資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

先輩のお葬式

 以前の勤務先事務所での先輩が亡くなりました。
 私の入社後数年で試験合格してその事務所を独立されていきました。
 享年60歳だったそうです。
 所長がお電話くださって、今日告別式に出席しました。
 
 入社直後、ミスして先輩から「あてにならないっ」と厳しく叱られて、私がべそかいてたそうなんですが、先輩は「それで続かないなら、仕方がないっ」と語っていたとか。

 簿記2級の私が見よう見まねで法人税申告書を作って、「門前のねえちゃん、習わぬ経を読む、だな。」と言われたりとか、しつこく質問するので「なぜなぜ坊や」と呼ばれたりとか、それでも質問すると「10年早いっ」とつっかえされたり、とか。

 先輩の厳しさも厳しさですが、私も私で、平気で食いついていったのだなあ、と思います。

 もう20年以上も前の、いろいろなことが思い出されましたが、あのころの、厳しかった先輩がいなければ、私はこの道に入ることもなく、今の自分がないのは確かです。

 それなのに、ろくにお礼も恩返しもできずに逝かれてしまいました。

 若すぎるご逝去は、さぞ心残りだったろうと思うばかりです。
 先輩のぶんまで、きっちりがんばらねば、と思います。
 ご冥福をお祈りします。
by expresstax | 2007-01-24 21:51 | 折りにふれて
<< 日管協さんの総会 新年会 >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism