資産法人化の迷走

 最近、法人化のご相談が連続しています。
 それも、資産税務対策としての法人化です。

 とにかく、法人化。
 そんな誤解があるようで、ちょっとヘンだな、と思いましたので、すみません、
 半分は、お客様へのお願いとして、書きます。

 そもそも、法人の形態や仕組みは、目的や役割によって、違わなければならないのです。

 にも関わらず、小売業やサービス業などと同様に、
 ただ法人登記をする、という資産オーナー様が多いのです。

 ただ、法人登記をするのであれば、司法書士先生や税理士先生、
 最近では行政書士先生まで、登記代行をやっているようで、
 まるでネット掲載の定款をそのまま引き写してきたようなオーナー様の法人が
 続々と持ち込まれてきます。

 登記費用と当面の資金を安くするために、資本金はとにかく低く、
 手っ取り早く進めるために、出資者と取締役は同一人物、
 決算日は、とりあえず、テキトーな日。。。

 でも、その資産法人って、何のためのものですか。
 ご親族の宝である資産を管理したり、所有したりする法人ですよね。

 ゆくゆくは、新たな資産を取得するために、借入を起こし
 金融機関の与信を得て、審査を通過しなければならないですよね。
 目的が資産管理だったり、経営のご親族との分担であれば、
 報酬を支払う仕組みや、将来内部留保の方向性も、決めておかねばならないですよね。
 長い将来にわたって、ご親族の資産を守り、発展させるための法人ですから、
 さらに先々の相続や事業承継に不都合にならないように、
 最初から仕組みにしておいた方がいいですよね。
 税務でも、法人税だけでなく、所得税・固定資産税・消費税・相続税の、
 一番有利なバランスの仕組みを作りたいですよね。

 でも、残念ながら、世の「法人化」代行のプロたちは、
 こうした資産法人の設計について、ほとんど慣れていないのではないでしょうか。

 おそらく、多いのは、ゼロからスタートの新規開業での法人化案件でしょうから、
 資産を軸としたビジネスの方向性については、
 経験的にも、発想的にも、対応できていないように拝見します。

 その結果、

 そのままでは、資産法人としては、機能できず、
 むりやり進行しても、不利益なことが続出してしまうので、

 しょっぱなから、定款変更・登記事項変更を伴う組織変更や、出資者変更、増資の資本金変更、
 事業年度変更、事業内容の変更をかけなければならなくなってしまうのです。

 「安く法人化しまっせ!」といわれて、
 せっかく「法人化」しても、却って回り道になり、
 上記のおびただしい変更をかければ、結局、費用は割高になります。

 費用がもったいないだけでなく、
 変更だらけ(変更履歴は、アンダーラインで残ります)の
 ちょっとみっともない商業登記簿(会社の登記簿)を、
 金融機関などの外部関係者は、どう見るでしょうか。

 資産法人化を進めるなら、
 その目的に合った法人設計をしていきましょう。

 それは、とりもなおさず、資産経営の方針を立てることに繋がります。
 楽しい資産経営の入り口として、法人化、上手に進めてください。(^^)
by expresstax | 2011-08-03 23:32 | 法人税