タグ:頂き物 ( 211 ) タグの人気記事

怒濤の相続税申告、そして秋のぶどうをありがとうございました。


 相変わらず、怒濤のようなご相続の申告に追われています。

 どんな小さな論点も、すべて洗い出し、説明書・意見書を添付し、
 相続税のチェックリストと33条の2の書面添付も行います。

 この数年前からの相続の大きな流れは、
 今年、ますます激流のようです。

 メンバーみんなで頑張りました。
 
 最後の提出まで完了させて、ようやく帰宅します。
 頑張ったね!
 お疲れ様!

 ☆  ☆  ☆

 秋のぶどうをいただきました。
 とても大きな房のピオーネとシャインマスカットです。
 甘く、おいしくいただきました。
 ありがとうございました。


d0054704_23465731.jpg
by expresstax | 2017-09-05 23:35 | 事務所

税務研究会大宮会場資産税事例検討会、そしてありがとうざいました。

 税務研究会税理士懇話会の大宮会場の資産税事例検討会に伺いました。

 講師は、与良秀雄先生です。
 先生のご講演に司会進行を努めるのは初めてです。
 会場は、大宮のソニックシティです。

 与良先生は、現役時代にご執筆されていた譲渡課税関係の手引き等で
 お名前は度々拝見していましたが、
 国税庁資産課税を歴任、通達発遣のお立場にいらっしゃいました。
 昨年、国税をリタイア、現在は、税理士として、千葉商科大学客員教授としてご活躍なさっています。

 明るく分かりやすく軽妙な語り口、
 事例を、ご照会と別な視点からの論点も見逃さず、関連して解説してくださいます。

 名義預金の事例では、談論風発。
 与良先生が、右に左にジャッジして下さいます。

 こちらは土俵の砂かぶりどころか、土俵内で、
 横綱相撲を拝聴させていただけるのですから、ありがたいの一言です。

 暑い日でしたが、本当にありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 お中元をいただいています。

 唐津の温室ミカンをいただきました。
 この時期に、ミカンなんて、贅沢ですぅ。
 とっても甘いおいしくいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_16372337.jpg
by expresstax | 2017-07-03 23:08 | パブリッシング

広大地評価通達の改廃パブコメ、そしてありがとうございました。

 広大地通達の改正のパブコメが出た、と、
 出版社の編集者様が、プリントしてわざわざ届けに来て下さいました。
 ありがとうございます。

 拝見すると、おお、
 現広大地通達(財産評価見本通達24-2)は、バッサリ、廃止。
 平成30年1月1日開始相続では、
 新通達として、地積規模の大きな宅地の評価として、
 ガラリと、書き換えられていました(新財産評価基本通達20-2)。

 そもそも広大地該当か否かの認定を巡って争訟が絶えませんでしたが、今度の通達は見事、認定要素を排して、形式数値だけで判定するようになっています。

 さらに、現広大地適格者は、改正後は、評価減が大幅減になるのに、
 反対に、広大地不適格者でも、地積と地域要件だけ満たせば、対象になりそうな内容です。
 ビックリぽんです。

 弊社の多くのお客様には、ウェルカムな内容です。

 が、ちょっと気持ちが悪いので、確認してから、弊社情報に出そうね、ということにになりました。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆

 お客様が自家製のお野菜をお持ち下さいました。
 お腰を悪くなさっていたご当主様のお具合が回復なさって、
 また畑を始められたとか。
 何より嬉しく、頂戴しました。
 とても新鮮なキュウリや茄子です。
 さっきまで、茎についていたんだよ、という元気で鮮やかな切り口です。
 大切にいただきます。
 ありがとうございます。
d0054704_2185796.jpg

































 

 
by expresstax | 2017-06-22 23:17 | 税制改正

銀行を騙った詐欺、そしてありがとうございました。

 ご相続のご相談のお客様にお越し戴きました。
 準確定申告をようやく完了し、
 まだまだ相続手続が続きます。

 と、遺されたお母様のところに、
 大手M銀行K支店を名乗って電話があったそうです。
 曰く、預金の名義変更が必要だ、名義変更にはお金がかかるので、
 ついてはお宅に伺いたい、と。

 その銀行とお父様とは取引がなかったそうで、
 たまたまその場で対応せずに、やり過ごすことができたそうですが。

 こんな詐欺があるのですね。
 お嬢様たちのお話しをうかがって、我々もビックリしました。

 ☆  ☆  ☆

 もちろん、金融機関が自宅に来て名義変更手続をしたり、
 そのために高額な手数料を取ったりすることは、絶対にありません。
 必ず本店の相続センターなどが一括受付して、郵便や窓口でのみ対応します。

 それにしても、不慣れな相続について、
 高齢の奥様がまことしやかに説明を受ければ、
 うっかりお金を渡してしまう、ということもありそうです。
 
 オレオレ詐欺も、
 役所や税務署や金融機関などを装って、
 手口、語り口もますます巧妙になっています。

 今後の対応策も、お話しさせていただきました。

 これからもいろいろなことがあるでしょう。
 そんなときは、連絡を密にして、
 力を合わせて、お母様とご資産をお守りしていきましょう。

 ありがとうございました。

 ☆  ☆  ☆
 
 税理士先生から、走り新茶をお贈りいただきました。
 やわらかく、でも鮮やかな香りを贅沢にいただきました。
 毎年、ほんとうにありがとうございます。
d0054704_2404562.jpg



















 お客様からお土産にいただいたバウムクーヘンです。
 ありがとうございます。
 連休中のお仕事の合間に、美味しくいただきました。
d0054704_2434447.jpg



























 産休明けにメンバーのKさんが事務所に贈ってくれました。
 大変な時期に、却ってお気遣いをいただいて、ありがとうございます。
 とてもおいしいどら焼きでした。
d0054704_253637.jpg




























 お客様をご訪問した際にお土産をいただきました。
 鈴屋さんの栗甘納豆です。
 お気遣いを、ありがとうございました。
d0054704_2545434.jpg































 ご相談のお客様がお持ち下さったKIHACHIさんのウェハースのお菓子です。
 さっそくおいしくいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_257144.jpg




































 松木代表のツーリングのお土産、四国のハタダ栗タルトです。
 ご無事なご帰還、おめでとうございます(^^)。
 贈っていただいた新茶で、おやつにいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_2595847.jpg
 
 
by expresstax | 2017-05-09 23:23 | 相続・贈与

類似業種株式評価改正のパブコメ募集、そしてチューリップ

 平成29年度税制改正大綱で、自社株評価の際の類似業種比準価額の評価方法の改正が挙がっていました。

 そのパブリックコメント募集要領が、公表されました。

 もう既に今年平成29年1月1日から適用開始されているものが、
 開始後にようやくパブコメに付され、その結果を受けて、6月頃通達改正に及ぶという、
 例のごとく、何だかなあ、の流れです。

 ☆  ☆  ☆

 経験的には、税制関連で、パブコメで公示された内容が、
 パブコメを受けて修正されるといった前例はないので、
 この通りで、通達改正へ進むのだと思います。。

 配当・利益・純資産の比重変更は既に大綱に記載されていましたが、
 会社規模基準については、これで明らかにされたと言えます。

 概ね減税と聞いていましたが、簿価総資産の大会社区分が、
 従前は10億円以上で大会社だったのが、
 改正後は、15億以上がでないと大会社にならないところは、
 厳しくなっているようですね。

 お客様の自社株価の検証をしていかねばなりません。

 ☆  ☆  ☆

 お客様から、例年のように、チューリップを贈っていただきました。
 甘い香りがいっぱいです。
 毎年、ほんとうにありがとうございます。 
d0054704_22192623.jpg























 暖かい執務室に飾った花は、こんなに大きく開きます。
 ありがとうございました。
d0054704_2220327.jpg
by expresstax | 2017-03-01 23:46 | 財産評価

確定申告キックオフ

 確定申告も、通常なら中盤戦ですが、
 今日、ようやくキックオフ食事会に行ってきました。

 事務所の斜め前のホテルモントレのエスカーレさんです。
 ドリンク付きのフレンチフルコースで、
 スパークリングワイン(約1名はソフトドリンク)で乾杯して、
 最後のデザートワゴンまで、
 たらふくといただきました。
 (たらふくついでに写真を撮り忘れました。スミマセン。)

 ☆  ☆  ☆

 毎年講師を担当している日税さんの担当者様が、
 確定申告の陣中見舞いとのことでお菓子を差入てくれました。
 ありがとうございました。

 熊本の黒糖ドーナツ棒というそうです。
 熊本の名所のくまモンが絵柄になっています。
 これは、熊本城だ、こっちは草千里だね、とわいわい戴きました。
 ありがとうございました。
d0054704_19383718.jpg
by expresstax | 2017-02-27 23:22 | 事務所

連れ子養子は養子制限カウントから除外、そしてミカンと練乳をありがとうございました。

 先日、養子さんの戸籍の取扱を書いたら、
 養子の相続権についての話題になりました。

 最近、養子様案件、多いです。

 もちろん、民法上、養子は、養親の嫡出子(実子)の身分を取得して相続権を持ちます(民809)。
 遺産分割での相続分や遺留分の計算などは、実子と同様に計算します。

 ☆  ☆  ☆

 相続税法では、相続権を持つ人数をベースに計算する規定がいくつかあります。
 
 1.相続税の課税最低限である基礎控除の計算は、3千万円+600万円×法定相続人数
 2.生命保険金の非課税金額   500万円×法定相続人数
 3.死亡退職金等の非課税金額 500万円×法定相続人数
 4.相続税の総額の計算

 これらの計算で、養子を法定相続人として計算できるとなると、
 昭和バブルの頃、養子を24人も作って、「節税」しようとした人が現われ、
 現在では、法定相続人数にカウントする養子を、
  実子がいる場合には、法定相続人数に入れる数は、1人まで
  実子がいない場合は、2人まで とされています。(相続税法15条2項)

 あ、お間違えのないように。
 養子とみない、のではなく、法定相続人数にカウントしない、だけです。

 ☆  ☆  ☆

 議論は、この先です。
 たまたま、ご相談の方のケースでは、
 その養子様は、養親様の再婚相手の奥様の、前夫様の子、いわゆる連れ子さんだったのです。
 もちろん、再婚しても、縁組しないケースもあるでしょうが、
 このお父様は、連れ子さんとちゃんと養子縁組して、他の子たちと同じようにして下さっていたのですね。
 
 子供のいる再婚の場合に、養子縁組を条件にするというのも聞いたことがありますが、
 新しいお父様、お母様の配慮ですね。

 この場合。
 相続税法では、ちゃんと手当していて(相続税法15条3項)、

 1.特別養子(実親とは縁を切った養子)
 2.連れ子
 3.再婚前の配偶者の特別養子(相続税法施行令3条の2) 

 は、完全に実子とみなしちゃう、としています。 
 血も涙もある税法ですね。(^^)

 なので、単に、お客様から「養子」と聞いても、
 それだけで、相続税法の制限対象の養子さんとは限らないので、
 よくよく縁組の事情を伺うか、
 さりげなく、戸籍謄本を取得させていただくか、
 しましょう。ね。
 
 ☆  ☆  ☆

 お客様から、確定申告の資料が、続々と届き始めました。
 
 あるお客様は、ご資料と一緒に、おミカンと、なんとコンデンスミルクを入れて下さっていました。
 つまり、隙間埋めのアンコですね。(^^)
 と、業務用とある大きなチューブには、「飯塚先生へ」と文字が。。。(@_@)
 昨年お伺いしたときに、私が「練乳大好き」てなことを言っていたとか。。。ハズカシイ
 申し訳ありません! お心遣い、ありがとうございます! m(_ _)m
d0054704_1631278.jpg
by expresstax | 2017-01-31 23:06 | 法律

コンビニ戦争、そして干し芋

 昨年のことですが、
 複数のお客様の複数の土地に、複数のコンビニさんが、出店攻勢をかけてきました。

 コンビニの出店戦争、それも同時多発の様相です。
 夜討ち朝駆け、あちらがこうなら、ウチは、こう、と、
 条件戦争も始まりました。

 それぞれのお客様の要請で、
 弊社も、交渉に立ち会いました。

 そのうちのあるお客様とあるコンビニさんのお話しです。

 ☆  ☆  ☆

 お客様は、コンビニさんへと土地を貸すおつもりに、かなり傾いていらっしゃいました
 でも、慎重なお客様。
 弊社もお手伝いしながら、念には念と、
 細かな点まで確認をしながら、契約書のチェックを進めました。

 と、土地賃貸に至る整地事業のお話しになったときに、
 コンビニさんが、自社で使っている業者さんが安いこと、
 そしてそれはそのコンビニさんのブランド力があるからこそ、
 業者に安くやらせることができるんだと胸を張りました。

 お客様のお顔が、瞬間、曇りました。

 オーナーさんにはこんなことできないでしょうと
 コンビニさんは、畳みかけ、
 最後、さあ、どうだと、机を叩かんばかりにして、
 回答を求めました。

 と、お客様は、
 きっぱりと、今回の話は見合わせると、
 整地事業だけでなく、土地貸付そのものを
 お断りになったのです。

 ☆  ☆  ☆

 そのコンビニさんの開発担当者さんは、
 もしかしたら、
 これまで農地の地主さんなどとばかり交渉していて、
 上場企業のブランド力を背景に、
 札ビラで頬を叩くような仕事で、
 それなりの「成果」を挙げてきちゃってたのかもしれません。

 コンビニさんの静岡県以西の土地契約の8割は普通借地権だと聞いて、
 今どき、定期借地権以外で土地を貸すなど
 考えてもいなかった我々はびっくりししました。
 コンビニさんが、チカラ技で、押し通してきた結果なのかもしれません。

 ☆  ☆  ☆

 資産の所有者と事業者と利用者は、
 ウィン・ウィン・ウィン’win-win-win”の関係です。
 三方勝ちしてこそ、成功できるので、誰が泣くのでもいけません。

 特に所有者と事業者は、事業パートナーです。
 土地賃貸借という長期の契約を円滑に維持するのには、
 信頼関係と尊敬し合う関係こそが、第一なのです。

 ☆  ☆  ☆

 尊敬する税理士先生から干し芋をいただきました。
 ご自宅の地元の名産とのことで、とても甘くやわらかな干し芋です。
 2kgもいただきながら、おやつに、みんなであっという間にいただいてしまいました。
 お心遣い、ありがとうございました。
d0054704_1403053.jpg 
 

 
 
 

 
 






 
by expresstax | 2017-01-25 19:42 | 不動産

養子縁組後の戸籍と相続権、そして鳩サブレ

 相続の手続でおおわらわです。

 子供のいない叔父様の養子となり、叔父様がご逝去、叔父様のご遺産を養子様が相続します。
 戸籍謄本をわらわらと拝見して。。。

 ☆  ☆  ☆

 養子が未婚者の場合は、養親の戸籍に入ることで養親と同じ氏を名乗ります。
 例えば、田中一郎さんが、山田太郎さんの養子になると、山田一郎となります。
 
 でも、養子が既婚者の場合は、養親の氏で、新戸籍を作ります。
 養親の籍には入りません。
 でも、氏は養親の氏を名乗るので、やはり山田一郎さんです。
 山田一郎を筆頭とする新戸籍になるわけです。

 そしてその新戸籍に、配偶者もズルッと引きずられてその籍に入り、同じ氏を名乗りますが、
 でも、だからといって、縁組をしない配偶者は、養子にはなりません。
 これを随従入籍というそうです。
 田中一子さんは、山田一子さんになりますが、別途縁組しない限り、
 山田太郎さんの養女にはなりません。

 そして養子の子(養子の実子ですね。(^^))がいても、配偶者と違って、一緒に随従入籍せず、
 元の、養子の氏の戸籍のままとされます。
 もちろん、養親の山田太郎さんの孫にもなりません。
 田中太くんは、田中太くんのままです。 

 ちょっとヒネって、
 山田一子さんが、佐藤吉男さんの養女となったら。
 戸籍の筆頭者の配偶者、つまり、婚姻により氏を改めている者となるので、
 この場合は、戸籍は変わらず、身分事項に縁組が記載されるだけで、
 山田一子のままです。

 そして、さらにヒネって、山田太郎さんの養子となった元田中一郎さんが、
 佐藤吉男さんの養子になれるか。

 なれるんですね~。
 その場合は、佐藤一郎さんとなり、
 また引きずられて山田一子さんは、今度こそ、佐藤一子さんになりますが。
 転養子というそうです。
 
 最終の氏をどう名乗るかで、縁組の順番も考えた方がよさそうです。

 てな、ことを解析していきまして、相続関係図を作っています。(>_<);;

  ☆  ☆  ☆

 尊敬する税理士先生から、鳩サブレをいただきました。
 どーん!と大きな缶一杯ですl
d0054704_18273099.jpg




























 鳩さんのコースターが付いていました。
 お礼の電話で、「頭から食べるか尻尾から食べるか迷います~」とお伝えしたら、
 鯛焼きじゃないんだから、と笑われました。(^^ゞ
 ありがとうございました。
 みんなでわちゃわちゃ、いただいています。
d0054704_18281454.jpg
 
 
by expresstax | 2017-01-19 23:01 | 法律

税務研究会様税理士懇話会東京鈴木正孝先生事例検討会

 税務研究会税理士懇話会の東京鈴木正孝先生の事例検討会でした。
 広島、札幌と続いて、東京会場での司会進行を担当しました。
 正孝先生とは、札幌から2度目です。

 さすがに東京会場は、ご出席の先生が多く、
 会場は、びっしりです。

 正孝先生は、前日の大阪会場から連続のご担当で、
 前日は、会場からのご質問が多く、時間オーバーになってしまわれたと伺いました。

 東京も、大阪に負けず劣らず、質問が多い会場です。
 そのため、午前中から、スピードを早めて進めたのですが、
 なんと、最後が15分ほど、余ってしまいました。
 
 そこで、全体を通じてのご質問を募ったところ、
 たくさんのご質問がいただけたため、
 正孝先生には、余計にお答え戴くことになってしまいました。

 相変わらず司会進行がヘタで、申し訳ありませんでした。
 でも、ご質問を下さった先生方、そして正孝先生、
 ご対応いただけて、とても嬉しかったです。

 また、事例やご質問の中には、昨日決定された平成29年度税制改正大綱で
 改正項目として挙がっている全世界課税を受ける相続税の納税義務者の改正や、
 広大地の改正に関わる点もありました。
 こうした点も、今後押さえていかねばなりません。 

 受講者の先生方、鈴木正孝先生、ほんとうにありがとうございました。
by expresstax | 2016-12-09 23:47 | パブリッシング