資産税の税理士ノート

スキー&スノーボード2004-2005

月刊税理2010年10月号に執筆しました。

 税務専門誌である月刊税理2010年10月号に
 寄稿論文を掲載していただきました。
http://shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=60_6004_606004001&products_id=6230

 特集である「固定資産税の評価と要チェックポイント」のうち、
 私は、「評価に不服がある場合の審査請求手続」について書かせて頂きました。

 2010年6月3日の最高裁判決では、自治体が固定資産税の評価を誤り過徴収をしていた場合に、
 地方税法に基づく5年分のみならず、国家賠償法に基づく20年分を返還すべきと判断しました。

 資産税を得意とする税務専門家の先生方でも、ほとんどの先生が苦手とされる固定資産税・不動産取得税等の地方税分野です。

 過誤納ミスがあった場合に、国賠法でさえ弁償されることとされるのですから、
 それを看過した場合には、専門家の注意義務・助言義務が問題にされないとも限りません。

 この最高裁判決をきっかけに、土地・家屋・償却資産で起こりがちなミスとチェック方法について確認しようというものです。

 私の担当論考では、審査請求の具体的手続やチェックのスケジュール、具体資料や、実際の審査請求事案も取り入れました。具体的なチェックや審査請求の実務に係る先生方の参考になればと思います。

 そのため、編集者さんからオファーされていたページ数を相当超過してしまったのですが、
 掲載していただきました。
 編集者さんには、大変なお骨折りをいただき、
 また、温かく応援いただき、ほんとうにありがとうございました。
by expresstax | 2010-09-24 00:34 | パブリッシング
<< 武富士の会社更生法申請と上場廃... 移転祝いをありがとうございます。 >>



税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism