資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

2005年 07月 14日 ( 1 )

三越さんのホスピタリティ

 昨日、ひょんなことから、三越百貨店のOBの顧問先様のお話を伺うことができました。
 お忙しい中、ほんとうにありがとうございました。

 三越さんといえば、日本の百貨店の草分け。
 そして、日本の接客業の代表選手として、お帳場客様への対応等、つとに有名です。

 いろいろなエピソードと合わせて、その三越さんの接客の神髄を伺うことができました。
 売り場が、自分の売場商品の売上と、他売場商品の売上の総額で各売場の評価がされる、というお話に膝を打ちました。
 例えば、子供服売り場にいらしたお客様を、美術品売り場、家庭用品売り場にご案内して、三越さん全体で、お客様からご購買いただく。それがその部門の売上だと。
 自分が売るのではない、売場が売るのではない、三越が売るのだ、というのです。
 これは、強いです。 

 そして、教えて下さいました。
 気配りと心配りだ、と。
 気配り、というのは、字のごとく、お客様のお気持ちの「気配」を察して動くことだ。
 心配りとは、字のごとく、お客様を徹底して、心配すること、だと。

 あっと、思いました。
 三越さんは、100年もの間、既に、その精神でビジネスを展開してきたというのです。
 すごいなあ。
 現役時代、宣伝部長を努められた顧問先様が、誇り高くそのお話をなさるのを伺って、
 とても感動してしまいました。

 とても大切なことを教えていただきました。
 ほんとうにありがとうございました。
by expresstax | 2005-07-14 23:58 | プロフェッショナル



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism