今月頭に令和元年度の相続税と租税特別措置法相続税関連の改正通達が発遣され、
 関係の原稿書きを進めているのですが、

 困っているのは、改正を反映させた完成版通達集がないことです。
 
 法律・政令が反映されたのは、つい先日、
 通達に関してはまだまだです。

 法令のeGOVには掲載されませんし、
 国税庁のサイトには、まだ反映されず、平成30年改正までです。

 それでも、改正通達の新旧対照表をベースに、
 自力更生で、なんとか復元しようとしたら、
 
 な、なんと、新旧対照表のPDFに保護がかけられ、
 テキストコピーできないようになっているんですっ。 #(`д´)P

 保護してコピーさせないなら、
 もっと早く国税庁サイトに反映させろよ~!
 と、暴れたい気持になるのは、私だけでしょうか!! (怒)

 あ、私だけ。。。?
 失礼しましたっっ。((((((((((T_T);;

 ☆  ☆  ☆

 と、煮え立ったところで気分を変えて、
 
 先日、残業食で行ったプルデンシャルタワーのアジアンレストラン「SAPANA」さんです。
 夜は初めて行きました。

 おいしいインドカレーやタイカレーとチーズナン、
 アルコールをグッと我慢して、おいしいおいしいと夢中で食べて、
 さあ、帰ろうか、というときに、
 オリジナルマサラ茶が出ました。

 お砂糖を入れてスプーンで混ぜようとすると、
 店員さんが、ちょっと待って、と、
 お砂糖を溶かすための見事なパフォーマンス! おーー!

 ちょっと漢方の香りのマサラ茶は、おいしく
 元気が沸いてきますね。
 ごちそうさまでした。 
d0054704_16431028.jpg






















 



# by expresstax | 2019-07-22 23:03 | 税制改正

 このブログで、以前にもお客様への専門家のご紹介のことを書いたことがありますが。

 先日のこと、
 家屋の固定資産税評価額の審査請求をして棄却の決定を受け、
 訴訟に申し立てるということでお客様がご相談にいらっしゃいました。

 弊社は、土地評価に関しては、これまでも市町村と何度も折衝して
 審査請求に至るまでもなく、評価額の更正をしてもらってきましたが、
 家屋評価で代理人を立てた経験がありません。

 税理士は訴訟で代理人に立つことはできず、
 もう訴訟段階である以上、
 弁護士先生に訴訟代理人をお願いするしかありません。
 お客様のご依頼も、弁護士先生を紹介して下さい、という趣旨でした。
  
 でも、家屋評価に強い弁護士先生というのは、これまで知見がありません。
 そこで、代理人になっていただけそうな弁護士先生を探そうということになりました。

 いくつかの心当たりの法律事務所や弁護士先生をあたりましたが、
 家屋評価の訴訟は難しいとのことで。

 それに、
 固定資産税の訴訟自体が、訴額の点で、
 弁護士事務所のビジネスのテーブルに載せること自体が難しい様子でした。

 と、たまたま、いつも税務情報を回して下さる方からの情報で、
 東京都内のある家屋評価を巡っての今年の東京地裁の取消訴訟で、
 納税者勝訴となった判決があったことが分かりました。
 
 すわ!と、その裁判の弁護人先生のお名前をお尋ねしましたが、
 情報公開請求では開示されなかったそうなのです。

 そこで、弊社メンバーさんが、東京地裁、そして高裁に飛んで、
 判決文の閲覧請求をして、
 その弁護士先生のお名前を調べてきてくれました。(アリガトウ!)
 それがK先生です。

 K先生のご連絡先を調べ、ぶっつけ突撃連絡(^^;;ゞをすると、
 お会いいただけるとのことで、依頼者様と一緒に事務所をお伺いしました。

 そして、これまでの経緯をお話したところ、
 めでたく、お受けいただけることになったのです。

 K先生は、
 率直で、謙虚で、お人柄もとても素晴らしい先生です。

 お話しを伺って、
 K先生が、固定資産税の家屋評価訴訟をほぼ専門で、
 とても数多くご担当になってきたことが分かり、ビックリしました。

 こうしたことは、実積での口コミでしか伝わらないのだとは思うのですが、
 「自称」の「専門家」が多いこのネット時代です。
 もっともっと世にでていただきたい先生です。

 お話しの中で、K先生が、
 このブログをご覧下さっていたこともわかり(>_<);;、恐縮しました。

 こうしてとにかく、
 依頼者様を素晴らしい弁護士先生にお繋ぎすることができ
 ほっとしました。

 また固定資産税関連の問題が生じたときは、
 ぜひお力をお貸し下さい。

 よろしくお願いします。そしてありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 目を見張る夕焼けでした。
 カメラが残念ですが、
 燃えるようです。
d0054704_22172467.jpg























 

 
 


 

# by expresstax | 2019-07-18 23:24 | プロフェッショナル

 税務研究会税理士懇話会東京会場の鈴木正孝先生の資産税事例検討会2回目です。
 資産税の事例検討会の出席者が毎回大変多く、
 このところ、2回に分けて開催されます。

 事例の中で、急斜面にある地積規模の大きな宅地の評価の問題がありました。
 この急傾斜地の評価について、宅地転用が見込めない土地について、
 平成30年から、さりげなく、改正が入っていることについて、
 正孝先生が指摘がありました。
 するっと入っている、とても大きな改正で、
 注意しないとコワい話です。

 今回も大変多くの先生方がご出席くださいました。
 また、ご質問も多く、活発な検討会になりました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 事例検討会の会場である鉃鋼ビルの控え室に使ったラウンジです。
 ビルのオフィスワーカー用でしょうか、
 ラウンジの奥には、バーカウンタやトレーニングジム・シャワールーム
 個別デスクコーナーやトイレ、など、充実しています。
 さすがですね。
d0054704_16401365.jpg






















 ☆  ☆  ☆

 東京駅経由で事務所に戻る途中、
 全国の駅弁を売っている駅弁屋さんで、
 明石のひっぱりだこ飯を買いました。
 兵庫県に行った折に、みんなで病みつきになった
 日本一おいしい駅弁(弊社評)です。

 左が通常版、右が、ゴジラ版です。
 通常版は煮たこですが、ゴジラ対ひっぱりだこの方は、
 焼きたこが入ってました。
 たこや穴子や、美味しいものが沢山載って、
 お酒にもいい最高の駅弁です。
 食した後の蛸壺は、ウチのペットのおもちゃになっています。
d0054704_16424005.jpg



 
































# by expresstax | 2019-07-16 23:19 | パブリッシング