資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

新連載

 ぎょうせいさんの月刊「税理」での新連載の第1回目を脱稿しました。
 連載は、その名も、「相続税の小規模宅地特例~落ちてはいけない 落とし穴!!」です。

 さらに、あろうことか、所長の私と、事務所職員F君の会話方式で、というリクエストです。

 ホームページの社員紹介ページをごらんになったのか、
 編集者さんから、「F君」(実名)で、設定されてましたので、
 うーん、ウチでは、社員さんを「君付け」では呼ばないんだけどな・・・と思いつつ、
 とりあえず、そのまま原稿を作りましたら、Fさん本人から、泣きが入りました。
 「軽いですよ~!」

 はい、確かに、「F君」のキャラを思い切り、軽くして書いたのは私です。
 Fさんは、事務所でも、一番の、超超まじめさんなのです。

 編集者さんにそのことを伝えました。

 優秀で真面目なFさん実名バージョンと、
 優秀だけどちょいカルの違う名前バージョンと。

 そしたら、名前を変えて、軽く行く方を、編集者さんは選択。
 職員君の名前は、「ヤマダ君」になったそうです。(笑)
 
 それで、私とヤマダ君のアイコンを、今、デザイン中なのだとか。

 はてさて、どんなアイコンができてきますやら。

 またFさんから泣きが入らないことを祈ります。
by expresstax | 2006-11-22 23:02 | パブリッシング
<< 唐津先生 平成19年は、類似株価・都市部... >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism