資産税の税理士ノート


税理士飯塚美幸のひとことメッセージ
by expresstax
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

国税ってば、繰戻還付が遅いってさ。

 代表がプンプン怒っています。

 会社様の繰戻還付請求をした。
 予定納税はすぐ還付されたけど、
 繰戻分が、3か月過ぎても、まだ。
 所轄税務署に連絡をとってみると、
 手続は済んでいるんですが、との返事をもらったのは、昨年末。
 ほとんど蕎麦屋の出前だぁ、と。(`ヘ´) #

 ☆  ☆  ☆

 繰戻還付(くりもどしかんぷ)とは、
 青色申告の中小企業に欠損金が生じて、
 「欠損金の繰戻し還付請求」を行うと、
 今期の欠損金と前期の利益を通算相殺して、
 前期に支払った法人税等や今期に支払った予定納税を
 還付を請求できる制度です(法人税法80条)。

 資本金1億円超などの大法人は、この制度は停止されてますが、
 資本金1億円以下の中小企業ならOKです。
 
 ☆  ☆  ☆
 
 一般的に知られてるのは、
 今期欠損がでて、翌期以降に繰越して控除する、
 青色欠損金の繰越控除の特例です(法人税法57条)。

 が、これからは景気が悪いからあまり利益が出そうもない、
 前期大黒字→今期は欠損→来期もあまり期待できない、
 という場合は、繰戻がおトクですよね。

 ただし、前年所得までとなってるので、
 もし今期欠損が5千万円、
 前期が4千万円利益、ということだと、
 4千万円は前期へ繰戻還付、1千万円は翌期繰越、という計算になります。

 したがって、中小企業が欠損金を出した場合、
 前期1年分繰戻還付+当期+翌期以降10年間の繰越控除
  =12年分の所得を通算して法人税負担となるわけです。

 昔は、繰越控除は5年でしたから、それに比べると
 それなりに長い期間で、法人税負担を見ることになります。

 といっても、法人はゴーイング・コンサーン
 (=Going Concern=法人というのは永久に続くもんだ)ですから、
 外国では法人税計算で、欠損金は原則、無期限通算されています。
 厳しかった米国だって、トランプさんの2017年以後
 それまでの20年繰越から無期限繰越です。

 日本が追いつくのはまだまだですね。
 ましてや、大法人は、ですね。(-_-)

 ☆  ☆  ☆

 この繰戻還付の制度は、
 個人の所得税でも同じです(所得税法140条「純損失の繰戻しによる還付の請求」)。

 ただし、個人の場合は、
 前年分所得への繰戻+当年分の損益通算+翌年以後3年間の繰越控除
 ですから、合計5年間の通算です。

 ☆  ☆  ☆

 繰戻還付のメリットは、前後期、通算できることだけではありません。

 繰越控除は、翌期の申告の税負担を軽減するだけですが、
 繰戻還付は、即刻、前期の税金がキャッシュで戻ってきます。
 欠損期に、このキャッシュ・インは、会社様にとって、
 何よりなのです。

 ☆  ☆  ☆

 ところが、この有利な繰戻還付を受けない税理士さんが多いという話を聞きました。
 なぜ?と思ったら、
 次の規定が問題なんだそうです。
===================
法人税法80条7項(所得税法142条2項も同じ)
 税務署長は、前項の還付請求書の提出があつた場合には、その請求の基礎となつた欠損金額その他必要な事項について調査し、その調査したところにより、その請求をした内国法人に対し、その請求に係る金額を限度として法人税を還付し、又は請求の理由がない旨を書面により通知する。
=================== 

 この「調査し」にビビっちゃうんだそうです。(-_-)

 しかし、弊社では、お客様有利な場合、
 所得税でも法人税でも、過去かなりの繰戻還付を受けていますが、
 これまで一度も税務調査があったことはありません。

 そりゃ、国税さんだって、還付請求が提出されたときに、
 そうかいそうかい、と言いなりに
 ホイホイ還付するわけにはいかないでしょうから、
 こうした法律構成にするんでしょう。

 が。
 それとも、その顧問先様が、よほど後ろめたいことやってるのか。

 もし、翌期以後への繰越控除で済ませちゃうとしたら。
 欠損期、会社様資金は、ますます手元不如意になります。

 今回の還付遅れは、おかしな都市伝説とは無関係です。
 繰戻還付、ガンガンやって大丈夫ですよ。(^_ー)v

 
 
 

 

 



 
 


# by expresstax | 2020-01-20 23:29 | 法人税

アルバイトさんの給与の源泉税、そしてライブハウス

 お客様からのアルバイトさんへのお給料支払いのことです。
 アルバイトさんですから、不定期でも継続してお仕事をしてもらいますから、
 日雇いとは違います。

 その場合、天引きする源泉税には3種類あります。

 税務上は、甲欄・乙欄・丙欄と呼ばれていますが、
 ここにちょっと誤解があるようです。
 
 つまり、甲欄は専属勤務の正社員さん、
 乙欄は、2カ所以上に職をもつアルバイトさんたち、
 丙欄は、2か月以下のアルバイトさんたち、てな。

 じゃ、このバイトさん、当社だけで勤務してるのか、
 他でも働いて、2カ所以上から給与をもらってるのか、
 聞いてみなくちゃ、みたいな会話が交わされます。
 給与計算担当さんは、従業員さんのそんなことまで調べなくちゃ、なのでしょうか。

 ☆  ☆  ☆

 実は、ちょっと近いけど、全然違うんです。

 甲欄は、会社に扶養控除等申告書を出した人の源泉税。
     被扶養者の数により、給与額により年間所得に換算した所得税を 
     天引きするようになっています。
 乙欄は、出さない人の源泉税。     
 丙欄は、日雇いや契約期間2か月以下のバイトさんの源泉税。

 給与計算担当さんは、その人のプライバシーまで調べたりしなくても、
 毎年末に、翌年の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を
 提出した人は、不要状況により甲欄で源泉税計算して天引き、
 提出ない人は、乙欄・丙欄の率で、バサッと計算して天引き。
 これでいいんです。

 つまり、天引きする税金は、
 扶養控除等申告書を出したか出さないか、だけ(所得税法185条)!

 給与計算担当さんは、これでストレス・フリーというわけです。

 そして、12月になったら、
 翌年の扶養控除申告書を出した人(甲欄)は、年末調整し、
 出さなかったひとは、年超未済、ということで、年末調整せず、
 源泉徴収票を、それぞれに渡せば、全件、落着、となります。

 ね。
 法律は、給与支払担当者さんに、とても優しくできています。

 扶養控除申告書を提出しない人は、他でも給与があるんだよね。
 だったら、多めに税金天引きして、年末調整しないでおくから、
 あとで合算して確定申告して精算しなよね、という制度だからです。

 ☆  ☆  ☆
 
 反対に、扶養控除申告書が出されていないのに、
 甲欄徴収してた、なんてことだと、
 会社は「源泉徴収義務違反」。罰金が、会社に課されます。

 これが、税務署さんの付け目。

 会社への税務調査で、調査官さんが会社の源泉徴収簿をチェックして、
 扶養控除申告書が保管されていないのに、甲欄適用していたら、
 「見~っっけ!」となります。
 調査官さんは、るんるんで、ポイント獲得です。
 会社は、10%の不納付加算税という、ちょっと重めな罰金を受けます。

 ご注意下さい。(^_^)b

 ☆  ☆  ☆
 
 えー、昨年から弊社で流行っていた打ち首獄門同好会。
 なんと、そのライブチケットを入手しちゃいまして、
 ロートル揃って無謀にも参戦しました。

 湾岸?地域のライブハウス、あろうことか、スタンディングです。
 ドリンクを先に買ったりのライブハウスのお手前も初めてで、
 でも、ガンガンノリノリで、ストレス発散してきましたよ。
アルバイトさんの給与の源泉税、そしてライブハウス_d0054704_22150158.jpg























  
 
 
 
 

 

# by expresstax | 2020-01-16 23:12 | 所得税

相続税の電子申告、そして新年会とローズガーデン

 令和元年10月から
 相続税の電子申告が始まりました。 

 対象は平成31年1月1日以後開始相続から。
 その申告期限が10か月後の11月1日なので、
 10月1日から受付、ということなのでしょう。

 これまで他の税目は全て電子申告できましたが、
 相続税申告が最後の砦だったんですね。
 これで、全税目、電子申告できることになります。

 ☆  ☆  ☆

 弊社でも、電子申告をご希望のお客様の相続税申告を電子で行います。
 初めてのケースになるので、いろいろ調べつつ、です。

 電子で送信するのは、
 申告書部分と、33条の2書面等。

 33条の2書面も電子で一緒に送信ということなので、
 これも、これまでは独自にPDF作成してきましたが、
 申告ソフトで作成せねばなりません。

 その他の書類は、PDF送信、
 あるいは、紙書類で別送となります。

 なんたって、代表が、情報システム委員長で鳴らした豪傑なので、
 気合いが入ります。(((((((::^^);;

 ☆  ☆  ☆

 事務所新年会は、ホテルニューオータニの、
 The Sky という元回っていたビュッフェ式のレストランです。(>_<)

 以前は回転していたようなのですが、
 今は、回転せず、定位置。

 席は、赤坂御用地側だったので、
 何だかいつも見慣れた同じ景色でした。。。
 事務所ビルが正面に見えて、良かったですが。(^^ゞ

 ビュッフェといっても、
 そこは天下のニューオータニ。
 
 ステーキのレアはダメ、
 お寿司のホッキ貝や海老は、すべて茹で上げ、という、
 衛生管理バリバリで、
 レア好きの自分には、ちょっとナンでしたが、
 
 でも、お腹がパンパンになるまで、
 おいしく楽しく頂きました。
 ごちそうさま、そして今年もがんばろーぜ!

 ☆  ☆  ☆

 たらふく戴いたあとは、2階の屋上庭園、ローズガーデンへ。
 いつも事務所セミナー会場のウェイティングロビーで、上から見下ろしていたんです。
 
 一般公開されてないんですが、
 代表がニューオータニクラブの会員なので、
 いつでも見学や会員専用ラウンジでのドリンク休憩ができます。
相続税の電子申告、そして新年会とローズガーデン_d0054704_17185199.jpg





















 こんな寒い時期なのに、
 真っ赤なバラが絢爛と咲いていました。
 この日も寒い中、バラ園のアーチ仕立てを、庭師さんが手入れしていました。
 手塩にかけてる、ということですね。
相続税の電子申告、そして新年会とローズガーデン_d0054704_17193884.jpg






















 毎年5月頃には、3万輪のバラが咲いて、
 イベントがあるそうですから、
 また来ようね。

 




 
 

# by expresstax | 2020-01-14 23:56 | 相続・贈与
自己紹介
税理士・中小企業診断士

東京都港区元赤坂一丁目
松木飯塚税理士法人
ホームページ http://mi-cpta.com
電話 03(5413)6511

 相続税・資産税コンサルティング・税務対策・税務申告代理・税務調査立会・売上倍増指導・ 相続人様の精神サポート・後継者教育・税制改正分析・講演・著作

 人に会うのが大好きで、現場第一主義。
 この職業を選んだのも、たった一度の人生で、いろんなお立場の、いろんな職業のお客様と人生をともにして生きていく素晴らしさと醍醐味を知ってしまったから。
 相手を信じて情熱で意気投合してしまう。
 税理士の仕事は、お客様の人生と懐にしっかりと寄り添って、ともに手を携えて生きていくことだと信じる。 

 "Always Keep Faith"。
最新の記事
タグ
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧