珠洲市の原発計画?!

 能登半島地震から丸2か月。
 被災地の復旧どころか、
 被災者の避難も往生しているというニュースを見ながら、
 目を剥いた報道がありました。

 能登半島の、今回大災害となった被災地の珠洲市に、
 かつて原発を建設する計画があったそうで。
 新聞の日付は昭和51年1月14日。
珠洲市の原発計画?!_d0054704_21033960.jpg






















 そしてこんなチラシも撒かれたそうな。
 曰く、「原子力発電所は岩盤のしっかりした場所が選ばれています。」と。
珠洲市の原発計画?!_d0054704_21044829.jpg

 



















 地震に自信あり!原子力発電所、と。
珠洲市の原発計画?!_d0054704_21072131.jpg






















 
 もう、笑っちゃうしかありませんが、

 言えることは、この原発に地元のみなさんが反対してくれて、
 計画が撤回されたとのこと。

 この珠洲市の原発計画のあった昭和51年から35年後の東日本大震災のでさえ、
 福島原発は、未曾有の痛手を負うことになったのです。

 万が一、関電や当時の通産省だかの計画が通って、
 珠洲市に原発が設置されていたら、と思うと、ゾッとします。

 ☆  ☆  ☆

 福島原発の建設時は、候補に挙がった双葉町で、
 反対運動もありつつ、経済効果があるからと原発賛成に町が動き、
 原発を建設。

 結果的に、現在も、双葉町は大部分が帰宅困難区域のまま、
 町は崩壊した、との番組の報道に、
 言葉もありません。

 ☆  ☆  ☆

 確定申告も大詰めです。

 がんばります。







by expresstax | 2024-03-25 23:30 | 提言  

<< 松木飯塚税務情報No.65「相... 改正本が丸善リサーチさんでトッ... >>