カテゴリ:確定申告( 25 )

確定申告とふるさと納税、そして桜は満開

 確定申告まっさかりです。(^^;ゞ
 
 今年の自分の担当は、かなり早めに進めています。
 問題は、この後のチェックの山ですが。。。(>_<);;

 お客様たちが、軒並み、寄附をバンバンなさっています。
 もちろんそのトップはふるさと納税。
 返礼品を選びながら、楽しく寄附なさっていたご様子が分かります。

 その中で、
 とても多額のふるさと納税を、地元自治体に寄附なさっていたお客様がいらっしゃいました。
 その自治体では、返礼品制度はありません。

 地元を愛し、誇りにしてのふるさと納税でしょう。
 素晴らしいです。

 こんなお客様の人生の表情を拝見する瞬間です。
 頭の下がる思いで、確定申告書を作成させて戴いています。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂見附駅から青山通りへの交差点の角で、
 1輪だけ、真っ赤な花を開いたツツジを発見しました。
 あれぇ、間違っちゃったかな、とでも言いそうな顔をしています。
 
 やぁ、こんにちは。
 お仲間は、まだ開いてないけど、
 一番乗りは、気持ちいいでしょ?
d0054704_21220526.jpg


























  
 

 

 

by expresstax | 2018-03-09 23:09 | 確定申告

医療費控除と補填金、そして蕗の花

 確定申告まっさかりです。

 病院にかかって、医療費支出と、高額医療の補填金を受けたお客様の確定申告。

 医療費控除の明細書が作成されていますが、
 医療費の合計額から補填金の合計額が差し引かれて医療費控除の計算がされています。
 その結果の差引は、9万円。
 つまり、医療費控除の、そのお客様の足切り額=200万円×5%=10万円以下になり、
 医療費控除、ゼロとされています。

 気になって、医療費の明細をじろじろ拝見すると、
 補填を受けた治療の支払額10万円に対し、補填金15万円。
 補填金の方がオーバー支給なのですね。
 これを「他の医療費と合わせた合計-補填金合計」としているために、
 補填金のオーバー分が、他の医療費から差し引かれる結果となっています。

 でも、
 医療費控除で、「支払った医療費を超える補填金」については、
 医療費補填金との差引計算は、補填の対象とされる医療費ごとに行い、
 支払った医療費の金額を上回る部分の補填の金額は、他の医療費の金額からは差し引きません。

 この部分は、次の所得税法73条の法文から読み取るんですね。
==========================
・・・その年中に支払つた当該医療費の金額(保険金、損害賠償金その他これらに類するものにより補てんされる部分の金額を除く。)の合計額が・・・
==========================
 ここでもし、除くべき補填金の括弧書きが「合計額」の後にあったら、
 「医療費総計-補填金」となるでしょうが、
 括弧書きが、「当該医療費の金額」にかかってるために、各医療費ごとに見る、と読むんです。

 これを「医療費控除の明細書」書式では、
 「(4)支払った医療費の額」の右側の「(5) (4)のうち生命保険や社会保険などで補填される金額」の欄に、
 「(4)のうち」とすることで、支払った医療費の額を限度に、補填金額を記載するようになっています。
 でも、分かりにくいですよね。
 勢いで、補填金額全額を書いちゃいそうです。

 ☆  ☆  ☆

 確かに分かりにくいですが、でもこれによって、
 医療費を負担した人に対する救済になってるんです。

 したがって、確定申告のお客様の計算も、
 補填金のオーバー分は、チャラになりますから、
 結果的に、医療費総額は10万円を超え、
 医療費控除ができることになります。

 医療費控除制度は、医療費負担で困ってる人への救済制度です。
 所得税法のほんのちょっとの暖かさのニュアンスが感じられる気がします。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルエントランス脇の植え込みに、
 毎年、どこからか飛んできたのか、蕗が生えています。
 てことは、早ければ蕗のとうが見つかるはず、と、
 時々、チェックしていたのですが、
 今日見ると、既に伸びて蕗の花になっていました。
 うーん、口惜しい、です。(^^;ゞ
 来年こそ。。。(>_<)
d0054704_22192090.jpg





























by expresstax | 2018-02-26 23:09 | 確定申告

確定申告終了打ち上げと財産債務調書

 確定申告が終了しました。

 準備万端のはずでしたが、最後までもつれ込んだのは、
 住宅取得資金贈与の特例や株式贈与、不動産贈与の飛び込み案件などは、ちょっと驚きましたが、
 やはり、今回申告からスタートした財産債務調書申告でした。

 計算した確定申告の所得が2千万円超なら、まずチェック対象になります。

 給与所得だけでも、収入ベースで2千万円超なら確定申告義務あり、ですから、
 基本は、確定申告での所得判断です。
 普段の所得はそんなにないけど、去年、譲渡があって、2千万円越えた、という人も、
 チェック対象に上がりました。

 チェック対象となれば、所有資産をリストアップ、
 その年末見積資産額が3億円(有価証券1億円)以上なら財産債務調書提出義務あり、です。

 ☆  ☆  ☆

 国税さんが出している財産債務調書の「時価」は法律規定、
 時価に準ずるものとして「見積価額」は、政令委任の省令規定(施規12⑤)、
 「見積価額」は通達6の2-9(見積価額の例示)で、例示が示されています。
 これにさらに、FAQにより、見積価額は、
 「財産の取得価額や売買実例価額などを基に合理的な方法により算定した価額」としています。

 つまり、時価は合理的な見積価額、
 それは合理的な算定方法による価額だ、というのが規定の骨子なのですが、 
 その例示だけでは、合理的に算定できないケースが多々あります。

 でも、例示は、あくまで見積価額を出すためのなので、
 例示に合理性がなければ、より合理的な見積価額で算定すべきなのです。

 弊社の場合は、さらに合理的なルーリングをして計算させていただくことにしました。

 ☆  ☆  ☆

 昔、地価税の申告時には、やはり毎年、そちらは相続税評価額で算定をして、
 納税と合わせて、大苦労したものですが、

 財産債務調書は、
 そもそもの提出義務の有無から計算せねばならず、
 お客様にも、税理士にも、大変なストレスが始まったこと、
 資産家狙い撃ちの税制は、果てしない負担を強いてくるのだなあ、と実感しました。

 ☆  ☆  ☆
 
 そういえば、セミナーの講師の先生が、
 法律-政令-省令の下に、通達、質疑応答、Q&A、情報、最近は、FAQ(よくあるご質問)
まで出ているが、
 新法で、施行もされないうちから、FAQというのは、ヘンだと思わないのか、と
 指摘されていました。
 確かに。。。

 ☆  ☆  ☆

 確定申告が終了し、打ち上げに行きました。

 今回は大変な中、前日まで、フルスロットルでがんばってきて、
 ほんとうに、お疲れ様でした。

 入口で風邪をひいて、迷惑をかけた犯人は、私です。
 ごめんなさい。
 松木代表や、藤森税理士は、休日返上でがんばってくれました。
 また初めてのメンバーにはとても大変だったと思います。
 ありがとうございました。

 ということで、打ち上げは赤坂帰燕さん。

 ちょうど自分が赤坂に住むようになった年の秋に
 分とく山さんのお弟子の石塚さんがご近所で開業、
 翌年にはミシュラン一つ星をとっちゃったというお店です。

 買い物帰りにぽこぽこと普段着でお店に入ったら、お近くの方ですか?と聞かれて、
 こういうお店の顧客展開に納得した記憶があります。
 つまり、先に名が知れて遠くのお客が来るので、近くの客は、却って珍しい、という。

 燕が巣に帰ってくるように、お客様にもまた帰ってきていただける場所にしたいと
 お店の名前にした石塚さんは、帰りには土鍋ご飯の残りをおにぎりにして持たせてくれて、
 必ず、道路まで出てお見送りしてくれます。 
 
 ☆  ☆  ☆

 お料理も、グレードアップしていただきました。ありがとうございました。
d0054704_1134510.jpg



































 
 
 
  
by expresstax | 2016-03-16 23:34 | 確定申告

確定申告びっくりぽん、そして「あさがきた」とシャガの花

 東日本大震災の5周年。
 まだまだ解決にはほど遠く、
 日本って、こんなリスクカントリーだったんだ、とか、
 進んでいたつもりの技術って、こんなだったんだ、とか、
 気付かせてくれたのも、5年前のあの日でした。
 
 まだまだ大変な状況でいらっしゃる方々も多く、
 少しでも、前進していけるように、お祈りします。

 ☆  ☆  ☆

 我々の確定申告業務も、追い込みです。
 
 わらわらやっている中で、いろんなことが飛び出してきます。
 
 かなりの額の上場株式譲渡益や、配当所得をお受けになってらっしゃるのが、
 今回申告の特徴なので、申告不要制度を選択なさっているケースが多いと思いますが、
 
 一方で、総合課税の税率ベースが20%に行かないよ、という方は、
 上場株式の配当所得の総合課税か申告不要制度かは、有利不利計算をして選択、
 それに合わせて、健康保険料などの有利不利も合わせて試算しなくちゃいけないよね、とか、

 平成26年4月以後のゴルフ会員権の譲渡損失は、損益通算できなくなってるのに、
 申告ソフトでは、対応されてないんだぁぁ、とか、

 まあ、そこまでは、通常業務の範囲なのでしょうが、

 10㎡以上の田や畑の地積は、小数点以下表示されずに整数になってるんだけど(登記規則だそうです。)、
 農転(農地転用)して宅地登記になると、忽然と、小数点以下が登場してくるのは、
 家屋調査士さんが、農業委員会かどっかで調べてくるんかいね~?とか。 

 東京(やその他多くの都市)の場合は、建物新築すると、4ヶ月くらいで新築調査に来て、
 その調査での評点ベースで新築時評価額が決定されて、不動産取得税が課税されて、
 翌年1月1日基準日で、新築時評価額に経年減価が入って、固定資産税評価額が付けられて、
 という流れなんだけど、

 某県某市では、不動産取得税は、翌年3月の固定資産税評価額閲覧縦覧開始してから、
 県税さんが市税からデータを取得して、初めて不動産取得税を課税してくる、
 つまり、翌年4月以後にならないと、新築時評価額は分からないのぉぉ?とか。

 びっくりぽんのトレビアが、次々に出てきます。
 はい、勉強にはなりますが。。。(^^;ゞ

 ☆  ☆  ☆

 「びっくりぽん」と書いたのは、
 ちょうど今日のNHKの朝ドラ「あさが来た」で、
 主人公のあさが、女子大学(実際は日本女子大学)の用地に、
 実家の今井家(実際は三井家)から贈与を受けた、という場面での「地所譲渡証」が、びつくりぽんや!だったからです。
 天下の三井家の、とても深イイ話ですのにね。

 ☆  ☆  ☆

 冬が戻って寒い日が続きます。
 せっかく一番乗りで開いた公開空地の庭園のシャガの花が、震えているようです。
 がんばれ~!
d0054704_0395356.jpg 

by expresstax | 2016-03-11 23:29 | 確定申告

底抜け脱線ゲームとチェック、そして白もくれん

 確定申告真っ最中です。

 弊社では、事務所では、担当者が作成した申告書案を、
 ダブルチェックで回します。

 各自が、自分のお仕事をしていながら、
 自分のチェック箱に、溜まってきたり、
 担当者さんから、「あの~、まだでしょうか。お客様にご報告したいんですが。。。」と言われて
 慌ててチェック、次のチェック者に回して、お仕事に戻り、気がつくと、またチェック箱に溜まってる。。。

 これって、昔、テレビで見た底抜け脱線ゲームの風船割ゲームみたいだね、と大笑い。

 ☆  ☆  ☆

 底抜け脱線ゲームって、見ていた子供の頃は、名前の認識がなかったのですが、

 先頭に針がついたオモチャの機関車が、プラレールの線路を回ります。
 機関車が、線路上に置かれた風船にぶつかったら、風船は破裂します。

 予め、何かを作ったり、組み立てたりの課題を与えられたゲーム者は、
 機関車が走っている間、離れた場所で課題に取り組んで、
 機関車が風船に近づいたら、戻って風船を持ち上げて機関車を通過させて、
 機関車がもう一周して風船に近づくまで、また持ち場で課題に取り組むんだけど。。。というゲームです。

 てんやわんやのゲームです。

 ☆  ☆  ☆

 チェックの視点には、

 数字の突き合わせのようなシステム化したチェックと、
 実務の流れと数字の整合性を見抜いて、論点を透視するチェックと、

 2つの視点が必要です。

 先のチェックには、なまじ慣れたベテランより、
 きちきちと、予断や偏見なく数字をジャッジする分野外の人の方がいい場合もあります。
 だから新人さんでも、チェック者になれるのです。

 後のチェックは、実務に習熟とまででなくても、
 一定程度、実務脳を持ってる必要があります。

 多くの場合、
 チェックの専担者を置くか、
 マネージャー(管理者やチーム長)がチェック者になるか、になりがちですが、
 上の2つの視点のバランスが大事です。
 
 ダブルチェック、トリプルチェックは、これをカバーするための仕組みです。

 そして、チェックの専担者を置かず、全員でチェックしあうのは、
 メンバーがやったお仕事をチェックする中で、
 自分が担当していない、携わっていない案件を追体験して、 
 自分ひとりの24時間365日では経験しえない、
 2倍も3倍もの知識と経験を、吸収できるからです。
 次に自分が新しい事案に当たったときの予習になるからです。

 全員がチェックできる力をつけるのは、事務所としての底力になります。

 ☆  ☆  ☆

 過去に、チェックをお願いしたときに、
 個人事務所でやってこられた先生は、非常にムラのあるチェックをなさいました。
 大きな事務所でやってこられた先生は、
 チェックをしたらチェックマークしてチェック痕を残すことさえご存じありませんでした。
 監査法人系の事務所を経験した人が見たら驚愕するような状況でした。

 これでは、事務所のチカラになりません。

 ☆  ☆  ☆

  
 議論の論点についてのチェックは、
 その時点と状況によるところが大きく、
 お客様のご判断を仰ぐという局面もあるでしょうが、

 一番、避けねばならないのは、基本事項や数字や文字のケアミスです。
 チェック者にチェックされて見つけてもらったら、もう、感謝感激、万々歳です。

 まずいのは、
 国税さんにチェックされて、連絡を受けたり、
 もっとまずいのは、「これ、違いますよ。。。」とお客様から指摘されてしまったり、となると、
 目も当てられません。
 
 そんなつらい状況にならないためにも、
 大いに底抜け脱線ゲーム、がんばって、チェック、チェックでやり抜きましょう。(^^)/

 ☆  ☆  ☆
 
 今日は雨でしたが、昨日は晴れた青空の下、
 事務所ビル公開空地の庭園に、白もくれんが開いていました。
d0054704_23583020.jpg 







































 
by expresstax | 2016-03-09 23:29 | 確定申告

何故か増えてく?確定申告、そして御用地の霧

 今年の確定申告は、いつにも増してワラワラです。
 お客様の資料は、例年より早く戴けて、
 事務所の体制もバッチリ、
 満を持して迎え撃っていたはずだったのですが。。。

 資料を拝見して発覚した、対応して有利申告しておいた方が良い事案、
 お客様が、諦めていらした損失を、将来に活かす事案、
 いただいた資料が、ちょっと不備で、再度ご準備頂いた方がいい事案、
 昨年来、ご相談のお客様からの緊急のご依頼、
 そうしたことが、ぞろぞろと現れてきたからです。

 もっとも、これらも、慌てて取り組んでいたら、
 見逃していたか、時間切れで諦めざるを得ないかもしれないことばかり。

 むしろ、お客様から早期に資料をいただけたために、
 気づき、深耕し、さらなる有利な税務へと、ご提案をすることができてきたからといえます。

 またそれは、メンバー全員が、申告書作成やチェックの過程で、
 ひとつひとつの事案に、
 もっと有利にできないか、もっと将来に活かせないか、
 考えながら取り組んできて、
 
 事務所のチームワークと、アイディアの出し合いと教え合いが形になってきている成果ともいえます。
 悲鳴をあげながらも、本当は、素晴らしいことなんです。

 すごいぜ!みんな!
 
 とはいえ、当初予定より、業務課題が、かなり膨らんでしまいました。
 
 ここは一番、がんばって、あと1週間。
 やりきりましょう!

 ☆  ☆  ☆

 今日は一日、雨。

 事務所執務室の窓から見る赤坂御用地の向こうの新宿は消滅。
 そして、迎賓館と赤坂御用地全面に、霧が立ちこめています。
 暑い夏の夕立の時期には、よく見る現象でしたが、
 まるで山間部の山裾のような霧と靄は、
 心まで静めてくれます。
d0054704_109261.jpg






















 

 

 

 
by expresstax | 2016-03-07 23:04 | 確定申告

医療費控除の領収書って、そして女子肉会

 お客様と、
 医療費控除の対象となる医療費支出について、ひとしきりお話しがあったところで、
 医療費の領収書って、どこまでチェックされるんでしょうね、というお話しになりました。

 ちょうどこの日のネットの記事で、
 「医療費控除について、税務署は領収書をすべてチェックする」という記事が上げられていました。
 「元国税調査官」さんである税理士先生によれば、
 医療費の領収書は、1枚1枚、すべて確認するとあります。
 
 ☆  ☆  ☆

 提出されれば、確認しています、と対応せざるを得ないのはわかりますよね。

 見解はいろいろあるでしょうが、

 実は、
 現在の電子申告制度では、領収書の記載内容の入力がある場合は、
 医療費の領収書は、「第三者作成書類」として
 確定申告書に添付する必要なく、提出省略することができます。

 平成20年1月4日以後提出確定申告書についての制度であり、 
 弊社でもこの方式を進めています。

 そうすることによって、医療費領収書をお客様の手許で保存することができ、
 医療記録として活用していただくことができるからです。

 今の国税さんの制度は、電子申告を含め、 
 昔に比べ、ずっと大人の制度に成長していると考えたらよいでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 「正直者がバカをみる世の中にしたくない」という言葉は、
 以前に、国税マンさんから伺いました。

 医療費控除制度そのものが、
 治療で大変な出費があるときに、
 税金を軽くできるように、という救済規定です。

 そして、実は、医療費控除で患者さんたちに領収書を提出させてきたのは、
 患者側から提出された領収書と、医療費の受取者=医療機関の帳簿を付き合わせる、抽出調査することによって、医療機関の脱税を摘発することが、その主たる目的でした。

 でも、それも、昨今のKSK(国税総合管理システム)や、ITC化、電子申告、
 さらにはマイナンバー制度のスタートにより、
 医療機関の脱税摘発は、過去に比べて飛躍的に簡単になっているはずですから、
 ニーズは低くなっているのでしょう。

 ☆  ☆  ☆ 

 ネットの記事にあるように、 
 国税さんが、わざわざ莫大な人件費をかけて、
 患者さんたちの医療費を否認するために躍起になっているのではないことを、
 お客様にもご理解いただければ、税制の理解のためにも良いのではないかと思っています。

 ☆  ☆  ☆

 確定申告のキックオフに行ってなかったよね、とのことで、
 以前から話題にのっていたステーキランチに繰り出しました。
 なぜか、男性が「行かな~い」とのことで、
 女子肉会と相成りました。

 話題のお店は、赤坂でも隠れ名店?
 希少部位シャトーブリオンをステーキで焼いてくれます。
 400gまで選べるそのお店は、どうも、おぢちゃんとおばちゃんが切り盛りしてる様子。

 全員が、250gをチョイスし、ただし焼き方は、普通(ミディアム)とレアに分かれます。
 どーんと出てきたステーキは、レアがぶ厚め、普通がちょっと叩いてあって薄め(でも厚い)でしたが、
 脂身が全くなく、柔らかでクセのないお肉は、ほんとうにシャトーブリアン。
 ワーっといいながら、ぺろりと完食してしまう女子部でありました。
 次は、アレにしようか、と、また来る気、満々です。(^^ゞ
d0054704_18223738.jpg
 

 
 






























 

by expresstax | 2016-02-23 23:09 | 確定申告

確定申告続々、そして増上寺の白梅

 確定申告が始まり、業務をガンガン進めています。
 
 何より、今年驚いたのは、1月末までで、お客様から8割方、ご資料をお預かりできてきたことです。

 年々、確定申告については、事前にご案内申し上げてきて、
 また、今回は、昨年までの財産債務明細書に代わり、財産債務調書がスタートし、
 譲渡や贈与が大変増えていますので、
 早めに告知させていただいてきました。

 これらはみんな、事務所メンバーのご案内の工夫の賜(たまもの)でもあります。
 ありがとうございます。

 今回、これまで以上に、お客様達が一斉にご協力下さり、
 医療費控除資料も、これまで以上に自主計算方式を励行して下さり、
 平成29年以降のOTC制度導入の前トレーニングにもなろうものです。

 素晴らしいです! ほんとうに、ありがとうございます。

 事務所一同で、一斉に進めて、
 有利な税務の検討や選択についても、逐次、重ねてお打合せ、ご報告申し上げていきます。

 いよいよ山場です。

 よろしくお願いします。

 ☆  ☆  ☆

 先日麻布支部のウォーキングで行ったときの増上寺の鐘楼の白梅です。
 今はもっと開いていますよね。

 今年は暖冬とのことで、水戸や越生の梅林も相当開花しているとのことです。
 庭園巡りでよく行く浜離宮にも大きな梅園がありましたが、
 あそこも咲いているのでしょうか。
 でも、この時期に梅園巡りは、この仕事をしている限り、
 夢のまた夢なのでしょうか。。。。。
d0054704_2304851.jpg 
































































 
by expresstax | 2016-02-19 23:34 | 確定申告

ご相談、ご契約・・・、そして蕗の花

 確定申告が終わったとたんに、
 堰を切ったように、お客様からのご相談が始まりました。
 
 顧問契約をお待ち頂いていたお客様からの、ご契約締結のご連絡もいただきました。
 ありがとうございます。

 待ち構えて下さっていたのでしょうか。
 お待たせして、申し訳ありませんでした。

 がんがん、対応させていただきます。(^^)/

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルエントランスの植え込みに、
 なんと蕗(フキ)の花が伸び伸びと咲いていました。 
 周囲にふきのとうがないかと探しましたが、ここだけのようです。
 ツワブキは、前から植栽されていたようですが、 
 この蕗は、どこからか飛んできたのでしょうか。
d0054704_1926343.jpg
by expresstax | 2015-03-17 23:05 | 確定申告

確定申告終了、打ち上げと桜

 確定申告業務を終了、やり遂げました。
 
 今年は不動産の譲渡、交換、収用、自社株の贈与、譲渡が続々でした。

 もちろん例年通り、金融資産の譲渡や配当等も、ごっちゃり、
 お客様達の平成26年での資産組換えや、利益確定の成果です。
 素晴らしいです!

 件数も多かったですが、新規の顧問先様の初回申告も続々。
 昨年から会計や税務の改善を図っていただき、
 がんばっていただいた成果が集大成されていました。
 素晴らしいです!

 お客様も、事務所メンバーも、
 お疲れ様でした!
 特に事務所メンバーは、土日返上で頑張ってくれました。ありがとうございました!

 ☆  ☆  ☆

 お昼は、予定通り、打ち上げランチに繰り出しました。
 
 ホテルニューオータニの庭園にあるステーキの石心亭さんです。
d0054704_142379.jpg

















 ベテランのコックさんが、いつも一生懸命焼いてくれる、とても気持ちのいいお店です。
 打ち上げなので、しっかりスパークリングワインで乾杯をしました。
 ごちそうさまでした。
d0054704_141796.jpg
















 


 お庭には、桜の開花が始まっていました。山桜のようです。
 オータニの桜の季節も、もうすぐそこです。
d0054704_1433236.jpg
by expresstax | 2015-03-16 23:19 | 確定申告