会津若松市の固定資産税課税誤り、そしてふきのとう

 会津若松市で固定資産税の課税誤りがあったというニュースがありました。
 いわゆる過徴収・過誤納です。

 これについて、会津若松市は、小規模住宅用地の特例の適用について説明をしています。
 どうも、画地判断に誤りがあったようです。

 小規模住宅用地の特例とは、1戸当たりの敷地が200㎡までの土地について1/6の税額にするものです。

 たとえば、一軒の住宅が3筆の土地の上に建っているのに、その内1筆だけを小規模住宅用地と認定して減額し、残りの2筆は非住宅地となっていた、

 アパート入居者専用駐車場がアパート建物敷地と別画地の非住宅地とされていた、
 などでしょうか。

 これらの画地判断のミスのケースでは、住宅地と認定されれば、
 課税標準引き下げ、税額引き下げ、還付となります。

 会津若松市は、従来の画地認定の誤りに気付き、
 一斉に訂正することになったのでしょう。

 税金の過誤納や過徴収の訂正は、
 過去5年以内ぶんは、地方税法により、
 5年以前10年までは民法の不当利得返還請求権に基づき、
 10年以前20年までは、国家賠償法に基づいて、還付されます。

 弊社でも、固定資産税過誤納還付事案が進行しています。

 画地認定の誤りは、よくありそうなことですので、
 会津若松市の事件を興味をもって拝見しました。
 
 ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎

 事務所ビル入口の緑のアプローチに、
 今年も蕗のとうが顔を出していました。
 やあ、また会えたね!
会津若松市の固定資産税課税誤り、そしてふきのとう_d0054704_16110375.jpeg


 



by expresstax | 2022-02-22 23:04 | 固定資産税