ブログトップ | ログイン

資産税の税理士ノート

確定申告のミスに気付いたら

 ご質問です。

 あわてて確定申告書を提出して、
 後でよく見たら、会社勤めを始めたお嬢様を、まだ扶養親族に計上していた。
 税務署から、間違いの指摘はいつ頃来るだろうかというご質問です。

 そうですね~。
 
 税務署さんは、この3月4月は、膨大な確定申告の処理作業です。
 今年からは、税務署に申告した内容は、自動的に住民税の算定をする自治体に送られ、
 データは同期されます。

 自治体で、各住民の所得状態の突き合わせがされて、
 あ、この人は所得があるから、こっちの親の扶養に入れないぞ、てな具合にチェックされるのは、
 4月か5月くらいなんでしょう。
 そのデータが、自治体から税務署に送られて、
 さて、あなたの申告違いませんか、と連絡が来るのです。

 だから、「発覚」して連絡が来るとしたら、5月か、6月、あるいは、もっと後、というところでしょうか。

 扶養控除が、会社の年末調整でなされているような場合は、会社宛に、来ます。

 最近は、こうしたデータ捕捉はかなり精度があがって、
 配偶者控除の適否など、かなり、連絡があるようです。

 ☆  ☆  ☆

 そうですか。。。とのご相談者様の声をお聞きして、
 
 でも、せっかくご自分で気付かれたんなら、
 どんどん自主的に、修正申告しちゃったらどうですか?と
 ご提案しました。

 自分から、間違いを正して申告し直すのを、
「修正申告」といいますが、
 もちろん、所得控除で引きすぎたぶんの所得税本税は、
 追加納税する必要があります。

 でも、それに対する罰金としての「過少申告加算税」は、
 自主的(自首的?(笑))修正申告には、かからないんですね。

 え、そうなんですか!
 ご質問者様の声が、とたんに明るくなります。

 はい。
 それに、遅れて追加申告追加納税するので、
 原則として、遅れ利息相当の「延滞税」が係るんですが、
 これも、すぐに出せば、かからないケースが多いんです。

 例えば、扶養控除の63万円についての追加納税が、14万4,900円だったとします。
 
 その場合の延滞税は、次のように計算します。
 例えば、期限から1週間後に気付いて納税と修正申告提出したとしますね。
 
 追加納税額14万円(1万円未満切捨)×延滞税率4.3%×7日/365日
            =115円→1,000円未満は不徴収→ゼロ円

 ってなっちゃうんですね。

 追加税額は、1万円未満切り捨てで、
 2ヶ月以内なら、4.3%という低い税率適用(2ヶ月過ぎると14.6%!)、
 最終金額が1千円以下なら不徴収、 
 という、おんぶに、だっこに、肩車、の計算ですね。 

 ここでも計算できます。
 国税庁のホームページ「延滞税の計算方法

 こうなると、おんぶに、だっこに、肩車に、乳母車、みたいですね。(笑)

 1週間程度で、すぐ修正すれば、罰金はかからない、
 だから、早く、直してよね、ということです。

 だって、逆算計算すると、1週間で修正すれば、
 121万円の追徴税額までは、罰金オールゼロで収まるんですから。

 ☆  ☆  ☆

 え?
 約15万円追徴の自分が、1,0000円未満になって、
 オールゼロで修正申告するには、何日まで延ばせるか、って?
 
 おやおや。
 逆算計算してみてください。
 はい、60日って、出ましたか。

 2ヶ月まで4.3%なので、ぎりぎりですね。(笑)
 
 でも、その間に、税務署さんから、もしもし、と指摘されちゃったら、
 過少申告加算税、本税の10%、しっかりかかっちゃうんです。

 そんな心配をするくらいなら、
 ダッシュで、自主的修正申告、しちゃって、

 晴れ晴れと、ビジネスでがんばって頂く方が、
 精神衛生上、よろしいと思うのですが、いかがでしょう。

 頑張って下さいね。
by expresstax | 2011-03-17 23:15 | 税務手続き