ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

カテゴリ:相続・贈与( 248 )

 令和元年10月から
 相続税の電子申告が始まりました。 

 対象は平成31年1月1日以後開始相続から。
 その申告期限が10か月後の11月1日なので、
 10月1日から受付、ということなのでしょう。

 これまで他の税目は全て電子申告できましたが、
 相続税申告が最後の砦だったんですね。
 これで、全税目、電子申告できることになります。

 ☆  ☆  ☆

 弊社でも、電子申告をご希望のお客様の相続税申告を電子で行います。
 初めてのケースになるので、いろいろ調べつつ、です。

 電子で送信するのは、
 申告書部分と、33条の2書面等。

 33条の2書面も電子で一緒に送信ということなので、
 これも、これまでは独自にPDF作成してきましたが、
 申告ソフトで作成せねばなりません。

 その他の書類は、PDF送信、
 あるいは、紙書類で別送となります。

 なんたって、代表が、情報システム委員長で鳴らした豪傑なので、
 気合いが入ります。(((((((::^^);;

 ☆  ☆  ☆

 事務所新年会は、ホテルニューオータニの、
 The Sky という元回っていたビュッフェ式のレストランです。(>_<)

 以前は回転していたようなのですが、
 今は、回転せず、定位置。

 席は、赤坂御用地側だったので、
 何だかいつも見慣れた同じ景色でした。。。
 事務所ビルが正面に見えて、良かったですが。(^^ゞ

 ビュッフェといっても、
 そこは天下のニューオータニ。
 
 ステーキのレアはダメ、
 お寿司のホッキ貝や海老は、すべて茹で上げ、という、
 衛生管理バリバリで、
 レア好きの自分には、ちょっとナンでしたが、
 
 でも、お腹がパンパンになるまで、
 おいしく楽しく頂きました。
 ごちそうさま、そして今年もがんばろーぜ!

 ☆  ☆  ☆

 たらふく戴いたあとは、2階の屋上庭園、ローズガーデンへ。
 いつも事務所セミナー会場のウェイティングロビーで、上から見下ろしていたんです。
 
 一般公開されてないんですが、
 代表がニューオータニクラブの会員なので、
 いつでも見学や会員専用ラウンジでのドリンク休憩ができます。
相続税の電子申告、そして新年会とローズガーデン_d0054704_17185199.jpg





















 こんな寒い時期なのに、
 真っ赤なバラが絢爛と咲いていました。
 この日も寒い中、バラ園のアーチ仕立てを、庭師さんが手入れしていました。
 手塩にかけてる、ということですね。
相続税の電子申告、そして新年会とローズガーデン_d0054704_17193884.jpg






















 毎年5月頃には、3万輪のバラが咲いて、
 イベントがあるそうですから、
 また来ようね。

 




 
 

by expresstax | 2020-01-14 23:56 | 相続・贈与

 このところ、ご相談がまた増え続け、
 スケジュール調整がかなりタイトになっています。

 でも、お客様たちが、抱えて困って駆け込まれてくるご相談です。
 丁寧にスケジューリングして対応させていただきます。

 ありがとうございます。
 ご期待にお応えできますように、がんばります。

 ☆  ☆  ☆

 といいつつ、幕張のライブに駆けつけます。(^^;ゞ
 不穏な雲を頭に、国際展示場に向かいました。

 中止になってしまったライブもありました。
 泣けます。

 こんな時期は、台風とにらめっこしながらのライブ日程。
 大変です。
ご相談、ご相談、ご相談、そして幕張ライブ_d0054704_18495924.jpg






























by expresstax | 2019-10-28 18:19 | 相続・贈与

 お客様のご相続の遺産分割協議の立会に伺いました。

 概ねの分割の方向は、既にご指示いただいていましたので、
 相続人様の全員のご確認と、それに基づく相続税額のご報告です。

 ご実家には、相続人様と各配偶者の方々がお集まりになっていましたが、
 資料確認等で必要な都度お顔を出して下さり、
 それ以外は引っ込まれて、
 ご配慮下さっている様子が伺われました。
 ありがとうございました。

 特に会社の株式についての方向性が、
 ご相続で、大きな比重を占めます。

 今後、自社株納税猶予制度を適用できる可能性を残しながらの
 分割が必要です。
 その点も強調してご報告させていただいて、
 ご協議を進めて頂いたところ、
 当初案で、全員、異議無し、と決めて下さいました。

 最初から最後まで、和気藹々、
 被相続人様と配偶者様を、
 皆様がとても仲良く、
 力を合わせて、思いやり合って、
 これまで来られたご様子が感じられ、
 その暖かなご家風に、感激しました。

 ありがとうございました。

 これを受けて、弊社の業務もさらにスピードアップさせて戴きます。

 ☆  ☆  ☆

 浅草に行きました。
 吾妻橋越しのアサヒビールさんや墨田区役所、
 その間にすっぽりとスカイツリーが挟まって見えます。
遺産分割協議と自社株、そして浅草うな鐵_d0054704_18224399.jpg

 
 


















お昼に、うな鐵さんで、
兜(頭)や、肝、ヒレや骨揚げなど、鰻を余すところなくいただいた後は、
名物塩ひつまぶし。
わさびや海苔、山椒や薬味で味変しながらです。
以前、国際通りのうな鐵さんで大感激したのですが、
あちらが昔の本店、墨田川寄りのこちらのお店は新店を本店としたそうです。
遺産分割協議と自社株、そして浅草うな鐵_d0054704_18262017.jpg


 























 
 浅草寺は外国人観光客でいっぱい。
 円高なのに、欧米系が増えてます。
 以前に比べ、貸衣装屋さんでか、着物姿の外人さんがメッチャ多かったですね。
遺産分割協議と自社株、そして浅草うな鐵_d0054704_18332811.jpg























 お土産に買ってきたやげん(薬研)堀さんの唐辛子です。
 陳皮と山椒強めにブレンドしてもらいました。
 以前は辛いものが大の苦手でしたが、最近は鍛えられてきました。(^^;ゞ
 で、中辛です。
遺産分割協議と自社株、そして浅草うな鐵_d0054704_18432135.jpg




















 
 

by expresstax | 2019-10-10 23:16 | 相続・贈与

 夏の暑いさかり、
 ご相続の現地調査、役所調査が続きます。

 熱暑の中、濃密な湿度と雨と、強烈な圧力の日射と。
 でも、このタイムスケジュールで進めないことには、
 ご相続のお仕事は進みません。

 お客様達に同道していただき、
 現地調査の行動隊長メンバーと、
 ガシガシと、進めます。

 場所によって、
 各種メジャーや音波計測器、騒音計等々を駆使します。
 
 一部、音波計測器で図ったところ、
 既測量図と異なるデータが出ました。
 温度により、空気の密度が変わるから、
 熱暑の場合は、調整が必要ということも発見しました。
 やってみなければわからないものです。

 役所調査の結果と合わせて、
 さらに深度ある財産評価を進めていきます。

 がんばりましょう!

  ☆  ☆  ☆

 お客様のビルの中庭にそびえる山法師(ヤマボウシ)の樹です。
 葉が丸いので、最初、桂の樹かと思いましたが、ミズキの樹種なのだそうです。
 ミズキの花のように、
 白い花弁が、坊主頭のような中央の花穂をくるむ頭巾に似ているとのことで、
 この名がついたそうです。
 砂糖漬けされた実が、和食についてきたのを食したことがありますが、
 この樹だったのですね。

 山生の珍しい樹種をあえて植生させた中庭は、
 良い日蔭を作る素敵なスペースになっており、
 お客様の建築の工夫が偲ばれます。
 ありがとうございました。
現調、現調、現調・・・、そしてペットロス_d0054704_15452330.jpg

 























  ☆  ☆  ☆

 月半ばに、ペットが亡くなり、お星様になって、
 虹の橋のたもとで待っている弟分のところに行ってしまいました。
 まだまだ涙が止まりません。

 ずっと、腫瘍のための抗生剤を処方されていたのですが、
 とても元気だったのです。

 でもあるとき急に体温が下がって、
 慌てて動物病院で、点滴をしていただきました。

 その後、何とか体温は回復したのですが、
 食事をとれなくなって、シリンジ(注射器)での投与に変え、
 毎日、朝と夕に、動物病院に通って点滴を続けました。
 が、5日目に、最期を迎えてしまいました。

 人間年齢100歳を越えて、
 腫瘍ができてからでも4か月頑張ってくれました。
 人間でいえば、10年間闘病したことになります。

 腫瘍を抱えながら、よく食べ、飲み、遊び、寝て、
 最期の3日前までお散歩をおねだりしたりしていました。

 ほんとうに、がんばったね。
 ウチの子になってくれて、とっても嬉しかったよ。
 ありがとうね。

 ☆  ☆  ☆

 動物病院の先生が、かわいいお花のアレンジメントを
 贈って下さいました。
 ありがとうございました。
 ご恩は一生忘れません。

 左が低いステージに乗ったのが弟分、
 右のちょっと高いステージのが兄貴分です。
 一緒に並んだところに、お医者様からのお花を飾りました。

 大好きだよ。
 いつまでも、いつまでも、大好きだよ。

 一緒に仲良く、
 虹の橋のたもとの花々が咲き乱れる緑の野原で、
 もう痛みがなくなって、美しかった毛が戻って、
 美味しいものをいっぱい食べて、
 美味しいお水をいっぱい飲んで、
 たくさんいろいろ遊んで、走って、ころがって、
 ぐっすりよく眠って、
 私達が行くまで、待っていてね。
 きっとね。
 お願いね。
現調、現調、現調・・・、そしてペットロス_d0054704_16052364.jpg


 















 











 

 
 

by expresstax | 2019-08-30 23:30 | 相続・贈与

 しばらく前のことですが、
 以前このブログで書いていた
 未分割一次相続財産の二次相続時での遺産分割。

 相続人が複数だった場合は、以前に書きました。
 弊社でも携わった事例です。

 ところが、二次相続時に、一次相続が未分割のまま、相続人が1人になっていた場合。
 この場合は、扱いが違うよ~、ということから司法書士先生からご指導をいただいていました。
 その節は、ありがとうございました。
 ちょうど、平成26年(2014年)の法務省の新解釈が出て、揺れ始めていた時期でした。

 ☆  ☆  ☆

 そんな今日この頃、このブログの読者の税理士先生から、
 この問題について、ご質問をいただいたのです。
 ありがとうございます。

 ご質問は、二次相続の相続人が1人なのだが、
 一次相続の父上の遺産が未分割のまま、母上の二次相続を迎えてしまった。
 所轄に相談したら、法定相続分でと指導を受けたのだが、
 どう対応したらいいだろうか、ということでした。
 
 ☆  ☆  ☆

 実は、上に挙げたブログを書いた後、
 平成28年3月2日付法務省民事第154文書(通知)が発出されていました。
 大阪の法務局さんが、民事二課に質疑を出し、その回答を、他局にも通知している内容です。
 現在のところは、この通知に基づいて取り扱われています。

 「所有権の登記名義人Aが死亡し、Aの法定相続人がB及びCのみである場合において、Aの遺産の分割の協議がされないままBが死亡し、Bの法定相続人がCのみであるとき」の問題です。
 この単独では分割協議できないね、として取扱が右往左往していましたが、
 この平成28年3月2日付法務省民事二通知により、次のように整理されたわけです。

1.平成26年9月30日判決以前
 Bの死後、Cが単独でAの遺産を相続する旨の証明書を作成して、Aの遺産を単独相続できた。

2.平成26年9月30日東京高裁判決以後、平成28年3月2日付法務省民事二通知まで
 Cは、単独でAの遺産の分割協議をすることはできないので、
 Bの死後、Cが単独でAの遺産を単独で相続したとすることは適格性を欠くとされてきました。
 したがって、その場合は、Bの死後、Aの遺産を、BとCが共有相続、
 Cは、Bの遺産となった元Aの遺産を相続、と段階的に取得し、登記しなければならない。

3.平成28年3月2日付法務省民事二通知以後
 しかし、BとCの間で
 Cが単独でAの遺産を取得する旨のAの遺産の分割の協議が行われた後にBが死亡したときは、
 遺産の分割の協議は要式行為ではないことから、
 Bの生前にBとCの間で遣産分割協議書が作成されていなくとも当該協議は有効であり、
 また、Cは当該協議の内容を証明することができる唯一の相続人であるから、
 当該協議の内容を明記してCがBの死後に作成した遺産分割協議証明書は、
 登記原因証明情報としての適格性を有し、
 これがCの印鑑証明書とともに提供されたときは、相続による所有権の移転の登記の申請に係る登記をすることができる。
 
 要式行為とは、遺言書が年月日署名捺印がなければ無効とされるように形式を踏んで初めて有効な法律行為をいいますが、遺産分割協議は、口頭でもOKで、贈与のように、書面がなくても成立する法律行為です。
 BとCの間に遺産分割協議書の書面を作成していなくても、
 BとCの間で、Aの遺産は、Cね、うんわかった、という分割が成立したなら、
 その旨を証明書にして登記情報証明書(昔の登記申請書)を出せば認めるよ、
 ということです。

 もちろん、
 BとCの間で、そんな話合いがなかったのに、
 CがAの遺産を直接単独取得すれば、登記は1回で済んで、
 相続税だって、どうかすると、Aの相続から5年以上経っていれば、時効じゃん、とばかりに、
 分割協議が成立していた「ことにする」というのは、もっての外、です。
  
 ☆  ☆  ☆
 
 上記の通知の件をお伝えしましたら、
 ブログ読者の先生は、
 分割についての話は、二次相続の被相続人の生前には、行われていなかったので、
 法定分で二度の相続を処理することとします、とのことでした。
 
 いずれにせよ、筋道を明解にできることが大事です。
 今後も、このような事案があったら、
 遺産分けの実質の協議の有無が最も大事ですので、
 その点を、よくお客様にご指導申し上げるようにして下さい。

 よろしくお願いします。
 
 ☆  ☆  ☆

 夕焼けです。
 渋谷方面に日が落ちていきます。
 隈さんの国立競技場は、外側の骨格は出来上がったようです。
未分割一次相続財産の二次相続時での一人遺産分割の顛末、そして夕焼け_d0054704_17384638.jpg




































by expresstax | 2018-10-05 23:26 | 相続・贈与

 お客様の相続財産について、預金調査をさせていただきました。
 相続税申告にあたって、過去の預金の異動の履歴を調べ、
 預金推移表と弊社で呼んでいる書類を建ち上げていきます。
 
 将来の税務調査の際に、この出金は、だれへの贈与か?など、
 余計な疑いを抱かれないように、予め確認させていただくのです。

 その中に、不明なご出金が数百万円ありました。
 
 お尋ねすると、被相続人様が、銀行さんで、「信託」の契約をしていたと。

 これは、銀行さんによって呼び方は、まちまちで、
 三菱UFJさんは、「ずっと安心信託」、
 三井住友さんは、「家族おもいやり信託」、
 りそなさんは、「資産承継信託」、
 みずほさんは、「家族信託」。

 いずれも、
 相続時に預金が凍結されて、当座の費用が出せなくなるのを避けるために、
 葬儀費用プラスアルファ程度を信託銀行に信託しておき、
 予め登録した帰属権利者が、すぐ引き出せるようにする、という商品です。

 つまり、銀行が窓口になっているものの、信託銀行しか扱えない信託商品なんですね。
 正式名称は、「特定目的金銭信託」などとなります。

 このお客様の場合も、銀行で勧められ、銀行で契約して、
 銀行で払戻できるようになっていながら、
 実は、ご本人様には全く認識がなくても、
 信託銀行の商品を買っていたわけです。

 なので、
 自行で信託を扱っているりそな銀行以外は、
 銀行の残高証明書には載っておらず、 
 当然、該当の信託銀行に、残高証明書を請求しなければならないのです。

 でも、ご本人様はそんな認識がないのですから、
 これは、この商品を扱った銀行窓口や担当者が、相続にあたって、
 信託銀行への手続を案内すべきものです。

 調べて、急遽残高証明書を請求して、相続財産に計上することになりましたが、
 
 銀行さん、信託銀行さん、相続アドバイスの営業はがんばってらっしゃるのなら、
 売ったら買わせたら、ハイ、おしまい、
 ではなくて、
 こうした手続についても、最後までお客様をお導きするのがスジじゃないでしょうか、ね。(T_T)

 ということで、みんなで、ぶーぶー言いながら、
 相続税申告を進めました。とさ。(-_-)
 
 ☆  ☆  ☆

 桜も、ソメイヨシノは終わり、
 世は八重桜です。
 
 お昼休みに、ホテルニューオータニの脇のレストランオーバカナルさんへ。
 八重桜の下で、オープンエアのテーブル食ができます。
 ボンボンのような大きな桜が枝先を揺らしています。 
銀行の信託と残高証明書、そして八重桜_d0054704_19061654.jpg



























 

by expresstax | 2018-04-11 22:35 | 相続・贈与

 遺産分割協議を進めて頂いていますが、
 問題が出現。

 相続税対策の一環ということで借入金で建築なさった建物を、
 特定の方に相続して頂くお話しが出てきました。

 例えば
 借入金1億円で建築した建物評価額が固定資産税評価額の3,000万円、
 満室ですから借家権控除すると7割の2,700万円の評価額になります。

 に対して、1億円の債務がついてますから、
 もしこれを特定の相続人様が相続なさると、
 2,700万円-1億円=▲7,300万円と、逆ざやが生じます。
 土地とセットにしても、大きな逆ざやです。

 評価上はマイナスですが、ちゃんと賃料収入が入ってきますから、借入を返済しながら、
 資産として取得できます。
 
 この相続人様が他に7,300万円を一緒に相続しても、取得財産はゼロ、
 いわゆる相続税「節税」の原理です。

 でも、
 この相続人様がこの建物と借入金だけを相続するなら、取得財産は▲7,300のマイナスのまま。
 これはゼロとされて、当然、その相続人様はゼロ円ですが、
 他の像族人様の取得財産から、逆ざやの7,300万円を差し引くことはできません。
 そのぶん、相続税負担が増える結果となります。

 さあ、この逆ざやをどうするか、で、またお話し合いをすることになりました。(^_^)

 ☆  ☆  ☆

 分割協議で事務所にお集まりいただいたお客様が、
 お土産をお持ち下さいました。

 先日、ここで未練たらたらでイジましく書いていましたら、(>_<);;
 お客様がご自宅のお庭で採ったふきのとうを天ぷらにして
 お持ち下さいました。
 ありがとうございます!!
借入建築建物の債務逆ざや、そしてふきのとうと酒まん_d0054704_19125429.jpg




















 ご出席できないお嬢様が、地元のおいしい酒まんじゅうを託して下さいました。
借入建築建物の債務逆ざや、そしてふきのとうと酒まん_d0054704_19083616.jpg






















 おいしくいただきました。
 ありがとうございました。












 
by expresstax | 2018-03-05 23:23 | 相続・贈与

 長年、ずっと関与させていただいてきたお客様が亡くなられました。

 ご長命で、90歳を過ぎても、お肉にワインと嗜まれ、とてもお元気でした。
 ご事業を築かれたお元気なときのお姿ばかりずっとずっと拝見してきたので、
 ご様子が悪くなってからのことが今でも信じられません。

 お通夜告別式と出席させていただき、
 ご遺族と一緒に、たくさんのお花を献げました。

 後継者様がもう既に立派に後の事業を引き継がれていますが、
 まさに、これからという時期。
 どうか、変わらず見守って頂くように、お祈りしました。

 ☆  ☆  ☆

 先週、別なお客様から贈っていただいたチューリップが、
 とてもかぐわしい香りで接客室を満たしてくれています。
 ピンクのフリルが可愛い方がファンシーフリル、
 白の八重がモンディアルというそうです。
 お客様のご配慮に、一日一日、力をいただいています。
 ありがとうございます。
お客様のご逝去、そしてチューリップをありがとうございました。_d0054704_19100038.jpg































by expresstax | 2018-02-23 23:54 | 相続・贈与

 お客様のご相続があり、自筆証書遺言の検認が行われることになりました。 
 
 検認には、皆様が家庭裁判所に赴いていただいたそうで、
 我々は、そのお集まり頂いた後、お伺いしました。
 遠距離ですので、現地確認を兼ねての訪問です。

 これからのご相続の手続をご説明申し上げ、
 スケジュールのお打合せ、
 皆様に、今後の進行をしっかりと頭に入れて頂きます。
 初めてご挨拶させていただくご相続人様にも、
 よくご理解いただき、ご質問やご相談を、直接いただけるようにしました。

 これから大変と思いますが、
 お母様を中心に、
 心をひとつに、乗り切っていきましょう。
 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 ホテルの窓からの夜景です。
 対岸の観覧車が見えます。
 遺言書検認と相続人様へのご挨拶、そして老人ホーム見学_d0054704_15354853.jpg



















 ☆  ☆  ☆

 遺されたお母様が、広いご自宅では不安だと、
 老人ホームへの入居を検討なさっています。
 ぜひ一緒にみてほしいとのリクエストをいただき、
 帰り際に、一緒に見学に同行しました。

 お客様は以前に見学なさっていて、
 既にお気に入りで、我々をご案内くださるほどでした。

 素晴らしい設備で、
 ピカピカの石床や居室のフローリングが、高齢者が滑ったらアブなくないかな、と心配になるほどでした。
 3レーンのプールで、入居者さんがクロールで何往復も泳いでいたのも印象的でした。

 無事ご入所できるといいですね。
 遺言書検認と相続人様へのご挨拶、そして老人ホーム見学_d0054704_15285115.jpg




















 ☆  ☆  ☆

 帰りの新幹線は、名古屋の雪でのホームドア故障で、停車。
 ずっとずっと動けずに、東京帰着は深夜になってしまいました。
 こんなこともあるよね~、と帰ってきました。

 


 
 

by expresstax | 2018-01-23 23:13 | 相続・贈与

 先日、ここで書いた老人ホーム入所後自宅を建替えた場合に、 
 相続税の小規模宅地の特例の適用が可能かどうか、の問題。
 これについて、どう考えるべきなのでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 明確に記載された質疑や書籍はなく、
 TAINS(税理士会税務判例データベース)で検索しても出てきません。
 しかし、これについては、適用可能と考えるべきと思います。

 根拠は、次の通達です。
================

租税特別措置法関係通達69の4-8( 居住用建物の建築中等に相続が開始した場合

 被相続人等の居住の用に供されると認められる建物(被相続人又は被相続人の親族の所有に係るものに限る。)の建築中に、又は当該建物の取得後被相続人等が居住の用に供する前に被相続人について相続が開始した場合には、当該建物の敷地の用に供されていた宅地等が居住用宅地等に当たるかどうか及び居住用宅地等の部分については、69の4-5《事業用建物等の建築中等に相続が開始した場合》に準じて取り扱う。(以下略)

=================
 ここで、「69の4-5《事業用建物等の建築中等に相続が開始した場合》」というのは、次の通達をいいます。
=================

租税特別措置法関係通達69の4-5(事業用建物等の建築中等に相続が開始した場合)

 被相続人等の事業の用に供されている建物等の移転又は建替えのため当該建物等を取り壊し、又は譲渡し、これらの建物等に代わるべき建物等(被相続人又は被相続人の親族の所有に係るものに限る。)の建築中に、又は当該建物等の取得後被相続人等が事業の用に供する前に被相続人について相続が開始した場合で、当該相続開始直前において当該被相続人等の当該建物等に係る事業の準備行為の状況からみて当該建物等を速やかにその事業の用に供することが確実であったと認められるときは、当該建物等の敷地の用に供されていた宅地等は、事業用宅地等に該当するものとして取り扱う。(以下略)

=================
 つまり、建築中に相続となった場合でも、事業供用が確実ならば事業用宅地と扱う、
それと同様に、居住用とすることが確実なら、居住用宅地として扱う、というものです。
 
 つまりここで、建替えして被相続人が事業や居住の用に、結果的にそれぞれの用途に供していない当該建物の敷地についても、認めるとしているのです。

 これについて、「租税特別措置法通達逐条解説」(大蔵財務協会平成23年度版、これが最新(^^))では、次のように解説しています。
=================
 特例の適用がある居住用宅地等は、相続開始の直前において被相続人等が居住の用に供していた宅地等をいうものであるから、居住用建物の建築中又は居住用建物の取得後、現に被相続人等が居住の用に供する前に相続が開始した場合には、その建築中の建物又は取得に係る建物の敷地の用に供されている宅地等については、特例の適用がある居住用宅地等に該当しないことになる。
 しかし、居住用宅地等の場合には、それが全ての者に共通して必要とされる生活基盤であることからすれば、居住の継続という観点では、建築中等の建物の敷地の用に供されていた宅地等についても、現に居住の用に供されている建物の敷地の用に供されていた宅地等と同様の必要性が認められるので、被相続人等の居住用宅地等であるかどうかの判定を相続開始の直前の一時点で行うのは、この特例が設けられている趣旨から見て実情に即したものとはいえないこととなる。
 そこで、69の4-8は、建築中等の居住用建物の敷地の取扱いについて、69の4-7による居住用宅地等の範囲の取扱いを踏まえて、整備を図ったものである。その具体的な判定要件を示すと、次のとおりである。
(1) 建築中等の建物は、被相続人又は被相続人の親族の所有に係るものであり、かつ、被相続人等の居住の用に供されると認められるものであること。
(2) 原則として、相続税の申告期限までに、被相続人又は被相続人の親族の所有に係る建築中等の建物を次に掲げる被相続人の親族が居住の用に供していること。
① 当該建物又は当該建物の敷地を取得した親族
② 生計を一にしていた親族

=================
 ここでズバリ、本法本文を逐字解釈すると適用対象とはいえないが、制度趣旨から、特定居住用宅地等に該当するものとして取り扱う、としています。
 
 つまり、建築中相続で、被相続人が一度も居住の用に供したことのない建物(新居)でも、その後の居住用とすることが見込めれば、その新居の敷地も、居住用建物の敷地として認めると。

 であれば、被相続人が適格な老人ホームに入所する=居住の用に供することができない事由で相続開始の直前において居住の用に供されていなかった場合も、その事由で居住の用に供されなくなる直前の被相続人の居住用の宅地等を含む(措法69の4①柱書)のですから、建替後の新居も敷地も、居住用建物の敷地として認めることになるでしょう。

☆  ☆  ☆

 こうして、これまで老人ホーム入所後建替があっても、新居への親族の継続居住等の要件が満たされていれば、
 通達関与のOB先生方が、適用可とし、
 これまで特段税務上の否認の事件の報道もなく、
 裁決や訴訟にも上っていない状況が呑み込めます。

  ☆  ☆  ☆

 ただ気になるのは、適用不可を、デカデカとホームページに記載しているのが、
 国税サイドではなく、
 民間税理士法人さんたちだということです。

 納税者不利となる見解を、わざわざ取り立てて強調するのはなぜでしょう。
 民間税理士であれば、お客様を後ろから刺すようなことは、
 あってはならないと思うのですが、
 どうなのでしょうか。(-_-)#

 ちょっと腑に落ちず、よほどの理由、例えば、報道はされなくても、
 それらの税理士法人さんで否認された事例があったのだろうか、
 などとツラツラ考えています。(?_?)

 ☆  ☆  ☆
 
 日本不動産研究所さんの定例講演会に参加しました。
 こんど事務所セミナーでお招きする吉野薫先生の基調講演がありました。
 ご担当部署の先生方にもご挨拶できました。
 ありがとうございました。

 ありがとうございました。
老人ホーム入所後自宅建替えの小規模宅地特例・2、そして不動研様講演_d0054704_21551968.jpg

































 


by expresstax | 2017-12-08 23:50 | 相続・贈与