者側からの救済方法は法定されていません。

 しかし、税務署長による減額更正が可能な期間が法定申告期限から5年間(増額更正は3年間)とされているので、税務署長に減額更正を求める嘆願を行う方法があります。

 いわゆる「減額更正の嘆願」であり、国税通則法70 と 憲法の請願権(日本国憲法16条)に基づくものです。

 更正の請求は、納税者の法定権利ですが、嘆願・請願は、あくまで税務署長の裁量を求めるお願いとして位置づけられています。
 
 明らかな誤りである場合には、更正の請求期限を徒過しても、国は、訂正してくれます。
 
 問題は、職権更正を嘆願したとして、該当期限までに、職権更正をしてもらわなければなりません。
 ぎりぎりではだめなのです。
 
 お客様は、今から戻せるものなら、なんとかしてほしい、と真剣です。
 
 必要書類をご指示申し上げ、今日にも役所にでむいてもらい、弊社で調査しご報告する事項を列挙、直ちに、動くこととしました。
 ここからは、超スピード、弊社の最も得意とするところです。

 岩澤さんが、夕方には、税額をはじき出してくれました。

 結果は?どうでるでしょうか。
 お楽しみに。
# by expresstax | 2005-06-24 23:58 | お客様

 元ミサワホームの福田郁雄さんが昨年独立、本郷先生IDUさんを株主に、財産コンサル会社を興して1年。
 その1周年記念パーティがあり、お招き頂いたので参加しました。
 
 ご参加者は、本郷先生や弁護士の江口先生、芳賀先生はじめ、不動産コンサル分野でのそうそうたる方々です。
 ちょっと一頃の定借村のイメージも彷彿。
 懐かしい方々とたくさんお会いできました。

 福田さん、おめでとうございます。
 
 出席して感じたこと。
 
●資本出資など、柔軟にスタートされてるんですね。自分一人でゼロから、と歯をくいしばって、みたいな独立のしかた(私はそうでした。(^^ゞ)とは、違うんですね。新しいカタチなのかなあ、とちょっと感慨でした。

 でもだからこそたった1年で、5千万円の粗利を出すという成果が得られたのかもしれません。
 ひとりで、と思えば、小さくまとまるかもしれませんが、お客様やステークホルダーの方々を思えばこそ、前倒しの発展ができるのでしょう。

●芳賀先生の「20年、30年と続けてほしい」としみじみおっしゃった言葉。
 芳賀先生の言葉は、いつもいつも心に浸みます。

●福田さんのお客様が何人も祝辞に立って下さっていること。
 弊社の場合は、守秘義務のために、クローズにクローズに、としていましたが、実名まで出しての登場は、いかにお客様が福田さんを誇りに思って下さっているかの表れです。
 素晴らしいなあ、と感動しました。

●ちょっと、残念だったのは、司会を、他社の社員さんがなさったこと。
 せっかく伊藤さんや素晴らしい社員さんがいらっしゃるので、チャンスを与えて差し上げれば、とよけいなお節介をかんがえました。
 きっと、何か事情があるんだろうと、思いましたが。

●福田さんのお話を聞いて、自分は、1年、怠けてたかも、という気になりました。良い刺激をいただきました。ありがとうございました。

 これからも、もっともっと発展なさってください。
# by expresstax | 2005-06-23 23:31 | お仕事

ビストロ347

歓送迎会
 今日は、退職される匹田さんの送別会と、入社なさった渡辺さんの歓迎会を兼ねた歓送迎会でした。
 
 匹田さんが受験生のため夜は駄目、大きな決算が控えているので月末は駄目、というので、今日のランチになったんですが、場所がとれません。マークシティもセルリアンタワーも、あそこも、ここも、だめだめ、の撃沈。
 8名のコース、というのが渋谷ではとても難しいのです。
d0054704_12038100.jpg
 さんざんネットで探していたら、新しくできたピカソ347ビルのアンティーブ。良さそうでしたが昼は20名以上のパーティプランのみ、と。撃沈。見ると、下階のビストロ347でランチがあるのがわかりました。
 昨年秋にオープンしたばかり、シネマあり、フィットネスあり、ブライダルあり、の最近の売れ筋をそのまま放り込んだビルです。
 なんでも、ラピュタガーデンのユニマットさんの経営だとか。納得です。

 去年10月に建築、稼働してすぐ東急リアルエステート法人に買い取られ、J-リートに組み込まれましたが、建築費150億円に対し、ビット価格は240億円。開発利益90億円とか。

 最後の頼みの綱で直電すると、昼は、コースなし、と。
 また、撃沈か、と思いきや、「ご主旨はなんですか?」と聞いてくれました。
 歓送迎会の趣旨を話すと、男女数や予算を聞いて、「その予算なら十分ですよ」と、特別にコースをたててくれるというのです。
 前菜・スープ・魚・肉・デザート・飲物と、フルコースです。
 「歓送迎会なら、その予算で、最初にシャンパンをおつけしましょう。」かゆいところに手が届きます。
 ビストロ347の小林さん、ありがとう。
 
 とても嬉しく、シブイチの探検も兼ねて、行ってくることにしました。
# by expresstax | 2005-06-21 11:58 | 折りにふれて