資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

樹々のこと

 現地調査のとき、
 同行の事務所メンバーから、
 「先生は、木のこと、詳しいですよね。」
 と聞かれました。

 うーん、ブログでも、書いてるし、
 写メもとるし、ね。
 確かにね。好きだよね。

 静岡の田舎出身だし、
 育った頃は、まだまだ野山がふんだんにあったし、
 実家の亡父は、庭石に入れ込んで作庭までやってたし、
 背景はあったかもしれないけれど、

 実は、木々のことを教えて下さったのは、お客様なんです。

 地主様やオーナー様、社長様のご自宅って、
 必ずというほど、広いお庭があって、
 そこに、四季折々の植栽をしつらえていらっしゃるものです。
 
 そのお客様たちから、
 折々に、名前や季節の手入れを教えて頂いているうちに、
 自分も、覚えてきてしまったというのが理由です。

 ☆  ☆  ☆
 
 日本という国は、
 緑したたる高天原の四季の国でありながら、
 都市の行政のありさまは、
 緑については、
 悲惨なほど、貧困、
 グリーン化政策など、
 まだまだ付け焼き刃です。

 現在の都市の緑は、
 民間の開発会社や地主さん、不動産オーナーさんの、
 民間努力がなかったとしたら、
 おそらく、壊滅的に貧しい状況になるでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 法人であれ個人であれ、不動産オーナーさんが、
 植栽の健全な維持のために、
 年間、どれだけの莫大な資金を掛けているか、
 行政は、全く理解していないのではないでしょうか。

 街の美観への貢献に対して、
 その資金負担を考えれば、
 補助金を出したってよさそうなくらいなのに、

 それどころか、
 ちょっとしたお庭でもあれば、
 相続税財産評価では、庭園として評価に算定せよ、的な圧力をかけることさえあります。

 もちろん、お客様達は、そんなことはおくびにも出さず、
 土地を守る者の務めとして、
 淡々と、手間をかけ、お金をかけ、緑を守っていらっしゃるのですが、
 その維持費の記録をみるにつけ、
 たいへんだなあ、と思ってしまうのです。

 そんなお客様のお気持ちへのシンパシーから、
 覚え始めた木々の名前なんです。

 ☆  ☆  ☆

 お客様のところに伺ったら、
 ぜひ、言ってさしあげて下さい。

 「丹精されていますね!
 すばらしいですね!」

 それが資産税の税理士の感覚なのです。
by expresstax | 2009-04-28 23:14 | お客様
<< 少人数私募債の手じまいと見直し... 告別式、そして竹の子 >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism