豪雨と地震の避難区域とハザードマップ

 全国で豪雨とのことで、
 この赤坂4~9丁目地域にも、土砂災害警報で、
 土砂災害高齢者避難指示が発令されました。
 
 この港区は、海沿い地域は、
 水害や津波など、あってもおかしくないのでしょうが、

 自宅も事務所も、対象外なので、とりあえず安心ですが、
 NHKの警報を見ていると、
 港区は高輪や狸穴も対象になっています。
 
 対象地域にご高齢のお客様はいらっしゃらず、
 お客様は高層階なので大丈夫だよね、と

 すさまじい雨を見ながら、
 お互いに自宅におこもりしている事務所メンバーさんと
 ラインでやりとりしました。

 メンバーさんたちの区域も警報は出ていますが、
 避難指示にまでは至っていないそうです。

 赤坂に自宅や事務所を置いて、15年近くになりますが、
 こんなことは初めてです。

 ☆  ☆  ☆

 以前、近所で、写真の標識を発見しました。
 地震時の火災でも、避難せず地区内に残留せよ、ということのようです。
 この赤坂・溜池地域は、耐火建物しか建築できないからです。
豪雨と地震の避難区域とハザードマップ_d0054704_19173610.jpg






 
















 ☆  ☆  ☆

 3.11東日本大震災のときは、虎ノ門事務所でしたが、
 制震構造の建物の19階でしたから、
 避難せず、事務所内にとどまって、
 道路に溢れて避難していく人々を眼下にしていました。

 虎ノ門は、当時、古いビルがとても多く、
 人々が一斉に避難するのもやむを得なかったでしょう。

 今は、再開発でかなり新しいビルに建て変えられていますから、
 当時とは状況も事情も違っているでしょうが。

 ☆  ☆  ☆

 そういえば、港区から最新の「浸水ハザードマップ」が届きました。

 今は、地震だけでなく水害も可能性が高いことから、
 新しく作りなおされたようです。

 これですと、やはり自宅と事務所のある赤坂と元赤坂は、
 いずれも真っ白で、浸水の可能性はないようです。

 双方とも、赤坂地域でも、台地に当たり、
 自宅は、六本木通りより20mくらい標高が高く、 
 事務所の元赤坂は、青山という山の中腹のような位置ですから、
 大丈夫なのでしょう。
豪雨と地震の避難区域とハザードマップ_d0054704_22375472.jpg























 このハザードマップによれば、
 港区でも、湾岸地域はかなり危険な地域があります。
 お客様はそれらの地域にはいらっしゃいませんが、
 投資物件は、お持ちの方がいます。

 注意していただくに越したことはありません。
 地震と水害については、ご自身の地域の被害の可能性について、
 よくお調べのうえ、対策を立てて下さい。

 よろしくお願いします。














by expresstax | 2021-08-15 23:15 | 寄附