資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

所得税増税-給与所得控除制限と役員報酬の所得控除制限

 所得税の増税策として税率構造や給与所得控除の見直しのがあげられていました。

 このうち、給与所得控除の見直しについては、昨年度から議論がされていました。
 給与所得控除は、事業者と違って、
 必要経費を自己計算しないサラリーマンの概算必要経費として、
 経費を自動的に認める非課税枠をいいます。

 議論は、給与収入2千万円超で、給与所得控除上限とする、
 つまり、2千万円×5%+170万円=270万円までしか、給与所得控除を認めない、ということのようです。

 ところで、
 平成21年で廃止され、23年改正で復活すると宣言されていた同族会社の役員給与の
 損金不算入規定。
 給与所得控除否認として、再規制するのではと、議論され、収入額2千万や3千万円のラインが引かれるだろうと、取りざたされていましたが、
 この議論と、給与所得控除そのものの上限規制と、どう関連されていくでしょうか。
 気になるところです。

 給与2千万超というのは、当然、管理職・役員・同族オーナークラスでしょうから、
 ご注目ください。
by expresstax | 2010-11-01 23:19 | 税制改正
<< 死んでも年収222億円!マイケ... 日付違いの裁決の迷走 >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism