ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

権利金と平均課税、そしてチューリップをありがとうございます。

 先日ここで書いた3億円のマグロの平均課税

 いっぺんに超過累進税率で、ドカっと課税を受けるのではなく、
 ならした税率が適用できるよ、というヒットすれば税金が軽くなる制度です。
 
 実は、不動産オーナーさんなどが権利金を多額に受けた場合にも、
 適用可能性があります。
 この平均課税の対象となる所得を臨時所得といいます。

1.まずは、臨時所得に該当するかどうか、です。

 臨時所得とは、「土地や家屋などの不動産を、
 3年以上の期間他人に使用させることにより、一時に受ける権利金や頭金などで、
 その金額がその契約による使用料の2年分以上であるものの所得」をいいます。

 プロ野球選手などが契約金を受けた場合も同様です(^^)が、
 専属契約期間3年以上が必要です。(^^)
 
 つまり、契約期間≧3年                 要件1
     権利金等≧賃料・年俸の2年分  です。     要件2

 ただし、不動産の場合は、
 権利金等>資産額×1/2 の権利金等は、譲渡所得課税となります。
 (法人なら、同時に簿価損金算入をします。)

 んで、権利金等は、2年分以上だけど、時価の半分には満たなかった。
 そして、その金額は、その年の総所得の2割以上になった。 要件3

 この3つの要件を満たした場合には、
 臨時所得該当!として五分五乗方式の平均課税の計算をします。

 平均課税は、事前の手続などなく、臨時の所得があって、
 上の3要件にヒットすれば、確定申告に盛り込んで適用を受けられます。
 
 臨時の所得があったときに、ちょっとチェックしてみて下さい。(^_-)☆

 ☆  ☆  ☆

 お客様から、毎年恒例のチューリップを戴きました。
 ありがとうございます。
d0054704_17520646.jpg


 
 













 


 品種名は書かれていなかったのですが、
 これまでにも戴いていたアンジェリケとイエローフライトでしょうか。
 色とともにさわやかな香りで、接客室が一杯になりました。

 少し散り始めてからは、
 水を張ったお皿に、浮かべました。
 淡い色が美しいです。
d0054704_20244654.jpg

 
















 さらに、花びらを、
 手引本(分厚いB5版の書籍)のページに挟んで、
 押し花制作中です。(^^)b
 
 ありがとうございました。






by expresstax | 2019-02-25 23:44 | 所得税