<   2018年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「平成30年度税制改正対応版目的別生前贈与のポイントと活用事例」の増刷

 拙書「平成30年度税制改正対応版目的別生前贈与のポイントと活用事例」が増刷になりました。
 5月25日付けで改訂初版を出して、1か月の6月25日付けで、二刷になりました。

 これで都合16,000冊とのことです。
 ご購読いただき、ありがとうございます。
d0054704_20392094.jpg

























 

by expresstax | 2018-06-28 23:35 | パブリッシング

税務研究会資産税事例検討会、鬼塚先生札幌会場、そして切符入れと風邪

 税務研究会税理士懇話会様、札幌会場の2日目は、
 鬼塚太美先生の資産税事例例検討会はです。
 鬼塚先生とは、もう何カ所もご一緒申し上げています。
 
 今回は、最近の更新された事例ばかりです。
 25事例と数が多く、時間もタイト。
 ご質問を活発にいただいて、
 最後の2事例は解説のみとさせていただきました。

 鬼塚先生、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 講演を終えて、千歳空港に向かう途中の快速エアポート。
 前の席の右角に、切符入れがあります。
d0054704_21043628.jpg


















 検札があるからなのかも知れませんが、
 他の地域の電車では見たことがありません。

 隣席の男性が、席に座るや、さくっと切符を差し込んでいたのを拝見して、
 まねっこして、入れておきました。
 北海道ならではの経験です。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 先日、宇都宮行きの東京駅で長時間ホームで吹きさらしで待たされ、
 結局、風邪を引いてしまったようで、
 微熱がずっと続いていました。

 昨夜も、風邪薬を服んで、こりゃ、夜中に汗をかきそうだ、と
 ダブルベッドのお部屋だったので、片側にちんまりと就寝しました。
 
 夜中に汗ぐっしょりで目覚めると、
 人型に、シーツが濡れています。

 あちゃあ、と全身の汗を拭き、2枚目の寝間着を交換、
 掛け布団をひっくり返して、
 ベッドのもう片側で、再度寝付きました。(>_<);;

 今朝、税研の担当のAさんに、
 まるでおねしょ状態だったと笑い話をしていたら、
 鬼塚先生が来て、「なんだって、誰がおねしょしたって?」と聞かれ。
 ち、違います!違うんです!ヾ(゚д゚;)ノ
 トホホ。








by expresstax | 2018-06-26 23:57 | パブリッシング

税理士懇話会事例検討会札幌会場田中豊先生講演、そして北海道庁赤煉瓦

 税務研究会税理士懇話会の事例検討会、札幌会場に来ました。
 講師は、田中豊先生。初めてお手伝いします。
 
 借地権課税は本来は法人税の規定であり、
 自然発生借地権の考え方も、法人税が基礎です。

 田中先生は、その考え方を丁寧にご説明下さりながら、
 一方、無償返還届出書の「遅滞な」い提出については、
 明言を避けていらしたのが、印象的でした。

 受講者の先生方からも積極的なご質問をたくさんいただき、とても嬉しかったです。
 田中先生、受講の先生方、ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 ホテルの窓からの赤れんがの北海道庁旧本庁舎です。
 右が、再開発でできた日本郵便さんと三井不動産さんの赤れんがテラスです。
d0054704_20460322.jpg





























by expresstax | 2018-06-25 23:58 | パブリッシング

大阪北部地震の被災者の皆様にお見舞い申し上げます。そして日本証券アナリスト協会様講演

 週初めに宇都宮に行くときに、東京駅で、地震だ、という風評があって、
 宇都宮講演の朝、大阪北部地震の速報を聴きました。
 震度6弱まで揺れたとのことで、びっくりしました。
 被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。

 ☆  ☆  ☆

 公益社団法人日本証券アナリスト協会様のプライベートバンカー資格の補完セミナー講演に伺いました。
 金融に強いプライベートバンカーのプロに、不動産税務を、というリクエストにお応えして、テーマは不動産相続です。

 お仕事を終えられた午後6時から、
 多くの受講者様にご受講いただきました。
 ありがとうございます。

 名刺交換をしていただくのに、名刺を控え室に置いてしまい、
 お渡しできなかった方がいました。申し訳ありません。
 後日、お送りしました。

 講演後、ご挨拶やご質問を下さった方々にも、
 心から感謝します。
 ありがとうございました。




by expresstax | 2018-06-22 23:03 | パブリッシング

TKC様関東信越会生涯研修宇都宮講演

 TKC関東信越会様の生涯研修での宇都宮講演です。

 が、なんと、前日の宇都宮入りの際、東北新幹線がストップ。
 ごった返す東京駅ホームで、延々待つも、再開見込立たず、
 結局、在来線の宇都宮行きで、夜半に現地ホテル入りしました。

 階段まで人で溢れた東京駅では、仙台で地震があったそうだ、とか、 
 さまざまな流言が囁かれていましたが、

 仙台の事故は、鳥が飛び込んでの故障、と言うことが後でわかりました。
 実際に、翌朝には、北大阪で地震が起きましたので、
 鳥が飛び込んだのも、天変地異の前触れか、とも思えます。

 講演の後で、先生方がご質問を下さいました。
 調べることもありましたので、後日、ご報告することになりました。 
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 講演が終わって、その足で、税研懇話会の先生との打合せのため、
 ダッシュで東京駅へ。

 いや、賑やかな場所で、なかなかナーバスな論点まで深耕できなかった感がありました。
 今度は、もう少し静かな場所でね。>税研担当者様
 
 ☆  ☆  ☆

 宇都宮の会場近くに咲いていた金糸梅です。
 いつ見ても、かわいいですね。
d0054704_17531032.jpg

























by expresstax | 2018-06-18 23:46 | パブリッシング

TKC様生涯学習研修新潟つくば市講演

 TKC様の関東信越会生涯研修で、茨城はつくば市の講演に伺いました。
 
 ホテル東雲という結婚式場とされている大きなホテルのバンケットが会場、
 テーマは、新日本法規出版様から出した「目的別生前贈与のポイントと活用事例」。
 つくば市のこの会場は、一昨年の11月に小規模宅地の特例についての講演で伺って、2回目です。


 特に、贈与税が非課税となる扶養義務者間の生活費・教育費の贈与については、
 祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度ができて以降、却って取扱が混乱しているようにも見えます。
 その点の整理を、民法752条や877条をベースに説明させていただきました。

 とても熱心にご聴講、ご質問いただき、ありがとうございました。

 

☆  ☆  ☆

 会場へ向かう道です。
 大きな空が、とても気持ちいいです。
d0054704_16443362.jpg





































by expresstax | 2018-06-14 23:17 | パブリッシング

稲本洋之助先生ご葬儀

 稲本洋之助先生がご逝去され、
 そのご葬儀が、先生が長年住み慣れたとの青山の
 善光寺さんで執り行われました。
d0054704_15544923.jpg




















 稲本先生は、日本の土地法や区分所有法のコンメンタールを書かれるなど、
 不動産法の権威でいらして、また、
 平成4年の借地借家法改正に伴う定期借地権制度の理論化や創設をなさり、
 定期借地権推進協議会の名誉会長を担っていらっしゃいました。

 先生なくしては、現在の土地法の整理や、定期借地権の普及は不可能だったのです。

 定借協の勝倉啓仁様の弔辞や、学究生活を支えてこられた奥様のお話に、
 胸を塞がれる思いでした。
 納棺に際して、たくさんの花々を一緒に備えさせて頂くことができました。

 どうかご冥福をお祈り致します。







by expresstax | 2018-06-08 23:47 | 不動産

TKC様生涯学習研修川越講演、そして紫陽花

 TKC様の生涯学習研修で川越に講演に伺いました。
 ラ・ボア・アクテという結婚式場にもなっている綺麗な会場です。
 
 この一連の講演では、
 拙書「目的別生前贈与のポイントと活用事例」をベースに、
 2つの柱をお話ししています。

 そのひとつは、贈与や相続の税務調査での論点となる
 法律上の「贈与」の認識を明確にしていただくことです。

 それが、名義資産の問題や、非課税贈与の問題、特別受益の問題の
 理解の鍵になるからです。

 多くの先生方が、とても熱心に聞いて下さいました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 紫陽花が美しく咲いていました。 
 心が和みます。
d0054704_19084432.jpg


























by expresstax | 2018-06-07 23:58 | パブリッシング

5%概算取得費控除譲渡申告後、資料が発見された場合の更正の請求

 ブログをご覧戴いているという読者様からご質問をいただきました。
 
 去年不動産を譲渡したが原価が分からなかったので、
 今年3月に、税務署の指導で、売価の5%の概算取得費で申告し税金を払った。
 ところが今回、原価の資料が出てきて、数百万円の税金が下がることがわかった。
 今から更正の請求ができるだろうか、というご相談です。

 過去の記事をご覧戴いてのご質問です。
 ありがとうございます。

 ☆  ☆  ☆

 結論からいえば、更正の請求可能です。

 これについては、法律で明解に定められています。

 次は、概算取得費の規定(租税特別措置法31条の4第1項)です。
=====================
「個人が昭和27年12月31日以前から引き続き所有していた土地等又は建物等を譲渡した場合における長期譲渡所得の金額の計算上収入金額から控除する取得費は、所得税法38条及びだい61条の規定にかかわらず、当該収入金額の100分の5に相当する金額とする。」
=====================

 そして、この第1項には、「ただし書」があります。
=====================
 ただし、当該金額(収入金額×5%)がそれぞれ次の各号に掲げる金額(実額取得費)に満たないことが証明された場合には、当該各号に掲げる金額とする。
=====================
 つまり、実際の取得費が証明された場合には、実際の取得費とする、
としているのです。

 もちろん、この規定の「昭和27年12月31日以前から」部分は、昭和28年1月1日以降」に拡張されているのですから、
 昨年譲渡でもオッケーです。

 というわけで、若干分かりにくいので、整理すると、

取得費不明 → 当初申告で概算取得費 → 合理的価格で更正の請求  ×
 〃    →    〃    → 実額判明→実額で更正の請求 〇
 〃    → 当初申告で合理的価格 → 合理性が認められれば〇
 〃    →     〃   → 実額判明 → 実額で更正の請求 〇

 ということでしょうか。

 頑張って更正の請求をして下さいね!


by expresstax | 2018-06-06 23:05 | 譲渡

TKC様生涯学習研修長野講演

 TKC様の生涯学習研修で長野に講演に伺いました。
 会場は、メルパルク長野。
 元長野郵便貯金会館と呼ばれていた大きなメルパルクです。

 前日、新潟の講演を終えて、
 乗り換え時間の長い高崎経由で新幹線で長野に着いたのは、
 夜9時前。施設内レストランは締まってしまい、
 繁華街の方に繰り出しました。
 ハシゴで講演会場を回ると、こういうこともあるのですね。
 夜は、メルパルクの展望大浴場でまったりさせてもらいました。

 翌日の講演も、新潟と同じ、贈与テーマです。
 研修部長様から、全部網羅しなくていいので、
 話したいことを話して下さい、と言って頂いていたので、
 相続・贈与関連のお話しを、さまざまにさせていただきました。

 ご出席の先生方がとても熱心にお聞き下さるので、
 つい、のめり込んで話してしまいます。

 ありがとうございました。
 
 ☆  ☆  ☆

 新幹線で、東京へ、赤坂へ、と戻ると、
 長岡や長野の夜の静けさと比べて、
 こちらは不夜城。

 なぜか、とてもホッとしちゃった自分って、
 何なんでしょうね。














 

by expresstax | 2018-06-05 23:40 | パブリッシング

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る