餃子の「王将」と、ドラマ「鈴木先生」

 このところ、テレビを見ていて、おや、と思いましたので。

 NHKの「仕事ハッケン伝」という番組で、餃子の王将の会社が、
 接客指導で、「~になります」という言葉を、間違いだと、指導していました。

 いわゆる「居酒屋バイト語」です。

 居酒屋やコンビニ、ファミレス、
 今では、銀行や百貨店などでも、平然と「なります」が横行しているんですが、

 「餃子になります」ではなく、「餃子です。」「餃子でございます。」と、
 王将さんでは、ちゃんと、正しい言葉を指導しているんですね。

 おっ、と思いました。

 そういえば、「鈴木先生」という最近の新しいテレビドラマの中で、
 中学校の給食中、左手を机の下にして、右手だけで食べている女子生徒を、
 きちんと左手を机の上、お皿に添えて食べるように指導するには、
 どうしたらいいか、というテーマで、描いていました。

 左手を膝においたり、下に落としたり、左手を肘から机について体重をかけたり、
 よくいう「犬食い」です。

 女子生徒の行儀の悪さを不快に思う男子生徒は考えます。

 食事マナーは、いわば、家庭教育の躾の範囲。

 おそらくその女子生徒の周りは、
 躾を知らない、あるいは躾のできない親や兄弟・友人で囲まれているのだろうし、
 家庭で躾を受けていない人は、なぜ、よくないのか、理解ができないだろう、

 仮に、指摘しようものなら、逆ギレされて、
 却って指摘する男子生徒や教師の方が、たいへんな攻撃をうけてしまう、
 とても、指摘する気になど、なれない。

 問題の根の深さを、ドラマ「鈴木先生」は描いていました。

 資産税や相続を扱うと、それなりのお立場のお客様に対応する機会が多くなります。
 きちんとした昔の躾を受けたご年配のお客様も多いのです。
 若くても、そうしたお客様の後継者様は、とてもきちんとなさっています。

 そうしたお客様に対応できるように、
 以前、事務所でも、新入社員研修のビジネスマナーの一環で、
 言葉使いや食事作法についても、取り入れていました。

 最近のこうしたテレビ番組を見て、
 少し、問題意識が持たれてきたのかな、
 まだまだ日本も、捨てたものじゃないな、という希望が持てそうな気がしてきました。

 正しい日本語と、美しいマナーが街に溢れれば、気持ちいいですもんね。 
by expresstax | 2011-05-12 23:46 | 提言