資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

土地の保存登記?

 お客さまと、登記簿謄本を見ていて、発見。
 
 え゛、土地の所有権保存登記?

 そうなのです。
 もう、ずいぶん以前に、ある土地が、所有権保存登記でお客さまの所有権になっているのです。

 所有権の保存登記とは、土地や建物の原始取得での所有権の登記をいいます。
 
 建物は、新築すれば、保存登記しますが、
 土地の保存登記って、マレですよね。

 だって、土地の原始取得って、埋め立てだとか、伐採だとか、
 土地が、新たに生まれるって、ないですよね。

 タマに、表示登記だけだった、という土地や、国などの所有だったものが、
 保存登記されるケースもあるそうですが、それは、さらにマレなはず。
 お客さまの土地は、そんな経緯はありません。

 お客さまも、「さあ?」と首をひねっています。
 
 わいわいがやがや話しをしていて、そうか、そうだったのか!ということになったお話とは。

 ☆  ☆  ☆

 もともとその土地は、とても大きな1筆の土地。
 公図の地番を見ると、枝番号の数で、ご先祖様の土地がわかります。

 たとえば、100という番号を付けられた大きな土地がを分筆する場合、
 分筆分は、きちんと測りますから、
 正しい面積で切り取って、100-2という筆がつけられます。
 100-1の筆が、残地として残ります。
 さらに、この100-1から分筆して、100-3という土地が、測量の結果、切り取られます。
 土地の地番というのは、こうして付けられていきます。

 つまり、公図で、◎◎◎-1という地番は、その筆のご先祖様なのです。

 そこで思い出すのが、「縄延び」です。

 そこで、そうか、そうだったのか!となったんです。(つづく)
by expresstax | 2011-03-01 23:24 | 不動産
<< ウェイティングのお客様 確定申告たけなわ、そして事務所... >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism