資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

甲子園と負ける夏

高校野球甲子園夏の大会に出場した我が母校は、緒戦敗退でした。
仕事中だったので、観戦できませんでしたが、
同点まで追い詰めながら、追加点を許し、
挽回できませんでした。

でも、よく頑張ったと思います。

 ☆  ☆  ☆

高校時代の記憶が蘇ります。

アルプススタンドの強烈な日差しの中、
メガホンを叩きます。

勝ってくれ、勝ってくれ、声を枯らして応援します。
でも、点差が開きます。

勝てなくてもいい、
もう1点、せめてもう1点、入れてくれ。
総立ちです。

点にならなくてもいい、
せめて、もう1回打ってくれ。
スクラムを組んで、声の限りに応援歌を叫びます。
もう、既に歌ではなく、叫びです。
スクラムの大きなうねりの中で、
誰も皆、顔は汗と涙でぐしゃぐしゃです。

もう打てなくてもいい、
せめて、もう1球、粘ってくれ。
破れる喉で、校歌斉唱です。
繋ぎ合う肩と肩も、全身がずぶ濡れです。

そして、ゲームセット。

泣きながら抱き合って、また泣きます。
ベンチから唇を噛みしめて飛び出てくる選手たちに、
あらん限りの声援を送ります。

敗退、即、退出、地元帰還です。
泣きながら、そして泣き疲れて泥のように眠りながら、バスを連ねて、帰ります。

 ☆  ☆  ☆

4,000校の出場校の中で、優勝はたった1校。
残りの全校は、泣きながら、退場します。
これが、トーナメントの高校野球の宿命です。
どんなに負け続けても、試合消化するプロとの違いです。

高校ナショナリズムなどと、自嘲しながら応援に向かった生意気な高校生だった自分が、
それでも、ファナティックに必死で応援して、
負けた涙の熱い記憶は、身体の底に今もあって、
炎熱の暑い夏の日差しを仰ぎ見ながら、
がんばったね、とつぶやいています。 
















by expresstax | 2015-08-07 23:44 | 折りにふれて
<< 財産債務調書は本人による生前相... 財産債務調書の計上基準FAQ、... >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism