ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

 お正月に、新豊洲市場の初競りで、大間のマグロが「すしざんまい」により、
 3億3,360万円で競り落とされたというニュースで
 事務所でわちゃわちゃ言ってたときの話です。

 この3億のマグロを釣り上げた漁師さんの、
 マグロの漁獲日は1月4日の午前4時とか。

 ほー、平成31年の所得税が大変なことになるんだね、
 というところですが、
 
 ちょっと待て。
 こういう漁師さんって、毎年、そこそこは漁獲があるんだろうけど、
 これって変動所得だよね、と話が発展。

 変動所得とは、
 「漁獲から生ずる所得、著作権の使用料に係る所得その他の所得で年々の変動の著しいもののうち政令で定めるものをいう」(所得税法2条1項二三号)ことになってて、

 「政令で定めるもの」とは、
 「漁獲若しくはのりの採取から生ずる所得、はまち、まだい、ひらめ、かき、うなぎ、ほたて貝若しくは真珠(真珠貝を含む。)の養殖から生ずる所得、原稿若しくは作曲の報酬に係る所得又は著作権の使用料に係る所得とする」とされています。

 つまり、
1.漁獲から生ずる所得、
2.のりの採取から生ずる所得
3.はまち、まだい、ひらめ、かき、うなぎ、ほたて貝若しくは真珠(真珠貝を含む。)の養殖から生ずる所得
4.原稿若しくは作曲の報酬に係る所得
5.著作権の使用料に係る所得
 です。

 ただし、通達で、
「漁獲とは、水産動物を捕獲」をいい、
 捕獲・採取・養殖した水産動物やのりの加工販売は対象内、
「こんぶ、わかめ、てんぐさ等の水産植物の採取」は対象外、
「こい等の水産動物の養殖は対象外」
 なんてこともいってます。

 やっこしいですね~。(^^)

 でも、大間のマグロは、ズバリ、本法の1行目。
 マグロの漁獲として変動所得となって、
 所得税の計算では、平均課税の適用を受けることができるかも。

 権利金収入みたいな臨時所得がない場合、
 今年の変動所得が、変動所得以外の総所得金額の20%以上なら、
 大間の漁師さんについては、給与とかの総所得金額が15億以上でないかぎり、
 平均課税でオッケー、となります。

 で、平均課税とは、ざっくり言えば、
 いわゆる五分五乗方式で、
 その年のダントツの稼ぎを5年間で稼いだとみて計算してくれる方法ですから、
 超過累進税率をならして有利に税額計算してくれる効果があります。

 ☆  ☆  ☆

 そういえば、
 税理士試験の受験勉強の暗記で、
「はまち、まだい、ひらめ・・・」と書いて、
 そのうち「うに、いくら・・」とやらかすので、
 所得税法の先生に、
「寿司屋じゃないんだから、自分の好きなものを挙げないで下さい!」と叱られ、
 大笑いをしたものでした。
 懐かしい思い出です。

 うん、うにだって、いくらだって、漁獲収入なので、
 対象ですよね。(^o^)
 
 ☆  ☆  ☆

 そうそう、この平均課税。

 不動産賃貸などで、3年以上契約の権利金収入や償却収入で、
 年額の倍以上もらえる場合にも、臨時所得として適用できますから、
 不動産オーナーさんも、要注目です。

 確定申告も近いので、またいつか書きましょうかね。
 
 ☆  ☆  ☆

 尊敬する鬼塚太美先生から、
 平成30年分所得税確定申告の手引をご恵贈頂きました。
 毎年、ありがとうございます。
 確定申告のときの、頼もしい参考書です。
 ありがとうございました。
d0054704_12323100.jpg


























# by expresstax | 2019-01-22 23:11 | 所得税

 健康診断の申込をして、
 近所の赤坂一ツ木通りの内科クリニックに行ってきました。
 いつも、風邪など何かあると通っているかかりつけの個人クリニックです。

 院長先生は、産業医を経て開業された先生です。
 看護婦さんがいつも複数いて、あれこれの面倒を見てくれて、
 クリニックの中は、夏は涼しく、冬暖かく、
 壁には、お客様が描かれたという絵が掲げられ、
 新しいお花がいつも生けられ、
 空気清浄機や除湿器や加湿器がいつも稼働してさわやか、
 待合室やトイレや診察室は掃除が行き届いてとても清潔、
 トイレは歯ブラシセットなどまで完備、
 診察室のベッドに横たわると、敷き毛布で暖かくなっています。

 行き届くというのは、こういうことを言うんだなあ、と、
 ここまで徹底しているのを見ると、
 院長先生の人柄なのだと分かってきます。

 診察時は、院長先生がじっとこちらの顔をみて、
 患者の話に耳を傾けてうなづいて、
 患者が話し終わるまで絶対口を挟みません。

 こんな具合なので、
 いつ行っても、患者さんがいて、
 院長先生は、決して広くないクリニック内を走って移動しています。

 ☆  ☆  ☆

 実は、弊社の事務所内で、「個人タクシー論」というのがあります。

 タクシーに乗るなら、個人タクシーはアウト、
 個人タクシーが来たらスルーして、
 会社タクシーに乗る方がいい。

 個人タクシーは、まず、社内が臭い。
 息が止まるほど強烈な芳香剤のにおい、
 何年使っているかわからないジットリとしたシートカバー、
 ナビがない車があるから、知らない場所に行くときの指示が面倒
 支払は交通カードに対応していない、
 等々、
 弊社での個人タクシーの評判は散々です。

 なぜ、個人タクシーはこんなことになるのか、

 推測するに、
 自分のタクシー空間しか知らないから、
 外から乗り込んだ乗客の嗅覚がわからない。
 シートカバーの汚れは、長年慣れると当たりまえに感じてしまう、
 ナビやカードリーダーなどの新規の機器の投資はできない、
 といったところが原因でしょうか。

 個人経営には、
 長年馴れると、汚れや古さを認識できなくなってしまいがち、
 ということでしょう。
 
 個人経営だからこそ、
 経営者がしっかりしていれば、
 大きな経営では行き届きにくい 
 一気通貫で、お客様によりそった気持ちいい仕事を貫徹でき実現できる、

 個人経営だからこそ、
 自分中心の進歩のない経営に堕してしまう。

 難しいところですが、
 税理士事務所経営にも通じます。
 
 ☆  ☆  ☆

 しばらく前の、我が事務所の新年会。
 今年は、赤坂見附そばの北大路さんです。
d0054704_16065861.jpg


















 スパークリングワインで乾杯しましたが、
 なんとグラスに。。。

 ちゃんとしたお店と思っていましたが、
 これも他山の石ですね。
 









# by expresstax | 2019-01-18 23:16 | プロフェッショナル

 年が明けて、
 ぼちぼちと、お客様が確定申告の資料をお持ち下さっています。

 目についたのは、ふるさと納税証明書が、どなた様もてんこ盛り。
 大人気ですね。

 去年後半に入って、お客様から、自分はいくらまで寄附できるか、
 というご質問が相次いでいました。

 ふるさと納税がフィーバーしすぎというので、
 平成31年度税制改正でも、
 過度な返礼品送付について厳格対応すべく定めていますが。

 そこで、ご質問です。 

 ふるさと納税の返礼品に、税金はかかるんですか?

 答えは、イエス、です。
 地方自治体という法人から受ける経済的利益として、
 時価に対して一時所得として所得税・復興特別所得税がかかります。

 国税庁の「ふるさと納税を支出した者が地方公共団体から謝礼を受けた場合の課税関係」という質疑応答にも掲載されています。

 そして、一時所得は、「収入金額-必要経費=利益」から50万円を差し引いた額の半分について、他の所得と合算して総合課税されます。

 ここで、収入金額は、返礼品の時価ですから、
 返礼品の時価っていくら?といえば、
 平成31年度税制改正でも、返礼品は寄付額の3割以下、とされてるので、
 平成30年分の寄附も、一応3割とみるとします。

 すると、50万円÷3割=166.6万円
 つまり、167万円の寄附をすると、50万円の非課税を突破して、
 一時所得として課税を受ける、ということになります。

 んで、167万円の寄附で、
 国税地方税が最も有効に減税される収入ラインといえば、
 一番単純なパターンで、給与収入4,258.1万円以上の人。
 上場会社の役員さんレベルですね。 

 ☆  ☆  ☆
 
 でも、ちょっと待って。
 さっきの国税庁のホームページには、こんなことが書いてあります。
======================
 寄附者が特産品を受けた場合の経済的利益は、一時所得に該当します。なお、その年中に他に一時所得に該当するものがないときには、課税関係は生じません。
======================

 え?
 問題は赤字の部分です。
 他に一時所得がない人が、
 どんなに返礼品をもらっても、課税されない、と読めます。
 
 そんなことあり?と疑問を感じた弊社メンバーさんが、
 国税局の相談室で電話で聞いたら、
 そこの部分は、50万円越えたら課税になるという意味である、との回答だったそうで。はら。
 メンバーさんは、意味不明!と、激オコです。(`Д´)#

 うんうん、
 確かに、国税庁の説明の赤文字部分は、オカシイので、
 該当は少数者だろうとしても、
 ちゃんと訂正してほしいものですね。(^_-)☆

 あ、
 送られてくるのは小売価格じゃなくて、
 自治体地元の業者さんからの直送なんだから、
 まあ、所得税の通達を横睨みして、減価の7掛けだとみると、
 50万円÷3割÷7割=238万円。
 それを寄付額に換算すると。。。
 給与収入は5,500万円くらいにまでなります。

 まあ、なかなか、ここまでの人は少ないでしょうから、
 あまり問題にはならないのでしょうが。
 
 ☆  ☆  ☆

 というわけで、弊社のふるさと納税問題は、
 へ~んな質疑応答でワイガヤしましたが、

 かくいう自分も、昨年はふるさと納税、がんばりました。
 
 もちろん、岡山・広島・北海道の義援金はバッチリ。

 例のように、自分が訪問してお世話になった自治体に、
 送金させてもらい、それぞれ返礼品をいただきました。
 北海道、新潟、長野、群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、広島、福岡、鹿児島 です。
 複数の自治体もあります。

 1年間でかなり訪問したものですが、
 考えたら、東京にふるさと納税してませんね。(^^;ゞゴメンナサイ
 
 

# by expresstax | 2019-01-15 23:48 | 確定申告