ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

日本税務会計学会六部門合同研修会・1、そして新国立競技場

日本税務会計学会六部門合同研修会に出席しました。

例年、この六部門合同には、主税局長さんが税制改正解説をしますが、
今年は、局長の星野次彦氏に代わって、
主税局総務課長小野平八郎氏による平成31年度税制改正についての講演でした。

びっしりの会場で、後部席には机がない中で多くの先生方が
参加していました。

小野課長は、毎年、とてもコンパクトに分かりやすくまとめられたレジュメを元に
解説してくれました。
ありがとうございました。

今年は、もう法案が非公式には出ているので、
確認を含めた聴講です。

今年の改正は、
10月の消費税増税に全力を向けて、
その調整のための改正だ、との趣旨のお話しでした。

特に目玉がなく、
あまり実効性のなさそうな新制度の個人事業の納税猶予制度も
中小企業庁への配慮で制定、
調整項目ばかりの今年の改正となったのは、
弊社の税務情報で書いた通りで、
やはり、そういうことだったのね、と納得の説明でした。

最後に質疑応答があり、
相続法関連について質問をしたかったのですが、
他の先生方のご質問が続き、時間切れ。
質問の機会を逃しました。
チキンな自分です。とほほ。(>_<);;

 ☆  ☆  ☆

チャリで東京税理士会館からの帰りに通った建築途上の新国立競技場です。

撮った場所が近すぎたようです。(^^ゞ
これじゃ、よくわかりませんね。
大成建設さんが担当してるんですね。
d0054704_20144627.jpg



























by expresstax | 2019-01-29 23:06 | 税制改正