資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

太陽光発電の補助金とグリーン税制

 太陽光発電設備を導入なさったお客様が、
 補助金を受けていました。

 さて、この補助金の扱いです。

 お客様は法人ですので、補助金は、まずは収入金額に計上されますが、
 ここで、国庫補助金等の圧縮記帳(法人税法42条)。全額圧縮です。

 そして圧縮後の取得価額について、全額、即時償却、または税額控除、となります。

 ☆   ☆   ☆

 もしお客様が個人なら、
 補助金は、原則としては、一時所得なんですね。
 50万円までは非課税、超えた部分は1/2総合課税というのが一時所得の扱いなのですが、
 「国庫補助金等の総収入金額不算入に関する明細書」を確定申告書に添付することで、
 そもそも非課税にできます。(所得税法42条)

 ☆   ☆   ☆

 ところで、平成25年度税制改正大綱では、
 グリーン税制について、制度としては即時償却等を延長するものの、
 「対象資産から補助金等の交付を受けて取得等をしたものを除外する等の見直しを行う。」
 としています。

 補助金を受けたら、グリーン税制から排除されちゃうんですね。
 優遇しすぎ、という判断なのでしょうか。
 せちがらいですね。。。
by expresstax | 2013-01-29 23:40 | 税制改正
<< お誕生日、おめでとうございます。 平成25年度税制改正-国外財産... >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism