資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

相続税非課税を4割縮減、税率も引き上げ?

 12月10日の政府税調の議論です。

 資産課税の議論が始まりました。
 あくまでまだ、議論です。

1.相続税
 (1)非課税枠=基礎控除を、4割縮減して、
   現行5千万円+1千万円×法定相続人数 の非課税を、
   3千万円+600万円×法定相続人数 程度に引き下げ。

 (2)税率構造の見直し
   現在法定相続人一人あたり3億円超で50%となる相続税最高率を引き上げ

 (3)未成年者控除・障害者控除の見直し

 (4)現行500万円×法定相続人数 の、生命保険金の非課税を縮小または廃止

2.贈与税

 (1)税率構造の見直し こちらは緩和でしょうね。
 
 (2)相続時精算課税贈与を、孫まで広げるなど、緩和して、促進ですね。

3.その他
 相続税の課税方式を遺産課税方式へ、などの改正議論も俎上に上っているそうです。
 そうなると、増税だけでなく、抜本改正ですが。

 でも、その議論、あと数日で、やるんですか?(-_-)

4.おまけ
 
 「消費税の不正還付の未遂罪」の創設、なんてのも出ています。
 平成22年で自販機節税を規制して、さらに殲滅しようという。
 すごいですね。 
by expresstax | 2010-12-12 23:06 | 税制改正
<< 相続税の最高税率は55%に!そ... 改正議論ふらふら-予定が立たない! >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism