ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

カテゴリ:折りにふれて( 136 )

 今年も、あっっっという間に終わってしまいました。

 思えば、今年もてんこもり、
 バタバタで1年明け暮れました。
 
 お仕事では、相続、贈与、遺言、譲渡、交換、信託、
 固定資産税異議、遺留分減殺等々、
 相変わらず多様な事案を担当しました。

 それぞれに、最大の効果と最善の結果を出していただき、
 お仕事を進めながら、我々も感動を共にさせていただきました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆ 

 事務所としては平成30年から継続していた相続税の税務調査が完了しました。
 相続税申告の意見聴取を初めて経験しました。

 6回目になる事務所セミナーを開催しました。
 お客様が、毎回楽しみにしてます、と言って下さったのが、
 とても嬉しかったです。

 ニッセイ基礎研の櫨先生と、久しぶりにお会いでき、
 今は、1930年代に回帰している、とのお言葉を、
 とても緊張感を持って拝聴しました。 

 代表は、法人税申告を一手に引受け、
 とても頑張ってくれました。
 本当にお疲れ様でした。

 メンバーは、税理士試験科目合格。
 初めての事案にも果敢に取り組んで、成長してくれました。
 なによりの今年の成果です。

 私は、講演をかなり辞退申し上げた分、
 原稿を書きに書き、
 清文社様の小規模宅地特例の書籍の改訂新版を出版することができました。

 ☆  ☆  ☆

 今年は災害が多く、
 リスクカントリー日本の現実に戦慄しました。

 台風19号被害の長野と千葉に義援金、
 火災で焼失した首里城の再建のための義援金を送りました。
 
 また、ふるさと納税として、
 お世話になった千葉、神奈川、和歌山、広島、北海道、福岡、愛知、
 長崎、熊本に寄附を行いました。

 あいかわらず、ひいきのアーティストさんのライブに参戦、
 北海道や千葉や和歌山へと駆けつけました。
 数年前では考えられないほどの活躍に目が回りながら、
 そのがんばりに比べ、自分が恥ずかしく思えます。
  
 ペットを2匹、相次いで虹の橋に見送りました。
 毎日、涙に暮れてベソベソと過ごしていたら、
 代表にペットショップへ連行され、
 新しいペット君をお迎えすることになりました。

 亡くなった仔を想いつつ、
 ようやく生後4か月になる仔を愛しんでいます。
 一緒に楽しく生きていこうね。
 
 ☆  ☆  ☆

 今年歌っていたのは、
 なんと言っても打首獄門同好会。

 一番のお気に入りは、「ふとんの中から出たくない」。

 ♪それでも~ぉ、行かなくっっちゃい~けない 
  立ち上が~れぇ、布団の中からぁ~、
  布団の中から出てエライ
  寒い世界に立ち向かって~ぇ、♪ 
 というところで、肩をいからせ声を張り上げるのが、
 Goodです。\(^▽^)/
 



 「夏のうた」も、
 可愛いコウペンちゃんと、
 打首さんの歌がダブルで楽しめます。
 コウペンちゃんの本は、全6冊、大人買いしました。(^^;;ゞ

 打首さんの作詞・作曲・ボーカルの大澤君は、浜松出身なのだそうで、
 その点も、親近感マシマシです。

 代表は、打首さんのアルバムまで買い込んで、
 1年間、みんなでよく歌いました。



 こんな底抜け脱線トリオ(古い。。。)のような事務所ですが、
 また来年も、よろしくおつきあい下さい。

 それでは、皆様、良いお年を。
 


by expresstax | 2019-12-31 23:33 | 折りにふれて

 台風の15号、19号、21号と、大規模な災害となりました。 
 被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。

 お客様からご心配いただきましたが、
 弊社は、特に影響なく、無事に経過しました。

 あわてて区から配布されたハザードマップを確認しました。
 事務所も自宅も、一応、浸水可能性ゼロの標高でした。

 マンションの場合は、電気設備や自家発電装置などのインフラは、
 地下に設置されます。

 武蔵小杉のマンションで、被害が出たところは、
 電気設備設計に不足があったようです。
 不備ではなく、不足というところなのでしょうか。
 これからも注意が必要です。

 ☆  ☆  ☆

 弊社ではさっそく寄附金をお送りしました。
 被災地の皆様の生活復旧がご無事に進まれますように、
 お祈り致します。




 

by expresstax | 2019-10-25 23:57 | 折りにふれて

和歌山城探訪

 所用で和歌山に行きました。
 
 前日の大雨でびしょ濡れ、風邪を引きながらも、翌日には復活。
 観光が全くできなかったので、
 帰りの電車まで、せめて、と和歌山城へ向かいました。

 弊社事務所のお隣さん赤坂御用地の
 旧所有者徳川御三家の紀州徳川家のお城です。
和歌山城探訪_d0054704_20061581.jpg


















 ところで、
 以前見た福岡黒田藩の福岡城が明治維新で壊城させられたのと異なり、
 和歌山城の本丸や天守閣は、取り壊されず、
 太平洋戦争の戦災で消失するまでは軍事施設として利用されたようなのです。
 そして昭和33年には天守閣再建と、他藩とは違う歴史を辿っています。

 調べて見たら、
 明治維新で各地の城郭は陸軍省所管となり、
 明治6年に明治政府が廃城令を発令、
 陸軍省が軍用の財産として残す城は部分については存城処分、
 それ以外については廃城処分としたのだとか。

 残城処分となった城郭は、陸軍省が軍事施設として使用したため、
 その後太平洋戦争では、
 格好の標的となって米軍の攻撃を受けて焼け落ちることとなったのだそうです。

 この和歌山城が戦災で焼失したというのもそうした背景があったようです。

 天守閣から城郭や櫓を見下ろします。
 右に流れるのは紀ノ川でしょうか。
和歌山城探訪_d0054704_15330585.jpg




















 和歌山ビッグホエールも見えました。
和歌山城探訪_d0054704_15341832.jpg



























by expresstax | 2019-05-30 23:36 | 折りにふれて

平成最後の日は戒厳令


 平成最後の日になりました。

 新しい令和の年号が、
 明治のM・大正のT・昭和のSのいずれとも違うRが頭文字、
 自動配列で、S31の後にR1が、ちゃんと並ぶようになっていて、
 令和X年は、レイワ=018を足すと、西暦換算できて、など、
 よく考えたねぇ、なんて感心して。

 税法は、相変わらず年号表示なので、
 うへぇぇ、とうんざりしていたのですが、
 とにもかくにも、変わってしまいます。

 ☆  ☆  ☆

 そんな今日の事務所ビル前は、警察車両が青山通り沿いにずらっと並び、
 戒厳令状態。
平成最後の日は戒厳令_d0054704_20424135.jpg

 

















 やれやれと、事務所から眺めていたら、
 眼下のビル屋上に、5人の私服さんたち。
 紀ノ國坂は、関係車両の列。
 
 当分、こんな状態が続くんでしょうね。(-_-)
平成最後の日は戒厳令_d0054704_20504295.jpg






























by expresstax | 2019-04-30 23:53 | 折りにふれて

アークヒルズ桜散歩

 桜が満開です。 
 自宅マンションの窓から、ソファに座った状態でも、
 アークヒルズのヒルズガーデンの桜が美しく見下ろせます。

 空気が冷たく桜が縮まっていそうですが、
 この日を逃すと、もう散ってしまうかも、と
 アークヒルズの桜見物の巡回に繰り出しました。

 スペイン坂からの桜並木です。
アークヒルズ桜散歩_d0054704_22130511.jpg


















 スペイン大使館を後ろに、泉ガーデンに向かっての
 いつもの桜の交差点。
 大きなアーチができています。
アークヒルズ桜散歩_d0054704_22160495.jpg





















 以前カフェのあった建物は、改修中でしたが、
 別なカフェか何かに変わるようです。
 やはり年1回の桜シーズンだけが売り、というのは厳しいかもですね。
アークヒルズ桜散歩_d0054704_22182169.jpg



















 歩道に桜の花が、萼(がく)ごと沢山落ちていました。
 見上げると、雀たちが花をついばんで落としてしまっているようです。
 雀の姿は写真ではわかりにくいですが。
アークヒルズ桜散歩_d0054704_22211144.jpg


















 拾い集めて。
アークヒルズ桜散歩_d0054704_22221277.jpg


















 六本木通りへ抜ける桜坂で記念撮影する代表です。(^^)
 桜坂の左のコンクリの柱の上でこんもりしてるのが、
 さっき拾い集めた桜です。(^^)
アークヒルズ桜散歩_d0054704_22255346.jpg




















 帰りはアークヒルズに戻ってご飯。
 しばらく来ない間に、ずいぶんお店が入れ替わってしまいましたね。
 でも以前に比べ、楽しみなお店が揃ったようですね。(^^)
 



by expresstax | 2019-03-30 23:03 | 折りにふれて

 自宅マンションの公開空地の庭園の桜がキレイに開きました。

 つつじの生垣の右側は「水鏡の池」と名付けられた大きな池、
 左に向こうのカスケード滝に続く池、
 左側は、樹木を迂回する遊歩道です。

 向こうに見えるのは、アークヒルズタワーとアークヒルズフロントの背中。
 左が全日空インターコンチホテルです。
 右側にひょっこり泉ガーデンタワーが顔を覗かせています。 

 このマンションも築10年。
 毎年の桜の開花は、5月のツツジ、7月のサルスベリの開花と同様、
 マンションの庭園士さんたちの腕の見せ所なのでしょうね。
マンションの桜・桜・桜・・・_d0054704_21554492.jpg





























 カスケードの滝前の
 枝垂れ(しだれ)桜です。
 少し葉が出てきています。
 後ろが滝。
 その横は、上層庭園から続くエレベータと階段、
 後ろは衆議院議員宿舎が映っています。

 時折、通りすがりの人々が、枝垂れ桜の写真を撮っています。
マンションの桜・桜・桜・・・_d0054704_21511160.jpg




















 
 



by expresstax | 2019-03-27 23:45 | 折りにふれて

 新年、明けましておめでおうございます。

 12月31日にNHKの紅白歌合戦が終わり、
 TBSのカウントダウンTVの予約録画をして、
 自宅徒歩3分の赤坂氷川神社へダッシュ!

 防寒万全、と着ぶくれてちょっと遅く出たら、
 もう、氷川神社では、境内の外まで列がはみ出しています。
 粛々と並んで、0時の新年に、なんとかお詣りを間に合わせることができました。
明けましておめでとうございます。_d0054704_19130674.jpg


















 宮神輿が展示されています。他に、神武天皇山車も。
 氷川神社巴会の会員さん達が、お世話をしてくれています。
 ウチが氷川山車保存会だとお伝えしたら、とても喜んでくれました。

 お詣り後には、これも巴会会員さんのおふるまいの甘酒を
 ふーふーしながらいただきました。
明けましておめでとうございます。_d0054704_19143379.jpg





















 
 今年の大晦日は、毎年のいただきものの大きなロブスターと鴨南蛮そば、
 いただきもののモエエのロゼで年越しでした。(^^ゞ
 自前は鴨南蛮だけで、いただきものばかりです。
 ごちそうさまでした。とってもおいしかったです。

 おせちは、通販のお取り寄せです。
 欲張って大きいのを頼んだら、
 並べただけでお腹いっぱいです。
 既に手が着いた状態です。
明けましておめでとうございます。_d0054704_23162666.jpg

 






















 新年は、これも恒例、徒歩10分の乃木神社で初詣。
 昨年は、お客様と遭遇したので、
 今年もかな?とキョロキョロしちゃいました。
明けましておめでとうございます。_d0054704_20481507.jpg

 
 
 
 
 















 

 乃木神社の中の回廊です。
 左側に、水琴窟が見えています。
 ここの水琴窟は、ししおどしから流れて貯まった水を
 ひしゃくで流すと、小石敷から流れ落ちた音が、
 下の空洞に反響する仕組みのようです。
明けましておめでとうございます。_d0054704_20500350.jpg


















 ロビーではいつものように、
 おまんじゅうとお茶のおふるまいを受けました。

 今年も、元気にお客様へのお役立ちができますように、
 しっかりお祈りしました。

 どうぞよろしくお願いします。











 

by expresstax | 2019-01-01 23:57 | 折りにふれて

 平成30年も今日で終わります。

 今年も1年、無我夢中で走り続けてきました。
 大型のご相続が連続し、
 争族の交通整理をし、
 遺言執行を執り行い、等々、
 相続を巡るお仕事を担当し続けました。

 昨年が、怪我と病気で悩まされていたので、
 今年は、用心深く用心深くしていたところ、大きな怪我や病気なく、
 過ごすことができました。

 本人がのほほんとしているところを、(^^;ゞ
 周囲のメンバーが、何かにつけ心配してくれたからです。
 特に、退職者さんのフォローがとても大変だったと思うのですが、
 代表はじめ、めんばーがとても頑張ってくれました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 今年も、夏と秋は、TKC様、税務研究会様など、講演や司会に、
 北は北海道から、南は九州まで、
 全国を飛び回りました。

 行く先々の現地の先生方との交流は、とても励まされ、勉強になりました。
 まさに、今、そこで起きている問題の解決に関われることは、
 税理士冥利です。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 書籍出版は、
 例年のように、2月に、平川忠雄先生の監修のもと、中島孝一先生、市川康明先生を筆頭に、
 平川会計様、税理士法人おおたか様の皆様と、
 「平成30年度税制改正の実務と徹底対策」を、
 中島孝一先生や日本法令担当者T様との情報網のもと、意義ある出版をすることができました。

 また、5月に、拙書「目的別生前贈与のポイントと活用事例」の平成31年度税制改正対応版を出したところ、
 4刷まで進み、とても多くの先生方にご購読いただき、ビックリしました。
 新日本法規様のご担当者様H様には、お骨折りいただきました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 税務調査は、自分の担当先では、結局年内ゼロ。
 大きく論点てんこ盛りの事案も、スルーでしたので、???です。
 
 ☆  ☆  ☆

 事務所セミナーは11月開催。
 弁護士の岩田修一先生をお招きして、改正相続法について、
 法律の骨格と実務について、大いにご説明いただき、大いにお客様のご質問にお答え頂きました。 
 弊社メンバーによる財産評価のお話しは、お客様から過分のご評価をいただきました。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 個人的には、
 ファンをしているアーティストさんが、今年は、大ブレイク。
 ファンミーティングやライブだけでなく、
 テレビやラジオやインターネット番組を予約録画して、
 かじりつきでチェックしました。
 応援してきて、もう思い残すことはありません。(^^ゞ
 なんていいながら、既に、来年のファンミやライブの予約を
 いそいそと入れています。

 ☆  ☆  ☆

 去年春に飼い始めた、2匹のペットを、
 今年も引き続き溺愛中。
 
 おかげさまで、病気一つしないで、
 元気に遊び、食べ、飲み、爆睡してくれています。
 でも、もともと寿命の短い動物なので、
 そろそろカウントダウンに入ります。
 最後まで大切にお世話をしてあげたいと思っています。
 大好きだよ!!!

 ☆  ☆  ☆
 
 今年の曲、好きなアーティストさんのを除けば、もうこれでしょう。
 え?好きなアーティストさんの曲は、胸に秘めています。(^_-)☆

 クイーンの”I Was Born To Love You ”(アイ・ワズ・ボーン・トゥー・ラブ・ユー=僕は君のために生まれてきたんだ)です。

 これは、フレディマーキュリーがエイズを発症し、
 グループから離れたときソロで歌ったそうですが、
 後で、ブライアン・メイらと一緒にクイーンとして歌っています。
  映画でも触れてたように、フレディ・マーキュリーは、
 歯が多くて口蓋が広いがゆえに4オクターブ越えの発声が可能だったとか。
 ”I Was Born To Love You ”(音が出ます。)
=============

I was born to love you

With every single beat of my heart

Yes, I was born to take care of you

Every single day…

I was born to love you

With every single beat of my heart

Yes, I was born to take care of you

Every single day of my life

You are the one for me

I am the man for you

You were made for me

you’re my ecstasy

If I was given every opportunity

I’d kill for your love

So take a chance with me

Let me romance with you

I’m caught in a dream

And my dream’s come true

It’s so hard to believe

This is happening to me

An amazing feeling

Comin’ through –

I was born to love you

With every single beat of my heart

Yes, I was born to take care of you

Every single day of my life

I wanna love you

I love every little thing about you

I wanna love you, love you, love you

Born – to love you

Born – to love you

Yes I was born to love you

Born – to love you

Born – to love you

Every single day – of my life

An amazing feeling

Comin’ through

I was born to love you

With every single beat of my heart

Yes, I was born to take care of you

Every single day of my life

Yes I was born to love you

Every single day of my life

Go, I love you babe

Yes, I was born to love you

I wanna love you , love you, love you

I wanna love you

I get so lonely, lonely, lonely, lonely

Yeah, I want to love you

Yeah, give it to me
======================

 勝手に訳してみます。
====================
君を愛するためにぼくは生まれた
一瞬一瞬の鼓動で
君を守るためにぼくは生まれた
毎日、毎日を・・・


 (くりかえし)
毎日、毎日の僕の人生で

君は、僕にはただ1人の人
僕は、君のための男だ

君はぼくのために創られて
僕の喜びなんだ
もし僕にあらゆるチャンスが与えられたら、
君の愛のために、死んだっていいんだ。

だから、僕とチャンスをつかもう
僕とのロマンスに
僕は夢の中で捕まって、
そして僕の夢は叶う。

信じられない
僕にとっては驚きだ
不思議な感覚が
僕を突き抜けていく。

(くりかえし)

君を愛したい
君のどんな小さなことも
僕は、愛したい、愛したい、愛したい
愛したいんだ
君を愛するために生まれた
君を愛するために生まれた
そうさ、
君を愛するために僕は生まれた
君を愛するために僕は生まれた
君を愛するために僕生まれた
毎日、毎日の僕の人生で

不思議な感覚が
僕を突き抜けていく。

(くりかえし)

そうさ、
君を愛するために僕は生まれた
毎日、毎日の僕の人生で

行こうよ、ベイビー君を愛してる
そうさ、君を愛するために僕は生まれた
僕は、君を愛したい、愛したい、愛したい
愛したいんだ。

僕はとても孤独で、孤独で、孤独で、孤独で、
ねえ、君を愛したいんだ。
ねえ、僕に愛を欲しいよ
================


 個人的には、”Don't Stop Me Now"(ドント・ストップ・ミー・ナウ=今、俺を止めないでくれ)
 でガツンガツン行くのが好きですが、

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」で胸を締め付けられる思いをしたので、
 そこは、まあ。(^^ゞ

 というわけで、今年も終わります。
 今年1年、遅れ遅れのブログをご笑覧いただき、
 ありがとうございました。

 どちらさまも、良いお年をお迎え下さい。













 









by expresstax | 2018-12-31 23:47 | 折りにふれて

 福岡のお仕事を終えて、鹿児島に向かいました。
 
 以前から、ご主人のお仕事の都合で、鹿児島に赴任していた友人から、
 おいで~、おいで~、と言われていたからです。
 ちょうど、テレビの「西郷どん」もいよいよ大詰め。
 それに、時折しもちょうどこの日まで、鹿児島では最大の「おはら祭り」とのことで、
 お言葉に甘えてお伺いしました。

 友人は久しぶりの再会に、鹿児島中央駅まで迎えにきてくれていました。
 ありがとうね~。

 ☆  ☆  ☆

 おはら祭りは、
 「♪花は霧島 煙草は国分 燃えて上がるは オハラハー 桜島♪♪」という
 あの「おはら節」の踊りを
 天文館通り1.5kmにわたって繰り広げる「総踊り」のパレードが見事でした。

 NHKの「西郷どん」の隆盛役の鈴木亮平さんや大久保利通役瑛太さんも
 パレードに出ていたとか。
 照國表参道の商店街で、焼酎屋さんやおまんじゅう屋さんを覗いていた我々は、
 あいにく見逃してしまいました。(^^ゞ
鹿児島は小原まつりと西郷どん参り_d0054704_20541102.jpg





















 照國通りの焼酎ストリートでは、ワンコイン(500円)焼酎5杯の催しで、
 みんな座り込んで意気軒昂。
 いや、えらい賑わいです。
 森伊蔵などは、瞬速でなくなったみたいです。
鹿児島は小原まつりと西郷どん参り_d0054704_13442477.jpg



















 

 
 西郷どんがウナギをとっていた甲突川。
 西郷どんと糸さんがすれ違っていたりした二つ家の橋の上から、
 向こうに見えているのが噴煙を上げている桜島です。
 川沿いに旗がならんでいるのは、維新ふるさと館です。
 明治維新150年ということで、明治維新にまつわるイベントが開催されています。
鹿児島は小原まつりと西郷どん参り_d0054704_14020646.jpg


























 下は、西南戦争で私学生ら薩摩軍300人とともに西郷どんが立てこもった城山の洞窟跡です。
 西南戦争は1877年の明治10年2月からここ城山で果てる9月まで、
 7ヶ月間も闘っていたのですね。

 自分は3月の熊本の田原坂が最後なのかと勘違いしていましたが、
 薩摩軍はその後、4月から9月まで敗走していたことを、初めて知りました。
鹿児島は小原まつりと西郷どん参り_d0054704_14055931.jpg
























 洞窟から300mのところで、
 自分が創設した政府軍(陸軍)の銃弾を受けて、
「晋どん、もうここらでよか」と、西郷が自刃した場所に建つ
 「南州翁終焉之地」の慰霊碑です。

 伝え聞いた勝海舟が詠んだという歌が、胸を突きます。
 「ぬれぎぬを干そうともせず子供らが
   なすがままに果てし君かな」
         
鹿児島は小原まつりと西郷どん参り_d0054704_15011236.jpg


























 南州神社と南州公園にある南州墓地、西南戦争の2023名の戦死者の墓地です。
 南州神社の壁には、西南の役遺族会制作という薩軍戦死者6765名の名前を刻した銅板が掲げられていました。
 内戦の痛ましい記録です。
鹿児島は小原まつりと西郷どん参り_d0054704_15125048.jpg

























 友人のご主人様の車で
 西郷どん巡りと鹿児島旨い物巡りを案内していただきながらの
 市中引き回しの刑は、
 とても楽しく美味しく堪能しました。
 
 ありがとうございました!










 


by expresstax | 2018-11-03 23:49 | 折りにふれて

お盆に入っていますが、弊社は盆と正月が一緒に、みたいなてんやわんやです。

なんて言ってるうちに、
にわかに一天かき曇り、
凄まじいイナビカリと雷の轟音。

弊社執務室はビルの角部屋に当たり、
赤坂御用地方面、ニューオータニ方面、皇居議事堂方面が270度見渡せますから、
稲光も、雷も、ほとんどパノラマ状態で一望、
そのぶん、音も光も、大迫力でした。

でも、写真では、撮れてませんね~。トホホ。
お盆と雷とWakiya臥龍居さん_d0054704_22141968.jpg



















 ☆  ☆  ☆

 お盆休みもカンヅメでがんばっていたのですが、
 この日だけは、悪友とご飯に繰り出しました。
 忙しいだろうと、赤坂まで来てくれました。

 赤坂6丁目のWakiyaさんの、トゥーランドット臥龍居さんで、中華料理です。

 工芸茶をいただきながら、とってもゆっくりまったり、 
 久々のほっこりした時間を過ごしました。
 楽しかったです。
 ありがとう!!
お盆と雷とWakiya臥龍居さん_d0054704_22593659.jpg




















 バルコニにいた豚ちゃんの彫刻です。
お盆と雷とWakiya臥龍居さん_d0054704_22562300.jpg


























by expresstax | 2018-08-13 23:05 | 折りにふれて