ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

株価の下落とキャッシュポジション、そして白もくれん

 原油問題からスタートした株価下落がコロナ問題で
 日経平均で1万7千円割れを迎えるそうです。

 お客様から、どこまで待ちますかね、とメールを頂きました。
 手ぐすねひいて待ってらっしゃるご様子です。

 ☆  ☆  ☆ 
 
 弊社では昨年から、不動産も株も、高値で手を出さずに、
 キャッシュポジションを取っておいて下さい、と
 お願いしていました。

 キャッシュポジションとは、ズバリ、
 手元に現金を確保しておくことをいいます。

 資産のポートフォリオで、
 投資資金に割り振った中でも、
 軸足をキャッシュにおいて
 いつでも投資資産を買いに入れるように、です。

 もちろん実需であれば、高値での買いも仕方ありませんが、
 そうでない限り、この1~2年は、ちょっと我慢しましょう、と
 お伝えしてきました。

 どんなにいいものが買いやすい価格になっても、
 手元がない限り、身動きがとれません。
 手元があれば、余裕で判断して先手をとっていけます。

 ちょっとこの期間を見守ってみましょう。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの公開空地のプロムナードの
 白もくれんが見事に開きました。
 ハンカチ花と呼ばれるように、
 別れの多い3月のこの季節に咲く花です。
株価の下落とキャッシュポジション、そして白もくれん_d0054704_13510217.jpg


























 


 

by expresstax | 2020-03-13 23:53 | 資産運用