資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

物納審査の第1ハードル通過!、そして本氷川坂

 物納手続き中です。

 平成18年4月の物納に係る相続税法改正以降、弊社では、最初の物納案件です。

 この数年は、ミニバブルということもあって、物納選択しないでの納税が可能でした。
 最後の物納は、物納制度改正直前のご相続だったのです。
 
 平成20年の土地相続で、秋のリーマンショック以降の申告案件は、
 相続税評価額が高額の反面、実勢地価が下落し、あるいは、不動産が動かずに
 逆転現象状態に陥っています。

 そんな中での新法下での初めての物納申請。

 その第一のハードルは、金銭一括納付も分割納付(延納)もできません、という
 「金銭納付困難理由」の審査でした。

 これをクリアできれば、次は、物納物件審査に入りますが、

 金銭納付困難審査基準が厳しくなった本法のもとで、
 どこまで厳しいのか、手探り状態でした。

 ご相続人様と綿密な打合せのもとに、理由書作成を進め、
 ぶ厚い報告書とともに、物納申請書を提出。

 と、広域担当から、連絡がありました。

 物納申請物件の要件整備の件でした。

 「やった!」

 これはつまり、第1ハードルである金銭納付困難審査を、突破できたことを意味します。
 担当のKさんの思い切りの笑顔でした。

 次は、物件審査の第2ハードルですが、こちらは想定通り。
 たんたんと、書類を提出します。

 物納申請期限までに必要書類を揃えて提出できない場合は延長申請書を提出して、
 期限の繰延をしますが、年利4.5%のタクシーメーター状態で利子税が加算されます(相法53②)
 から、日にち勝負です。
 が、これは、なんとか、クリア。 

 このあたりが、税理士としての腕の見せ所です。
 丁寧に、丁寧に、仕事を進めます。

 ☆  ☆  ☆

 赤坂の坂シリーズです。(^^ゞ
 本氷川坂(もとひかわざか)です。
d0054704_031224.jpg















 本氷川明神が東側にあります。
 まっすぐ行くと、ミッドタウンの方向です。
by expresstax | 2009-07-15 23:00 | 相続・贈与
<< 工藤マジック、そして山王男坂 相続、遺留分減殺、遺留分放棄、... >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism