タグ:資産運用 ( 105 ) タグの人気記事

 

投資の利益確定、そして銀座の観光客

 昨年のご事業の実績に基づいて、
 平成29年度の利益予想のシミュレーションをお送りしていたので、
 お客様からお電話で、それについてのご質問をいただいた時のことです。

 お話しの最後で、
 ところで、株を売ろうと思うんだけど、どうだろう、とお尋ねになりました。

 私は株の専門家ではないので、お聞きになる先が違いますよ、とお答えして、
 でも、ちょうどその少し前に、私も利益確定で、売却していましたので、
 そのことはお伝えして、
 一緒にやってる同じ立場の意見として、といろいろおしゃべりしました。

 多くの方は、アベノミクス上昇と株譲渡益課税改正前の平成25年で
 いったん利益確定や簿価上げをなさっていて、
 その後ちょっと株価がモタついて、
 トランプ相場で回復、
 今は、次の局面に向かうところなのでしょうが、

 そのまま向かうのか、
 日経平均2万円のあたりでいったん利益確定するかは、ご判断です。

 ☆  ☆  ☆

 税理士というのは、とても臆病で、
 大金星を当てるよりは、絶対に損したくない生き物なのです。(^^ゞ

 ☆  ☆  ☆

 全体が低調なときに、良い会社を応援してあげる、
 じっと待って、上昇局面で、利益確定しながら、キャッシュポジションを確保し、
 獲得利益で、また低調に波が落ちたときにでも、良い会社に再投資して応援していく、
 というのが、株式投資の王道です。

 博打のような投資の仕方は、個人投資家には合いません。
 過去の利益を、次に活かして、利益が利益を生む循環をつくれれば、
 足下をすくわれることにはならないでしょう。

 頑張ってみて下さい。

 ☆  ☆  ☆

 所用で銀座に行きましたら、
 平日の昼間は、いたるところに、観光客の団体が溢れていました。
 アジア系だけでなく、青い目の団体もいます。

 8丁目のガードあたりに、中国系の観光客のバスが連なっていました。
 銀座は、ほんとうに観光地になってしまったのですね。
d0054704_23473841.jpg

by expresstax | 2017-06-09 23:21 | 資産運用  

熊本地震への寄附と活断層、そしてお土産をありがとうございました。

 熊本震災へ寄附金をお送りしました。

 直接自治体へ寄附することもできますが、 
 日本赤十字社やふるさと納税でも可能です。
 ふるさと納税では、謝礼品辞退の方法もあります。

 ☆  ☆  ☆
 
 震度7が連日に及び、前例のないという震災です。
 想像を絶します。
 
 なぜ、激甚災害と認定されないのでしょうか。
 今、自分にできることと思い、送金させていただきました。

 地震と被害が収まること、そして復興に向かうことができることをお祈りしています。

 ☆  ☆  ☆

 震災の状況を拝見していて、
 連日の激震の中で、旧耐震の建物が壊れていく一方、
 新耐震の建物はどうだったのかが、気になっています。

 日経ネットに、日経ホームビルダーの記事が掲載されていました。

 4月22日付 熊本地震 「新耐震基準」導入後の住宅に明暗  と、
 4月19日付 築浅住宅が地震で倒壊、金物不備や増築が要因か

 旧耐震建物が、淘汰されるように崩れ落ち、
 新耐震建物でも、施工の欠陥が露呈している状況は、
 今後の教訓になるでしょう。

 ☆  ☆  ☆

 国土地理院が、平成28年1月に「都市圏活断層図」を発表していました。

 その「利用の手引-地震被害の軽減に向けて-」に登載されていた
 日本全国の陸域の活断層です。
 今回被害の大分から熊本にわたる布田川断層帯と日奈久断層帯も、
 はっきり出ています。
d0054704_0403100.jpg

































 関東にも深谷断層帯と綾瀬川断層があるそうです。

 むざむざ、活断層帯に該当する土地を買い、家を建ててしまった無念さは、
 どれほどのものか、
 政策によって、何とかならないのか、
 
 東日本大震災の際にも、「ここより下に家を建てるな」という
 先人のメッセージを無視して、建築許可をしてきた行政に、
 憤りを感じましたが、
 この既視感は、なんだろう、と愕然とします。

 被災者の方々に、心から、お見舞い申し上げます。

 
 ☆  ☆  ☆

 フィリピンにご旅行なさっていたお客様がご帰国なさいました。

 楽園のような島とホテルアマンプロに滞在していて 
 日本の地震を現地で聞いてびっくりした、とのことでした。

 ドライフルーツをお土産にお持ちくださいました。
 ココナツのドライフルーツは初めてです。
 ありがとうございました。
d0054704_0444876.jpg







































 

  

by expresstax | 2016-04-22 23:05 | 不動産  

マイナンバー初年度の始まりと年度末、そして赤坂御用地の桜

 年度末ですね。
 積み残しをてんこ盛り抱えて、終わります。
 だいぶ、マキを入れねばなりません。

 ☆  ☆  ☆

 マイナンバー制度が1月1日にスタートして、
 最初の年度末です。

 証券会社等から、個人マイナンバーの提供依頼書が届いています。
 個人マイナンバーを記載し、本人確認書類を送付するように、というこの依頼書。
 どうしたものか、とのご相談が続きます。

 まだ様子見、お試し感のあったマイナンバー制度が本格化していくなかで、
 まずは、よく理解し、どう対応するか、方向が必要です。

 弊社事務所ニュースでは、その1としてマイナンバー制度の概要と取扱について、
 建前論だけではない部分について、ご報告しました。

 追って、その2をご報告します。

 ☆  ☆  ☆

 今年は、赤坂御用地の桜が、早く、かつ見事です。
 周囲より温度が低いため、例年は、周辺が散る頃咲き始めるのに、
 どうしたことでしょう。
 手前の秋篠宮邸の桜まですばらしく咲きましたね。
d0054704_019290.jpg

 


























 

by expresstax | 2016-03-31 23:04 | 資産運用  

株価の激落と円高、そしてお土産をありがとうございます。

 日経平均終値が14952.61円。
 ついに15,000円を切りました。
 円高が進行し、110円台まで上がっています。

 いよいよ買いに入ろうか、と思うか、
 まだまだ、と思うか、
 判断のしどころです。

 一方、GPIFの投資時価も激減していますから、
 円高株安は、年金運用や材料コストなど、多方面への影響を与えるでしょう。
 日本爆買いは、どうなるでしょうね。(^^)

 反対に、オリエンタルランドなどは、周囲が激落していてもきちんと上昇を続けていますから、
 もっと買っとけばよかった、という声も聞かれました。

 趨勢を見つつも、流されずに、
 いい銘柄を適切に選ぶ資産運用のスタンスが大事なのですね。

 ☆  ☆  ☆

 確定申告のご相談やご資料をお持ちくださるお客様たちが、
 お土産までお持ち下さいます。
 ありがとうございます。

 メゾンドショコラのチョコ菓子をお持ちくださいました。
 おいしくおやつにいただきます。ありがとうございました。
d0054704_18413344.jpg




















 お取引先様が、応援にと、お花のアレンジメントを贈って下さいました。
 心がふんわり膨らむ素晴らしい春のお花です。
 ありがとうございます。
d0054704_18452219.jpg





























 お煎茶をいただきました。
 ありがとうございました。
d0054704_13431374.jpg

























 ご相談のお客様がお持ち下さいました。
 お心遣い、ありがとうございます。
 がんばってくださいね。
d0054704_13451211.jpg

































 確定申告のご相談と一緒に小川軒のレイズンウィッチをお持ち下さいました。
 ありがとうございました。
d0054704_18514127.jpg



























 確定申告のご資料と一緒に、福砂屋のカステラをいただきました。
 ありがとうございます。おいしくいただきます。
d0054704_18533137.jpg

by expresstax | 2016-02-12 23:35 | 資産運用  

スマップ報道と消えた年金7兆円、そして残り雪

 SMAP(スマップ)の解散報道が賑やかで、
 結局、独立や解散は見送り、となったようですが、
 芸能プロダクションの内側が透けて、

 人の心に、鎖は付けられないのに、と痛ましく見ています。(-_-)

 大貫剛さんという方のツイッターが挙がっていました。
 「みんな、わかったかい?
 花屋の店先に並んだ花はどれもみんな世界にひとつだけの花だけど、
 一番偉いのは、『花屋』なんだよ」

☆  ☆  ☆

 安部総理を始め、閣僚が事件の解消を、よかったとコメントしたそうです。

 この騒動の蔭で、株式市場の変動でGPIFの運用損= 「消えた年金」は2週間で7兆円突破という
 報道が、隠れてしまいました。

 GPIFとは、
 ”Government Pension Investment Fund
 (ガバメント・ペンション・インベストメント・ファンド、直訳すると、政府年金投資基金)”
 = 「年金積立金管理運用独立行政法人」が運用担当する政府のファンドです。

 日本の厚生年金と国民年金資金を管理運用するこの政府ファンドの年金資金は、
 国内外のほとんどが民間に委託され、投信で運用されています。

 いわば、国民の将来の年金原資であり、 
 投資先の半分を株式へと路線変更し、
 この数年で、運用130兆円、世界第2位の規模を誇る、とまで増大してきたのですが、 
 昨年8月以来の株価変動で、影響が始まっています。

 株価変動は、投資家からは、儲けたの損したの、の一喜一憂で済むのでしょうが、
 年金資金の損失となると、それどころではありません。

 SMAPのお蔭で、GPIFが問題にならず、国会解散問題も取りざたされず、よかった、と言ったのか、
 それとも、SMAPは2020年の東京オリンピックでの登用が内定していたらしいので、
 解散回避でよかった、のか、わかりませんが。

 それにしても、東京オリンピックには、SMAPも48歳のおぢさんたち。
 「国民のアイドル」と言われても、つらいものがありますよね。
 でも、彼らは、その道を選んだのですね。。。。

 ☆  ☆  ☆

 事務所ビルの空中中庭に残った雪です。
 雪だまりはまだまだ残っています。
d0054704_9541221.jpg

by expresstax | 2016-01-21 23:48 | 資産運用  

株式激落、そしてカナヘイカレンダー

 株価が激落しています。
 1万7千円切りも目前で、まだまだ下がりそうです。
 株式や投信で投資をなさっているお客様達は、ハラハラなさっているのではないでしょうか。

 以前からの方は、平成25年利益確定後に積み上がった値上がりが目減りして、口惜しい、
 その後に投資に入られた方は、せっかく上がったものが、戻ってしまい、とりあえず塩漬け、
 目減りはしたけど、長期投資で、積み増ししていくつもりの方には、
 下がって買えるので良い材料、と、むしろどこまで下がるか、買いのタイミング待ち、というところでしょうか。

 上がったら売り時、
 下がったら買い時です。

 昨年の弊社セミナーで、さわかみ投信の澤上先生がおっしゃっていたように、
 上がったときに、薄く売って、キャッシュポジションを確保しておき、
 下がったときに、買いに入り、原価下げを行う、という定石です。

 ☆  ☆  ☆

 日経平均やダウ平均は、ほとんどが機関投資家の、秒単位での利ざや判断で動きます。
 中国不安やイスラム問題、北朝鮮問題など、国際関係の変動や
 経済の動きに反応して、ドル平均や円相場は、ドラスティックに動くのです。
 その動きに、プライベートな資産運用を行う個人や法人が、惑わされてはいけません。

 日本の上場会社も世界経済のアオリでアップダウンしますが、
 自社のマーケットや製造サプライへの影響による変動かどうか、見極めが必要です。

 ただ、心配なのは、株式市場が険悪になると、
 企業の時価が下がると、担保評価が下がり、
 景気に悪影響が出ることです。
 特に、不動産への影響は顕著になるはずです。

 このままなら、日銀や政府が、何らかのてこ入れをするでしょうから、
 その動きう反応も見る必要があります。

 注視していきましょう。

 ☆  ☆  ☆
 
 友人から、昨年もらっていた今年のカレンダーです。

 イラストレーターのカナヘイさんのラインのスタンプがお気に入りで、使いまくっていたら、
 見つけて送ってくれました。
 ありがとうございます。

 事務所の机の上で、和ませてくれます。
d0054704_1044266.jpg


















 このウサギとピスケ(左の鳥さん)のカップルが とてもいいのです。
 ありがとう!
d0054704_1047645.jpg

by expresstax | 2016-01-15 23:09 | 資産運用  

宝水、そしてお汁粉新年会

 昔は、よく枕元にお水を置いておくというのが、日本の家庭での習慣だったそうです。
 これを「宝水(たからみず)」といったそうです。

 元旦に汲む水、という意味もあるそうですが、
 枕元の水を重視する意味での方が、健康管理的には正解なのだそうです。

 お水を、寝る前に飲み、寝ている途中でも飲み、朝起きて、飲む。
 昔は、お水は、井戸まで汲みに行くので大変だったから、汲み水を置いていたのでしょうが、
 寝ている間に、身体が脱水状態になるのを防ぐ、
 長期による病気予防だったそうです。

 今は、ひねるとジャー、の水道、特に、「東京水」がいつでもふんだんに飲めるので、
 枕元に置く必要もなくなってしまったので、就寝前後でお水を飲むという習慣まで消滅してしまったようですが、
 実は、とても大事なのですね。

 ☆  ☆  ☆

 スポーツジムに通って、お水を、食事と別に1日2㍑以上、と厳しく言われることや、
 認知症予防や治療に、飲水・給水・摂水が重要だということは、
 以前ここでも書きました。

 コーチの指示通り、お水をグビグビ飲んで、筋肉運動して、有酸素運動していたら、
 我々も、体重が激減、体脂肪率が激落、身体がウソのように軽くなりました。

 宝水の話を聞いてからは、
 ジムで支給される水素水を、アルミ水筒に入れて、
 枕元に置いて、寝る前、朝、目が覚めて、と飲むようにしています。

 また、認知症予防で、なぜ、お水を飲むことが強調されないのか、
 予防法の番組や書籍では、必ず項目としてあげられるのに、
 でも、強調される順番が、後ろの方なのは、何故なのか、不思議でなりません。

 認知症予防については、まだ我々で実証実験はできませんが、(^^ゞ
 もっと、お水を飲むことの効用について、意識されるといいなあと思います。

 ☆  ☆  ☆
 
 港区さんの高齢者さんのアクティビティで、
 お汁粉新年会をやりました。

 準備のお当番として、区の調理室で集合、
 お汁粉作りにかかります。
d0054704_11312217.jpg



















 お餅は、白玉粉。丸めた白玉を氷水に漬けると、つるっと仕上がり、くっつかなくなります。
 みんなでおいしくいただけますように、お祈りしながら、大笑いしながら、楽しく作りました。
 ありがとうございました。
d0054704_11371828.jpg





























宝水、そしてお汁粉新年会

by expresstax | 2016-01-13 23:08 | 折りにふれて  

マイナンバー通知書の不在通知は赤紙、そして防災帰宅セット

 個人マイナンバー通知書の簡易書留の不在通知が、自宅に届いていました。

 ピンク色の、マイナンバー専用の不在通知書なんですね。
 以前お客様に見せて頂いた、昔の太平洋戦争時代の「赤紙」と呼ばれた徴兵の召集令状も
 当時は、ピンク色だったそうです。思い出してしまいました。 
d0054704_8344693.jpg

























 はい、昼間や夕方は、自宅では受け取ることができません。
 7日間、郵便局に保管してくれるそうですが、再配達は、翌々日以後となるそうですから、
 事務所への配達希望を出しましょうか。

 個人マイナンバー通知書の送状況は、この「個人番号カード総合サイト」で見ることができますが、
 12月下旬と、堂々と告知していた文京区は、11月13日で発送完了しているのですね。
 各区の姿勢が垣間見えて、面白いです。

  ☆  ☆  ☆

 事務所の防災用品の、これが一人分の1セットです。
 ヘルメットは、私はグリーンですが、各自の色が違い、遠くからでも、識別できますね。

 左からヘルメット、防炎ナップザック、ゴム付き手袋、懐中電灯、アルミブランケット、手回し充電式ラジオ、
 電池類です。災害が起きてから、帰宅するまでの必要品です。
 あとは、これに、ホイッスルと底の頑丈な靴が揃えば、各個人は完璧。
 事務所保管は、保存水、保存食、トイレセットです。
d0054704_20321699.jpg






























 防炎ナップザックに入れて、いつでもひょいっと背負えるように、
 机の下に各自、格納しています。
 一生、使う機会がないことを祈ります。(^^ゞ
d0054704_20333613.jpg

by expresstax | 2015-11-19 23:45 | 資産運用  

株式為替の乱高下局面では、そしてお誕生日おめでとうございます。

 先週の株式市場と為替市場の混乱が、少し回復してきたようです。
 日経平均は、平成27年8月24日に1万9千円を割り込んで、25日終値で17806.7円を付けました。
 これが、また回復してきています。
 為替相場は、一時118円まで円が上がりましたが、また円安に振っています。
 完全に回復するかどうかは、わからず、予断は許しません。
 が。

 この最近の株高で買いに入った人は、下がった!としてあわてたでしょうが、
 銘柄にもよりますが、遅くとも平成24年以前に投資した人は、まあ、様子を見よう、です。
 日本株に限れば、概ね、数十%か倍くらいまで上がっているからです。

 ☆  ☆  ☆

 投資をする人のパターンに、
 上がっから、買おう、という人がいます。
 下がっから、売ろう、
 と考えるらしいのです。

 永久に損をし続けます。
 いつまで?破産するまでです。

 また、違うパターンの人もいます。

 相場が上がると、投資なんかするヤツは、バカだ、と言います。
 そして、相場が下がってくると、ざまあみろ、と言います。

 20年にも及んだデフレ時代の体質が染みついて、現金にしがみつきます。
 他の資産に比べ、現金の価値が相対的に下がり、実質、資産減らしになっていて、
 昨日買えてた物が、インフレで、今日買えなくなっても、気付きません。
 いわゆる「ゆでがえる」です。

 ☆  ☆  ☆

 投資をするなら、上がる前です。

 伸びる資産を持ってあげて、応援します。
 上がったら、みんなが欲しがりますから、欲しがっている人に売ってあげます。
 その資金を、また、伸びる資産に投資します。
 
 伸びる資産は、良い会社、良い分野、良い国、です。
 安定して、世界的に視野広く世界経済を支える、良い会社、良い分野、良い国、です。
 いい製品を作り、良いサービスを提供し、良い利益を出し、良い配当をします。

 下がったときに、ざまあみろ、と言っている人は、損をしていることに気付きません。

 ☆  ☆  ☆

 優秀な投資家は、
 下がったら、特に、今回のように、その会社や日本経済が原因ではなく、
 世界市況の動向で、道連れで日本株が下がったような局面では、
 よしきた、出番だ、と、応援しようと、買いに入ります。
 
 遅かれ早かれ、回復するのがであれば、買い局面です。
 デフレの時期、相場が、低迷していた氷河時代は、投資の時期でした。

 ガンガン上がった今は、収穫の時期です。
 特に、平成25年末までの10%源泉分離課税時代に、一度、売却して買い戻し、
 簿価上げ(原価の引き上げ)をやっていますから、
 課税面でも、最も有利に進めています。

 ☆  ☆  ☆

 下がった局面で買いに入る、それができるのは、買い資金のある人です。

 資産運用で重要なのは、資産の配置であり、
 資産の◎分法、と呼ぶ人もいますが、
 これは、資金を、安全性・換金性・収益性などにより、基本確保資産・中期資産・長期資産に分類して、
 現預金や金融投資商品・不動産等に分散した後で、
 そこからもう一段深掘りして、さらに投資商品をどう分散するかの話です。

 投資資金のうち、一番有利な時期に、
 いつでも発動できるように確保している資金がなくては、動けません。
 基本資金・確保資金を充てるわけにはいかないからです。
 この資金をキャッシュポジションといいます。

 キャッシュポジションを取れているかどうか、が
 一番賢く動けるかどうかのポイントになるのです。

 ☆  ☆  ☆

 今回も、くれぐれも、あわてず賢く動きましょう。

 たまたま、8月上旬に、9月8日の弊社顧問先様対象のセミナーを開催を告知していました。

 さわかみ投信の創始者である澤上篤人先生をお呼びして、 
 中国やギリシャなど世界経済の変動の中での事業承継を射程に入れた資産運用について
 質疑応答中心に開催を予定しています。

 そんな中での今回投資相場の変動が勃発、
 これは世界経済のお話しと質疑応答が楽しみになりました。

 また、澤上先生ご自身が、ご子息への事業承継を成し遂げています。
 そんなお話しも、楽しみにしましょう。

 ☆  ☆  ☆

 セミナー構成は以下の通りです。
 お楽しみに!

平成27年9月8日(火) 松木飯塚税理士法人お客様セミナー

構成:
第1部「激動する世界経済の中での株式市場と承継に備えた資産運用」

    株式会社さわかみホールディングス 代表取締役 澤上篤人先生

第2部「マイナンバー制度スタートへの対応と実務」 
            松木飯塚税理士法人税理士 藤森 直子

第3部「財産債務調書制度スタートへの対応」 
        松木飯塚税理士法人代表社員税理士 松木愼一郎

第4部「民法改正と事業実務・賃貸借実務における対応」 
           松木飯塚税理士法人代表社員税理士 飯塚 美幸

 ☆  ☆  ☆

 お客様セミナーで講師デビューする藤森税理士、先日がお誕生日でした。
 おめでとうございます!
 これからも、思い切り、活躍して下さい。
d0054704_12403954.jpg

by expresstax | 2015-08-27 23:11 | 資産運用  

財産債務調書制度、そして甲子園

 この時期は、国税さんの新事務年度とあって、新発遣通達などが、ぼろぼろリリースされてきます。
 こちらは、追いかけるので、ふーふーいっています。

 ☆  ☆  ☆

 そんな中のひとつ、
、「『内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律(国外財産調書関係)の取扱いについて』の一部改正について(法令解釈通達)」」という長~い名前の通達と、
 
 でもこりゃ読みにくかろう、とちょっと分かりやすくしたFAQが出てきました。

 ☆  ☆  ☆

 中身を見る前に、そもそもの改正のプロセス、押さえておいた方がよさそうです。

 これまで、所得で2千万円超の、通称フローリッチの人は、「財産債務明細書」を提出してね、という制度がありました。

 その年12月31日現在の所有資産と負債の一覧明細書を、
 翌年3月15日までに確定申告書と一緒に提出しなければならない、とされていました。(所法232条)

 ところが、平成28年1月1日以後は、この所得税法232条は、ばっさり削除。

 そして、「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」(略して国外送金法)という、
 いわゆるクロボ(クロスボーダー=海外取引)税制に取り込まれました。

 ☆  ☆  ☆

 この改正を、そもそも条文で辿ると、ですね。

 平成27年3月法律第9号「所得税法等の一部を改正する法律」の中で、
 第1条の所得税法の改正のとこで、232条が削除されて、
 第11条で、国外送金法改正が、挿入されてるんです。

 この11条の中で、国外送金法1条の(法律の)「目的」を、

 それまでの「対外取引及び国外にある資産の国税当局による把握に資するため」を、
 「対外取引並びに財産及び債務の国税当局による把握に資するため」と、
 シャラっと替えてしまって、その6条の2で、「財産債務調書の提出」を新設しています。

 これまでのような単なる国内の所得税の手続の一部じゃないんだよ、というんですね。

 つまり、所得税でも相続税でも、全世界課税の仕組みをとっている日本での税金の体系を、

 国外も国内も、富裕層については、
 毎年末現在で、全世界の資産を全部報告させる、
 という制度に改組する、

 だからこそ、所得税法の一部にちょこんと入れるんではなくて、
 単に、クロボ税制の一部に並べる、というのでもなくて、
 統合して全資産を捕捉できるようにしたんですね。

 ☆  ☆  ☆

 そのため、
 国税当局が、国外財産だけでなく、国内財産債務の把握もしやすいように、
 国外分と、国内分の調書を作ることになります。

 提出義務があるのは、

 「国外財産調書」は、国外に時価5千万円超持ってる人、
  つまり、収入がなくても、国外に財産を持ってるストックリッチさんが対象。

 「国内財産調書」は、所得で2千万円超で、財産時価が3億円以上か有価証券等が1億円以上の人。 
  つまり、フロー&ストック両方リッチさんに限定、です。

 どう変わるのかな~、相続税申告並みに財産評価するのかな~、面倒だとやだな~、
 どこまでチェックされるのかな~、と
 心配なさっていたと思いますが、

 資産を持つ人にとっては、大事な制度改正ですので、
 ちょっと細かく、見ていきましょうか。

 と、今日は、ここまで。(^^)

 ☆  ☆  ☆

 母校の高校野球の甲子園出場が決まりました。 
 去年に続いて、2年連続です。

 今季県内無敗を記録して、ノーシードの新設校さんとの決勝戦では、
 順当に勝ってくれたようです。

 ただ、甲子園までは、4年に1回のオリンピックベースで進むんですが、
 参加することに意義があるとばかりのオリンピック精神か、
 初戦敗退、なかなか進めません。
 地元では強いけど、外に出ると。。。というお山の大将です。

 でも今年はかなり調子がいいようですので、
 後輩諸君。
 ここは一番、がんばって、
 東京でモタモタやってるへなちょこ先輩に渇を入れてくれたまえ、ね。


















 

 

by expresstax | 2015-07-29 23:32 | 税制改正