路線価消滅!消滅!

 自社株評価、土地評価作業が続きます。

 各地の路線価図を確認していると、
 
 路線価が、バンバン、外れています。

 つまり、従来、路線価がつけられていた道から、
 路線価が消されているのです。

 行き止まり私道はもちろん、
 住宅地図で、通り抜けに見える道からも、かなり、はずされています。

 以前にも、触れましたが、路線価について、
 かなり統一的に取り扱われるようになり、チェックがかかっている様子が見て取れます。
 
 公道か私道か、
 建築基準法上の道路か、などで、チェックがかかっているのではないでしょうか。

 やった~!
 思わず声が上がります。

 だって、側方路線だった道から路線価がはずれれば、
 評価計算で、側方路線加算や二方路線影響加算など、
 加算項目を計上しなくていいからです。

 つまり、土地の評価単価は、
 角地だったら3%から8%くらいの側方路線加算、
 二路線に接する土地なら、二方路線加算、 
 三路線に接する土地なら、三方路線加算、、、と、
 利便性の高い土地として、土地評価額が、ぐんぐん上がってしまうのですが、

 しかし、脇に道があっても、路線価のついていない道であれば、
 この加算対象になりません。

 これだけでも、相当土地の評価は変わります。

 逆に考えれば、公道でもない道に接しているからといって、
 評価加算されるのでは、たまったものじゃありません。

 昔の恐竜のしっぽのような路線価が、化石のように残った状態で、
 相続や贈与の申告をしていたら、
 この加算をやっちゃってる可能性もあります。

 厳密に考えれば、税金を戻してもらえるように、更正の請求ではないでしょうか。
 付すべきでなかった路線価がつけられていたら、
 訂正を要求することはできるはずだからです。

 ☆  ☆  ☆

 路線価そのものが、昨年から今年にかけて、
 それなりに下がっています。

 適正評価をするために、
 がっちり、確認作業を進めます。
by expresstax | 2011-08-24 23:58 | 相続・贈与

税理士飯塚美幸のひとことメッセージ


by expresstax