<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

容積率2以上にわたる地積規模の大きな宅地評価の累乗評価、そして報道陣

 短い2月がもう終わり。
 慌ただしいままで、確定申告業務がピークを迎えます。

 ☆  ☆  ☆

 先日ここに書いた「地積規模の大きな宅地」評価の続きです。
 去年、お客様とお話ししていて、ここに書きそびれていたんですが。

 東京23区内、500㎡以上で、土地の入口が容積率300%、奥が200%の宅地の場合、
 地積規模の大きな宅地の減額はOK、というところまで書きました。

 では、その宅地が容積率が2以上にまたがる場合、
 以前から「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価」(財産評価基本通達20-6)があります。
 容積率が高い地域と低い地域にまたがる宅地については、その面積に応じ、
 加重平均の方法で容積率の格差に基づく減額率を算定し、地域での影響度を乗じて調整します。

 「地積規模の大きな宅地減額」と、この「容積率の格差に基づく減額率」は、
 もちろん併用OKです。

 通達では、「容積率の格差に基づく減額率」は、「奥行補正(通達15)から前項(通達20-5崖地減額)までの定めにより評価した価額から、容積率の格差減額を控除して評価する」とされているからです。

 これは明解ですね。

 また、地積規模の大きな宅地についての「あらまし」にも、
 累乗適用することが明記されています。(あらましP.8(3)ホ)

 ☆  ☆  ☆

 でも、ちょっと待てよ。
 通達を読んでいて、この累乗適用について、???となりました。

 うーん、また長くなるので、これについては、また後日とします。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 ランチに出ると、
 事務所ビルの青山通り沿いの1軒お隣、鹿島建設本社さんの前で、
 報道陣が「出待ち」をしていました。
 なんだろね、とニュースを見ると、引き続きリニア談合の問題のようです。
 御用地関連といい、青山通り沿いは、報道陣の出没が激しいです。(>_<)
d0054704_16063385.jpg




























 

by expresstax | 2018-02-28 23:40 | 財産評価  

医療費控除と補填金、そして蕗の花

 確定申告まっさかりです。

 病院にかかって、医療費支出と、高額医療の補填金を受けたお客様の確定申告。

 医療費控除の明細書が作成されていますが、
 医療費の合計額から補填金の合計額が差し引かれて医療費控除の計算がされています。
 その結果の差引は、9万円。
 つまり、医療費控除の、そのお客様の足切り額=200万円×5%=10万円以下になり、
 医療費控除、ゼロとされています。

 気になって、医療費の明細をじろじろ拝見すると、
 補填を受けた治療の支払額10万円に対し、補填金15万円。
 補填金の方がオーバー支給なのですね。
 これを「他の医療費と合わせた合計-補填金合計」としているために、
 補填金のオーバー分が、他の医療費から差し引かれる結果となっています。

 でも、
 医療費控除で、「支払った医療費を超える補填金」については、
 医療費補填金との差引計算は、補填の対象とされる医療費ごとに行い、
 支払った医療費の金額を上回る部分の補填の金額は、他の医療費の金額からは差し引きません。

 この部分は、次の所得税法73条の法文から読み取るんですね。
==========================
・・・その年中に支払つた当該医療費の金額(保険金、損害賠償金その他これらに類するものにより補てんされる部分の金額を除く。)の合計額が・・・
==========================
 ここでもし、除くべき補填金の括弧書きが「合計額」の後にあったら、
 「医療費総計-補填金」となるでしょうが、
 括弧書きが、「当該医療費の金額」にかかってるために、各医療費ごとに見る、と読むんです。

 これを「医療費控除の明細書」書式では、
 「(4)支払った医療費の額」の右側の「(5) (4)のうち生命保険や社会保険などで補填される金額」の欄に、
 「(4)のうち」とすることで、支払った医療費の額を限度に、補填金額を記載するようになっています。
 でも、分かりにくいですよね。
 勢いで、補填金額全額を書いちゃいそうです。

 ☆  ☆  ☆

 確かに分かりにくいですが、でもこれによって、
 医療費を負担した人に対する救済になってるんです。

 したがって、確定申告のお客様の計算も、
 補填金のオーバー分は、チャラになりますから、
 結果的に、医療費総額は10万円を超え、
 医療費控除ができることになります。

 医療費控除制度は、医療費負担で困ってる人への救済制度です。
 所得税法のほんのちょっとの暖かさのニュアンスが感じられる気がします。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルエントランス脇の植え込みに、
 毎年、どこからか飛んできたのか、蕗が生えています。
 てことは、早ければ蕗のとうが見つかるはず、と、
 時々、チェックしていたのですが、
 今日見ると、既に伸びて蕗の花になっていました。
 うーん、口惜しい、です。(^^;ゞ
 来年こそ。。。(>_<)
d0054704_22192090.jpg





























by expresstax | 2018-02-26 23:09 | 確定申告  

お客様のご逝去、そしてチューリップをありがとうございました。

 長年、ずっと関与させていただいてきたお客様が亡くなられました。

 ご長命で、90歳を過ぎても、お肉にワインと嗜まれ、とてもお元気でした。
 ご事業を築かれたお元気なときのお姿ばかりずっとずっと拝見してきたので、
 ご様子が悪くなってからのことが今でも信じられません。

 お通夜告別式と出席させていただき、
 ご遺族と一緒に、たくさんのお花を献げました。

 後継者様がもう既に立派に後の事業を引き継がれていますが、
 まさに、これからという時期。
 どうか、変わらず見守って頂くように、お祈りしました。

 ☆  ☆  ☆

 先週、別なお客様から贈っていただいたチューリップが、
 とてもかぐわしい香りで接客室を満たしてくれています。
 ピンクのフリルが可愛い方がファンシーフリル、
 白の八重がモンディアルというそうです。
 お客様のご配慮に、一日一日、力をいただいています。
 ありがとうございます。
d0054704_19100038.jpg































by expresstax | 2018-02-23 23:54 | 相続・贈与  

容積率の異なる2以上の地域にわたる地積規模の大きな宅地評価、そしてクリスマスローズ

 去年、地積規模の大きな宅地の評価の改正通達が出て、
 今年1月1日以後開始相続贈与から適用開始されています。

 去年のこと、
 都内の高級住宅地で500㎡以上の地積の億ションの敷地が、
 自動的に改正前より2割減!というタナボタになりそうなお客様と
 この話になりました。

 低層高級マンションは、タワマンなどに比べて相対的に土地面積も多いので、
 奥行補正率も下がったし、
 小規模宅地の特例と合わせると、
 節税商品になりましたねぇ、と。

 ところで、そのマンション、東京23区内ですが、
 接道部分は容積率300%の地区ですが、
 道路から20m以奥の土地は、200%なのです。

 減額対象となる「地積規模の大きな宅地」の要件のひとつが、
 容積率が400%未満(東京都23区内は300%未満)であること、です。

 つまり、入口はバツだけど、奥がマルな場合はどうなるか。

 これについては、平成29年10月3日付けで国税庁から
 「資産評価企画官情報5号資産課税課情報17号『財産評価基本通達の一部改正について』通達等のあらましについて(情報)」(長い。。。)という文書が出て、
 その5ページに、
====================
「(注)なお、評価対象となる宅地が指定容積率の異なる2以上の地域にわたる場合には、建築基準法の考え方に基づき、各地域の指定容積率に、その宅地の当該地域内にある各部分の面積の敷地面積に対する割合を乗じて得たものの合計により容積率を判定する。」
====================
 とあります。

 つまり、さっきの例の場合は、地積1000㎡、
 容積率300%の土地が200㎡、200%の土地が800㎡だったら、
 300%×200/1000+200%×800/1000=220%<300%
 故に、減額該当、となります。

 これは、低い容積率の面積が少なくても、
 極端にいえば、
 容積率300%の土地が999㎡、200%の土地がたった1㎡ でも、
 300%×999/1000+200%×1/1000=299.9%<300%、
 減額該当、となります。

 こうした取扱は、この情報文書にしか書いてありません。
 通達だけ読んでいたら、う~ん、となってしまうところです。

 ☆  ☆  ☆

 と、話題に上った容積率の異なる2以上の地域に所在するお客様の億ション敷地、
 地積規模の大きな宅地に適格となり、
 実際には、もっと広くて、減額OKとなるわけですが、

 となると、元々あった財産評価基本通達20-6「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価」との関連が気になりますが、
 長くなりますので、これについては、また後日。

 ☆  ☆  ☆

 青山通りから事務所エントランスまでの緑のアプローチに、
 いつもの冬のお友達、クリスマスローズがたくさん開いていました。
 凍てつく寒さの中で、うつむきながら、けなげに咲き続ける花です。
 今年も、がんばってるね。
d0054704_21083820.jpg


  




















by expresstax | 2018-02-22 23:05 | 財産評価  

平成30年度よくわかる税制改正と実務の徹底対策出版

 「平成30年度よくわかる税制改正と実務の徹底対策」が出版されました。
 16日に取次店から出て、19日に発売、20日頃、全国で発売となるそうです。
 アマゾンは19日です。

 平川忠雄先生の監修のもと、中島孝一先生・市川康明先生と、平川会計パートナーズ税理士法人、おおたか税理士法人、松木飯塚税理士法人が、総力を挙げて書いています。
 ご笑読を。
 d0054704_18183582.jpg











































 
 

by expresstax | 2018-02-20 23:13 | パブリッシング  

明治神宮参り、そして渋谷公会堂建て替え

 2月に入って、ようやくいつもの明治神宮の初詣(^^ゞとご祈願に行きました。
 
 明治神宮は、2020年に鎮座100年を迎えるそうで、
 その記念事業で社殿の銅板屋根吹替えの工事中。
 その葺替え用の新しい銅板に名前や祈願を書いて奉納する行事があります。
 弊社も、社運隆昌の祈願で、銅板奉納させていただきました。 
  記念に奉賛の章というお札をいただきました。
d0054704_18372886.jpg

 















 
 ちょうど今日が紀元祭とかで、御神輿や山車がたくさん出ていました。
 寒いなかで、汗が飛び散ります。
d0054704_18364865.jpg


















 今年も、元気に発展していけますように、
 ご祈願して、お札とメンバーみんなのお守りをいただいてきました。

 ☆  ☆  ☆

 帰りは渋谷経由。
 途中の渋谷公会堂の建替工事の様子です。
 昔のシブコーの名残は、時計塔だけですね。
d0054704_19213892.jpg

 
































by expresstax | 2018-02-11 23:29 | 事務所  

対署連絡協議会、そして株安、ビットコイン安?

 今日は、対署連絡協議会、そして確定申告がんばろう!会でした。
 
 青山のリビエラ青山で、
 麻布税務署さんの指定官職さんたちと、税理士会麻布支部の先生達が集い、
 税務署からのお知らせや御願い、税理士からの要望等を出し合います。

 特に、電子申告等の手続関連、税務相談など、
 税務がどんどん複雑になり、手続も、納税者によってまだら模様、
 税務署さんも税理士も、昨今は大変です。

 特に、最近、OBの先生方の講演のお供をして、
 ご苦労の数々を伺うにつけ、
 「あちら側」での大変さが、以前に比べ、良く理解できるようになりました。 

 協議会の後は、確定申告がんばろう会!として、立食でした。

 副支部長のご挨拶が、今日の株安ではなく、ビットコイン安の話でした。
 周囲にビットコインをやっている人がいない(たぶん(^^ゞ)ので、びっくりしました。

 麻布署の総務課長さんが、各テーブルを回ってご挨拶なさっていました。
 お疲れ様でした。
 d0054704_20533755.jpg


























by expresstax | 2018-02-06 23:45 | 税理士