ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

匂い攻撃と無臭商品、そしてマンションの警告書

 タクシーに乗りこんだときの強烈な芳香剤の臭い、
 街を歩いているときの煙草の臭い、
 分煙方式の喫茶店での喫煙ゾーンそばの席に押し寄せる臭い。。。

 子供の頃から鼻だけは敏感で、
 異臭については、つらさ100倍で、苦労してきました。

 自宅では、ペットがいることもあって、
 消臭剤を使いまくっています。

 が、街に売られている消臭剤は、消臭剤とは名ばかりで、
 どれもいろいろな臭いのついた芳香剤ばかりです。

 無香料のものが少なく、探すのに苦労しますが、
 ドラッグストアに聞くと、無香料は売れない、とのこと。

 トイレットペーパーも然りです。
 無香料・無着色・無印刷で柔らかい、という基本を押さえた商品が少ないのです。

 なぜ、臭いを消すのに、別な臭いを重ねるのかが、
 どうしても理解できないのですが、どうなのでしょう。。。
 
 結局、探しまくって、今は消臭剤もトレペも通販に頼っていますが、
 その通販で、これまで購入していた無香料の消臭剤が販売停止になったそうで、

 無香料の愛好者がそんなに少ないのかと悲しくなって、
 ショックを受けて、こんなところで愚痴っています。
 すみません。。。。

 ☆  ☆  ☆

 自宅マンションのエレベーターに、防災センターから警告が掲示されていました。
 入居者は、マスク着用や手洗いを励行せよ、ということと、
 マンションのスタッフも、マスクを着用しますよ、と。
 
 いよいよ身近に迫ってきました。 
匂い攻撃と無臭商品、そしてマンションの警告書_d0054704_19163565.jpg








































 
 
 

by expresstax | 2020-01-31 23:25 | 提言