資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

大切なことは、昼間、見晴らしの良いところで

 接客室が、徐々にできあがってきました。

 新事務所の接客室は、南側窓に面しています。

 眺望は、東京タワーやフォレストタワー、眼下に愛宕神社、広く続く街並み、
 背景に広がるのは、大きな東京の空です。

 大きなこと、大切なことは、夜に決めてはいけない、という鉄則があります。

 昼間、そして、可能な限り、広い場所で決定すべし、と。

 この接客室で、検討を終わったお客様が、立ち上がり、振り返り、
 広い東京の街並みと空を見て頂いて、

 ご自身の決定について、深く、頷いて頂けるのかもしれません。

 ☆  ☆  ☆

 これまでの接客室では、あえて、窓を設置せず、締め切った室内としました。
 あるコンサルティング理論から作ったお部屋でしたが、
 それはそれで、とても深いお話や検討を可能とし、
 とても良いコンサルティングルームだったと思います。

 今回、これだけ広く眺望のあるお部屋を接客室としてみて、
 うん、これはこれで良かったね、と話しています。

 もちろん、コンサルティングルームとしてのはずせない大切なポイントは、
 がっちり押さえています。

 そこに今回は、プラスアルファの眺望。
 最強のコンサルルームになるかな、と楽しみです。
by expresstax | 2010-10-04 23:04 | お仕事
<< 登記の本人意思確認-鉄は熱いう... 日管協さんのオーナー様セミナー >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism