固定資産税の小規模非住宅地減免特例は相続されない、そして赤坂祭り

 東京都23区に限ってですが、
 固定資産税の小規模非住宅地の減免制度があります。

 「小規模非住宅用地に対する固定資産税・都市計画税の減免(23区内)」といい、
 一画地400㎡以下で、個人や大法人以外の非住宅地について、
 200㎡までの部分を2割減額する制度です。
 判定は、その年1月1日現在の状況で行います。

 ちょうど400㎡あれば、税額の10%が減免されることになり、
 平成14年から施行され、
 
 ただ、この制度は「減免」制度なので、
 対象非住宅地を持っていても、自動的には適用されず、
 都税事務所に「減免申請書」を提出することが必要です。
 
 制度ができて、速攻、弊社のお客様たちも、
 「それっ!」と申請していただきました。

 1度減免申請すれば、その後は、継続してくれるんですが、
 おっとどっこい、
 所有者に相続があった場合には、減免適用もそこでストップ。

 取得相続人が、新たに減免申請しなければならないのですね。(@_@)
 まあ、この制度についていえば、単に土地の適格性だけでなく、
 所有者の適格性審査があるからなんですが。

 お客様が相続なさって、遺産取得が決まって
 固定資産税通知を受けると、あら、減免されてない!

 そのままにしていると、都税事務所から減免申請の勧奨の通知書が来ます。
 さすがっ>特別区。

 あわてて減免申請をしていただきました。
 この減免申請が当年12月末までにされれば、
 遡及して減免価額に正したり、
 税額還付してくれます。

 相続後の減免再申請の手続、忘れないようにしましょう。

 ☆  ☆  ☆
 
 今年も赤坂祭り。
 宵山の山車が通ります。
d0054704_13425216.jpg

















 一ツ木通りには、屋台がいっぱいでています。
d0054704_13454494.jpg
























 ベトナム料理のアオザイさん、ニュージーランド赤坂さんなどなど、国際色豊かな赤坂のレストランが出店しています。

 チキンに味噌レバカツ、ミンチパイ、シューマイ、生春巻などや麦酒などしこたま買い込んだのですが、
 屋台のお店の席はどこもいっぱいだったので、

 久しぶりに、自宅マンションのスカイラウンジに、
 ピクニックバスケットに自宅の手持ちのワインやお皿・グラスを持ち込んで、
 夜景を見ながら、
 食べ、吞み、食べ、吞み。
 お祭り便乗の飲み会になりました。

 あ、写真は、さんざん食べ終わってバスケットに片付けた後です。(^^ゞ
d0054704_13530447.jpg



















 テラスに出て夜景を撮りました。
 この写真に写っているだけでも、
 ここに越してきてから10年間に建ったビルやマンションが、
 6棟もあります。 
 ホテルオークラとか、まだ、建築中のものもあります。
d0054704_22554448.jpg


 

 


by expresstax | 2018-09-14 23:56 | 固定資産税