ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

 機会があって、
 例の「かぼちゃの馬車」のシェアハウスの動画を見ました。

 報道されているように、事業会社㈱スマートデイズは、
 サブリース賃料不払いで
 昨年2018年6月に破産しています。

 いわゆるシェアハウスは、
 戸建てのように、大きなリビングと大きなキッチン・ダイニングルームや
 お風呂やサニタリー設備に、入居者の各個室を備えたものが典型です。

 弊社のお客様が運営するシェアハウスも、まさにその形態で、
 オシャレで大きなリビングやダイニングと入居者のルールある交流で、
 いつも、入居順番待ちの人気ハウスになっています。

 かぼちゃの馬車も、その類いと思っていたら、
 
 その物件、 
 並ぶ4畳ほどの個室は、80cmほどの廊下に面した長屋形態。
 そこに狭い共同風呂と共同トイレ・共同キッチンが附属しているだけ。

 入居者は、せまいキッチンで調理したら、
 料理を個室に運んで、食するという。

 これは、我々の学生時代に過ごした
 4畳半の共同風呂・トイレ・台所付きの学生下宿と
 まるで同じです。

 かぼちゃの馬車とは、
 名前だけはシェアハウスといいつつ、
 その貧困な生活スタイルに、各戸5~6万円のワンルーム並の家賃。
 これでは、部屋は埋まりません。

 唖然としました。

 スマートデイズのかぼちゃの馬車の写真には、
 小洒落た個室の写真ばかりで、
 共用部の写真が1つもありません。

 そして、こんな物件が、億の金額で個人オーナーに売買されていたのは、
 例のスルガ銀行の悪質な融資と、
 オーナー自身が購入物件を見ないで、
 話だけに釣られて購入してしまったことでしょう。

 スマートデイズへの賃料不払い、
 スルガ銀行の不正融資が問題とされていますが、
 オーナーの自己責任も大きいといえます。

 自分の財産を自分が本気で大切にすることでしか、
 財産運用はできません。
 そして「本気」とは、「現場を知る」ことです。(^_-)☆

 ウチのお客様には、被害にあうような人が1人もいないことが、
 せめてもだね、ということになりました。
 
 ☆  ☆  ☆
  
 チャリで四谷で所用に行った帰り、
 そうだ!と思いだして、
 事務所へのお土産に、鯛焼きのわかばさんに寄りました。

 と、わかばさんの店先の長蛇の列。
 なんと、テレビカメラまで入っています。
 というわけで、だめだ、こりゃ、と
 諦めて買わずに帰ってきました。

 が、こうなると、ますます食べたくなるもの。
 今度、リベンジで行ってこようと目論んでいます。
d0054704_16520009.jpg

























 
# by expresstax | 2019-01-31 23:15 | 不動産

日本税務会計学会六部門合同研修会に出席しました。

例年、この六部門合同には、主税局長さんが税制改正解説をしますが、
今年は、局長の星野次彦氏に代わって、
主税局総務課長小野平八郎氏による平成31年度税制改正についての講演でした。

びっしりの会場で、後部席には机がない中で多くの先生方が
参加していました。

小野課長は、毎年、とてもコンパクトに分かりやすくまとめられたレジュメを元に
解説してくれました。
ありがとうございました。

今年は、もう法案が非公式には出ているので、
確認を含めた聴講です。

今年の改正は、
10月の消費税増税に全力を向けて、
その調整のための改正だ、との趣旨のお話しでした。

特に目玉がなく、
あまり実効性のなさそうな新制度の個人事業の納税猶予制度も
中小企業庁への配慮で制定、
調整項目ばかりの今年の改正となったのは、
弊社の税務情報で書いた通りで、
やはり、そういうことだったのね、と納得の説明でした。

最後に質疑応答があり、
相続法関連について質問をしたかったのですが、
他の先生方のご質問が続き、時間切れ。
質問の機会を逃しました。
チキンな自分です。とほほ。(>_<);;

 ☆  ☆  ☆

チャリで東京税理士会館からの帰りに通った建築途上の新国立競技場です。

撮った場所が近すぎたようです。(^^ゞ
これじゃ、よくわかりませんね。
大成建設さんが担当してるんですね。
d0054704_20144627.jpg



























# by expresstax | 2019-01-29 23:06 | 税制改正

 争族を担当なさる弁護士先生のお話しで、
 「這っても黒豆」という言葉があるそうです。

 何か黒い物が、床を這って動いている。
 それを黒豆だ!と、
 間違っても絶対認めず、言い張るというのです。

 裁判官は、双方の話と証拠によってしか判断しないから、
 そんなものでも、黒豆だ!と、主張し続けるのだそうです。

 誰の目にも明らかに違うのに、
 声高に主張し取り下げない。
 相手方がそんな主張をし、それを代理する弁護士がそれを助長する。
 真実がどうかなんて、そんなの関係ない!
 常識や科学とは違う世界で、裁判は進む、という恐い話です。

 ☆  ☆  ☆

 いつぞや昼間の国会議事堂を撮しましたが
 今日は、事務所ビルからの夜の国会議事堂です。

 ビルの谷間で、うっすらライトアップされて、
 頭だけのぞかせています。
 夜の20時頃までです。

 手前右の大きなビルが、プルデンシャルタワー、
 その左隣の横に長いのが赤坂東急プラザ、
 議事堂の右後ろの明るいのは汐留でしょうか。
d0054704_22021358.jpg





























 

# by expresstax | 2019-01-25 23:51 | プロフェッショナル