過去申告を拝見していて、むむむむ。(-_-)#

 中古で取得して稼働中の中古資産への資本的支出の耐用年数が、
 法定耐用年数とされています。

 これは、ちがいます。
 うーん、過大申告してきちゃってますね、これまで。
 もったいなーーい!です。
 
 ☆  ☆  ☆

 中古資産の耐用年数は、見積か、簡便法計算で決定されます。
 
 その資本的支出が、本体資産の取得価額の50%以下であれば、

 簡便法での計算は、
 ①法定耐用年数全部経過 法定耐用年数×20% 
   築30年の木造住宅であれば、法定20年のところ、4年です。
   米国の海外住宅投資が「節税商品」になってる、なんてのは、これが根拠です。
 
 ②法定耐用年数の一部経過
   法定耐用年数-経過年数+経過年数×20% (1年未満端数切捨)
   築10年のマンションであれば、法定47年のところ、39年です。

 じゃ、稼働中の中古資産に、築15年の段階で資本的支出をした、としたら、
 その資本的支出の部分の償却の耐用年数はどうするか、といえば、

 「本体の現に適用している耐用年数」、つまり、上の例でいえば、39年なんです。
 本体の法定耐用年数じゃ、ないんです(法人税法施行令第55条 資本的支出の取得価額の特例、法人税法基本通達1-1-2)。

 もちろん、新築で取得して、その後資本的支出をした場合は、
 資本的支出の部分も、新築の本体に適用される法定耐用年数で償却するんですが。

 資本的支出は、独自の資産ではなく、本体に付着するので、
 本体の耐用年数が、その資産の寿命、と考えるんですね。
 この発想が欲しいところです。

  ☆  ☆  ☆

 申告書をよ~く見ると、税理士法人さんが一度交代していて、
 過去の税理士法人さんも、その後の税理士法人さんも、
 同じに、稼働中の中古資産の資本的支出について、
 法定耐用年数でやっちゃってる、ということは、
 こうした方法が蔓延してるってことなのでしょか。

 むむむ、です。
 気を付けて欲しいですね。

 ☆  ☆  ☆
 
 あ、償却不足が生じた場合、解決されるのか、については、

 法人の場合は、償却不足額が生じても、翌期の損金にはできず、
 耐用年数経過後に、ようやく損金経理で経費化されます。

 あるいは、償却超過額があれば、
 その不足額分を償却超過額を認容することで損金化ができます、
 が、そんなことは、フツウ、あまりないですよね。

 個人の場合は、強制消却ですから、
 不足があっても、過去に償却したものとして、未償却残高を減少させるのが原則です。

 償却不足って、つまり救済されない、踏んだり蹴ったりになりますから、
 生じさせない!ことです。

 ☆  ☆  ☆

 所用で松戸に伺いました。

 先週、松戸支部様の講演でも伺いましたが、
 こちらは新松戸の方です。

 さくら通りです。
 ずっと、2キロ以上の桜並木です。春は素晴らしいでしょうね。
 日本の道100選に指定されているそうです。
d0054704_23112837.jpg





















 夕暮れの空がとても幻想的でした。
d0054704_23143970.jpg

























by expresstax | 2018-09-28 23:55 | 法人税

 先日講演に伺った松戸支部の受講者の税理士先生からご質問をいただきました。
 ありがとうございます。
 小規模宅地特例テーマの講演でしたが、
 お話しを伺うと小規模宅地特例についてのご質問ではないようで。(^^;;ゞ

 ☆  ☆  ☆

 昭和の時代に、個人所有の土地上に同族法人が建物を建て、
 建築当初に土地の無償返還届出書は提出済、
 しばらく相当の地代の支払いを継続していたが、
 その後数十年間は、地代支払いを停止していた。
 この場合、土地所有者の相続に係る土地評価は、いかに。
 土地評価の20%の減額はできるか、
 というご質問です。
 法人では地代の未払計上なく、個人で未収地代の売上申告もない、
 とのことです。

 うーん。

 「の地代」や「の地代」を当初続けても、
 その後経営悪化等の理由で、地代支払がウヤムヤになってしまう、
 というのは、とてもよくあることです。

 期間から察するに、旧法借地契約で既に30年は経過して、
 本来なら借地契約の更新があった、と見るべきで、
 でも、その間に、地代支払がなくなってしまった、
 つまり、契約満了時には使用貸借状態になっていた、ということですと、

 相当の地代支払いで、そもそも生じていなかった借地権が、
 無償返還届出をしたうえでの使用貸借で、に変わった、のですから、

 借地権はゼロ、
 地主の土地は、自用地評価、
 法人の純資産価額計算上の20%借地権も計上の不要、と
 判断されるのが、一般的です。

 ここで、もし無償返還届出が出てなかった、というならば、
 事情は、違ってきますが。

 ☆  ☆  ☆

 あ、講師の立場でいえば、
 
 小規模宅地の特例については、
 賃料支払のない使用貸借中の貸地ですから、
 事業用とはいえず、
 相続底地について、貸付事業用の50%減額も、できません。

 悩ましいところですが、
 先生には、がんばっていただけますよう、お祈りします。

 ありがとうございました。 

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの緑のアプローチに、
 ヤブラン(藪蘭)の花が、咲きそろいました。
d0054704_21530977.jpg

 
 

 
 
















 ひとつひとつは、びっしり開いたとても小さな花々が、
 秋を伝えてくれます。
 あと2か月もすると、黒い実に変わります。

 やあ、今年も、会えたね。(^_^)/
d0054704_21533452.jpg

 
























 
 



 

by expresstax | 2018-09-25 23:04 | 財産評価

 税理士会松戸支部様の講演にお伺いしました。
 
 テーマは小規模宅地の特例について、です。
 平成30年度改正で、小規模宅地特例も、
 「持ち家のない相続人」の特定居住用宅地8割減や、
 「相続開始3年以内取得貸付宅地」の貸付事業用宅地5割減への適用・不適用が変更されました。

 いずれも「節税規制」で導入された改正ですが、
 いわば、トバッチリで制限されてしまう人も出てきます。
 その対応法等について、ご報告しました。

 税理士先生方が、大変熱心にお聞き下さり、
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 講演の後で、支部研修部の先生方の交流会に参加させていただきました。
 ご質問もいただき、自然素材の美味しいイタリアン風中華のお料理の数々を堪能しました。
 また、研修部の先生方が、明日早朝から山登りをなさるとか、
 スキーに行かれるとか、
 とてもパワフルに活動なさっているご様子も伺い、ビックリしました。

 どうか、ご無事で、行ってらっしゃいませ。
 また、今後とも、よろしくご指導いただきたいと思います。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 お客様をご紹介申し上げた工務店様から、
 お礼でしょうか、たくさんの巨峰を送っていただきました。
 ありがとうございます。
d0054704_19240748.jpg


















 袋に包まれたまま撮してしまいましたので、何だか変で、すみません。
 とっても甘い、美味しい巨峰を、みんなで楽しくいただきました。
 お心遣いをいただき、ありがとうございました。





















 

by expresstax | 2018-09-21 23:56 | パブリッシング

 先日、ふと弊社のホームページを開くと、(^^;ゞ 
 え?!

 このブログへのリンクのイラストが変わっていました。(@_@);;
 御用地バックのホームページの中で、妙に目立っています。

 うーん、メガネ、髪型、丸顔、ほうれい線(>_<);;・・・。
 実物は、もっと目が小さい(>_<);;とこと、
 ラップトップを使わないとこを除いては、
 クリソツです。 

 ウチのホームページ担当メンバーさんは、絵心があるので、
 ありゃ、イラストにしたんかいな、と聞いたら、
 シャラッと、フリー画像ですよ、と。

 た、確かに、フリー画像にもありそうな、
 ステレオタイプの顔、っつーことですね。(^^;;ゞ
 恐れ入りやした。

 そんなわけで、
 ホームページの閲覧率が下がらないように、
 祈っております。。。

 

 


by expresstax | 2018-09-18 23:59 | パブリッシング

 東京都23区に限ってですが、
 固定資産税の小規模非住宅地の減免制度があります。

 「小規模非住宅用地に対する固定資産税・都市計画税の減免(23区内)」といい、
 一画地400㎡以下で、個人や大法人以外の非住宅地について、
 200㎡までの部分を2割減額する制度です。
 判定は、その年1月1日現在の状況で行います。

 ちょうど400㎡あれば、税額の10%が減免されることになり、
 平成14年から施行され、
 
 ただ、この制度は「減免」制度なので、
 対象非住宅地を持っていても、自動的には適用されず、
 都税事務所に「減免申請書」を提出することが必要です。
 
 制度ができて、速攻、弊社のお客様たちも、
 「それっ!」と申請していただきました。

 1度減免申請すれば、その後は、継続してくれるんですが、
 おっとどっこい、
 所有者に相続があった場合には、減免適用もそこでストップ。

 取得相続人が、新たに減免申請しなければならないのですね。(@_@)
 まあ、この制度についていえば、単に土地の適格性だけでなく、
 所有者の適格性審査があるからなんですが。

 お客様が相続なさって、遺産取得が決まって
 固定資産税通知を受けると、あら、減免されてない!

 そのままにしていると、都税事務所から減免申請の勧奨の通知書が来ます。
 さすがっ>特別区。

 あわてて減免申請をしていただきました。
 この減免申請が当年12月末までにされれば、
 遡及して減免価額に正したり、
 税額還付してくれます。

 相続後の減免再申請の手続、忘れないようにしましょう。

 ☆  ☆  ☆
 
 今年も赤坂祭り。
 宵山の山車が通ります。
d0054704_13425216.jpg

















 一ツ木通りには、屋台がいっぱいでています。
d0054704_13454494.jpg
























 ベトナム料理のアオザイさん、ニュージーランド赤坂さんなどなど、国際色豊かな赤坂のレストランが出店しています。

 チキンに味噌レバカツ、ミンチパイ、シューマイ、生春巻などや麦酒などしこたま買い込んだのですが、
 屋台のお店の席はどこもいっぱいだったので、

 久しぶりに、自宅マンションのスカイラウンジに、
 ピクニックバスケットに自宅の手持ちのワインやお皿・グラスを持ち込んで、
 夜景を見ながら、
 食べ、吞み、食べ、吞み。
 お祭り便乗の飲み会になりました。

 あ、写真は、さんざん食べ終わってバスケットに片付けた後です。(^^ゞ
d0054704_13530447.jpg



















 テラスに出て夜景を撮りました。
 この写真に写っているだけでも、
 ここに越してきてから10年間に建ったビルやマンションが、
 6棟もあります。 
 ホテルオークラとか、まだ、建築中のものもあります。
d0054704_22554448.jpg


 

 


by expresstax | 2018-09-14 23:56 | 固定資産税