西郷どんと愛加那さんとサモアと都はるみ

 NHKの大河ドラマ「西郷どん」が、
 奄美大島編に入りました。
 今回は、奄美の言葉に、字幕がついています。

 アンゴ(現地妻)予定が正妻になる「とぅま」(愛加那)さんが、手にハジチ(針突)をしています。
 タトゥーです。
 西郷どんは、当初、刺青を入れた女など、とはねつけますが、
 島の風習で、未婚女性が少女の頃から入れ始め、
 本土(=征服者としての薩摩藩)に連れ去られないための魔除けだったそうです。
 奄美にこのような風習があったことを初めて知りました。

 先日観た映画の「モアナと伝説の海」で、サモアのマウイの全身のタトゥーが印象的でした。
 タトゥーが人格を持って動いたり、というのも、伝説に根ざしていたそうで。

 身近では、ヤ〇〇屋さん以外は、ミュージシャンたちくらいしか、タトゥーはお目にかかれません。
 
 熱帯地域で、裸身が正装という文化の中での装飾だ、
 と言ってしまえば身もフタもないですが、
 オーストラリアのアポリジニの装身など、
 興味深いです。

 ちなみに、昔、都はるみさんの伊豆大島を舞台にした「あんこ椿は恋の花」という歌があって、
 「あんこ」とは、「姉こ」=島の未婚女性と聞いていました。

 でも、今回の奄美大島の言葉「あんご」で「あんこ椿」を解釈すると、
 歌詞が思い切りハマって、
 これも、感慨深いです。

















 

 
 

by expresstax | 2018-05-14 23:47 | 譲渡